ハローワークでの看護師募集求人の注意点と探し方6つ

ハローワーク看護師募集求人注意点探し方
 

看護師の転職活動の方法のひとつにハローワークを利用する方法があります。ですが最近の看護師求人の探し方としてあまりポピュラーな方法ではなく、多くの看護師は看護師転職サイトを利用しているかと思います。実はハローワークは仕組みを理解して上手に利用すればきちんと求人は見つかります。今回はハローワークの利用方法と看護師求人を見つける際の注意点と探し方のコツを紹介していきたいと思います。

1.ハローワークとは

看護師ハローワーク

ハローワークは正式名称を「公共職業安定所」と言い、厚生労働省が国民全員に安定した雇用機関を確保するために運営・設置した行政機関のことです。特徴は職業の紹介や職業指導を無料で提供し、求職者であれば誰でもいつでも利用ができます。

  • 職業相談・紹介
  • 求人情報の検索
  • 就職者セミナー
  • 職業訓練
  • 各種保険の受給

ハローワークでできることは上記のような内容がそろっています。ハローワークには利用ができる管轄区域があり、事前に自分の住んでいる住所がどこのハローワークの管轄であるか調べて利用します。

 

ハローワークで失業保険が受け取れる

管轄のハローワークで求職申込手続きをして失業保険の申請をすると、条件を満たしている求職者に限り失業保険が受け取れます。失業保険を受給する条件は大きく分けて3つになります。

  • 申請者本人が再就職の意志・能力を持っていること
  • 積極的な求職活動を行っていること
  • 離職日からさかのぼり被保険者期間が12ヶ月間以上ある

単純に無職であるからハローワークで申請すれば失業保険が受取れるわけではないのです。失業保険の受取については管轄区域ごとに異なる場合もありますので、きちんと確認してください。

 

ハローワークの営業時間に注意

基本的にほとんどのハローワークは平日朝の8時半~17時15分が営業時間です。地域によって17時15分以降または平日以外の土日も空いている場合がありますが、時間ぎりぎりになりそうな時や休日にハローワークを利用したい時は要確認しましょう。

 

2.看護師のハローワーク利用方法

看護師ハローワーク利用方法

ハローワークの利用が初めてという看護師もいるかと思います。初めての利用の際に必要な持ち物は特にありませんが求職申込書を最初に記入するため事前に簡単な履歴書を作成していくと手続きがスムーズになります。例えば筆記用具やメモ帳もあれば便利です。

 

失業保険を受給したい看護師の持ち物

看護師に多いのがストレスによって一度離職をし、ゆっくりでも求職・転職活動をしようと考えている方がいるかと思います。そういった看護師であれば受け取れるものはしっかり受取り有意義な職探しになるよう努めましょう。

  • 離職票(被保険者通知用と記載されたピンクの用紙)
  • 離職票(記入欄が左右に分かれた緑色の用紙)
  • 雇用保険被保険者証
  • 印鑑(シャチハタでないもの)
  • 預金通帳(本人名義)
  • 写真2枚(縦3cm×横2.5cm)
  • 本人確認書類(運転免許証・住基カードなど写真付き現住所記載のもの)

以上7点が必要です。繰り返しになりますが、持ち物が全部揃えられても失業保険受給の条件に満たないと受取はできないので注意しましょう。

 

看護師がハローワークを利用する流れ

ハローワークの窓口に足を運んでからの大まかな流れを紹介します。初めての利用時に簡単な面接が伴うこともありますので服装はオフィスカジュアルな恰好が無難ですが面接がない限りは私服でも問題がありません。

Step1 ハローワークカードの記入・登録
Step2 渡される番号札を持ち待機する
Step3 呼ばれたら求人情報検索端末にて求人を探す
Step4 興味のある求人について窓口で相談・受付
Step5 企業へ連絡・募集状況を確認してもらう
Step6 面接日の約束を取りつけてもらう
Step7 企業の面接時に必要な紹介状をハローワークで発行してもらう

Step1の ハローワークカードの記入・登録は最初のみ必要な手続きです。2回目以降は登録したハローワークカードを提示すれば求人情報検索端末など、ハローワークのサービスが利用可能になります。

 

看護師の求人検索は自分でやるのがハローワーク

ハローワークは気になる求人は自分で探さないといけません。ハローワーク職員は相談された求人情報の詳細を紹介し仲介する役割のみを受け持つのです。

 

インターネットでもハローワーク求人閲覧が可能

古くはハローワークに行かないと求人探しはできなかったのですが、現在はインターネットにて求人検索が可能になりました。利用はハローワークカードの登録者番号が必要です。ハローワーク自体は営業時間が決まっていますがハローワークのインターネット求人検索は基本的に24時間可能です。

 

3.ハローワーク看護師募集求人の注意点

ハローワーク看護師募集求人注意点

ハローワークの利用方法がわかったところで注意するべきハローワークの看護師求人についてお話をしていきます。ハローワークが紹介している求人だから安心して働ける職場ばかりではないのです。ハローワークで良い職場に出会うためにはこれから紹介する求人の特徴をみて闇雲に応募登録をしないように気を付けてください。

 

求人票と就業規約や規定が違わないかチェックする

ハローワークに掲載されているからといって、内容を確認しないことはNGといえます。まずは自分で確認することが必要だと考えましょう。

求人票と就業規約や規定が違う時はすぐに最寄のハローワークに連絡しましょう。ハローワーク求人ホットラインという専用の問い合わせ窓口もあります。

 
ハローワークだから最後までフォローしてくれるのではなく、お仕事を紹介する場所と心得て利用しましょう。

 

求人情報だけを信用しないようにする

ハローワークの職員で看護師の仕事に詳しい方はひとりいれば良い方でしょう。そのためハローワークで看護師求人を探すのであれば求人情報だけで応募するのではなく、自分自身で確認するように心がかけましょう。確認方法は以下になります。

  • 実際に気になる求人の会社や病院のホームページを見る
  • 面接時に雇用形態や給料など細かい情報を確認する

看護師転職サイトの担当者のように看護師に詳しいスタッフが求人を紹介してくれるのではありません。興味を持った求人は必ず自分で詳細を調べるようにしましょう。例えば、ハローワークでみた紹介のページをコピーかメモをして面接時に確認の為にも聞くことも大事です。

 

同じ求人でもハローワークと看護師転職サイトで給料に差がある

求人募集を複数比較して調べたことのある方であれば一度は見たことがあるかもしれません。同じ病院やクリニックなどの求人でも掲載するサイトによって給料に差が出ることもあるのです。そのため、ハローワークで長く働きたいという求人に出会った場合は念のためその他の転職求人サイトでも検索しておくと良いです。

 

4.ハローワークで看護師募集求人を探すメリット

ハローワーク看護師募集求人メリット

自分から足を運んでハローワークで看護師求人を探すことの一番大きなメリットは自分のペースで就職・転職活動ができる点ではないでしょうか。早急に職を探したい看護師よりは、ゆっくりと自分の将来を考えながら求人を探したい方にピッタリの方法になります。

 

地方の看護師求人が豊富

転勤などの事情で地方で引っ越しを行った看護師の場合はハローワークで地域に密着した看護師求人を見つけられます。インターネットだと、どうしても都市部の求人が多く、地域によってはインターネット求人を利用していないこともあります。

  • 病院
  • 診療所
  • クリニック

いずれも地域密着型の職場が多い傾向にあります。地方の求人の場合は職場ごとの雰囲気なども調べやすく、一度なじめると長く勤務できるような場所が多いでしょう。

 

公的機関の看護師求人が見つけられる

ハローワークの看護師求人の特徴のひとつでもありますが、一般的にはあまり出回らない官公庁の求人が掲載される場合があります。

  • 厚生労働省
  • 自衛隊や消防庁
  • 公立学校

どれも人気の職場にはなりますのでかなり倍率は高くなりますが収入メインに働くビジョンはなく、家庭と仕事を両立したい看護師には嬉しいメリットといえます。自衛隊や公立学校で働く看護師についてより詳しい記事もありますのでそちらも興味があれば是非ご一読ください。「自衛隊・消防署・警察への看護師転職で知りたい仕事内容と待遇」「学校で働く看護師の4つの看護師転職のポイント

 

ハローワークにしかない看護師求人もある

普段何気なく見ている求人ですが掲載するには掲載費用が必要になります。看護師転職サイトも1つ紹介することによって報酬を支払うようなシステムを取っていたりするのです。そのため病院やクリニック、診療所などによっては自社のホームページかハローワークのみに求人を掲載していることがあります。ハローワークでの求人掲載は採用側もコストがかからないため、重宝されるのです。

 

条件に合わない職場の積極的紹介はされない

例えば転職サイトでは紹介した会社職員に報酬が与えられるような形のため、多くはありませんが希望条件に合わない職場でも紹介をされることが稀にあります。ハローワークについては職員への成功報酬型ではないため、条件に合わないような職場を積極的に紹介されるようなことがないのです。変な求人を紹介されて嫌な思いをしたという看護師は一度ハローワークを利用してみることも良い経験でしょう。

 

5.ハローワークで看護師募集求人を探すデメリット

ハローワーク看護師募集求人デメリット

インターネット社会になってハローワークの利用者や若い人についてはハローワークの存在をよく理解していないことはそもそもの根底にあるデメリットです。この問題は利用するには最初に必ずハローワークに行く必要があり、限られた時間の中で職を探さないといけないのは人によっては大変以外の何ものでもありません。

 

窓口が混雑して待ち時間が長い

興味のある求人を探してから窓口の相談員に相談と紹介状の作成などをしてもらうのですが、時間帯や地域によってはかなりの待ち時間を要することもあります。仕事をしながらハローワークで職探しというのは時間がかなり限定されるためあまりおすすめできる方法ではありません。

 

インターネット求人検索は24時間でも問題あり

ハローワークのインターネット求人は24時間利用できますが最初の利用登録や、気になる職場の紹介状を受け取る場合はハローワークに直接足を運ぶ必要があります。やはりハローワークでの求人探しの時間は余裕を持たないと大変と言えるでしょう。

 

掲載看護師求人の情報が少ない

ハローワークに掲載している病院などの情報が極端に少ないというデメリットもあります。どうしても自分でより詳細に調べる必要が出てくるのです。結果的に職場を探すことが結果的に全部自分一人でやらないといけないため、体力と精神力が必要になります。

 

ハローワークの職員が看護師に詳しくない

人によっては条件に「キャリアップなどの研修がある職場が良い」という看護師もいるかと思います。ですがハローワークの職員は看護の道に詳しい人ではありませんので、看護の専門的な詳細や希望についてはわからない場合がほとんどでしょう。看護師によってはうまく希望が通じずにせっかくのチャンスを逃す恐れもあります。

 

転職後のアフターサポートがない

ハローワークを利用する看護師の中には職に就けたにも関わらず、実際の労働条件が違ったり休暇の日数が異なっていたりなど問題が発生する方がいます。利用者の看護師は当然ハローワークに抗議や相談をしますがハローワークからすれば、その企業からの情報は利用者にきちんと伝えていると判断されるため、最後は泣き寝入りをする看護師もいます。就業には自己責任が伴うことを絶対に忘れないようにしましょう。

 

6.ハローワークでの看護師募集求人の探し方

ハローワーク看護師募集求人探し方

ハローワークを利用して看護師募集の求人を探すためには前述したハローワークのメリットを理解しておく必要があります。ハローワークは電話やインターネットだけで就職・転職活動ができるものではないのです。自分の希望条件がハローワークを利用するメリットにあう場合、これから看護師求人をハローワークで探すコツを紹介するので参考にしてください。

 

新着の求人が更新される時間帯を狙う

ハローワークのインターネットで閲覧可能な求人情報ですが、毎朝6時くらいに更新をしています。前日午後9時30分までの最新求人を翌朝更新しているので、早めに求人を探したいという看護師は毎朝の求人チェックは行っておきましょう。

 

新規の病院やクリニックを狙う

特に地方での新規病院やクリニックなどはねらい目です。オープニングスタッフというのは同じ時期に入ったスタッフであればみんな同期になりますし、良い職場環境を作ることも難しくありません。ハローワークのインターネット求人をこまめにチェックするようにしましょう。

 

求人の相談は正規社員にお願いする

例えばお仕事の詳細や相談をハローワークで働くアルバイトや非正規職員にするよりも正社員へお願いした方が対応が良いこともあります。実はハローワークの窓口で得れる情報は、業務内容の詳細だけではないのです。

  • 今現在その掲載求人に応募している人数
  • 不採用者がいた場合の不採用理由
  • 掲載求人の病院の評判

採用に関する情報は知っていれば応募のきっかけになり面接の対策に繋がります。大事な情報はハローワークの正規社員の方が提示してくれるので安心することができます。

 

看護師転職サイトと併せて利用する

同じ求人でも掲載サイトごとに給料が異なることもお話しました。それ以外にハローワークと看護師転職サイトを併用するメリットというのがあります。

  • 病院の情報が看護師転職サイトだとより詳細にわかる
  • 忙しい看護師は転職サイトの方が採用者とアポイント取りやすい
  • より自分にあう転職活動ができる

ハローワークにはハローワークの良いところがありますが、看護師転職サイトもまた然りです。どちらも求人掲載の媒体であることは同じなのに利用の方法がかなり違ってきますのでそれぞれの強みを利用できるとさまざまな看護師募集求人が発見できるでしょう。

 

こんな看護師は看護師転職サイトの利用がおすすめ

ハローワーク意外で看護師転職サイトを利用して看護師求人を探す方法がありますが、この看護師転職サイトを利用するにはこんな方におすすめします。

  • 詳しい求人先情報を確認したい看護師
  • 就職・転職活動の時間に余裕がない人
  • 大手病院の求人を見つけたい人
  • 終業後もサポートを必要と感じる人

看護師転職サイトは担当者が自分の代わりに求人を検索して紹介してくれるため、時間に余裕がなくても希望条件に近い求人と出会うことができます。より、自分に見合う方法で新しい職場を探せると就職・転職活動もより充実したものになります。

 

まとめ

ハローワークを利用する看護師は年々減少傾向にあるといえます。ハローワークを利用する人たちの年齢もかなり幅広く初めて利用する際は驚くこともあるかもしれませんが、国が運営している施設なので安心して利用することが可能ですが、求人情報のチェックは自分自身で責任を持つ必要があります。

ハローワークのメリットにあるように、地方の看護師募集求人はハローワークであればねらい目です。

最近はどんどん看護師転職サイトの質や保有する求人数も都心から地方まで幅広くなってきましたので、一概に地方であればハローワークの方が看護師転職サイトよりも強いとは言えません。ゆっくりこれからの看護師としいての自分のあり方を探したい方はハローワークで、キャリアアップやステップアップをして看護師としてもっと活躍していきたいと考えるなら看護師転職サイトを利用するなど臨機応変に利用してください。

 


看護師求人サイト口コミ
  ‣ナースではたらこ    
  →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事
  →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師
  →「口コミ」をチェック
 4位   ‣医療ワーカー
  →「口コミ」をチェック
 5位   ‣ナースフル
  →「口コミ」をチェック
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身の目で比較すると成功への近道です。

口コミランキング

転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

当サイト「看護師転職ジョブ」は、著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライターの方に記事を独自の文章で執筆いただいております。「看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。
また、当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

関連記事

この記事を読んだ看護師さんへのおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。