著作者

RAY

現役看護師

RAY

( 看護師 )

3年目看護師が転職するメリット・デメリット

RAY
現役看護師RAY

看護師を始めて3年目にもなると、初めての転職を検討し始める人が最も多くなります。

初めての転職は、「何に注意すれば良いのか分からない」と悩む看護師も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、初めての転職で慎重になってしまう3年目看護師が転職する際のメリット・デメリットについて説明します。

1.3年目看護師が転職するメリット

円満退社する三年目看護師

3年目の看護師は、知識や技術経験があるため即戦力として期待されているところが多く、どこの施設でも必要とされる存在です。

そのため多くのところで、

  • 2年目までにつけてきた知識や技術を尊重してくれる
  • 知識や技術経験を活かせるように環境を整えてくれる

等の場合があり、キャリアを構築しながら働きやすいことがメリットと言えるでしょう。

 

転職先の選択肢が豊富であること

病院のみならず施設やクリニックなど多くのところが3年目を採用の条件として挙げているため、

  • 看護師1年目にやりたくてもできなかったこと
  • 新たに挑戦したいこと

等、2年目までの転職と比較して選択肢が豊富にあることがメリットと言えます。

 

ポイント!

ポイント

病院以外の施設は、3年目看護師にとって未知の領域であり「楽しそう」「やってみたい」と考える人が多く、3年目看護師には人気のあるスポットです。

 

円満退社できるケースが多いこと

3年目の看護師は、どこの職場でも1度は転職をしようと退職する傾向にあるため、「3年目は転職の時期」と捉えてくれている上司が多いです。

退職となると間違いなく1度は引き留められますが、しっかりと退職の意向やその理由を伝えることができれば、他の時期と違って円満退社できる傾向にあります。

 

ポイント!

ポイント

転職先は、円満退社しているかという点を重視する傾向にあります。

 

2.3年目看護師が転職するデメリット

頭を押さえる女性看護師

3年目の看護師は、転職先の選択肢が豊富なため、

  • 何を学びたいか
  • どのような看護をしたいか
  • プライベートは充実できるか

等の目的を持って転職活動に臨むことをお勧めします。

目的も持たずに、募集要項に書かれている給与や休暇など目先の良い情報だけにつられてブラックな転職先を選ばないようにしましょう

 

転職エージェントが希望しない転職先を勧めてくる場合がある

3年目看護師は、転職先の選択肢が豊富で転職しやすいですが、看護師本人だけではなく転職エージェントも3年目の看護師が転職希望を出せばどこの職場でも転職させやすいため、喜んで転職の協力をしてくれます。

しかし、転職エージェントは転職先の選択肢が豊富な3年目看護師に希望していないところを勧めることもあるため、嫌なところは「NO」とはっきり断るようにしましょう。

 

転職先の求人像と看護師の目的が合わない場合がある

看護師は、新しい環境で心機一転して新しいことを学びたくて転職したとしても転職先が看護師を即戦力として期待していたら需要と供給のバランスが合わずに転職したことでかえって重荷を背負うことにもなりかねません

3年目の看護師が転職する際には、

  • 転職先が看護師をどのような形で求めているかを感じ取る
  • 病院では、随時説明会や病院の案内に参加する

等、転職先の情報集めにまずは1度病院に行って話を聞きに行くと良いでしょう。

 

3.転職に有利な3年目看護師の特徴

人との関わりが上手な三年目看護師

リーダーやプリセプターは、将来やらざるを得ない業務であり既に経験済みの3年目看護師は、ゼロから教える必要はなく即戦力にもなるため、転職に有利な傾向にあります。

 

研究系の実績があること

3年目の看護師が新卒の就職活動と大きく違うこととして、転職時には履歴書以外に職務経歴書を書く必要があるということが挙げられます。

職務経歴書に研究系の実績が記入されていると、

  • 勉強熱心
  • 様々な活動が期待できる

等という評価に繋がり、転職に有利となるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

職務経歴書には、「いつどこで何をしてきたのか」ということが書いてあり採用時の参考になるものです。

 

人との関わりが上手であること

看護師が転職する際に最も転職先が重要視することは、人間関係の構築ができるかどうかです。

特に、クリニックなど人数が少ないところで人間関係の構築は最重要で、

  • 波風立てぬようにしてくれる看護師
  • 人当たりの良い看護師

を求めています。

人間関係の構築は、看護の知識・技術が関係ないため誰でも当てはめることができるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

面接では、「自分が前の職場でどんな立ち位置だったか」等を笑顔ではきはきと伝え、人との関わりについてアピールすることで転職にも有利に働くでしょう。

 

看護技術が1人でできること

転職先が求めている看護師としては、

  • 清拭やおむつ交換など最低限のもの
  • 採血や血管確保など高度なもの

等、看護技術が1人でほぼできる人です。

多くの転職先は、面接時に自分の施設で行ってほしい必要最低限の看護技術を言うため、できるものは自信をもってアピールすると良いでしょう。

 

4.まとめ

転職に有利な年数である3年目は、その一方で転職先から求められているものも大きくなり、転職後に大変な思いをする看護師も多く見受けます。

転職後に大変な思いをしないよう、転職活動では目的をもって慎重に取り組んでいくことをお勧めします。

3年目看護師で転職したいと考えている方は、是非参考にしてみて下さい。

 


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。


カテゴリー:年代別看護師転職

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:RAY
(公開日:)(編集日::2017年07月11日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。