著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

がん放射線療法看護認定看護師の資格条件とおさえるポイント5つ

kameko
看護師スタッフkameko
看護師がん放射線療法看護認定看護師

近年がんの治療法の1つで耳にする機会が多くなったのが放射線治療です。この治療法は、さまざまな種類の放射線を用いて、がんを安全かつ効果的に治療する方法です。がん放射線療法看護認定看護師は、放射線療法を受ける患者や家族の身体的、心理的、社会的問題を考え、放射線療法の原理を理解したうえで治療を安全に完遂できるよう支援する役割を担っています。このページではがん放射線療法看護認定看護師の資格についておさえておきたポイントをまとめています。

【がん放射線療法看護認定看護師の資格取得条件】
●日本国の看護師免許を保有している
●実務経験が通算5年以上あること(通算 3年以上、がん放射線療法を受けている患者の多病棟・外来治部門で看護実績を有する
●日本看護協会が認定している認定看護師教育課程を修了(6ヶ月・615時間以上)
●認定審査(筆記試験)に合格
●認定看護師認定証交付・登録
●資格取得後は、5年毎に更新(書類審査)

参照サイト:日本看護協会:資格認定制度「認定看護師より

 

【認定看護師資格取得にかかる最低限の費用】

入試検定料 約5万円
入学金 約5万円
授業料 約70万円
実習費 約10万円
認定審査費用 約5万円
認定費用 約5万円
   合計約100万円

※ここに記載してある費用に加え、無給となる6ヶ月間の生活費用も考慮する必要があります。
認定看護師を目指す看護師の方は「認定看護師支援がある病院への看護師転職で知りたい6つのポイント」を確認してください。

 

1.がん放射線療法看護認定看護師とは

がん放射線療法看護認定看護師とは

がんの治療を行う場合、一般的には外科手術・化学療法・放射線治療の3つの方法があるとされており、現在はこの3つの中から選択したり組み合わせたりして治療を行っています。がん放射線療法看護認定看護師は、その中の放射線治療についての専門的な知識と看護スキルを持つことを認められた看護師になります。

 

資格を取得するために

資格を取得するためには、がん放射線治療の看護3年以上を含む5年以上の看護師経験を持ち、さらに専門機関で教育を受けたのち認定試験に合格しなければなりません。2010年に認定が始まった資格であり、認定看護師の中でもまだ比較的人数が少ない資格です。がんは現在でも日本人の死亡原因のトップですし、放射線治療も広く行われているため、がん放射線看護認定看護師のニーズはこれからも高まっていくことが予想されます。

 

2.がん放射線療法看護認定看護師が職場で期待される役割

がん放射線療法看護認定看護師期待される役割

がん放射線療法看護認定看護師に向いているのは、患者さんに気持ちに寄り添った看護ができる人でしょう。がんの治癒率は高くなっているとはいえ、がんはまだまだ命にかかわる病気であり、がんの治療続けるのは体にも負担がかかるうえ精神的にもつらいものです。がん放射線療法看護認定看護師は、そういった患者さんの気持ちに寄り添い、十分な説明をすることで安心して治療が受けられるようにサポートしていきます。

 

患者さん安心して治療を受けられるようにサポートする

放射線治療による副作用の状態をチェックし、少しでも患者さんが不安を持たずに治療が受けられるようにサポートしていかなければなりません。患者さんやその家族の気持ちに寄り添った看護をすることで、患者さんも安心して治療を受けることができるでしょう。

 

医療スタッフのチームワークを円滑に取り運ぶ

医療スタッフがチームを組んで行うがん治療が円滑に行われるように、コミュニケーションを取り、必要があれば相談に乗ったり指導をすることもがん放射線療法看護認定看護師には求められます。

 

3.がん放射線療法看護認定看護師に必要な資質

がん放射線療法看護認定看護師必要な資質

がん放射線療法看護認定看護師の資格を取得すると、一般的にはがん治療を行う病棟での勤務をすることになります。放射線治療を行う場合に本人やその家族が納得できるまで説明を行ったり、不安な点があれば質問を受けるなど、まずは安心して放射線治療を受けてもらうのがその役割のひとつです。

 

サポート力や適切な処置をする

治療中は治療がスムーズに行われるようなサポートも行い、治療後は副作用による苦痛が少しでも緩和されるようなケアを行います。放射線治療の場合、抗がん剤の副作用ほど全身に影響が現れるわけではありませんが、それでも皮膚炎や吐き気、頭痛、下痢などの副作用を起こすことはあります。そういった副作用が起こった際に適切なケアを行い、できるだけ副作用が起こらないようなケアをしていくことが求められるのです。

 

院内のほかの看護師への指導をする

認定看護師となることで、院内のほかの看護師への指導を行うことも求められるようになります。がんの放射線治療については専門的な知識を持つ一般の看護師は少ないので、そういったことを少しずつ教えながら、状況に応じたケアを教えていくのです。勉強会などを開いて、多くの看護師に一度に教える機会を作ることもあります。

 

4.がん放射線療法看護認定看護師のメリット

がん放射線療法看護認定看護師メリット

近年、がんで亡くなる患者さんは増加傾向あります。だからこそ「放射線治療で苦しむ患者さんの苦痛を減らしたい」「もっと放射線療について知らなければ」という思いで資格認定を目指す看護師さんも多いのではないでしょうか。具体的に、がん放射線療法看護認定看護師のメリットを紹介します。

 

専門的な知識や指導力が身につく

放射線治療はがんの治療の中でも進歩が目覚ましい分野であり、今後も技術の革新は行われていくことが予想されます。そのため、がん放射線療法看護認定看護師は、新しい技術について常に学び、患者さんはもちろん、ほかの看護師にも指導できるくらいの知識を身に着ける事ができます。

 

転職時に採用されやすい

認定看護師として高度なケアを行うの はもちろん患者さんのためになりますが、ほかの看護師に指導を行うこ とで病院全体の看護スキルが上がり、より多くの患者さんが行き 届いたケアを受けられるようになります。病院としても、指導的な面を期待して認定看護師を採用するケースは多いです

 

5.がん放射線療法看護認定看護師の将来性

がん放射線療法看護認定看護師将来性

現在、がんの治療法として外科手術、化学療法に並んで一般的に行われる放射線療法ですが、外科手術では取り切れないがん細胞にまで照射できることや、化学療法に比べて全身への影響が少ないことなどから、研究がさかんに行われており、技術的にも目覚ましい進歩を遂げています。その結果、以前に比べると副作用が起きにくくなったり、がんの治療効果が上がるなどのメリットが生じており、多くの患者さんに治療が行われている状態です

 

ニーズはますます高まっている

がん放射線療法看護認定看護師のニーズはますます高まっているといってよいでしょう。もちろん将来的に、放射線治療を行わなくてもがんの根治ができる画期的な方法が開発されれば、この資格が必要なくなることも考えられますが、現時点でそのような方法は全く開発されておらず、臨床段階で新技術が導入されるまでにかかる時間を考えると、がん放射線療法の資格がなくなる心配はあまり必要ないといえそうです。

 

まとめ

がん放射線療法看護認定看護師は、2010年に認定が始まった資格であり、まだまだその資格保有者数は多いとは言えません。もちろん今後は人気の高まる分野だと予想されますが、それでも人数的充足するには長い年月がかかるでしょう。むしろ看護師ですら不足している状況で、充足するのは難しいといってもよいかもしれません。一方、放射線治療を行っている病院は多いので、資格があれば転職は容易にできることになります。よりやりがいのある職場を求めて、転職するのもおすすめです。

認定看護師を目指す看護師の方は「認定看護師支援がある病院への看護師転職で知りたい6つのポイント」を確認してください。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:認定看護師の資格


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年04月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。