著作者

すなふきん

元看護師

すなふきん

( 看護師 保健師 )

がん看護の求人探しから志望動機のコツまで

すなふきん
元看護師 すなふきん

悪性新生物(がん)は、日本人の死亡原因第1位となっているため、どの医療現場にもがん患者やがんの治療後の患者がいるといっても過言ではないでしょう。

がん医療は、日々治療方法や薬剤の開発が進み、通院による治療や在宅医療も推進されており、今後もがん看護が果たす役割は大きくなる一方と言えます。

今回は、転職してがん看護にしっかりと関わっていきたいと考えている看護師に、求人や転職について紹介していきます。

1.がん看護に携われる求人とは

がん専門病院で働く看護師

がん患者の数そのものは多いですが、多くのがん患者と関わることができる、がん看護を深く学ぶ事ができる勤務先としては、どのような職場が挙げられるでしょうか。

以下で見ていきましょう。

 

がんの専門病院

いわゆる「がんセンター」といった名称を冠し、各都道府県が設置母体である組織が多いです。

がんの専門病院にいる患者は、漏れなく全員ががん患者であり、がんに対する治療が行われています。

 

がんの専門病院に勤務するメリット・デメリット

がんセンターで勤務するメリット ・専門病院ならではの教育環境が用意されている事が多い 。(認定看護師・専門看護師が行う単発の講義や年間を通したがん看護を学習するコース等)
・どの部署に配属されたとしても必ずがん看護に携わることができる。
がんセンターで勤務するデメリット ・配置転換によって環境を変える事が出来ない。
・一定のキャリアラダーをクリアしないと受講できない場合もある。(がん看護を学習するコース等)

 

がん診療連携拠点病院

がん診療連携拠点病院とは、質の高いがん医療の全国的な均てん化を図ることを目的に整備された病院のことです。

診療体制や医療者の教育体制、患者や住民への情報提供体制といった様々な要件をクリアする事で厚生労働大臣より、がん診療連携拠点病院と認められて指定を受ける事ができます。

がん診療連携拠点病院は、各都道府県で中心的な役割を果たす施設や、各地域の医療圏で中心的な役割を果たす施設などがあり、厚生労働省のHPなどで施設一覧を確認する事ができます。

 

様々な症例経験が大事

現在、がん治療は各学会などが定めたガイドラインによって疾患ごとに標準的な治療方法が定められていますが、がんの患者数が多いため、診療体制が整っている施設で様々な症例を経験する事は、がん看護を基礎から学ぶ上で重要な事と言えます。

 

がん診療連携拠点病院で働く場合のデメリット

がん診療連携拠点病院は、がんの専門病院ではないため配属された部署によってはがん医療とほとんど関係ない所に配属されてしまう可能性があることがデメリットと言えるでしょう。

そのため、配属の希望については就職説明会や組織の管理者からよく確認することが必要です。

 

補足説明!

ポイント

がん診療連携拠点病院等の要件は、数年毎に見直されており、その要件は厳しいものであるため、地域によっては求められる診療体制(専従の医療者や資格保有者、治療設備など)が保持できずに指定を取り消される可能性が挙げられます。

 

2.看護師ががん看護の求人を探す方法

がん看護の求人を探す看護師

がん看護の求人探しには、「各病院のHPを確認する」「看護師転職エージェントを活用する」の場合が挙げられます。

それぞれについて、詳しく説明してきます。

 

各病院のHPを確認する

厚生労働省のHPなどを参考に、希望の勤務地近くにある「がんセンター」や「がん診療連携拠点病院」を探し、組織の教育制度などがわかりやすく掲載されている場合が多いため、その病院のHPを確認してみると良いでしょう。

常勤採用の多くは、4月からの採用を行っていますが、既卒者に関しては年度途中での入職も相談可能な組織もあります。

 

ポイント!

ポイント

最近では、前年度の春先から夏にかけて病院見学会やインターンシップを行っている組織も多いですが、都合がつかない希望者に対しては個別に見学の対応を行っているところもあるため参加してみることをお勧めします。

 

看護師転職エージェントを活用する

各病院のHPを確認するだけでは、実際に既卒者が転職した場合の待遇や教育制度はどのようなものか分からない場合も多いですが、看護師転職エージェントを活用することで実際に勤務しないと分からない生の声を聞くことも可能になります。

 

エージェントを通してしかない求人がある

「外来化学療法室の非常勤採用募集」等のように、看護師転職エージェントを通じて特定の部署で勤務してくれる看護師を探している事もあります。

がん看護の経験がほとんどない場合は、特定の部署で勤務してくれる看護師を探している求人に尻込みしてしまうかもしれませんが、エージェントに間に入ってもらう事で「組織側がどんな人を求めているのか」「自分の不安な点や疑問を抱いている点」等を確認しやすくなるでしょう。

 

3.がん看護の志望動機を書くときのコツ

がん看護の志望動機を書く看護師

がん看護へ転職する場合の志望動機を書く際には、どのようなことに気をつけて志望動機を書くことが必要でしょうか。

以下に詳しく述べていきます。

 

「なぜがん看護をしてみたいか」を率直に書く

これまでがん看護の経験が少なかった場合は、「どうしてがん看護をやってみたいと思ったのか」を率直に書く事が大切であるため、どんな風に新たな分野にチャレンジしていきたいと思っているかを前向きに表現してみましょう。

 

がん看護経験がある場合

これまでに、がん患者に対する看護の経験がある看護師は、「どんな風に経験を活かしたいか」「どんな点で組織に貢献できそうか」等の切り口で考えてみましょう。

 

人生経験の豊かさが活かせる

がん患者は、小児から高齢者まで幅広く、以前のような手術療法を中心とした急性期的な看護だけでなく、現在ではいかに病気や治療とうまくつき合うかといった慢性疾患看護とも言える看護も必要とされています

そのため、終末期の患者との関わりは、看護師のコミュニケーション能力や人生経験の豊かさが大変役に立つでしょう。

 

4.初めてがん看護に携わる看護師の転職注意点

がん看護に関する症状の対処法を学ぶ看護師

これまで、あまりがん看護に関わってこなかった看護師は、どのような求人を選ぶべきでしょうか。

ここでは、初めてがん看護に携わる看護師の転職注意点について紹介していきます。

 

施設ごとの特徴を理解する

初めてがん看護に携わる看護師が転職する際の注意点としては、がん診療連携拠点病院といった施設ごとの特徴を理解する事です。

ただやみくもに病院を探していくよりは、がん診療における中心的な施設から探してみると、診療実績や看護師への教育体制が整っている組織の求人をみつけやすいでしょう。

 

症状・副作用等への対処方法の知識が必須

がん患者への看護を行う上で、各疾患の治療法や副作用、症状や副作用への対処方法などの知識は不可欠です。

地域の施設や在宅にもがん患者はいますが、これまでがん看護の経験が少なかった場合は、まずは治療を行っている病院などの現場でがん看護を経験してみると、より理解しやすいでしょう。

 

5.まとめ

これからがん看護を深めていきたいと考えている場合の求人探しの方法として、まずはがん診療連携拠点病院といった施設ごとの特徴をふまえたうえで、各施設のHPや看護師転職エージェントを活用すると良いでしょう。

経験が少ない分野へのチャレンジは不安もあるかもしれませんが、がん患者の年齢層は幅広く、急性期看護も慢性疾患看護も必要であるため、これまでの経験を様々な形で活かす事ができる可能性が高いと言えます。

がん看護に挑戦してみたいと考えている看護師は、是非参考にしてみて下さい。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

看護師歴10数年、総合病院の外科系病棟や外来処置室、化学療法室などでずっとがん患者さんの看護に携わってきました。大学院への進学や管理職も経験しましたが、現在は第3子の出産にむけて久しぶりに主婦業・母親業にひたっています。

看護師という仕事は大変な面もありますが、人との関わりの中で成長ができ、自分のライフスタイルに合わせてある程度働く場所を選択できる素敵な職業だと思います。ライターとしてはかけだしですが、これまでの看護経験や知識、ワークライフバランスに対する考えなどを皆さんと共有し、少しでもお役に立てられたらと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師の履歴書

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:すなふきん
(公開日:)(編集日::2017年10月20日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。