著作者

sayo

現役看護師

sayo

( 看護師 )

ブランク看護師がクリニックに復職する際の注意点3つ

sayo
現役看護師sayo
ブランク看護師 クリニック 復職

ブランクのある看護師が復職する際、病棟復帰することはとてもハードルが高くなります。

それに比べてクリニックは、看護師が自ら考えて行動することが少なく、難しい看護技術もいらないことが多いため、ブランクがある看護師が復職する職場としてはハードルが低く人気があります。

しかし、クリニックといっても看護師の仕事内容や求められることは様々です。

ここでは、ブランクがある看護師がクリニックに復職する際の注意点3つについてご説明します。

1.ブランク看護師に教育する余裕がないクリニックは避ける

クリニックで受付する女性のブランク看護師

求人選びの大前提として、ブランク看護師に教育する余裕がないクリニックは避けるようにしましょう。

 

クリニック独自の仕事内容があるため注意

クリニックは病棟での看護師としての経験がいくらあっても、独自の仕事内容があり教えてもらわないとできない場合があります。例えば、

  • 薬の準備
  • 会計
  • 事務
  • 予防接種
  • 診察の予約

など、クリニック特有の仕事もあるため注意が必要です。

そのため、クリニックでの経験がない看護師は特にきちんと教えてもらえるような余裕があり、そのような雰囲気の職場を選びましょう。

 

看護師1人や2人体制の場合、即戦力として求められる

クリニックのなかには、規模や診察人数によって看護師が1人か2人体制のクリニックがよくあります。

その場合、分からないことがあっても教えてもらう人がいない状況になり、すぐに1人前に働くことを望まれます。

ブランクのある看護師は、医療現場で働くという勘を取り戻すことに時間がかかるため無理はやめましょう。

 

2.面接の際は自分のスキルを正直に伝えておく

スーツを着た女性のブランク看護師

ブランクがある看護師だからこそ、面接の際には自分のスキルを正直に伝えるようにしましょう。

入社後、互いに「こんなはずじゃなかった」とならないために大切なことです。以下で重要なポイントをご紹介します。

 

採用されるための自身の過剰評価は避ける

病棟とは違い、クリニックは元々の看護師の人数が少ないため、フォローしてもらえる体制も十分ではないことがあります。

そのため、採用されるために自分のスキルを過剰評価して伝えることは、勤務開始後の自分の苦労を増長させることになるのでやめましょう。

 

ポイント!

ポイント

以前働いていた頃は1人前の看護師として看護技術を習得していても、ブランクがあることで勘を取り戻すのに時間がかかるということを念頭に置いておきましょう。

 

頑張りたいという意欲を伝える

上述のように自分のスキルについて正直に伝えることは重要ですが、できないことをできないと伝えるだけでなく、今はできなくてもできるように一生懸命学んでいきたいということを必ず伝えましょう。

ブランクがある看護師が復職する際は、自分には看護師としての経験があるというプライドを捨てて、できないことは認め勉強するという姿勢を持つことが大切になります。

 

3.必ず復職セミナーを受けてからクリニックへ復職する

採血をするブランク看護師

ブランク看護師のクリニックへの復職が決まったとしても、油断は禁物です。

看護師としての知識や経験があり手順は分かるものの、実際に患者にできるだろうかと不安に思うブランク看護師も少なくありません。

就職前にそのような技術を再確認し、行える場が復職セミナーです。

必ず復職セミナーを受け、事前準備を万全にしておきましょう。

 

補足説明!

ポイント

復職セミナーは各都道府県の看護協会が主催しているものや、市町村が主催するもの、病院が主催するものなど住んでいる地域によって異なります。

ほとんどが無料で受講できるものが多いためインターネットで調べてみましょう。

 

クリニックの必須スキル:採血と点滴をおさらいする

クリニックで働く看護師に難しい看護技術はいらないといっても、採血や点滴の技術が必要となることがほとんどです。

復職セミナーの内容は少しずつ異なりますが、採血や点滴はほぼ受講内容に含まれていることが多いです。

そのため、採血や点滴の技術が必要となる職場の場合、復職セミナーを受講する意義は大きいでしょう。

 

ポイント!

ポイント

復職セミナーには、救急蘇生や他の内容が含まれているものもあるため、自分に合った内容を選び受講することを勧めます。

クリニックによっては求められる看護技術が異なるため実際に働く前に確認しておくと良いでしょう。

 

看護師の職場の雰囲気を思い出す

復職セミナーによっては技術の習得だけではなく、看護の現場の現状の説明や復職に対しての相談ができるような場が設けられているものがあります。

そこで話を聞くことで、自分が働いていた頃の職場の雰囲気を思い出し、復職する前の心の準備ができる良い機会となります。

少しでも復職に対しての不安を軽減させるためにも、復職前に現場で働いている人と話ができる機会は貴重です。

 

まとめ

ブランクがある看護師が復職する職場として、クリニックは無理なく復職できる職場です。

しかし、クリニックといっても求められる仕事内容が違うため、自分のスキルや希望を派遣会社にきちんと伝えて紹介してもらうのも良いでしょう。

看護師はとても需要のある職業です。いくらでも復職することは可能なので、復職を希望する看護師は復職セミナーや派遣会社を是非利用してみてはいかがですか。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

地方の大学病院で約6年勤務し、その間妊娠・出産も経験し出産後も子どもを保育園に預けながら正社員として働いていました。その後京都に移り住み現在は子育てしながら訪問入浴・デイサービス・健診など派遣看護師として働いています。
私自身子どもを育てながら色々な勤務形態で勤務した経験があるのでママさんナース、これから結婚・出産を経験する方々に私の経験をもとに情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師の復職クリニック

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:sayo
(公開日:)(編集日::2017年09月05日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。