著作者

じゃんぼ

元看護師

じゃんぼ

( 看護師 保健師 養護教諭)

看護師1年目だけど保健師へ転職したいあなたの疑問に答えます!

じゃんぼ
元看護師 じゃんぼ
看護師1年目 保健師 転職

保健師は看護職の中でも人気が高い職業です。

転職したいと考えているものの、相談できる人が周りにおらず、初めての転職に戸惑っているという看護師も多いのではないでしょうか。

保健師の求人数は看護師と違ってかなり少なく、転職にはかなりの根気が必要となります。

特に行政保健師としての転職を希望する場合には、大体30歳前後までの年齢制限がある場合が多く、早め早めの活動が重要となってきます。

しかし、諦めず取り組めば、看護師から保健師への転職は可能です。実際に私も看護師から保健師に転職することができた一人です。

ここでは、看護師1年目だけど保健師に転職したい看護師のために、私自身の経験を踏まえながら疑問にお答えしていきます。

1.そもそも臨床経験1年で保健師の仕事は務まるのか

血圧を測る保健師

臨床経験1年というと、ようやく看護師として一人前に仕事ができるようになった頃です。まだまだ経験が浅く、自信もないため保健師としてやっていけるか不安でしょう。

しかし、看護師としての臨床経験が浅くても、保健師として十分に活躍できます

その理由を以下で詳しくご説明します。

 

一番重要なのは「コミュニケーション力」である

保健師に一番求められるコミュニケーション力は、看護師であれば鍛えられているため、保健師の仕事をこなすことができると言えます。

保健師としての主な仕事は、地域や職場の健康増進・予防と、すでに病気になっている人への働きかけです。

具体的な仕事内容は勤務先によっても大きく異なりますが、どの職場でも最も必要となるのは「コミュニケーション力」です。

保健師は初めて出会った人から健康に関する情報を聞き出さなくてはならない職業です。対象者と付き合い、つながっていくことが求められます。

 

ポイント!

ポイント

看護師として働くなかで、患者や家族、スタッフなどとのやり取りから、知らず知らずのうちにコミュニケーション力は鍛えられているはずです。

「自分は人づきあいが苦手」という人でも、コミュニケーション技術は学ぶことができ、また経験からも身につきます。

 

臨床経験があることは強みになる

保健師は人々の健康を守る仕事であるため、医療や健康の知識は必須です。

しかし、高度で専門的な知識が求められる看護師とは違い、保健師はどちらかというと幅広い知識が求められる職業です。本的な知識があれば、十分保健師として対応できるでしょう。

臨床経験が浅くとも、実際の医療の現場を知っているということはむしろ強みとなるはずです。

 

看護手技を行う場面が少ない

保健師として働く中で、高度な看護手技を行うことがあるのではと不安に思う看護師もいるでしょう。

しかし、保健師として勤務する中で実際によく行う看護手技は、血圧測定や聴診といった簡単な手技です。

多くの場合、臨床現場で行うような高度な看護手技を必要とされる場面はほぼないため、臨床経験が少なくても大丈夫です。

 

注意点!

ポイント

ただし、病院や診療所、介護保険施設で働く保健師の場合は看護師と一緒に病棟などで勤務したり、重病者のケースを担当したりすることもあります。

臨床経験が浅い看護師が転職すれば苦労することもあるため、具体的な仕事内容をしっかり確認した方がよいでしょう。

 

2.看護師1年目での転職は面接官に悪い印象を与えるのか

保健師の転職面接を受ける1年目の女性看護師

看護師1年目で転職というと面接官にマイナスイメージを抱かれるのでは、と不安に思うかもしれません。しかし、保健師の場合はそういった心配は無用です。

前述したように、保健師は人気の職種ですが求人数が少なく、競争率が非常に高い職業です。そのため、いったん臨床経験を積んでから保健師を目指すという新卒者は数多くいます

面接官もそのような希望者を多く見ているため、臨床経験1年目で転職することに悪い印象を持つことはないでしょう。

 

ポイント!

ポイント

臨床現場が嫌になったから保健師への転職を考えている、と面接官に捉えられれば悪い印象を与えかねません。

面接の際には、保健師への熱意や保健師を目指すために臨床経験を積んで勉強してきたことをしっかりとアピールすることが大事です。

 

3.1年目の看護師が保健師へ転職するリスク・デメリット

悩む保健師に転職を考えている1年目の看護師

1年目の看護師が保健師へ転職するリスク・デメリットをご説明します。

 

看護師に比べ給料が下がる

保健師は、基本給が看護師より少ないことがほとんどです。

行政保健師だと大体平均基本給は18万円前後、産業保健師だと企業によって異なりますが、それよりもやや少し高めのところが多いようです。

また夜勤手当が無くなるため、看護師として勤務していたころより毎月の給料は下がってしまうのは覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

看護師との仕事内容の違いに戸惑う

看護師と保健師の仕事は同じ看護職でありながら全く異なるため、その仕事内容の違いに戸惑いを感じる場合があります。

保健師は書類作成や事務作業、会議や行事などへの出席が多い、どちらかというとデスクワークメインです。

また、看護師は勤務内でキリよく仕事内容を終えることができますが、保健師の仕事は何日、何週間、何か月とずるずると日数がかかるものが多く、そういった点でも仕事内容の違いがストレスになる場合があります。

 

看護師と比べてやりがいに物足りなさを感じる

看護師は、行ったことが実際に目で見て分かる成果として現れたり、患者本人から感謝の言葉を得ることができたりと、やりがいを感じる機会が多くあります。

一方、保健師は成果を目で見て感じることが少なく、あまり前面に出て華々しく活躍する仕事ではないため、看護師に比べて物足りなく感じるかもしれません。

 

ポイント!

ポイント

保健師は、最初はやりがいが得られず物足りなく感じるかもしれませんが、慣れてくれば看護師とは違った人々の健康を支える魅力ある職業です。

 

精神的負担が大きい

保健師は人数が少なく、一人一人がそれぞれ違う仕事を担当することになります。看護師と違い、代わりがいない分責任は重く、精神的に負担がかかりやすいです。

また、いろんな人を対象にしなければならず、なかには精神疾患を持つ人や重病者などの難しいケースもあります。

一人で抱え込んでしまい、精神的に落ち込んでしまう保健師も少なくはありません。看護師と違って肉体的負担は少ないものの、その分別の精神的負担が大きい職業でもあります。

 

看護師への再就職が難しくなる

臨床経験が浅い状態で保健師に転職してしまうと、いざ看護師に戻りたいと思っても再就職は難しくなってしまいます。

看護師は即戦力として働くことが求められる職業です。

知識も技術も未熟なまま保健師に転職し、また看護師として再就職しようとしても就職先は限定されてしまう可能性があります。

 

4.1年目の看護師が転職前に身に付けておきたい知識・技術

勉強する保健師への転職を考えている1年目の女性看護師

1年目の看護師が保健師に転職する前に、身に付けておきたい知識・技術についてご紹介します。

 

自動車免許

保健師の求人の中には、条件のなかに「自動車免許」と書かれていることがあります。

保健師は看護師と違い、場合に応じて対象者の元へ出向くことが数多くあります。この際の移動手段として、自動車免許が求められる場合があるのです。

行政保健師として勤務する場合、地域によってはほぼ必須の条件となります。

 

コミュニケーションスキル

前述の通り、コミュニケーションスキルは保健師をする上で重要のスキルの一つです。

面談スキルやカウンセラー技術などは特に、保健師として働くうえで重要になってきます。
 

保健指導を行うのに必要な基盤となる知識

保健師として働くなかで、保健指導をする場面は数多くあります。保健指導力を身に付けるといっても、実際は数をこなして慣れていくしかありません。

しかし、保健指導の基盤となる知識は転職前でも身に付けておくことができます。採血データの読み方や生活習慣病などの知識は最低限理解しておいた方がよいでしょう。

 

補足説明!

ポイント

最近は保健指導に関するセミナーなども開催されているため、そういったものに参加するのも知識を身に付ける一つの手です。

 

原因を分析し、解決法を創造する力

保健師には、

  • 対象者の問題の背景にある本当の気持ちや理由を探し当てる能力
  • 原因を突き止める奥深い観察力や分析力
  • 解決策を考え出して実現していく問題解決能力

などのスキルが必要です。

これらは、やろうと思ってすぐに身に付くものではありません。

これから保健師を目指す人は、自分のまわりに常に目を配り、いろいろなことに気づくための感性を磨くことから始めてください。

 

まとめ

保健師は看護師とはまた違った、やりがいのある仕事です。

勤務先によっても大きく勤務内容が異なる仕事であるため、転職の際には自分がどの分野で保健師として働きたいかしっかりと見据えて、転職活動に臨むとよいでしょう。

臨床経験が浅いからと躊躇うことはありません。こまめに求人をチェックし、チャンスを逃さず、チャレンジしましょう。

看護師1年目で保健師への転職を考えている方は、是非参考にしてみてください。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

はじめまして。学校卒業後、総合病院の急性期病棟や個人病院の療養病棟で看護師として経験を積み、その後は市役所で保健師として勤務していました。
現在は、退職し一児の母親です。今までの転職経験をもとに、皆さんのお役にたてるような情報を発信できればと思います。
どうぞよろしくお願いします。


カテゴリー:保健師への転職


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:じゃんぼ
(公開日:)(編集日::2017年09月01日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。