著作者

椿

現役看護師

椿

( 看護師 )

密封小線源治療を行う病棟で働く看護師の仕事内容

椿
現役看護師椿
密封小線源治療を行う病棟で働く看護師

密封小線源治療とは、悪性腫瘍に対して放射線治療科で行われるもので、放射線を出す小さな線源(Au198ゴールドグレインなど)を腫瘍に埋め込み、組織の内側から放射線を照射して治療するやり方です。

舌がんなどの口腔内腫瘍や前立腺がんに用いられる治療法で、手術によって機能を失うリスクを避けることができます。

線源はごま粒ほど小さく、口腔内腫瘍で5個~10個ほどを刺入し、生涯取り出すことはありません。数日もすれば線量を失い、だたの異物として体内に残ります。

隔離病室など特殊な設備が必要なことから、実施できる病院は限られているため、この密封小線源治療とその看護に係わる看護師の仕事内容について説明していきます。

1.密封小線源治療を行う病棟の特徴について

患者への点滴
密封小線源治療中、患者は身体から放射線を発しているため、専用の隔離病室が必要です。病室の前には前室が設置されており病室の扉は重く、外の景色が見れるよう窓もありますが開きません。

壁もベッドも冷たい金属製で、出入り口には黄色と赤の放射能標識マークが貼られています。患者は主治医の許可があるまでこの病室から出る事が出来ません。

 

入退院の時しか患者さんの顔を見れない

主治医はわりと気軽に病室に出入りして患者の様子をみますが、看護師は、病室に立ち入ることはしません。

そのため、めでたく退室を迎え患者さんが廊下を歩いていても、入院時に関わった看護師しか顔を知らないため「あの患者さん誰?」「隔離部屋の患者さんよ」なんていう会話がされていました。

 

物の受け渡しは前室を使って行われる

バイタル測定や与薬、食事の受け渡しは、バイタルは体温計と電子血圧計を隔離部屋に備え付け、患者自身で測定してもらいます

データを記入用紙に書いてもらって看護師がチェックしますし食事や薬は前室を用いて受け渡しします。必要なものを前室に置いたら、その奥の隔離部屋に声をかけ前室を出ます。そのあと患者さんが取りに出てくるという繰り返しです。

 

ポイント!

ポイント

唯一看護師が隔離病室の扉を開けるのが、夜勤の巡室の時です。病室の扉を少しだけ開け、寝息や体動で変わりがないことを確認します。深夜まで患者さんが起きている時にはうっかり顔を合わせてしまい、気まずい雰囲気になることもありました。

 

ストレスに耐えられなくなる患者も多い

ほとんど誰とも会わない隔離生活は患者にとって非常にストレスです。看護師とはナースコールでしか話せませんし、唯一訪問してくれる主治医も一日一回程度です。家族とも電話で話すことしか出来ません。

普段と違う環境に置かれるとストレスに耐えられなくなる患者さんもいます。

 

ポイント!

ポイント

ある日病棟の放射線を感知するアラームが鳴り響いたと思ったら、隔離中の患者が廊下を歩いて出てきた事がありました。かなり混乱し、せん妄を起こしていたため隔離が中止されたこともありました。

 

2.密封小線源治療での看護師の仕事内容

挿入前日までに使用物品を準備しておきます。挿入器、局所麻酔、開口器、舌鉗子などが必要です。挿入時間は線源の放射線量によって主治医から指示があります。

 

病室の準備

隔離病室はあまり頻繁に使用しないため、きれいに掃除をし、ベッドメイキングをしておきます。トイレはありませんのでポータブルトイレも用意します。ガイガーカウンター(放射線量測定器)も準備しておきます。

 

患者オリエンテーション

入院された患者さんに隔離病室のオリエンテーションを行います。線源挿入後は許可があるまで病室から出られないこと、前室を利用して食事やトイレ、家族からの差し入れの受け渡しをすることを説明します。

何かあればナースコールで看護師と話せることを伝え、安心してもらうようにします。隔離病室の中で、患者は自分のことを全部自分でやらなければなりません。よって、この密封小線源治療は、生活が自立した患者でなければ受けることが出来ません

 

日常生活の援助

小線源の刺入は医師のみで行いますので、看護師の介助は必要ありません

刺入後、患者さんは日常生活を送りながら、ひたすら日時が過ぎるのを待ちます。その間他の検査や治療はありません。毎日清拭用の熱いタオルを届けたり、排泄した後のポータブルトイレを片付けたり、家族が来られたらナースコールを使って話してもらったりします。

 

持ち出す物は全てチェック

注意しなければならないのは、隔離部屋から持ち出す物は全てガイガーカウンターでチェックしなければならないことです。ガイガーカウンターとは放射線量を測定する器械です。病巣部に刺入した線源が食事の時に抜け落ち、飲み込み、便に混じって排泄される可能性があります。

食後にうがいをした時、抜け落ちた線源がガーグルベースに吐き出されている可能性もあり、それをチェックする仕事です。

 

ポイント!

ポイント

私も患者が排泄した便から放射線反応が出たことがあります。医師と相談して、その便はトイレに流さず、蓋をしたポータブルトイレのバケツごと、線量が下がるまで隔離部屋の隅に保管したことがあります。

 

副作用の確認

口腔内の病巣に線源を入れているため、病巣以外の正常な組織にも放射線の影響があります。不必要な部位に放射線が当たらないよう、食事の時以外はマウスピースを付けてもらっていますが、どうしても粘膜障害が出てくることもあります。

口内炎などが進行しないよう、うがい薬を処方してもらい使用方法を説明します。

 

退院指導

口腔内の粘膜が敏感になっているため、しばらくは歯ブラシを使った口腔ケアは薦めません。退院後も口腔内の状態をよく観察しておくことと、食事も軟らかめを心がけるよう指導します。

 

3.密封小線源治療中の看護師の一日のスケジュールとスキル

看護師のスケジュール

時間 看護師の仕事内容
08:30 日勤開始、朝のミーティング
09:30 ナースコールで患者の症状観察
バイタルを自己測定し記入してもらう
ポータブルトイレの後始末など
12:00 昼食配膳、配薬(前室まで)
12:30 下膳、内服確認
14:00 ・隔離病室のゴミ捨て(前室に出してもらう)
・ナースコールで患者の症状観察
15:00 ・清拭用のタオルを届ける、終わったら回収
・ポータブルトイレの始末など
16:00 記録
17:00 日勤終了、夜勤開始
18:00 夕食配膳、配薬(前室まで)
18:30 下膳、内服確認
19:00 ・ナースコールで患者の症状観察
・バイタルを自己測定し、記入してもらう
・ポータブルトイレの始末
・口腔ケア道具、洗面タオルの配布
22:00 巡室、消灯
00:00 巡室
02:00 巡室
03:00 休憩
04:00 巡室
06:00 巡室
07:00 ナースコールで患者の症状観察
07:30 朝食配膳、配薬(前室まで)
08:00 下膳、内服確認
08:30 申し送り
09:00 記録
09:30 夜勤終了

※あくまでも密封小線源治療中の患者に対する看護師のスケジュールです。混合病棟の場合は、看護師の仕事はこれだけではありません。

 

顔が見えない分、声で患者を安心させるスキルが必要

隔離部屋の患者さんとはナースコールで会話します。しかし同じように声をかけても、表情が見えるか見えないかで相手に与える印象はずいぶん違います。「調子はどうですか?」と普通に言っても、患者にはつっけんどん聞こえている可能性があります。看護師として意識してやさしい声を届ける思いやりと、スキルが大切です。

 

自分を放射線暴露から守る

密封小線源治療中の患者さんの看護をしている以上、看護師自身も被爆する可能性があります。放射線隔離部屋に治療中の患者さんがいるときは、病棟スタッフは腹部にフィルムバッジを付けて浴びた放射線の量を測定します。

放射線防護の3原則「時間」「距離」「遮蔽」を守っていれば怖がることはありません。

 

4.密封小線源治療の看護をする看護師のメリット・デメリット

考え悩む看護師
看護をする看護師のメリットは密封小線源治療を受ける患者は、看護師が直接援助できないため日常生活が自立している人に限られるため患者への身体援助が少ない点がメリットといえます。

そのため看護師の仕事は清拭用のタオルも食事も、届ける事と回収する事だけです。

 

被爆の可能性はある

治療中の患者に関わる以上、被爆の可能性がないとは言えません。しかしその線量はとても少ないものですし、防護3原則を守ることでほとんど影響はないと言えます。

 

患者の精神的援助・看護が難しい

患者と直接顔を合わせることが出来ませんし、話を傾聴しようにもナースコールで長話をするのも限界があり、精神的援助が難しいと言え、その点がデメリットになります。

隔離病室に入室する患者さんは、精神的にも耐性の強い人が望まれます。

 

まとめ

なかなか馴染みのない密封小線源治療ですが、基本的に自立した患者が対象ですし、システムに慣れてしまえば看護師の仕事としてそれほど大変ではありません。隔離治療に対する院内や病棟内のマニュアルがしっかり作られていることと、それをスタッフが周知出来ていることが大切です。

転職や配置換えで、密封小線源治療を行う病棟で働く際は参考にしてください。

 


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

病棟看護師経験十数年のアラフォーママ、現在は離職中で引きこもりがちなのが悩みです。 楽しい思い出と黒歴史がありすぎて、書きたいテーマはたくさん! 経験から得た自分なりの実践理論で、悩める看護師さんの背中をそっと押すような記事を書いていきたいと思います。


カテゴリー:各病院看護師求人の特徴

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:椿
(公開日:)(編集日::2017年04月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。