著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

がん性疼痛看護認定看護師の資格条件とおさえておきたいポイント5つ

kameko
看護師スタッフkameko
がん性疼痛看護認定看護師について知っておきたい5つのポイント

日本人の死亡原因のトップは、がんです。がん患者は現在でも増え続けており、医療の進歩によって治るケースも増えたものの、やはり多くの人が苦しんでいる状況は変わりません。がんはこうして命を脅かすだけではなく、進行するにつれて痛みを生じるのも辛いことです。痛みの強さには個人差がありますが、人によってはかなり強い痛みが生じるため、がん性疼痛看護認定看護師のようながんによる痛みを軽減するプロフェッショナルが必要とされているのです。

このページでは、そんながん性疼痛看護認定看護師について知っておきたいポイントをまとめています。現在、認定看護師の取得について検討中の方はぜひ一読ください。

【がん性疼痛看護認定看護師の資格取得条件】

●日本国の看護師免許を保有している
●実務経験が通算5年以上あること(うち3年以上はがん看護の実務経験
●日本看護協会が認定している認定看護師教育課程を修了(6ヶ月・615時間以上)
●認定審査(筆記試験)に合格
●認定看護師認定証交付・登録
●資格取得後は、5年毎に更新(書類審査)

参照サイト:日本看護協会:資格認定制度「認定看護師」より

 

【認定看護師資格取得にかかる最低限の費用】

入試検定料 約5万円
入学金 約5万円
授業料 約70万円
実習費 約10万円
認定審査費用 約5万円
認定費用 約5万円
 合計約100万円

※ここに記載してある費用に加え、無給となる6ヶ月間の生活費用も考慮する必要があります。
認定看護師を目指す看護師の方は「認定看護師支援がある病院への看護師転職で知りたい6つのポイント」を確認してください。

 

1.がん性疼痛看護認定看護師とは

がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師とは、がんによる身体的な痛みはもちろん、精神的な苦痛なども含めた痛みに対する看護を専門的に学び、高いスキルと知識があると認定された看護師になります。がんの痛みは辛いため、がん性疼痛看護認定看護師による痛みの軽減が求められているのです。

がん性疼痛看護認定看護師が業務として出来ることは、看護師免許によって許されている内容になりますので、この資格を取ったからといって別のことができるわけではありません。ただし、がんの痛みを軽減するためのスペシャリストとして、病院から期待されることは多いです。

 

2.がん性疼痛看護認定看護師が職場で期待されている役割

プリセプターシップとは

それでは、今後ますます活躍が期待されるがん性疼痛看護認定看護師には、職場でどのような役割が期待されているのかを見てみましょう。

 

期待される役割①がん看護を行う看護師への指導

がんの痛みについてはもちろん現場の看護師は知っていますが、実際どれくらい痛くて、それを緩和するためにはどうすればよいのか、という点についてはやはりがん性疼痛看護認定看護師ほどの知識はありません。そこで、がん性疼痛看護認定看護師は、他の看護師と一緒に仕事をしながらそのスキルを伝えたり、勉強会を開いたりして看護スタッフ全体のレベルアップを図ります。もちろん自身も新しい薬剤や治療法などについての勉強は欠かすことはできませんが、率先して勉強することで看護師たちの意識も高まるでしょう。

 

期待される役割②他の医療機関との連携

また、がん性疼痛看護認定看護師は、がん性疼痛緩和ケアのスペシャリストとして、他の医療機関などと連携を取り、技術の向上を図る活動も行っています。病院内だけでなく、より幅広い活動をすることで、看護師としての仕事の幅も広がるでしょう。こうしてスキルを積極的に高めることで、病院としてもより良いガン性疼痛ケアができるようになりますから、積極的にさまざまなことに取り組んでいくことが推奨されます。

 

3.がん性疼痛看護認定看護師に必要な資質

がん性疼痛看護認定看護師資質

様々な分野の中でも特に患者さんに寄り添うことが求められる、がん性疼痛看護認定看護師にはどのような資質が必要なのか見ていきます。

 

必要な資質①コミュニケーションスキルが高い

がん性疼痛看護認定看護師に向いているのは、やはりコミュニケーションのスキルの高い人でしょう。この資格は、がん患者の痛みを軽減するためのスキルや知識の認定資格です。つまり、患者さんに寄り添い、しっかりコミュニケーションを取らなければ痛みについても分かりませんし、それを軽減するのは難しくなります。がんの痛みは辛く、患者さんもイライラしていることもありますから、コミュニケーションを取るのも難しい場合もありますが、がん性疼痛看護認定看護師はその痛みを軽減するために、しっかりとコミュニケーションを取り、薬剤などを用いながら痛みの軽減を図ります。

 

必要な資質②家族ケアが得意

また、家族のケアもがん性疼痛看護認定看護師の重要な仕事であり、辛いがん治療やがんの痛みに苦しむ家族の姿を目の当たりにして不安を感じる家族に、治療についての的確な説明を行い、少しへ不安を取り除くとともに、治療にあたるスタッフへの信頼を得なければなりません。こうした点も、がん性疼痛看護認定看護師にコミュニケーションスキルが必要だと言われる理由でしょう。

 

必要な資質③貪欲な向上心

がん性疼痛看護認定看護師は、痛みの緩和のための薬剤やその効果、使用法などについての知識もしっかり有していなければなりません。こうした薬剤は日々進歩しているため、常に新しい情報を仕入れ、それについて勉強することも必要です。薬剤についての勉強をいとわず、どんどん新しいことを吸収する姿勢も、がん性疼痛看護認定看護師には必要だと言えるでしょう。

 

4.がん性疼痛看護認定看護師のメリット

がん性疼痛看護認定看護師メリット

がん性疼痛看護認定看護師の中には、がんで苦しむ患者さんに対し、看護師としては医師に薬剤の処方を依頼する以外何もできなかった無力感からこの資格を志すようになった人もいます。

がん性疼痛看護認定看護師になり、がんの痛みを取り除く知識と技術を培うことで患者さんにより良いケアを提供することができるようになることこそが、この資格の最大のメリットだと言えるでしょう。

 

5.がん性疼痛看護認定看護師の将来性

がん性疼痛看護認定看護師将来性

現在もがん患者が増え続けている状況から見て、やはりがん性疼痛看護認定看護師のニーズはまだまだ高まることが予想されます。がん関連の認定看護師資格はいろいろありますが、がん性疼痛看護認定看護師は比較的古くから設置しているにもかかわらず、それほど資格保有者も多くありません。それだけに、どの医療機関でも不足している状況ですので、ニーズは高いと言えます。

 

まとめ

看護師であれば誰でも一度は、がん看護の奥深さを痛感させられた経験があるでしょう。何をもって「良い看護」とするのかは誰にも決めることはできませんが、がん性疼痛看護認定看護師の資格を取ることで、よりがんの痛みに苦しむ患者さんに寄り添うことができるは間違いないでしょう。もし、あなたが「がん看護」に対し強くやりがいを感じるようであればぜひこちらの取得することをオススメします。

認定看護師を目指す看護師の方は「認定看護師支援がある病院への看護師転職で知りたい6つのポイント」を確認してください。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:認定看護師の資格


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年03月31日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。