著作者

子パンダ

看護師ライター

子パンダ

( 看護師 准看護師 )

嫌な先輩看護師特徴・見分け方5つ

子パンダ
看護師ライター子パンダ
気をつけるべき 看護師 

私が一番長く就職していた外科がメインな病院では学生からお世話になっており、色々な先輩がいました。そこで、こんな先輩には気を付けた方が良いと思う方の特徴・見分け方をご紹介します。

1.独占欲が強い先輩看護師

独占欲 強い 看護師

独占欲が強い看護師との出会いは、私が教育担当の看護師から離れた時でした。私が一人になった時、中堅層位のA看護師が「緊張するでしょう?分からない事があったら何でも私に聞いてね!」と、とてもフランクで優しい言葉をかけてくれました。

その笑顔はキラキラしていて好印象でしたが、私が他の看護師と仲良くしていると束縛するような発言をしたり、この人と一緒にいるのは疲れるな、と思い始めました。

 

独占欲が強い看護師は同僚の悪口を言う

A看護師は、自然な流れで一緒にご飯を食べに行くようになりました。話のネタは決まって、看護師の誰がミス多い・誰が使えない・誰が話しにくい、と言った話題が多かったです。

当時私は、スタッフの情報収集位にしか思っていませんでした。ですがA看護師はだんだん同僚の良くないところ・同僚の彼氏が不細工という悪口などを言うようになり、私はだんだんA看護師と話すのが疲れてきました。

 

他の看護師と仲良くしていたら注意をうけた

仕事もやっと慣れてきて、他の看護師と話をする機会が増えて行きました。違うメンバーでご飯を食べに行ったり、夢の国へ遊びに行ったり、年が近い為話も合うし、一言で言うとかなりエンジョイしていたと思います。

そんな私をみていたA看護師は、「最近色んな看護師と遊んでいるんだね…色々な人と仲良くするのってどうなの?皆いい気はしないのだから、やめた方がいいと思うよ。」と、鋭い目つきで言い去ったのです。

確かに初めは面倒を見てもらっていたし、ここで色んな人と仲良くなるのはA看護師に悪いなと思ったため、正直そこまで束縛される権利はないとも思いましたが、素直に謝りました。今思えばおかしいです。

2.自分の間違いを謝らない先輩看護師

謝らない 看護師

ある日仲良くしている先輩から重大発表があるとの事でお昼休憩中に呼び出しされ、「私、結婚するのだけど、これ言うの、あなただけだから絶対に他の人に言わないでね」と言われました。

他の人が知っていたことが分かったとき、真っ先に私を疑い怒鳴られましたが、先輩が間違っていたことに気付いた際は一言も謝罪の言葉はなく、いつも通りに接してきたことがとても腹立たしかったです。

 

勝手な勘違いなのにシカトされ続けた

結婚報告してくれた先輩は、ある日凄い剣幕で私を呼びとめ、「誰にも言わないで、と言ったよね。主任が私の結婚の事を知っていたんだけど。あなたが言ったのでしょ!」と、怒鳴られました。

私は誰にも言ってない事を何回説明しても一向に耳を傾けてはくれませんでした。しばらくシカトされる日々が続きましたが、私が口外したのじゃないと発覚してもその先輩は謝ってきませんでした。

3.人を小バカにしてくる先輩看護師

小バカにしてくる 看護師

ある先輩と夜勤が一緒になった際、以前二人で「痩せたいね~」と話していた事が話題となりました。すると、急に患者の体重を測定する体重計を持ってきて、「乗って!」と言ってきました。

私はやんわり拒否をすると「いいから、乗って!」としつこく言ってきて、仕事にならないので渋々乗りました。数値を見た瞬間、人を小バカにしたような感じで「ふーん」と笑みを浮かべました。本当に失礼な態度だと思います。

 

侮辱してくる先輩とは仲良くしないこと

私はカチンときて、「乗って下さいよ~!」と言うと、シカトをされ仕事に戻ってしまいました。人のことはバカにするのに、自分の都合が悪くなれば逃げるという行為は本当に頭にきました。

どうしてこんな風に侮辱されなければいけないのか、怒りでいっぱいでした。それからは、その先輩看護師を避けるようになり、あいさつ程度の関係になりました。そんな先輩看護師とは仲良くする必要がないです。

4.自分の仕事を押し付けてくる先輩看護師

仕事 押し付けてくる 看護師

仕事をしていく上で助け合い精神はとても重要であり、看護師の仕事に必要不可欠と言っても過言ではないかもしれません。ですがそんな助け合い精神に便乗し、何でも頼んでくる看護師は要注意です。

お願い事はなるべく引き受けずに丁重にお断りする必要があり、関わりを少なくする工夫も必要かと思います。

 

お願いを断れば急に怒り出す

ある日私がケアをしていると、「あなた、ケアをあんまりやった事がないでしょ?だったら、私の受け持ちの人、ケアをやってもいいよ?」と声をかけられました。本当は、ケアをやりたくないからという理由でしたが、初めはそんな事を疑っていませんでした。

自分の担当で手いっぱいだった私はやんわり断ると、急に不機嫌になり可愛らしい声から低い声で「あっそう!じゃぁ明日、あなたがここの担当になる様に上の人に言ってあげるから。」と頼んでもいないのに、上の人にお願いをしに行かれてしまいました。

 

ナースコールを全然とらない

仕事を押し付けがちな先輩看護師は、ナースコールの近くにいてもなぜか取らず「ほら、鳴っているよ?」と、新人や来たばかりの私や学生に声をかけて取らせて、自分は出ません。

私達が近くにいても出られない時もあります。するとその先輩看護師はナースコールの受話器付近を強めに壁ドンし「鳴っているって言っていんだろ!」と怒りだしました。

すごくビックリして皆が固まっていると、見かねた主任が取ってくれました。主任が取った後、先輩看護師は「すいませーん。最近学生や新人が動かなくて、きつく注意しておきますね。」と、言っているのが聞こえました。

 

自分が仕事をしない事を正当化する

先輩看護師は、急に大声で「あぁ~どうしよう、忘れちゃった!!どうしよう」と、自分より下の看護師の目を見てきます。「どうしたのですか?」と聞かれるのを待っているようにしか見えませんでした。

誰も目を合わさないでいると、私みたいな下の看護師に向かって「あの~コレをお願いしたいのですけど~」とご指名をされます。もし断ると近くにいる主任や師長・先生に「私のお願い、聞いてくれないの~悲しい~」と、言いふらすのです。

時々はお願いを引き受けることがありましたが、度が過ぎるお願い事は丁重にお断りをするようにしていました。

 

5.噂が大好きな先輩看護師

噂 大好き 看護師

噂話をするのが大好きな看護師たちが集まると、「○○先生と○○看護師がご飯食べに行ったのだって~」や「○○さんの息子はこっちの高校だけど、○○さんの娘はあっちの高校なのだって」などなど、細かい情報があちこちで飛び交っています。

また病院スタッフだけでなく、入院患者の家族情報なども詳しく知っています。なぜ知っているのかは謎ですが、スパイがいるのか、と思ってしまう位、情報が漏れています。

そのような看護師に自分の情報をうっかり伝えてしまうとやっかいなことになるので注意してください。

 

噂はあっという間に病棟全部にまわる

丁度仲良くなった看護師がおり、話をすると「絶対秘密な事や自分の事を詳しく話さない方がいいよ。この部署だけで留まると思ったら大間違いだよ!病院全部に回って、院長先生まで行ってしまうのだから!」と言われました。

その時は院長先生まで行く訳ないじゃないと笑っていましたが、その後やたら腰が低くて、私の方が年下なのに敬語で話しかけてくる看護師がおり、話の流れで私に彼氏がいるのかなどの情報を話してしまった結果、見事に次の日に副院長先生まで噂はまわっていました

 

信用できない看護師には自分の情報を話さないことが鉄則!

その後私は、看護師からの質問攻めにあいとても大変な思いをしました。言いふらした張本人に問い詰めたい気持ちがあったのですが、その問い詰めた事さえ噂になってしまうのではないかと思い、問い詰める事が出来ませんでした。

知らなかったとはいえ、自分の事をペラペラ喋るものじゃないなぁと反省しました。

 

まとめ

注意するべき先輩看護師は、既に同僚から嫌われていることが多いです。皆に嫌われているからと言って悪い人と決めつけていい訳ではありませんが、頭の片隅において注意深く観察したほうが良いでしょう。

人に嫌われてしまう人は、嫌われる側にも問題は少なからずあるのだと思います。皆に距離を置かれ一人ぼっちな看護師は、新しい人材が来ると仲間にしようと声をかけてくる性質があるようです。

初めはどんな人か分からないので、歓送迎会・年末年始の飲み会・病棟会など飲みの席に参加すると色々見えてくることがあります。変な先輩に引っかかり、思わぬトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

私は、准看護師→看護師免許を取得。
20代で結婚し、2人の男の子の母親業もしているアラサーです。短い期間ですが、色々転職しており、消化器外科、内科、整形外科、脳神経外科(眼科・耳鼻咽頭科)、産婦人科(外来)、夜勤バイト(循環器科)など経験してきました。
私のダークな経験とハッピーな経験をゆっくりですが、文字にしていきたいと思います。読んでもらえる人に「分かる―」や「プププ~」と笑ってしまうものを書けるように頑張りますので、よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師コラム


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:子パンダ
(公開日:)(編集日::2017年05月06日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。