著作者

カリーナ

男性看護師

カリーナ

( 看護師 )

がん専門病院で働く看護師の仕事内容とメリット・デメリット

カリーナ
男性看護師 カリーナ
がん専門病院で働く看護師

日本人の死亡原因の第1位は悪性新生物(がん)であることから、がん保険の見直しや、新たながん治療法を示唆する創薬の開発などが紙面を賑わい国民の関心は更に高まっています。

そのような中、看護師ががん専門病院で働くことは、「がん患者との関わりを通して生き方を学べること」「自身や近親者ががんになったときに最善の治療法を選択できること」などから、これからの人生において有意義な時間になるでしょう。

今回は、特殊性のあるがん専門病院で働く看護師の仕事内容・注意点・必要なスキル・がん専門病院で働くメリット・デメリットをご紹介いたします。

 

1.がん専門病院で働く看護師の1日の仕事内容

がん病院での仕事内容

看護体制や勤務地、個人の能力により異なりますが、以下にがん専門病院で働く看護師の1日のスケジュールを記載いたします。

時間 仕事内容
7:30~8:30 ・情報収集
・看護ケアの準備
8:30~8:45 全体の申し送り
8:45~10:00 ・点滴の準備
・内服薬の確認
・検温
10:00~10:15 ・チームリーダーとの申し送り
・カンファレンス
10:15~11:30  ・緊急入院対応
・医療処置
・他部門との連絡調整
11:30~12:30 お昼休憩
12:00~13:30 ・配膳
・食事介助
・下膳
13:30~14:00 ・医師
・看護師間カンファレンス
14:00~ ・手術後患者の対応
・検温
・点滴の交換等
16:00~ ・夜勤者への申し送り
・翌日退院する患者への薬の準備
・翌日退院する患者への退院指導
17:00 日勤終了

がん専門病院では定時で上がれることは殆どなく、残務整理などで20時を超えることはしばしばあります。

 

看護師の抗がん剤と麻薬の取り扱い注意点

がん専門病院での看護師の1日の仕事内容を上述しましたが、がん専門病院で働く看護師は業務上使用する抗がん剤と麻薬の取り扱いに注意しなければなりません。

以下に抗がん剤と麻薬の取り扱いポイントをご説明いたします。

 

抗がん剤の取り扱い

がん専門病院では抗がん剤を管理する機会が多くあるため、抗がん剤の取り扱いに注意し、場合によっては勉強会を適宜開くなどして抗がん剤の取り扱いを学習する機会を増やしていくことが必要です。さらに防護策を徹底して安全な医療の提供に努めることが大切です。

 

抗がん剤の種類によっては点滴の血管外漏出が皮膚壊死を生じさせ、適切な治療を受けられなくなるリスクがあることや、抗がん剤の被爆によっては細胞の変異・催奇形・発がん性といった健康被害への恐れも懸念されます。

 

麻薬の取り扱い

がん専門病院では、がん性疼痛の緩和や呼吸症状の改善を目的に麻薬を使用することがあります。

慎重かつ的確に業務を行う必要があるのでダブルチェックをして事故を未然に防ぐことが安全な医療につながります。また、副作用症状が強く出る場合もあり注意深く症状を観察することが重要です。

また、麻薬の取り扱いは法律に規定されていて、紛失や不適切な麻薬の取り扱いが法的な罰則を受けることになります。

 

2.がん専門病院で働く看護師に必要なスキル

がん専門病院で働く看護師に必要なスキル

がん専門病院で働く看護師に1番必要なスキルは、常に勉強をして知識を取り入れることのできるスキルです。

がん医療の高度化や治療薬の開発によりがん専門病院では製薬会社を中心に様々な勉強会が開催され、医師同様に看護師も勉強会への積極的な参加が求められています。

時代の変遷と共により高度化する医療を学び続ける姿勢が大切です。

その他、必要なスキルを詳しく説明いたします。

 

がん疾患に関する幅広い看護知識

がん看護という特殊性のある領域では、基礎疾患や補液管理の理解に加え、がん疾患の理解・抗がん剤や放射線療法の作用や副作用の理解・麻薬の理解等々治療に関する幅広い知識が必要になってきます。

そのため、疲れていても自然と机に向かえるような自身への厳しさと体調管理が求められます。

 

患者の話を傾聴し、適切な治療を提案できるスキル

患者の想いを把握し、その想いを医師に伝え治療に反映させたり、他部門と連携し適切な時期に適切な医療支援に繋げたりすることが、看護師のスキルとして重要となってきます。

がん患者は、常に治療による副作用や原発巣の再発や転移といった不安を常に抱えています。そのため、がん患者に対する傾聴の効果は精神的な不安の軽減を図れたり、治療への前向きな気持ちを支えたりする効果があります。

 

死への恐怖を抱える患者とのかかわり方について

死への恐怖や、がんを受け入れることが出来ない患者への看護師の関わり方は以下の通りです。

  • しっかりと話を聞く事
  • 感情を表出しやすい環境を整えること
  • 最後まで穏やかに過ごせるように支援をすること

上記のような患者への関わり方が大切になります。

 

プレゼンテーションとコミュニケーションスキル

がん専門病棟では、院内研修があり勉強会も頻繁に開催されます。担当する立場になった場合、情報収集・資料作成・パワーポイントの操作・プレゼンテーションの練習などの準備をすることが多くあります。

グループで実施することもあるため、グループ間の連絡調整から発表の工夫などコミュニケーション力が重要となってきます。グループでの活動が円滑に進めるように普段からの良好なコミュニケーションが大切です。

 

他部門との連絡調整にコミュニケーションは必要不可欠

がん患者の治療後の経過は、消化器症状により食事が摂れない・味覚が変わったなど栄養面に関することや、疾患の受け入れが出来ずに抑うつ症状や感情の乱れといった精神面の問題が起こります。

退院後在宅での治療が継続して受けることが出来るよう、在宅医療・継続看護の整備など他部門へ連絡調整し様々な視点から患者支援に努めることが大切です。

 

3.がん専門病院で働く看護師のメリット

がん専門病院で働くメリット

がん専門病院で働く看護師の1番のメリットは給与体系・福利厚生が安定していることです。なぜなら、がん専門病院は自治体などが運営している場合が多いため公務員扱いとなり、福利厚生の充実・ボーナスが良いです。

病院勤務はシフト制ですが、休みや有給も確保でき超過勤務手当も支給の対象となります。そのため非常に安定的な給与を受け取ることができたので趣味や旅行を存分に楽しむことが出来ます。

その他のメリットを詳しく見てみましょう。

 

高度ながん看護を学べる

がん専門病院では、がんの症例が豊富にあり、最新の治療を学ぶことが出来ます。研究も盛んに行われていますので、がんを深く学びたい看護師にとっては最適な場と言えるでしょう。

さらに認定看護師への道も開かれており、指導者や教員への可能性も広がります

 

看護師としての自信に繋がる

日本人の死亡原因第1位はがんであり、社会的な関心は今までもこれからも高くあり続けます。そのような意味では、自分ががん専門病院で働いてきたことに対して誇りに思うことができ、看護師人生の自信にも繋がります。

 

4.がん専門病院で働く看護師デメリット

がん専門病院で働くデメリットを挙げる女性看護師

がん専門病院で働く看護師の1番のデメリットは、抗がん剤被爆の危険性が高まることです。遺伝子への影響・妊婦であれば、胎児の発育・健康障害を及ぼすなど抗がん剤を取り扱う頻度の高いがん専門病院ならではのリスクと言えます。

抗がん剤被爆を防ぐには、防護策を徹底し自分の身を守ることと抗がん剤を安全に適切に管理が出来るようにしっかり学習しなければなりません。

その他のデメリットは以下でご紹介します。

 

がん患者への細心の配慮や注意が必要

がん患者は非常に過敏になっている事が多く、看護師の何気ない一言が治療方針に悪い影響を与えたり治療への意欲を低下させてしまったりすることがあります。

また、告知を受けていない患者は看護師へ病状のことを聞いたり予後を聞いたりしてくることもあります。そのため、医師の治療方針をしっかり把握し細心の配慮や注意をすることが必要です。

 

ポイント!

ポイント

特に若いがん患者は疾患を受け入れることが出来ず、うつ症状になってしまうことがあります。うつ状態になった患者にどのように声をかけたらいいのか戸惑わないよう、患者の表情と言動から感情を察知・距離感を判断し、支援することが大切な看護となってきます。

 

まとめ

がん専門病院で働く看護師は、終末期の患者の看取りや疾患を受け入れられない患者との関わりなどがとても辛く、自分の気持ちが潰されてしまいそうな思いをすることがあります。

しかし、がん専門病院ではがん治療という高度な医療を学ぶことが出来ますし、死を悟る患者が1日を大切に過ごす姿を見ることで、より丁寧なケアをしていこうと看護観が大きく変わることもあります。

医療を学だけでなく、人の生き方も学ぶことの出来るがん専門病院で働くことはお勧めです。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。

看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

啓発本と一眼レフカメラをこよなく愛し、休日には登山と温泉を楽しんでいます。以前は、療養型病院、がん専門病院、リハビリ病院に勤務し現在は総合病院への転職に成功、日々笑顔と光る汗を武器に現場で奮闘中です。転職については、何より情報収集が全てです。皆様に有益となる情報提供に心掛けていきたいと思います。


カテゴリー:看護師業務内容の特徴


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:カリーナ
(公開日:)(編集日::2017年07月25日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。