著作者

マチルダ

現役看護師

マチルダ

( 看護師 )

首都圏応援ナースの体験談を利用した看護が口コミ!

マチルダ
現役看護師 マチルダ
話し合う女性看護師

首都圏応援ナースは登録制のため、まずは看護師派遣会社に登録し、自分の希望に合った病院または施設を紹介してもらいます。

首都圏応援ナースという名称ですが、都内に限らず全国の主要都市または僻地からの募集もあります

全国を移動しながら勤務をして全国各地での観光や出会いを楽しみたい看護師や、海外との行き来の中で首都圏応援ナースを選択している看護師もいます。

今回は、首都圏応援ナースに求められることや、メリット・デメリット、給与事情について説明していきます。

1.首都圏応援ナースに求められるスキル

腕を組む看護師

首都圏応援ナースの求人は、多くの場合、看護師経験3年以上の条件が定められています。ですが、一般病院・療養型病院・精神科病院など、募集している病院は様々で、自分の経験に合わせて選択することができます。

ただし、時期によって募集状況は変動するので、必ずしも自分の希望に合った病院が見つかるとは限りません

 

即戦力になるレベルの看護スキル

首都圏応援ナースを募集している病院の多くは、慢性的な人員不足解消のため、即戦力で働ける人材を求めています。

配属先の病院によっては、出勤初日から受け持ち患者を持つこともあるため、首都圏応援ナースは3年以上の経験年数が募集の条件であり、さらに独り立ちしていることが必要です。

 

ポイント!

ポイント

新人として入職した時のような順を追っての説明はほとんどなく、あるとしても非常に簡潔です。即戦力の看護師として病院側も採用するため、初日からフル稼働になることも覚悟して臨むのが良いでしょう。

 

特定の部署のみ経験がなければ指導してもらえる

脳外科病棟やICUなど、特定の部署を指定して首都圏応援ナースを募集している病院があります。

そこでは募集している分野での経験がなくても応募は可能で、もちろん採用された場合病院で指導もしてもらうことができます。

 

2.首都圏応援ナースとして働くメリット

バインダーとペンを持つ女性看護師

即戦力としての看護師というと少し身構えてしまいますが、首都圏応援ナースとして働くメリットは多くあります。

その1つとして、生活面のサポート体制が充実していることがあり、寮のある病院の場合は必ず白物家電と言われる必要最低限の家電がすでに設置してあります。

遠方から派遣された・独り暮らしが初めての看護師など、1から家具家電の購入をしなくても良いので、負担が少ないでしょう。

 

働く期間を自分で決めることができる

首都圏応援ナースの基本的な契約期間は6か月です。

病院によっては3か月からの募集を受け付けているところもありますが、指定の契約期間を終えた後は更新をすることも可能です。

経験上、1か月ごとの更新が可能な病院もあるため、自分の働ける期間に合わせて就労期間を決められることは大きなメリットと言えるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

本来6か月の契約を基本条件にしている病院が多い中で3か月から募集可としている背景には、人員不足の深刻さ・交通面での不便さなどがあるため注意しましょう。

 

トラブルなく退職できる

首都圏応援ナースの場合、退職というよりは契約終了ということになります。契約終了期日が近づいてくると、病院側と延長または契約終了の話し合いが行われます。

契約終了を選択したとしても、正社員として働いた病院から退職する時のように非常に苦労するといったこともありません

首都圏応援ナースの契約終了時には、「契約期間が終了したので辞めます」と伝えれば、特にトラブルもなく退職することができます。

 

ポイント!

ポイント

首都圏応援ナースとして就職している場合も、病院側は人員を確保したいため延長を要望する人事が非常に多いのは事実です。

 

自分の人生プランに合わせて働くことができる

首都圏応援ナース短期間での契約の為、正社員として働くことに比べて自分の人生プランに合わせてスケジュールが組みやすく、また1つのステップとして踏み出しやすいでしょう。

海外での看護師取得を目指して日本と海外を行き来して、日本滞在中は応援ナースとして働くスタイルをとっている看護師や、生まれ育った地元を離れるきっかけとしてや他県の生活に触れる第一歩の試用期間として応援ナースに登録した看護師などもいます。

首都圏応援ナースは、自身の人生プランに合わせて働く事が出来るので、他の就労形態にはない大きな強みだと言えるでしょう。

 

就労先で様々な看護師との出会いがある

首都圏応援ナースとして働く病院には、多くの場合すでに同じように応援ナースとして働いている看護師が数名います。

首都圏応援ナースをしている理由は看護師によって様々ですが、似た境遇で働く仲間とは打ち解けやすいでしょう。

全国各地から看護師が集まってくるので、全国各地の看護師・病院事情の意見交換や地元情報が得られるなど、普段出会えないような看護師と交流することができます。

同じ看護師といえども、それぞれの土地の環境に合わせて創意工夫を凝らした看護技術があります。

その土地特有の技術を新たに習得できることは楽しみで、全く違う環境で育っていても看護師として共通の意識をもってケアに取り組み、団結してチーム医療を提供できたことは大きな喜びにもつながります。

 

ポイント!

ポイント

様々な看護師との交流を通して、コミュニケーション能力の向上にもつながりますし、看護師としての価値観・視野を広げていく良い機会になるでしょう。

 

スキルアップにつながる

首都圏応援ナースの採用側の病院は、人員不足の深刻な病棟に応援ナースを配属させるため、必ずしも自分の経験に見合った病棟で働けるとは限りません

同じ看護師とはいえ、領域が違えば処置やケア方法、求められるスキルも違います。

しかし、自分の不足している部分が再発見でき、改めて勉強する機会が得られることは看護師としてのスキルアップができるでしょう。

私の場合、正社員時代は内科系の病棟や終末期患者を受け持つ機会の多い病棟での勤務でしたが、首都圏応援ナースとして配属された病棟は、脳神経外科病棟や地域包括ケア病棟など未経験の分野でした。

そのため、未経験の分野で周りのサポートを受けながら1から勉強し直すことでスキルアップできたと実感しました。

 

3.首都圏応援ナースとして働くデメリット

顎に手を当てて考える女性看護師

首都圏応援ナースの認知度は、一般的に高いとは言えず、正社員としての再就職時は人事側に転職回数が多いことを理由に書類審査で不採用と判断されたこともありました。

そのため、首都圏応援ナースからの再就職時にはマイナス要素になる場合もあります。

 

福利厚生が正社員より劣る

首都圏応援ナースとしての採用であったとしても、6か月以上勤務すると有給休暇を取得することができますが、正社員で働いているときに取得できるような各種特別休暇はありません

そのため、急な病気や訃報など長期間休まなければならなくなった場合、欠勤扱いになるので給料が減額になります。

 

未経験分野を即戦力で働く場合がある

首都圏応援ナースは、全く未経験の分野で即戦力として働く場合があります。この場合、やはり精神的にも不安があり改めて勉強しなければならないことも多くなります

しかし、スタッフから指導を受けながら仕事をすることはできるので、過度に不安になる必要はありませんが気持ちの面での覚悟は必要でしょう。

 

4.首都圏応援ナースの給与事情

給与計算する人

首都圏応援ナースではあっても、派遣先の病院に雇用されていることになるので社会保険や年金費は病院で管理してもらえます。

ただし、給与体系については独自のものが採用されているため、正社員と比べ基本給は非常に高く設定されています。

一般的には、基本給40~50万円ほどで都内でも地方都市の勤務であっても変わりませんが、夜勤手当については病院の規定に準じるため変動します。

 

ボーナスや各種手当金・退職金制度はない

たとえ1年以上同病院で応援ナースとして勤務したとしても、ボーナスや各種手当金はありません。

基本給が多いため、月々の手取りは多くなりますがボーナスなどはないため年収としては格段に多くなる訳ではありません。また、退職金制度もないので長い目で見た場合の安定感としては欠ける部分があるかもしれません。

 

一部の病院では奨励金制度がある

ボーナスはありませんが、一部病院で奨励金制度があります。

主に僻地の病院でこの制度が採用されていますが、深刻な人員不足・交通面でも非常に不便な場所であることが多いです。そこでの勤務を終えた後に、3か月で10万円、半年で20万円など、奨励金が支給される病院もごく一部であります。

 

5.まとめ

以上、首都圏応援ナースについてまとめましたが、実際のところメリット・デメリットを含めて自身の仕事スタイル・生活スタイルに合うかどうかであると言えます。

首都圏応援ナースとして、様々な病院で勤務経験を積むことにより自分の知識・技術の不足部分を再発見し、新たな技術習得ができます。

それだけでなく、どこに行っても働ける看護技術が身についていると自覚できたことは、看護師として自信につながります。

そういった部分を自己表現できれば、正社員という働き方に戻る場合でも臆する必要はないでしょう。

看護師の資格を生かして、ぜひ様々な働き方に挑戦してみてください。

 

首都圏応援ナースを提供しているナースパワーのご紹介

ナースパワーの評判 ナースパワーの口コミ

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


都内の総合病院で7年、その後首都圏応援ナースとして、3年間都内外3ヵ所の病院で看護師として活動。現在は都内の病院で勤務中です。
その間、単発派遣看護師としてデイサービス・訪問入浴・老人ホーム・イベントナースなど、様々な場所での勤務も経験しています。今までの経験を生かして、少しでも皆さまのお力沿いができればと思い、看護師ライターとしての活動を開始しました。皆さまの日頃の悩みの解消や、転職活動をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・保健師
年齢 ・埼玉県/33歳
職務経験 ・総合病院・地域中核病院
診療科経験 ・消化器内科・耳鼻科・脳神経外科・整形外科・緩和ケア病棟
・デイサービス・老人ホーム・訪問入浴・イベントナース

看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師転職サイト評判

(公開日:)(編集日::2017年07月25日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。