著作者

masa

看護師転職ジョブ

masa

( 運営スタッフ)

早く転職したい看護師の注意点!最短1週間で可能?

masa
看護師転職ジョブmasa
早く転職したい看護師の注意点!

看護師として転職を思い立った時、「早く転職したい」「新しい職場に早く働きたい」「今の職場(病院)で働いていたくない」と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、転職を急ぐことは悪いことではありませんが、急ぐあまり転職に失敗する可能性が高くなるといえます。

そのため、このページでは看護師として転職を急ぐ場合に、行ってはいけない注意点や必ず確認したいことを記載しています。

自分で成功したと思える転職になるように頑張ってください。

1.急ぐ看護師転職の注意点!行ってはいけないこと

急ぐ看護師転職の注意点!行ってはいけないこと

看護師として転職を急いでいるときに、行ってはいけないことをご紹介していきます。

 

(1)転職理由が「なんとなく」での転職

転職を急いでいたとしても、「なんとなく」などの転職理由が明確ではない看護師転職は失敗する危険が高いといえます。

また、急いで看護師求人を探す場合には、希望条件を明確にして置く必要があり、希望条件がなければ看護師求人の絞り込みが非常に難しいといえます。

例えば、

  • 育児と仕事を両立するために、夜勤のない職場
  • 新しい分野に挑戦できる環境が整った職場
  • 将来を見据えて結婚、出産しても続けられる職場
  • 現在のライフイベントに合わせた職場

などの条件を思い浮かべ、さらに細かな希望条件を選定することが大切です。

 

こんな希望条件だと転職は失敗しやすいです

希望条件が「人間関係が良い職場」、「休日が多い職場、取得しやすい職場」、「年収アップができる職場」などは条件としては良いのですが、それだけになってしまうと、前の職場が良かったと思ってしまう可能性も高く、「なぜ!?今看護師として転職をする必要があるのか」ということを明確にしておきましょう。

 

(2)現在の勤務先を辞めてから転職しないこと

現在の勤務先を辞めずに転職活動を行うことで、退職できないトラブルになるケースもありますが、それでも現在の勤務先を辞めずに転職活動を行うことが良いと思います。

メリットとしては、

  • 良い求人がない場合は探し続けることが可能になる
  • 給料が途切れることがない
  • 転職を急いでいる中で少し気持ちに余裕が出る

などの理由です。

 

正規雇用の場合は就業規則を確認しておきましょう

病院や施設で働く看護師には「就業規則」というものが存在し、病院が従業員向けに作成したルールブックのようなものです。

その中に、退職する場合には退職日のどれぐらい前に申し出る必要があるのかが記載されています。

労働基準法では、従業員に退職の意志があり、退職を申し出た日から14日以降であれば辞めることもできますが、円満に退職することはできません。

 

辞める日や辞めることを伝える日を計算しておこう

早く転職を行いたい場合でも、引継ぎも含めて「辞める日」「辞めることを申し出る日」を計算しておくことで早く転職することが可能です。

 

辞めた場合の転職で急いでいても焦らないこと

現在の勤務先を辞めた場合、焦って求人を探す看護師も多いですが、まずは焦らない気持ちが大切です。

自分なりにスケジュールを組んで、

  • いつまでに求人を探し
  • いつまでに新しい職場へ入職するのか

など、スケジュールを立ててみましょう。また、転職を行うにあたって何をするべきか「TO DOリスト」などもつけておきましょう。

スケジュールを立てることで気持ちの焦りが少しは落ち着きます。

 

(3)看護師転職サイトを4つ以上多く数利用すること

看護師として転職を急ぐ場合は、看護師転職サイトを利用することが便利で早いです。

利用すると、担当者(エージェント)が希望求人のピックアップから、面接のアポイント設定など転職完了までのサポートを無料で行ってくれるからです。

しかし、2社や3社程度ならまだしも、4社、5社と登録してしまうと、対応する手間やスケジュール管理の手間となり、転職を急いでいるにも関わらず、時間を費やすことになります。

そのため、1社登録して担当者や会社の対応などを確認して、もう1社比較のために登録する程度が良いでしょう。

利用した看護師に評判が良い転職サイトは「看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング」を確認してみてください。

 

(4)急いでいるあまり勤務先の確認を怠ること

転職を急いでしまった場合、募集要項や面接時の質問だけで転職先を決めてしまう看護師の方もいます。

自分自身が1年、2年と働く職場です。

少しの空いた時間に、勤務先の情報を調べることを忘れないでください。

必ず確認したいことは、以下で説明していきます。

 

2.転職を急いだ場合でも必ず確認したいこと

転職を急いだ場合でも必ず確認したいこと

看護師として転職を急いだ場合でも、必ず確認しておきたいことは以下の通りです。

  • 提示されている募集要項に誤りがないか確認すること
  • 職場の人間関係を見学などで確認すること
  • 給料部分の特に賞与(ボーナス)などを確認すること
  • 病院や診療所の方向性や考え方(理念)などを確認すること
  • 利用する患者の特徴と患者からの評判を確認すること
  • 看護師の教育制度を確認すること

などが重要な確認といえます。

看護師は他の業種に比べて転職しやすく、内定ももらいやすいため、確認を怠る場合があります。

当サイトで多くの看護師が転職失敗理由に挙げている事項です。詳細は「看護師で転職失敗理由|失敗しないための8つ事例」を確認してください。

確認は何度行っても無駄にはなりません。しっかりと転職先の確認を行いましょう。

 

出来れば面接と同時に病院・施設見学を行おう

転職を急いでいる場合でも、病院見学に行くことは可能です。

なぜならば、面接前後に病院見学を実施してくれる場合が多くあるからです。

職場の雰囲気なども自分で必ず確認した方が良いため、転職を急いでいる場合でも見学には必ず行きましょう。

見学のポイントとしては「看護師転職時の病院見学 | 必要な7つの見極めポイント」を確認しておきましょう。

 

看護師転職サイトの担当者(エージェント)に聞こう

看護師転職サイトを利用する場合は、担当者に聞くことで、働く看護師の離職率や年齢など知っている場合があります。

例えば、子育て中の看護師の場合、院内保育がある点と、同じ境遇で働く看護師が多い方が働きやすいといえます。

 

3.最短1週間で看護師転職は可能?

最短1週間で看護師転職は可能?

最短1週間で看護師転職は可能です。

しかし、1週間で看護師転職をする場合には、次の転職先と、現在の勤務先両方の確認が必要です。もちろん現在働いておらず、すぐに転職したいと言う看護師の方は、1週間で転職するリスクだけを知っておけば問題ないでしょう。

1週間で転職する場合は以下のような流れで進みます。また、看護師転職サイトを利用することが必須といえます。

  • 1日目:看護師転職サイトへの登録
  • 1日目:担当者に希望条件を伝える(急いでいる旨を伝える)
  • 出来れば1日目:求人情報をピックアップしてもらう(5つ程度~10つ程度)
  • 2日目:求人情報から行きたい職場を指定し、面接のアポイントを入れてもらう
  • ~アポイント調整~(確認事項を自分で調査する)
  • 4日目:実際に病院等の面接を受ける・見学も行う
  • 6日目:面接の合否が決まる
  • 7日目:転職完了(出勤日の決定)

以上のような流れで進めます。

看護師転職サイトを利用しなければ、希望条件にあった求人のピックアップや面接のアポイント調整などは自分で行わなければならないため、時間がかかる場合があります。

転職サイトの担当者がスピーディーで最短で転職できる会社は以下の2社がおすすめです。どちらかを利用しておきましょう。

当サイトに寄せられた口コミの評判も良いので、利用して損はなく、担当者のフットワークも重要になるため、登録後に自分で信頼できる担当者かどうか、確認しておきましょう。

また、看護師転職者が多い時期(1月~4月)(10月~12月)の場合は担当者も通常より複数の看護師を担当する場合があるので、転職を急いでいる理由と、日時を指定すると比較的スムーズに転職することができます。

 

1週間で転職しようと思ったら確認すること

  • 就業規則を確認しておきましょう
  • その上で、引継ぎにはどれぐらいの時間必要かも確認を

迷惑をかけて辞めることは得策ではありません。そのため現在職場に勤めている場合に関しては必ず上記2点を確認しておくことをお勧めします。

 

求人内容は出来るだけ多く比較してください

1週間で転職を考える場合、希望条件に当てはまる求人はなるべく多く比較しておきましょう。

期間に余裕を持って転職する場合と比較する求人数が減ることは間違いないため、自分から良い条件に合う求人に出会う機会を増やしましょう。

 

補足説明!

ポイント

例えば、1つの看護師転職サイトで5つの提案を受けた場合、もう1社登録をその時点で行い、改めて5つほど提案を受ければ、多くの求人が比較できます。

 

4.転職を急ぐ場合は出来ることから行ってみてください

看護師として転職を急ぐ場合はまず、自分が出来ることから行ってください。

現在勤務している場合は特に、確認を行い以下の表をチェックリストに利用しましょう。

転職の目的検討 ・将来のキャリアプランの確認
・希望条件の確認
現在の勤務先に対して ・就業規則の確認(退職申し出日の確認)
・ 引継ぎ期間の確認
・自分なりの退職日の設定
転職に必要な準備物について ・履歴書の作成
・職務経歴書の作成
スケジュール ・転職スケジュールの作成
・退職スケジュールの作成

特に、自分の意志と反してスケジュールが組みにくいものは、「現在の勤務先に対して」の項目です。

確認を行らないように、以前に職場でいた退職者のことなどを確認しながら、進めていきましょう。

 

履歴書や職務経歴書について

履歴書と職務経歴書を作成しておけば、看護師転職サイトの担当者が添削を行ってくれます。

そのため、書くのが久しぶりな方でも、以下を確認しながら、ある程度記載しておきましょう。

また、看護師転職サイトの担当者は、面接の対策なども行ってくれることや、面接の同行も場合によっては行ってくれます。

 

5.まとめ

看護師として転職を急ぐ場合でも、1ヶ月は時間をかけて考えながら転職活動を行いましょう。

正規雇用(常勤)として働く場合は特に、看護師としてのキャリアにも関わることなので、押さえるポイントは把握しておきましょう。

また、急いだからといって、良い職場に転職できないわけではありません。

急ぐあまり、確認を怠ることが失敗につながるのです。自分にとって納得がいく転職を行っていきましょう。


看護師転職サイトの口コミ評価

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



こんにちは、看護師転職ジョブを運営しているスタッフのmasaです。
看護師転職サイトには複数社インタビューに行き、転職を考える看護師の方の調査や、エージェントの実態など幅広く記事を執筆しています。
転職を考えている看護師の方、仕事に悩みを抱えている看護師の方に、看護師にまつわる情報を発信していきます。また、ニックネームがない看護師の記事もこちらに記載していきます。
当サイトの記事を読んでいただき、少しでも看護師の方の生活のプラスになることを、スタッフ一同、考えて執筆・配信しております。これからも多くのお役立ち情報を配信していきますので、是非よろしくお願いいたします。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師転職のノウハウ

(公開日:)(編集日::2018年04月20日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。