著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

美容皮膚科に看護師転職前に!メリット・デメリットを確認

kameko
看護師スタッフkameko

美容皮膚科が普通の皮膚科と違う点は、多くの場合健康な人がより美しくなることを目的に来院するという点です。実際に行われるのは、脱毛や美肌のためのアンチエイジングケア、ケミカルピーリングなどであり、治療を行わないと健康に支障があるというわけではありません。ですから、一般の病院に比べて患者に対して「お客様」のような対応が求められます。

美容皮膚科で看護師として転職するために注意することは以下の通りです。

  • 仕事接客のスキルが求められる
  • 営業が嫌いな看護師には向いていない可能性がある
  • 給料が高く、夜勤がない
  • 病院での看護師スキルは低下する可能性がある
  • 美容専用の看護師求人サイトを利用する
  • 女性として綺麗になれる

看護師としてのメリットやデメリットは存在しますが、まとめると以上になります。1つ1つしっかりと確認していきましょう。


★そろそろ転職しよっかなぁっと思ったら★

現看護師の口コミ

口コミランキング

1.美容皮膚科の種類について

美容皮膚科の種類について
一概に美容皮膚科と言っても、美容皮膚科の中にも様々な種類があります。美容皮膚科へ転職する看護師は違いをまず押さえておきましょう。

美容皮膚科の規模 スタッフと特徴
大手 ・医師、看護師、カウンセラー、エスティシャン、受付等
・様々な職種スタッフが所属
中規模 ・医師、看護師、カウンセラー、エスティシャン、受付等
・様々な職種スタッフが所属
・大手より人数は少ないが体制は同じ
個人経営 ・医師、看護師、受付
・看護師がカウンセリングを兼務
・看護師がエステティシャンを兼務
一般の皮膚科と併用 ・医師、看護師、受付事務
・規模によりカウンセラー、エスティシャンも所属

CMで見るような大手美容皮膚科や、中規模の美容皮膚科であれば、看護師の行う仕事内容はあまり変わりませんが、個人経営や一般の皮膚科と美容皮膚科を併用しているクリニックなどは、看護師の仕事が大きく異なる場合があるので、注意が必要です。

看護師として転職を考える場合は、求人希望条件をピックアップしながら、仕事内容を確認するのがおすすめです。

 

2.美容皮膚科で働く看護師の仕事内容について

美容皮膚科で働く看護師の仕事内容
美容皮膚科の治療は、しみという症状一つとっても、治療方法が沢山あります。しみの治療方法としては、外用治療(トレチノイン、ハイドロキノンなど)、レーザー治療、内服治療(ビタミンCやサプリなど)、施術(ケミカルピーリング、エレクトロポレーション、イオン導入など)、美容注射など、治療方法が多岐にわたります。

そのため、患者のニーズに合わせた治療方法が、選択できるようにサポートすることが必要です。

 

患者のタイムスケジュール組み

患者のご希望日時や時間を聞き、他の患者と被らないように、スケジュールを組むことも看護師の仕事の一つになる場合があります。(クリニックによって異なります。)

施術の時間も、内容によって異なるため、パソコンでのスケジュール管理や、レーザー治療の時にはレーザーが立ち上がるまでに時間がかかるため、それを含めた時間で管理を行います。

 

スキンケア相談

施術をやりたいと思う患者に対して、美容皮膚科で働く看護師は直接説明する必要があるため、スキンケア相談を行います。

患者がどこまでの美を意識しているかを見極めた上で、必要に応じてホームケア用品の紹介や、美容注射の効果などまで説明していきます。数多くある美容の治療から、患者自身が、選択して納得のいく治療がうけられるよう、サポートします。

 

患者への施術や手技

施術は先輩看護師やスタッフから教えてもらうのではなく、機械を扱う業者から直接教えてもらうことも多くあります。どのような症状に効果的か、どのくらいで治療効果がみえてくるか、など機械に関することも含めて教えて確認します。

施術で使用する美容液は、常に新しいものが出てくるため、美容液についての知識も、豊富に持っておかなくてはなりません。

患者への施術や手技

手技はひたすら練習となるため、先輩や後輩の顔を借りて、何度も練習をします。

実力がつくまで何度も練習をするクリニックも多く、勤務時間終了後に行うため残業が多い場合があります。

 

脱毛レーザーの施術

顔から体まで全身の脱毛をレーザーで行なうことができます。手技に慣れるまでは先輩スタッフの顔や体を借りて施術の練習をします。

慣れてくると自分にも照射できるので、練習がてらに照射することが可能です。自分も綺麗になれるので嬉しいという看護師も多いです。

脱毛レーザーの実際の施術時間は30分~1時間くらいと短めで、顔、腕、足、VIOなどパーツごとに施術内容は分かれています。(美容クリニック専門のところでは、施術時間も長く、施術パーツも広範囲になることが多いです。)毛周期に合わせて1から2か月おきに5回ほど施術するコースや、単発での照射などがあります。

 

脱毛メニューは男性にも人気が出てきています

1年を通して脱毛する方は多く、時々予約が集中して取れなくなるほど人気があります。最近では男性も施術を受ける方が増えてきて、主に顔のひげの脱毛が多いのですが、男性は比較的痛みに弱い方が多いので、施術にも時間がかかります。美容皮膚科クリニックによっては塗る麻酔を使用して行っているところもあります。

 

ピーリングの施術

ピーリングの施術では肌の古い角質を取り除いて、ターンオーバーを促して肌を綺麗にしていきます。施術箇所は顔が多いですが、その他にも背中や腕、デコルテなど様々です。

顔の施術では薬液が目に入りやすく注意が必要なので、こちらも先輩の顔を借りて何度か練習します。特に顔のピーリングは肌質の変化を実感しやすく、また一番目に触れて気になる部分でもあるため、定期的に施術を行っている患者も少なくありません。

ポイント!

ポイント

結婚式を控えてブライダルエステとして顔や背中のピーリングを行っている美容皮膚科クリニックもあります。

 

イオン導入の施術

イオン導入の施術は美肌目的で、肌に弱い電流を通して、浸透しにくいビタミンC誘導体やトラネキサム酸などを浸透させる施術です。方法はクリニックにより様々ですがこれは施術時間が5分~10分程度と短く簡単な施術なので、予約制は取らずに来院してすぐに行える美容皮膚科クリニックが多いです。

イオン導入の施術は時間も短く、値段も高額ではなく手軽に行えるため、ちょっとした肌トラブルや少しでも肌を綺麗にして化粧のりを良くしたい患者が気軽に施術を受けます。

 

プラセンタ、ビタミン注射

この中にはを含んでおり、

プラセンタは主に、肌質の改善目的に若い方が注射しています。一般的に多くの栄養素を含んだヒトの胎盤エキスを使用し、免疫を上げたり、細胞を活性化させたり、肝機能を良くしたり、ホルモンバランスを整えるなど色々な作用が含まれています。

更年期のホルモンバランスを整えて症状を改善してくれる効果も期待できるため、多くの患者が利用しています。プラセンタも高額ではなく効果の持続性は短いため、1~2週間おきなどに継続して来院する患者も多いです。

 

ポイント!

ポイント

使用方法は筋肉注射や静脈注射で、静脈注射の中には様々な美肌成分となるビタミンをミックスして行われているところも多いです。看護師の仕事として注射が多くなる美容皮膚科クリニックもあるので、働いている看護師としては静脈注射は鍛えられます。

 

院内掲載用の広告作り

美容皮膚科と一般の皮膚科診療も行っている場合は自由診療に興味を持ってもらうことを求められるため、診察の待ち時間などに、目を通してもらえるよう、院内に広告や冊子を置き、誰もが美容治療を始めやすい環境づくりを行うのも看護師の仕事の一つになるので注意が必要です。

治療の説明や価格を載せた広告は、看護師がデザインし、パソコンで作成するなども行う場合があります。

 

3.美容皮膚科の看護師1日のスケジュール

美容皮膚科の看護師1日のスケジュール

時間 看護師の仕事内容
8時30分 出勤
8時45分 朝礼
8時55分 開院
9時 診察開始とともに、美容部屋や治療の準備
9時30分 1人目の患者【美容「顔」】
(カウンセリング、ケミカルピーリング+イオン導入)
10時30分 レーザー治療(脱毛)の準備
11時 2人目の患者【美容両脇+腕】
(カウンセリング、脱毛)
12時30分 カルテ入力及び次回の来院予約の確認
13時 休憩
14時30分 午後の診察開始
美容注射(プラセンタ注射、美白注射、ビタミン注射)の準備
15時 来院患者に対し、適宜注射を行う
必要に応じてカウンセリングを実施
15時30分 美容部屋や治療の準備
16時 3人目の患者【美容「背中」】
(カウンセリング、ダブルピーリング+イオン導入+超音波導入)
17時30分 片付け、清掃業務
18時 次の日の美容治療の確認及び情報収集
院内に掲載する広告作り
カルテ入力、パソコン業務等
18時30分 閉院
18時45分 退社
(美容の施術練習で残業する場合もある)

美容皮膚科ではその日の状況や担当によって仕事内容が大きく変わる場合があります

脱毛レーザーやピーリングは予約制なので、看護師スタッフは予約を担当するスタッフと他の保険診療を担当するスタッフに分かれます。イオン導入はすぐにできる施術なので、その時の状況で手が空いているスタッフが施術したりします。

大手美容皮膚科や美容注射が多いクリニックの場合は注射係の看護師が専任でいる場合があります。

 

4.美容皮膚科の看護師に必要なスキル

美容皮膚科の看護師に必要なスキル
美容皮膚科で働く看護師には接客スキルが求められます。来院した患者に気持ちよく治療を受けてもらってリピートを促すことも必要ですし、さらに美しくなるための処置を勧める営業的な仕事内容もあります。

 

施術、接遇、カウンセリングのスキル

初めて美容皮膚科に転職した看護師でも施術は練習を積めば、技術は上達していきます。ですが、接遇やカウンセリングは、お客(患者)との対応経験が必要になります。

通常の病院と違い美容の治療を行う患者は、非日常を感じに来院する場合がほとんどです。患者の期待値以下の接遇やカウンセリング、施術を行ったことが原因で、簡単にトラブルは起きてしまいます。

そのため、勤める看護師の態度、接遇が美容皮膚科で働く看護師には必要なスキルとなります。

 

ポイント!

ポイント

大切にされていると患者が感じない、事務的な対応などを行うと不安や不満が蓄積されて、クレームへと繋がります。患者の期待している姿を、話の中から理解することが必要となります。リスクや予期せぬ結果、期待される結果など、総合的に話せるよう、カウンセリングするように心掛けましょう。

 

患者への対応力(知識、提案力)スキル

医療と一緒で、美容も日進月歩となり新しい施術や、他のクリニックで行っている美容方法など、常にアンテナを張って、情報収集することが美容皮膚科で働く看護師にも必要です。

そこで得た知識も踏まえて、患者に合った美容の治療方法を、提案していきます。働きながら知識は増えていきますが、患者に提案する引き出しを増やす努力がいるといえます。

 

冷静に聞き判断する(気付き、傾聴力)スキル

美容皮膚科クリニックでは対応するスタッフ(看護師)が話をしっかり聞いてくれるといった安心感が、このクリニックを選んで良かったという自己肯定感に変わり、毎回の関わりの深さやアドバイスが患者リピート率を上げることになります

美容皮膚科クリニックの世界では、3回来院されると安定と言われ、10回来院されると、お客(患者)は定着すると言われています。看護師として、今まで磨いてきた気付く力と傾聴力は、美容の世界では特に、求められるスキルです。

 

患者への看護師の対応について

毎回、施術前に必ず、患者に対して問診を行います。そこから、気付いたこと、いつもと違うところなどを基に、話していきます。美容の治療は、継続することが大切であり、患者の意識により、治療効果も大きく変わります。

従って、治療継続が困難な時には、傾聴し問題点を見出し、日常生活でスムーズに、美容を取り入れられるように、援助していきます。

 

病棟での看護師のスキルはあまり求められない

看護師としての看護スキルは求められることが少ないため、覚えた病気や疾患の知識などは不必要になります。

美容皮膚科での特殊な処置については入職後に研修などが行われるため心配する必要はありませんが、別の美容皮膚科での経験があればそれなりに優遇はされます。
 

5.美容皮膚科働く看護師のメリット

美容皮膚科働く看護師のメリット
美容皮膚科は、看護師にとっては比較的人気の高い診療科です。ぜひ美容皮膚科で働きたい、という人がいる反面、美容皮膚科は嫌だ、という人がいるのも特徴で、看護師によって希望がわかれる診療科でもあります。看護師としてのスキルが求められることが少ない反面、接客的な仕事が増えるなど、看護師としても多少特殊な職場だと言えるでしょう。

 

給料が高く残業も少ない

看護師が美容皮膚科で働くメリットのひとつは、労働時間や仕事内容も加味して給料が比較的高いという点です。

クリニックによって違いはありますが、基本的には夜勤がない日勤のみの職場にしては、他のクリニック勤務の看護師よりも給料は高い場合が多く、契約を取ればインセンティブをもらうことが出来る美容皮膚科もあります。

入職したての場合はスケジュールでもお伝えしたように美容の施術練習での残業はあります

 

命に関わる患者はいない

当たり前ですが、美容皮膚科の場合は健康面に問題がある患者が少ないので、命に関わるような深刻な病状の患者の看護をすることがない、ということをメリットに挙げる看護師も多いです。

「患者の命を預かる」といったストレスが少ないので、精神的に楽だということです。

 

看護師自身が綺麗になれる

美容皮膚科で働く看護師は皮膚の構造から、スキンケアの方法まで、学ぶため美容について詳しくなります。また、他の人の施術練習などで、実験台になるため、看護師自身も美しくなれるチャンスが多々あるのがメリットです。

 

ポイント!

ポイント

患者から、肌を見られているという緊張感が常にあるため、綺麗でいなくてはいけないという意識が必ず芽生えます。従って、食生活や睡眠、日常生活から気を付けるため、肌トラブルを起こしにくくなります。

 

医療用のスキンケア用品が手に入る

市場には出回っていないスキンケアグッズが、業者から直接買うことができるため、成分や性能のいいスキンケア用品を手に入れることができます

また、商品サンプルという名目で、患者が買うより安く手に入れることができます。自分が使用してみて、どんな効果があったか、使いやすさはどうだったかなどを、自分の体験をもとに、患者に話すことにより、仕事も円滑になります。

 

通勤の立地が良い場所が多い!

仕事帰りに来院する人が多いこともあって、美容皮膚科は駅前など便利な立地にあることも多く、そういうクリニックを選べば通勤も便利です。

6.美容皮膚科働く看護師のデメリット

美容皮膚科のデメリット
美容皮膚科で看護師が行うのは、患者へのカウンセリングやレーザー脱毛の施術など、一般の看護師とは違った業務が中心になります。美容皮膚科で働く看護師のデメリットはどのようなものになるのでしょうか。

 

クレーマー患者への対応

美容の治療は、患者によって、目指すべき姿が全く違います。そのため病状は適していても、精神面が不適応の場合があり以下のような患者はクレームを引き起こします。

  • 不安や依存心が強い患者
  • 過度な期待をしすぎる患者
  • 色々な美容の病院を転々としている患者

クレーマー患者に当たってしまうと精神的にも体力的にも疲れてしまうのがデメリットといえます。

 

ポイント!

ポイント

クレーマー患者には、色んな病院で話を聞いてもらうことを勧めたり、リスクの少ないものから始めてもらいクレームを防ぐ場合がほとんどですが、それでも起きてしまうものです。こちらは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

美容人数のノルマがあるデメリット

美容皮膚科クリニックによっては、一人あたり一カ月に何人、施術しなくてはいけないというノルマがあります。

ノルマのある美容皮膚科クリニックでは、一人の施術あたりのインセンティブが基本的に設定されている場合が多いです。また、ノルマがない美容皮膚科クリニックも存在し、その場合はインセンティブは出ないケースがほとんどです。

 

ポイント!

ポイント

ノルマが嫌な場合やインセンティブが貰いたい場合など様々あるので転職時に確認が、必要になります。営業が苦手な人にとってはかなりストレスになるケースもあります。注意しましょう。

 

看護師としてのスキルが低下する!

病棟などで行う看護師の一般的な業務を行うことが少ないため、美容皮膚科で働いていると、看護師としてのスキルが低下することを心配する人もいます。医療の面における看護師としてのキャリアアップを目指す場合、美容皮膚科での経験は決してプラスに働かないので注意しましょう

 

土日の出勤がある美容皮膚科もある!

美容皮膚科の場合は、患者が来院しやすいように土日の出勤がある場合があります。基本的にシフト制にはなりますが、休みが変則になる場合があるので、デメリットといえます。

美容皮膚科への転職の際は詳しく確認する必要があります。

 

7.美容皮膚科で働いて楽しかったこと・辛かったこと体験談

SORAさん【美容皮膚科へ転職した現役看護師】

看護師SORAさん
看護師歴6年目、20代後半、一児のママです。手術室看護師として、大学卒業後4年勤務しました。国立の大学病院で3年、総合病院で1年経験を積み、結婚に伴う転居のため、美容皮膚科クリニックに転職しました。

その時の美容皮膚科で働いて楽しかったこと・辛かったことを体験談として記載していきます。美容皮膚科への転職の参考にしてください。
 

綺麗になっていく患者を見ることができる(楽しかった)

美容の施術をしていると、外面だけでなく、患者が内面から綺麗になっていくことを実感することがあります。

お金をかけなくても、内面から綺麗になることはできます。綺麗になることをしているときに、より中から綺麗になる生活を送ってもらうために、アドバイスをすることがあります。外面だけしかお手伝いをしていないのに、患者の意識変化があると、何事にもかえられない達成感を感じます。

 

指名される喜びがある(楽しかった)

患者から、「次回の予約は〇〇さんでお願いします。」と言っていただけると、自分の施術が患者に、認められた気がして、とても幸福な気持ちになります。また1対1で、施術するため、信頼関係も確立していきます。

ポイント!

看護師SORAさん

リピートで通って頂いている、患者とのコミュニケーションや対応が、とても楽しいです。美容治療は、明確な終わりがないため、通い続けてくださる限り、患者との関係性がどんどんと築いていけます。

 

興味のある分野の勉強会に参加できる(楽しかった)

美容の中でも、レーザー治療、ピーリング治療、超音波導入、ヒアルロン酸注射など、様々な分野があります。自分の興味を持った分野を、深く勉強することができます

また勉強会に参加すると、美容のサンプルなども貰うことができ、予約をしていれば、実際に施術を体験することもできます。楽しく、勉強会に参加できるのも魅力です。
 

一般の資格も習得できる(楽しかった)

働いていて、患者に一般で売られている化粧品や美容薬について、質問されることが多かったです。コスメに対して詳しくなりたかったので、コスメマイスターライトという化粧品基礎検定の資格を習得しました。
 

ポイント!

看護師SORAさん

美容診療は、繁忙期(夏前の脱毛シーズン)以外は、そこまで忙しくないので、勉強する時間はあります。看護師の資格だけではなく、興味ある一般分野の資格を習得できることも、魅力です。

 

看護師間の共有(辛かった)

同じ業者から、手技を習っていても、個人的なオリジナルのやり方が組み込まれてしまうことがあります。担当の看護師が違うと、施術の方法が違うといったことになり、患者の不安に、繋がってしまいます。

従って、スタッフ間のコミュニケーションはもちろんのこと、チームワークが必要です。幸い、私の働いていたクリニックでは、スタッフ間の仲がとても良かったので、カルテ以外の患者の情報や施術を共有していました。

ポイント!

看護師SORAさん

他のクリニックでは、施術が統一になされているかを、月に一回チェックする試験があると聞きました。入職時に、技術の差についてどう埋め合わせをするのか、確認しておくと良いでしょう。

 

収益を常に意識する(辛かった)

美容は、病気ではないため、患者が満足してしまえば、終わりになってしまいます。そのため、自費診療で収益をいかに上げるかが、求められていました。

それには、リピートする患者の心理を理解し、「これからも通いたい」と思ってもらえるように、サポートすることが必要です。
 

ポイント!

看護師SORAさん

施術の技術はもちろんのこと、接遇力や対応力が求められます。また、スタッフ間の仲の良さやチームワーク力は、売り上げに反映します。価格ではなく価値で患者と繋がれるよう、評価や改善を常に行っていました。転職するまでは、一般の病院で働いていたので、収益のことなど全く考えたことがありませんでした。慣れてしまえば、問題なく収益のことを意識しながら、仕事ができるようになります。

 

8.美容皮膚科への看護師求人を探す注意点

美容皮膚科への看護師求人を探す注意点
病棟勤務から、初めての美容皮膚科クリニック業務、初めての美容の仕事へ転職したとすると、看護の対象や目的が全く違うことから、かなりギャップが大きいかもしれません。求人を探す前に、不安点は確認しておきましょう。

 

初めての美容皮膚科への転職は段階を踏むのも1つ

病棟勤務から美容皮膚科クリニックへ転職した看護師で問題なく勤務していける方も多いです。ただ、不安な看護師は段階を踏んだ方が入りやすいといえるでしょう。

  • 保険診療に美容皮膚科の診療が入っているクリニックを選ぶ
  • その後、美容皮膚科専門のクリニックへ転職する

など、一般診療のクリニックと併用した美容皮膚科でクリニックの業務内容を知り、保険診療業務に慣れた後に美容皮膚科の業務に入ることは、今まで病棟勤務の看護師にとってはスムーズな流れとなります。

 

美容皮膚科の看護師求人が多い転職会社を選ぶ

看護師求人サイトには美容クリニックが多い看護師求人サイトが存在します。また、美容皮膚科看護師求人を探すときに注意しなければならない点は以下の通りです。

  • 美容皮膚科クリニック内の人間関係
  • 美容皮膚科クリニックの方針
  • クリニックの規模や医院長の人柄
  • 土日が休みか出勤かどうか
  • 行う仕事内容の詳細
  • ノルマやインセンティブの確認

基本的に美容皮膚科の給料は高く夜勤がないため、どの求人を紹介されても条件が良いと思ってしまうケースがほとんどですが、実際には、人間関係が原因で辞める看護師や、本当に営業メインで行っている美容皮膚科クリニックなどが存在しますので、しっかりと確認をしておきましょう。

良い条件の看護師求人は、自分で探すのではなく、クリニック内の情報を熟知しているコンサルタントに依頼します。もちろん完全に無料なので安心してください。

美容看護師求人サイト

※美容クリニック専門の求人はあまりないので、以下を確認しながら登録しておきましょう。登録後担当者から希望条件などの確認で連絡があります。美容皮膚科の看護師求人は人気があるため、求人数を多く比較したい方は以下3社に登録しておきましょう。

 

「ナースではたらこ」看護師人気No.1

ナースではたらこ美容皮膚科

「ナースではたらこ」は利用した看護師満足度が3年連続No.1の看護師専用の転職サイトです。美容外科や美容皮膚科の看護師求人を全国対応で紹介してくれます。全国に看護師求人が9万件以上ある中で、ベストな美容皮膚科求人を紹介してくれます!利用しない手はないですね。

詳細はこちら

 

「マイナビ看護師」転職ならコレ!

マイナビ看護師
全国対応のマイナビ看護師ですが、美容皮膚科の看護師求人は関東エリアに多い傾向があります。他の違いとしては、担当につくキャリアコンサルタントが親切で丁寧な点が上げられます。利用して損はない看護師転職サイトといえます。

詳細はこちら

 

「美容外科求人ガイド」美容専門の転職会社

美容外科求人ガイド口コミ

美容皮膚科や美容クリニックの多くの転職紹介実績があり、かつ対応もスムーズです。サイトがマンガで分かりやすいので、是非確認してみてください。

詳細はこちら

 

まとめ

美容皮膚科に看護師転職を考える場合のメリット・デメリットをお伝えしてきました。基本的に美容皮膚科の場合は初めての美容クリニックへの転職の方が多いと思いますが、通常のクリニックや病院勤務と異なる点があるので、注意しましょう。

転職は情報を集めることが成功の第一歩となり、看護師専用、または美容クリニック転職専用の看護師求人サイトを利用して、担当のキャリアコンサルタントの方から情報収集することが、一番早い情報の取り方だと感じます。是非、効率よくうまく転職サイトを使いながら活動してみてください。

また、美容外科クリニック、美容外科に転職を考える方は「美容外科クリニック求人|転職する前に確認したい事」も合わせて確認してみてください。

 

看護師求人サイト口コミ

  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング

全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。


都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

カテゴリー:看護師に人気の科


この記事がお役に立てれば「フォロー」お願いします。
最新情報をお届けします。



応援メッセージを書く


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

病院・診療科別の看護師メリット・デメリット

病院・施設の看護師転職メリット・デメリット一覧 診療科別の看護師転職メリット・デメリット一覧

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「kameko」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年04月28日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


2 コメント・感想

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。