著作者

Ivy

看護師ライター

Ivy

( 看護師 )

保険診療クリニックと美容クリニックの違いとは?お勧めする理由4つ

Ivy
看護師ライターIvy
保険診療クリニックと美容クリニックの違い

美容クリニックの診療体制は自由診療と言われるのに対して、その他のクリニックでは主に保険診療をメインで診療しています。

そのため、美容クリニックで働いていると、保険診療のクリニックと比べて良くも悪くも違う点が多くあることに気づきます。ここでは、自分の経験から感じた美容クリニックと普通の保険診療のクリニックの違いについて紹介したいと思います。

美容クリニックへの転職を検討中の方は美容外科クリニック求人|転職する前に確認したい6つの事も併せてご確認ください。

自由診療の美容クリニックと一般の保険診療のクリニックとでは具体的にどのような違いがあるのか、美容クリニックをお勧めする理由を見ていきましょう。現在、美容クリニックへの転職を検討中の方は必読の内容です。

1.美容クリニックは美を意識した女性が多く来院する

女子会

美容クリニックは美しさを求めて来院するお客様がメインなので、患者層は20~50代くらいまでの、美を意識した女性が多いです。

身なりも綺麗にされている方が多く、年齢が増すにつれて美への悩みや要求も多くなる傾向があるので、こだわりを持って来院される方も多いです。

一方、保険診療のクリニックでは病気を患う患者が対象のため、来院する患者層は10代から上は90代の方までの老若男女が来院する、ということが美容クリニックとの大きな違いです。

美を意識した女性と毎日接することで、忘れかけていた美への意識が高まり自然にキレイになることができます。

 

対象は「患者」ではなく「お客様」

美容クリニックに来院する患者は病気を患っているのではなく、顔や体に対してより綺麗になりたい、整えたいなどの思いから来院するため、患者ではなくてお客様です。

保険診療のクリニックでは、「○○さん」と呼ぶことや、慣れてくると知り合いのように会話することも中にはありますが、美容クリニックではそのようなことはありません。

 

補足説明!

ポイント

お客様をお呼びする時は「○○様」と呼びますし、細かい気配りや言葉遣いも必要になります。そのことにより、保険診療のクリニックとは違う意味での接遇やサービスが求められます。

 

2.美容クリニックでは若くて華やかな看護師が多く働いている

華やかな女性

美容クリニックで働く医師を始めとするスタッフも、お客様同様に美に興味のある方が多いように思います。服装やお化粧も綺麗にされて、おしゃれなスタッフが多く、休憩時間も美容に関する情報が多く飛び交っています。

美容クリニックのスタッフは、クリニックの広告塔のような存在でもあるので、普段から綺麗にすることが身についています。また、自分自身も美に興味があるからこの仕事を選んだのでしょう。

保険診療のクリニックでも見た目に気を使っているスタッフもいますが、どちらかというとラフな服装で化粧もナチュラルなスタッフが多いです。

こちらも上記と同様、キレイな同僚と働くことで美への意識が増し、キレイになることができます。

 

働く看護師の年齢層が決まっている

美容クリニックで働く看護師は20代~30代くらいの綺麗な看護師が多いです。大手のクリニックになればなるほどその傾向が強いかもしれません。

保険診療のクリニックでは、年齢制限のあるところもありますが、経験を重視するところもあるので、その年齢層は30~50代くらいが多いです。

 

3.美容クリニックは女性に嬉しい設備・制度が整っている

きれいなパウダールーム

美容外科は、どこのクリニックもホテルのように綺麗なところが多いです。心地よい音楽が流れていることや、いい香りのするところなど、癒される空間を演出しているクリニックもあります。

一方、保険診療のクリニックでは長年地域に密着しているクリニックも多いため、多少年期が入っている建物であることや、病気や検査の広告・パンフレットがあるだけの待合室など、少し殺風景なクリニックが多いです。

美容クリニックでは、癒されながら気持ちよく働くことができます

 

パウダールーム完備!

美容クリニックでは、お客様用のパウダールームが充実しているところが多いです。営業時間以外はスタッフもパウダールームを使用できるため、髪を巻くことや化粧直しをすることが可能となり、仕事前・仕事終わり共に見た目をキレイにすることができます。

一方、保険診療のクリニックではパウダールーム完備の箇所はあまりないでしょう。中には更衣室も狭くて着替えるのもやっとのところもあるので、お化粧を直すスペースもなく、必然的に着替えやすい服装になってしまうのかもしれません。

 

ポイント!

ポイント

美容クリニックには洗顔・クレンジングなどのスキンケアセット、ドライヤー・コテなど女性に嬉しい備品がたくさん揃っています。スキンケアセットはクリニックで扱っている高級品を使用できる場合があります。

 

無料または社割で美容施術を受けることができる

美容の世界では様々な薬剤や機械が開発されており、クリニックでは新しい物を取り入れようとすることも多いです。

その際、実際に施術に携わる看護師は練習のためにスタッフ同士で施術することや、気に入れば社割で施術を受けることができます。

保険診療のクリニックでも病気になった際には診察して薬を処方してもらえますが、必要な場面はあまり多くはありません。

 

ポイント!

ポイント

自分ではなかなか美容クリニックを受診はしませんが、身近に行われているなら安心だし試してみようかなという気になります。

 

4.美容クリニックは体力・精神的な負担が少ない

カフェで本を読む女性

美容クリニックでは、治療を受けるためのカウンセリングや施術時間など全て予約時間が決まっているところが多いです。ほとんどの業務が予約で決まっているので、物事の準備や1日の仕事の比重が分かり、予定を立てることができます。

一方、保険診療のクリニックでは予約制のところは少なく、来院した順番に診察しています。なので、時期によってはもの凄く混み合ったりして業務が繁雑になることもあります。

美容クリニックでは保険診療のクリニックと比べて予想外な混み合いなどないので、ゆったりと業務を遂行することができ、体力・精神面共に負担が少なく働くことができます。

 

通勤ラッシュを外して通勤できる

美容クリニックによって違いはありますが、大体の美容クリニックは開院時間を10時~11時、終業は19時~20時に設定しています。そのため通勤ラッシュに合わず、仕事前から疲弊することを避けることができます。

一方、保険診療のクリニックの開院時間は大体9時くらいとなっているため通勤ラッシュにあたり、毎日疲弊して職場に行かなければなりません。

 

補足説明!

ポイント

開院時間が遅ければもちろん帰宅時間も遅くなりますが、夜型の看護師には都合の良い勤務時間帯となります。

 

5.まとめ

美容クリニックは保険診療のクリニックとは様々な点で違いがあるため、美容クリニックは病棟やクリニックと全く異なる職場と考えた方がいいでしょう。

看護師が美容クリニックで働くことは少し敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、主に医師の介助をする保険診療のクリニックと比べ、美容クリニックでは看護師対お客様の1対1で、看護師が主体となって機械の施術を行う場面も多くあります。

色んな機械施術を学ぶ上でも勉強になりますし、何よりお客様と1対1で施術することはその反応を直接聞くことができるため、やりがいに繋がります

美容クリニックに興味のある方は「美容皮膚科に看護師転職前に!メリット・デメリットを確認」もご確認ください。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

趣味は海外旅行や美味しいものを食べてお酒を飲むこと。現在は旦那さんと2人暮らしをしています。看護師歴20数年になり、総合病院や専門病院などの病棟を15年ほど経験し、その後はクリニックでのパートや、今までの経験を生かして美容クリニックや検診などのスポットアルバイトをして今に至ります。
現場でずっと働いていたので、他の仕事に興味があり記事を書いていますので応援よろしくお願いします。


カテゴリー:美容クリニック

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:Ivy
(公開日:)(編集日::2017年10月18日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

1件の返信

  1. […] さらに違いを確認したい方は「美容クリニックと一般クリニックの看護師の違いについて」も合わせて確認しておきましょう。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。