著作者

みずき

看護師ライター

みずき

( 看護師 助産師 )

転職回数の多い看護師が希望の転職先に採用してもらう秘訣5つ

みずき
看護師ライターみずき
転職回数 看護師 希望

転職するときは、転職希望先の施設長や看護部長、採用担当者と面接があります。病院側も不採用にするために面接を行っているわけではありません。面接は、自分が働きたい病院で働くための第一関門です。

私は転職を5回しました。その経験から、自分の今までの経歴やこれからやっていきたいことの意思をどのようにしたら伝わるのか、転職回数が多い看護師が希望の転職先の採用確定をもらうにはどのようにしたら良いのか、その秘訣をご紹介いたします。

 

1. 面接官やスタッフへの挨拶はしっかりと行う

挨拶はしっかりと行う

面接官は、あなたが面接に来たときから、どんな人なのかということを見ています。緊張はしていると思いますが、基本のマナーとして当たり前ですが、しっかり「宜しくお願いします。」「失礼いたします。」と挨拶しましょう。

 

面接官はもちろんスタッフへのあいさつも忘れずに

特に、有料老人ホームなどでは、サービスを希望して、お金を払い入所されているため、利用者さんへの接遇は重要視されています。

面接では、病院案内をしてくれる場合もあります。そのため、病院で働いているスタッフのみなさんへの挨拶も忘れずに、行いましょう。

 

2. 看護師履歴の転職した理由をはっきりと伝える

転職した理由をはっきりと伝える

転職回数が多い看護師さんが面接のとき一番心配される質問は、転職理由についてです。何か目指すものがあって転職された方は、そのまま理由を伝えればいいでしょう。

しかし、自分の都合で退職し、ブランクが空いてしまった方や短期間で転職された方は理由に悩むことも多いでしょう。

 

辞めた理由と自分の反省点を正直に伝える

例として、私は「現在の診療科が私に向いているのか、もう一度見つめ直してみる時間が欲しいと思い、休職しました。」「就職した直後、以前働いていたスタッフがほとんど辞めてしまい、職場上司と現場で働くスタッフの人間関係がうまくいかず、退職しました。」「短期間で辞めてしまったことは、私の反省するべきところでもあります。新人教育へ力の入っているスタッフに、中途採用で就職した私が積極的に学びに行けなかったためです。」など、正直に自分の反省点と、理由を伝えるようにしていました。

 

ポイント!

ポイント

面接では、人柄も見られているため、誠実な態度で伝えることで、転職回数が多くとも、採用してくれる病院はあります。しっかり、自分の転職への振り返りをし、面接に挑みましょう。

 

3. 志望理由に自らの看護観を織り交ぜる

自らの看護感を織り交ぜる

転職先でなぜ、自分が看護師をやりたいと思ったのかは必ず聞かれます。「今まで経験した看護を活かし今回はさらに、こういう部分を意識して働きたいから。」「自分のこのような特性を活かせると思ったから。」など転職先で働く自分がやっていきたい看護を伝えます。

ここでは、面接官の方から、転職先の仕事内容を説明してもらえることもあります。

 

転職先の情報収集をしておくことがおすすめ

自分が思い描いていたイメージと現実の仕事内容に差はないか、それでも働きたいかを問われることもありますので、事前に転職先のホームページを見て情報収集しておくとよいでしょう。

私は、転職先の志望理由には自分の看護観を織り交ぜて伝えました。看護観は看護学校卒業時に書いたものですが、働いている時や転職する時に一番の心の支えになるものでもありました。

 

4. 転職先の気になることは積極的に質問する

気になることは積極的に質問する

一通り面接が終わると、「何か質問はありませんか?」と聞かれます。ここでは、転職先のことについて、どの程度理解しているのか、興味関心がどの程度あるのか積極性を見られます。

 

面接官の説明はメモをとり、気になった事は質問する

面接の最中に、面接官が説明する病院概要や看護師の業務内容についてメモをし、自分が働く時に、気になることがあれば、質問しましょう。

私の場合は、看護師の働き方について質問をしたため、病院案内で終了する予定の面接が、実際に働いている看護師さんからも話を聞くことができました。

 

5. 面接直後に採用が決まった場合も慎重に判断する

採用が決まった場合について

病院施設によっても、面接直後に「では、採用に向けて具体的にお話しさせてください。」と話が進むこともあります。この病院一つと決めている場合は、その場で説明を受け、採用手続きへ進みましょう。

 

面接直後に採用されてもその場で決める必要はない

他の転職先の面接を考えている場合は、すべての面接が終わるまでは、一度結果を持ち帰ります。焦って決める必要はありません。

採用決定をもらった職場で自分が一番働きたい病院施設を吟味します。転職回数は多ければ多いほど、人柄を見られます。

 

ポイント!

ポイント

自分がやりがいをもって長く働ける場所をしっかりと吟味することがなにより大切です。

 

まとめ

転職回数が多い看護師は転職理由、転職先への志望理由は必ず聞かれます。転職回数だけで人を判断することはありませんが、仕事をする上で責任を任せても大丈夫かを問われます。

今までの転職経験や自分の特性を活かし、希望の転職先でやりがいのある看護ができることが大切です。そのため、失敗したと思った転職理由は素直に反省し、自分がなぜ働きたいのか志望理由を自分の言葉で伝えましょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

総合病院の病棟看護師、助産師勤務を経て、クリニックで不妊治療の看護師をしていました。その後は派遣で巡回看護師をし、現在転職活動中、在宅ライターとして働いています。
プライベートは以前はシェアハウスに住んでいたことやゲストハウスでヘルパーをしていたこともあり、バライティーに富んだ人のつながりを持っています。普段はクリスタルボウルを演奏活動、旅や食べること、料理や絵を描くこと、ものづくりが好きで仕事の合間に、行ってます。


カテゴリー:看護師転職のノウハウ


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:みずき
(公開日:)(編集日::2017年05月06日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。