著作者

すなふきん

元看護師

すなふきん

( 看護師 保健師 )

がん看護専門看護師が活躍できる転職先は?

すなふきん
元看護師 すなふきん

がん看護専門看護師は、現在登録されているあらゆる分野の専門看護師のうち最も多くの人数を占めおり、今後も更なる増加が見込まれている資格です。

そして、がん看護専門看護師が活躍する場も多様化しつつあります。

今回は、その資格が活かせる代表的な職場を3つご紹介していきます。

1.大学病院・総合病院:組織における変革者となる

廊下でカルテを持って歩く看護師

がん看護分野に限らず、専門看護師は患者や家族に対する直接的なケアだけでなく、教育や研究、倫理的な問題に対する調整などの役割を担います。

そしてその活動を通し、組織における変革者(チェンジエージェント)となることが求められています。

それを考えた時に、ある一定の規模の大学病院や総合病院、ある役割を課せられた病院(がん診療連携拠点病院、がん専門病院など)を選ぶことによって、多くのがん患者のケアの質の向上に貢献しやすくなります。

 

専門看護師に対する看護部の影響力がある

ある程度の規模の病院を選ぶ理由の一つに、看護部の影響力があります。

専門看護師の能力は、資格取得後の様々な活動を通して磨かれていくのです。そのうえで欠かせないのは、専門看護師の役割開発や教育に対する看護部の支援です。

そのため、専門看護師が複数所属している組織には、更に大学院修了者が集まってくるという状況も見られます。

 

補足説明!

ポイント

専門看護師は、資格を取得した瞬間から実践能力や組織変革能力が向上するわけではありません。

私自身の経験ではむしろ、大学院進学の2年間に臨床から離れてしまっていたため、再就職した際には薬剤の知識も乏しくなっており、臨床における勘も鈍ってしまっており気持ちが非常に落ち込みました。

 

活躍できる場が多い

一定の規模の大学病院や総合病院に所属した場合、例として次のような活動の場があります。

 

(1)病棟

病棟スタッフや管理者として通常の業務を行いながらの活動となります。組織全体に影響を及ぼすという点ではインパクトが少ないというデメリットがあります。

しかし、久しぶりに臨床に出る場合や初めて勤務する組織の場合は、他のスタッフに近い立場で患者ケアに悩んだり夜勤の辛さを分かち合ったりすることで信頼を得ることができ、それは後の活動の大きな助けとなります。

 

(2)通院治療センター

外来化学療法室とも言います。単に化学療法の知識だけでなく、症状緩和や在宅療養への調整など、緩和ケアの重要度が増す場面が多いため、専門看護師の能力が発揮しやすい場の一つです。

 

(3)緩和ケアチーム

チームに依頼がくる患者は皆が困っている複雑困難な事例であること、倫理的な問題を含むことが多いこと、専門看護師の重要な役割の一つにコンサルテーションがあることから、がん看護専門看護師の活躍が望まれる場です。

チームに所属する様々な職種の役割を理解し、調整機能を発揮するのも緩和ケアチームにおける重要な役割です。

 

(4)地域医療連携部

名称は組織によって異なりますが、患者支援センター、がん相談窓口などの名称の部門を含みます。この部門を訪れる人はがん患者とは限りませんが、在宅療養や症状緩和などの困りごとで訪れるがん患者や家族も多いです。
 

ポイント!

ポイント

今後ますます病院の分業化が進むため、その地域のクリニックや訪問診療所、訪問看護ステーションなどとの協働が望まれており、調整機能やコンサルテーション機能が発揮される場です。

 

2.クリニック:小規模ならではの深い関わりができる

血圧を測る看護師

がんがあっても本人や家族の希望に沿って、できる限り在宅で過ごせる体制の整備が望まれています。それに伴い最近では、緩和ケアに特化したクリニックや、積極的に在宅で看取りを行う訪問診療クリニックが増えてきています。

 

求められる役割はクリニックによって異なる

がん看護専門看護師の役割はクリニックの方針や規模によって様々であり、患者に直接面談を行う実践がメインとなることもあれば、クリニック内の訪問看護部門の管理者的立場で活動することもあります。

クリニックのメンバーと協力して個々の患者や家族へのケアを行っていくことは、小規模ならではの深い関わりとやりがいを感じられることになるでしょう。
 

経営者の医師と活動方針のすり合わせをより慎重に行う必要がある

デメリットとしては、一般病院のような規模の看護部という部門を持たないことが多いため、クリニックを経営する医療法人や院長である医師と、自分の希望する活動方針のすり合わせをより慎重に行う必要があることです。

 

注意点!

ポイント

クリニックは小規模な分、モデルとなる専門看護師が他にいないことも多いです。自己の能力向上や役割開発に対しては外部の専門看護師の勉強会を活用するなどして、更に能動的に取り組む必要があります。

 

3.訪問看護ステーション:地域の緩和ケア向上を目指す

病院の前に立つ看護師と医師

こちらもクリニックと同様に、少しずつがん看護専門看護師の活動が増えてきた職場です。がん患者が地域で暮らすことを支えられ、活動の仕方によっては、その地域全体の緩和ケアの質向上を目指すこともできます。

 

すでに地域では様々な分野の認定・専門看護師が活躍している

現在、地域の活動においては、地域看護専門看護師や訪問看護認定看護師、緩和ケア認定看護師など様々な分野の人々が活躍しています。

どの分野の認定者であっても関係なく、患者や家族に対する高度なケアを行い、その組織や地域全体のケアの質を向上させていくことには変わりありません。

 

管理者となってより幅広い活動を目指すこともできる

訪問看護ステーションの管理者になることによって、患者への直接ケアも行いながら、スタッフへの教育活動、ケアマネージャーなど他職種との調整など、より幅広い活動を目指すこともできます。

 

まとめ

がん患者の増加と治療技術の進歩、病院と地域の役割分担などによって、今後もがん看護専門看護師の増加と、活躍の場の多様化が求められています。

専門看護師は資格を取得してからも、その能力や役割の開発をし続ける必要があることをふまえながら活動の場を検討する必要があります。

看護師転職エージェントを活用したり、組織のトップとの話し合いを行ったりしながら、自分の資格をどんな形で活かしていきたいかをイメージして転職活動を進めていきましょう。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

看護師歴10数年、総合病院の外科系病棟や外来処置室、化学療法室などでずっとがん患者さんの看護に携わってきました。大学院への進学や管理職も経験しましたが、現在は第3子の出産にむけて久しぶりに主婦業・母親業にひたっています。

看護師という仕事は大変な面もありますが、人との関わりの中で成長ができ、自分のライフスタイルに合わせてある程度働く場所を選択できる素敵な職業だと思います。ライターとしてはかけだしですが、これまでの看護経験や知識、ワークライフバランスに対する考えなどを皆さんと共有し、少しでもお役に立てられたらと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:専門看護師の資格

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:すなふきん
(公開日:)(編集日::2017年07月29日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。