著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

介護老人保健施設の看護師転職|メリット・デメリット

kameko
看護師スタッフkameko
介護老人保健施設の看護師転職

他の介護施設と比較すると、介護老人保健施設(老健)は、医師が在中していることが特徴で、急変対応や看護技術に自信がないブランク明けの看護師の復職にも人気がある施設です。

初めて介護老人保健施設へ看護師として転職する場合は病院とは様々なことが異なるため不安な方も多くいます。

看護師として、介護老人保健施設(老健)に転職を考える場合、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。このページでは、介護老人保健施設の看護師転職に必要な確認事項を以下の項目でまとめています。

1.介護老人保健施設とは?配置基準

介護老人保健施設とは
介護老人保健施設とは、介護保険制度によって運営される施設で「老健」とも呼ばれる施設です。

介護老人保健施設特徴は、他の介護施設と大きく違う点としては、入居者の家庭復帰を目指すことにあります。

また、以下のようなリハビリ・医療、生活のサポートを行う、

  • 包括的ケアサービス
  • 認知症、脳卒中、廃用症候群などのケア
  • 生活機能向上を考えたリハビリテーション

などが介護老人保健施設の支援内容となります。

入居してくる入居者は病気や怪我などの治療を病院で受け、回復はしたものの自宅での生活は困難であると判断された高齢者になります。

 

(1)介護老人保健施設の配置基準について

介護老人保健施設の配置基準は以下の通りです。

運営 各都道府県の許可
入居者の条件 ・原則65歳以上が対象
・要介護1~5認定者
・認知症患者も在籍
目的 普段の生活に戻れるようにリハビリする
入居期間 3ヶ月~1年未満
設備 ・多床室(10人部屋)
・個室もある
看護配置基準 入居者100名に対し看護師9名
(医師も在中)

老健における看護師の配置基準は、入居者100名に対し、看護師9名となっています。

人数だけを聞くと「看護師一人あたり入居者11名の受け持ちなら、慢性期病棟などと変わらない?」と思ってしまいがちですが、実際に介護老人保健施設施設の看護師は、シフト制勤務となっているため、定員100名の介護老人保健施設施設において、毎日必ず看護師が9名いるとは限りません。

実際には1フロア40名の入居者を受け持っていた

私が勤務していた老健では、看護師1人につき1フロア約40名の入居者を受け持っていました。

バイタル測定や経管栄養管理など、ある程度時間が決まっている仕事の間に、入浴や食事など、入居者個々のスケジュールに合わせて褥瘡処置やインスリンなど、様々な医療処置を行う必要があったので、仕事中は施設内を走り回っていました。

そのため、勤務中はいつも「もっと看護師を配置してほしい」と思っていたほどです。

 

配置基準があるため介護老人保健施設施設では看護師の年収が高い?

上記の配置基準の通り、介護老人保健施設施設では、必ず看護師資格をもった人材を雇い入れる必要があります。

そのため、看護師を確保できない地域の介護老人保健施設施設では看護師の年収が高い場合もあります。

 

2.介護老人保健施設施設での看護師の役割

介護老人保健施設施設での看護師の役割

介護老人保健施設では、

  • 重篤な糖尿病患者
  • 血糖管理が必要な患者
  • 外科的な処置が必要な患者

など他の介護施設で治療が難しい患者(入居者)が入所しています。また、介護老人保健施設によっては、ターミナルケアや看取りなどを行っている施設もあります。

介護老人保健施設で働く看護師の役割は、医療依存度の高い入居者の看護が基本なります。

介護老人保健施設施設の目的を考えた上で、看護師はそのサポートを看護の面から支援する役割があります。

 

(1)入居者の健康管理を行う役割

介護老人保健施設で働く看護師の役割としてまず求められるのが、入居者の健康管理です。

入居者のほとんどが、病気やケガなどによって入院し、

  • 新たに介護が必要な入居者
  • 手厚い介護が必要な入居者
  • インスリン管理や褥瘡ケアなど、医療的介入が必要な入居者

などの方も多くいます。

そのため、看護師は医療介入が必要な入居者を中心に、バイタル測定や日常のケアを通じて健康管理を行い、異常の早期発見に努める必要があり役割となります。

 

(2)医療処置および服薬管理する役割

介護老人保健施設では、介護士は行うことができない、継続した医療処置(インスリン注射・継続した看護ケア)を行う必要がある方も多数入居しています。

そのため介護老人保健施設で働く看護師の役割としては、医療処置を行うことが求められる他、入居者の薬を管理することが求められます。

 

補足説明!

ポイント

また介護老人保健施設は常勤の医師がいるため、入居者の状況に応じて必要時医師に報告し、指示に従って内服量の調節を行うこともあります。

 

(3)日常生活の介護ケアを行う役割

介護老人保健施設の入居者は、「普段の生活に戻れるようにリハビリする」ことを目的としているため、日常生活を送るにあたり介護を必要としている人が大半です。

そのため、介護老人保健施設では介護士とともに一丸となって、食事介助やおむつ交換など、日常生活における介護ケアを行うことも看護師の役割となります。

 

3.介護老人保健施設の看護師の仕事内容と向いている人

miyaさん介護老人保健施設の転職体験談

看護師miyaまずは、介護老人保健施設が向いている看護師とは、どのような看護師なのか私自身の経験を元にご紹介していきます。

  • 妊活や介護のためにもっと時間を確保したい看護師
  • 小さい子供がいるので夜勤が出来ない看護師
  • 年齢が上がり病院の激務についていけなくなった看護師
  • 技術に自信がない看護師

私の場合は「次は老人ホームで探してみよう」という意識しかなかったので、たくさんあった候補の中で介護老人保健施設を選んだのは、たまたまのことでした。

 

(1)介護老人保健施設の仕事内容について

介護老人保健施設で働く看護師の仕事内容は、施設によっても違いはありますが、基本的には入居者の健康チェックになります。

  • 毎日のバイタルチェック
  • 服薬管理

など、介護施設で看護師が行う基本的な業務はこちらでも行われます。

 

補足説明!

ポイント

介護老人保健施設の場合は、あくまで家庭に復帰して生活することが目的ですから、リハビリの手伝いが重要も看護師の仕事となりえます。食事や入浴なども、単に手伝うのではなく、あくまで自分で出来るようになるための過程として行う必要があります。

 

(2)病院よりは余裕を持って働きたい看護師には最適な職場

介護老人保健施設は色んな意味で「余裕を持って」働きたい看護師に向いています。

また、技術に自信がないブランクのある潜在看護師にとっても、働きやすい職場です。

 

補足説明!

ポイント

私(看護師)が勤務している介護老人保健施設では、他の看護師の休みのバランスを見ながら日勤に入る日や夜勤の有無を選ぶことが出来ました。そのため、夜勤は独身看護師の方や、子育てを終えている看護師などが主に行ってくれていました。転職する前に勤務体制を確認しておくことで、介護老人保健施設で、看護師としてより働きやすくなります。

 

(3)看護技術を落としたくない看護師は特養を選ぶべき

特別養護老人ホーム(特養)は他の介護系施設とは違い、看護師としての処置があり看護技術を必要とするケースも多いです。

そのため、看護技術を落としたくない看護師は介護老人保健施設を選ぶと技術をおとさずにすみ、入所者とじっくり向き合いたい方は介護老人保健施設を選べば良いのでしょう。

 

4.介護老人保健施設の看護師平均年収と給料

老健 向いている 看護師

平均給料 313,000円程度
平均ボーナス 4ヶ月分(70万程度)
平均年収 450万円程度

(参考:マイナビ看護師求人データより分析

一般的な介護老人保健施設で働く看護師の年収・給料の平均はこのような形が適正になるのではないでしょうか。

介護老人保健施設では、入居者に支払う費用が決められており、「部屋が個室かどうか」「介護の負担」などによって細かく毎月の利用料金が定められており、経営的には苦しくない一方で、有料老人ホームより入居者から多くの料金を貰っていない実情があります。

そのため、介護老人保健施設は介護関係の看護師の年収・給料で見ると中ぐらいより少し高い位置にいます。

 

介護老人保健施設の看護師の福利厚生について

介護老人保健施設の福利厚生が良し・悪しは、運営の母体の大きさで決まります。小さな介護施設の場合の福利厚生は基本的なもの(社会保険・年金等)しかない場合があります。

また、運営母体が大きい介護老人保健施設では、

  • 昼食は低額で食堂のご飯を食べられる
  • 研修や勉強会の費用が支給される

などの基本的な福利厚生の待遇が他の介護老人保健施設より優遇されている傾向があります。

 

補足説明!

ポイント

介護老人保健施設では退職金が積み立て式の運用型(401K)という場合が多く退職金が出ない介護老人保健施設も多く存在するため、入職前に確認しておきましょう。

 

5.介護老人保健施設で働く看護師に必要なスキル

看護師に必要なスキルと仕事内容

介護老人保健施設で働く看護師は、病棟の看護師と比べると、どのようなスキルが必要になるのでしょうか。

詳しく説明していきます。

 

(1)コミュニケーションスキルは必須

入居者に向きえる機会も増えるため病棟勤務の看護師よりも、コミュニケーションスキルが必要になり、介護老人保健施設で働く看護師には必須といえます。

また、入居者のメンタルケアも看護師の仕事となり、リハビリが上手くいかないと、入居者にもストレスがたまってきますが、その場合の笑顔で積極的に話しかけるといった対応力も必要です。

 

補足説明!

ポイント

介護老人保健施設で働く看護師は、医師や介護士、理学療法士、作業療法士らと協力しながら入居者のリハビリをサポートしていきます。そのため、看護師としてスタッフ間のコミュニケーションが大事となり、そのスキルも必要です。

 

(2)介護の仕事を行うスキル

介護老人保健施設で働く看護師は、介護士と同じ介護関連の仕事も行っている場合が多です。

そのため、介護老人保健施設で働く場合は、介護関連スキルは看護師にとっても重要なスキルとなります。

 

補足説明!

ポイント

介護老人福祉施設は医師が常駐しているので、医療的な判断は医師の仕事となり看護師はその介助的な仕事も行います。医師が不在の場合でも緊急搬送に付き添う程度になります。

 

6.介護老人保健施設に転職する看護師のメリット

介護老人保健施設に転職する看護師のメリット

介護老人福祉施設に転職する場合、病棟と比べてどのようなメリットが看護師にはあるのでしょうか。介護老人保健施設を選んで良かったなと思わせてくれる瞬間に出合う看護師も多いです。

詳しく確認していきましょう。

 

(1)入居者が自立していくやりがいと喜び

介護老人福祉施設の目的は「普段の生活に戻れるようにリハビリする」ことになるため、普段の生活に戻れるように自立していく姿や過程を一緒に経験し、看護師としてサポートすることが出来るため、他の介護施設よりも”やりがい”を感じる看護師も多く、メリットといえます。

介護老人保健施設では他愛もないことに関わってあげられるので、看護師として感謝されることが多くなり、「あなたでよかったわ」というように名指しで感謝されることや、家族に「この人よ」と紹介されることなどもあります。

病院勤務ではなかなか、そのような場面に出くわさないのではないでしょうか。

 

ポイント!

ポイント

看護師も業務の一環としてリハビリを手伝い、生活全般のサポートを行いますが、施設そのものの雰囲気が明るい所が多いです。

 

(2)残業は基本的に少ない

介護老人保健施設では、看護師が残業するというケースは基本的には少ないことがメリットです(もちろん施設によって異なります)。

病院ではないので突発的な問題というのは比較的起こりにいです。

ただ、高齢者なのでいつ何が起こるか分からない点はもちろんあります。

 

(3)医療行為の少ない

介護老人保健施設看護師の業務である採血は月に多くても2~3件ぐらいになります。医療行為を行うことは介護老人保健施設では皆無のため、安心して働くことができます。

また、急変があったとしても医師が在中しているので、他の介護施設よりは安心感があるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

医療行為数が少なくなるということは楽になるというより、一回一回の比重が重くなるケースもあります。完全に医療行為がないわけではもちろんないので注意しておきましょう。

 

(4)ひとりひとりに向き合った看護ができる

看護師が入居者ひとりひとりに時間を使い、向き合った看護ができるのも、介護老人保健施設に転職する看護師のメリットといえます。

病院勤務より、患者(入居者)のことが良く見えるようになったという看護師が多いです。

 

ポイント!

ポイント

老人保健施設は看護師の医療行為が少ない分、入居者の顔や名前をゆっくり覚えながら会話を楽しむに至るまでの時間があります。「お年寄りの話をじっくり聞いたり、ときには元気な方とも笑いあったりしたい」という看護師にはおすすめです。

 

7.介護老人保健施設に転職する看護師のデメリット

介護老人保健施設に転職する看護師
介護老人保健施設で働く看護師のデメリットは、もちろんあります。施設によって多少異なりますが、デメリットは以下の通りです。

 

(1)看護師の人数が少なく自分で対応しなければならない

入居者の主なお世話係は介護士の仕事になります。そのため、介護老人保健施設の大きさにもよりますが、看護師は1つのフロアに1人か2人しか配置されません(看護師の配置数100名に対し9名)。

どんなに忙しくても、フォローしてくれる看護師はおらず、1人で仕事をしなければならないことがデメリットといえます。

 

補足説明!

ポイント

他の階の看護師等に応援を頼むというシステムが当たり前に機能しているような施設もありますが、よほどのことがなければ、なかなかに頼みづらいものです。

 

(2)看護師の仕事と介護士の境界線がはっきりしない

看護師と介護士が一緒に働くという点で、仕事の境界がはっきりしづらいという点が転職するデメリットとして挙げられます。

施設によっては看護師と介護士の人間関係がもつれてしまったりして、上手くいかないケースも出てきます。

 

ポイント!

ポイント

介護老人保健施設では介護士と看護師の役割分担がはっきりしており、トラブルを未然に防げている施設もあります。

介護関連の施設で働く場合は他業種と看護師の連携が必要不可欠であり、働く相手を仕事や内容をよく知ることが重要だといえます。

 

(3)昇進すると書類対応に追われる

介護老人保健施設で看護師が昇進すると、在宅復帰に向け以下の仕事が業務に入ります。

  • 様々なプランの立案
  • リハビリや各所との連絡
  • サマリー作成

など、とにかく書類が多く、当然のように書類対応に追われることがデメリットとなります。

 

ポイント!

ポイント

昇進することで書類対応が多いのに嫌気がさして病院から転職してきた主任さんでしたが、働くうちに老人介護施設でも偉くなってしまい、結局書類に追われていると嘆いたそうです。それぐらい昇進すると書類対応に追われます。

 

(4)夜勤がある

介護老人保健施設では、他の介護系施設と違い、看護師も夜勤を行う必要があることがデメリットといえます。

看護師の夜勤が嫌で介護老人保健施設への転職を考える場合は辞めておきましょう。常勤の看護師であれば夜勤は必ずあります。

また、パート看護師の形態であれば、日勤のみの求人も募集しています。

 

補足説明!

ポイント

夜勤では、病院に比べると、施設での夜勤は病変などが起こることは少ないのですが、介護の必要なお年寄りが多いということで、夜中に何度かオムツ交換を行うなど、仕事の量としては少なくないのです。

 

(5)残業となるケースもある

看護師に欠員が出たり体調不良者などがいなければ、定時で帰れることの方が多いでが、入居者の具合が相応に悪い場合には病院を受診することになります。

日中は医師が在中し往診していますが、夕方になると医師はいません。そんのため、その付添いは、看護師の役割になります。夕方からの受診となると数時間の残業は確実となります。

 

ポイント!

ポイント

「残業はほとんどありません。」と言い切る施設は少し怪しいかもしれません。お年寄りがいつ具合悪くなるか分からないからです。「誰か倒れてるけど私帰るね」とは看護師としても、老人保健施設で働くスタッフとしてもなりにくいためです。

 

8.介護老人保健施設の看護師求人を選ぶ注意点

介護老人保健施設の求人を選ぶ看護師

介護老人保健施設の看護師求人を選ぶ際は、医療機関とはまた違う注意点があり、求人選びに必要なポイントを3つお伝えしていきます。

 

(1)入居者の在宅復帰率を確認する

介護老人保健施設の看護師求人を選ぶにあたり、まず確認したいのが「入居者の在宅復帰率」で、入所者のうちどのくらいが実際に在宅へ復帰できたかを表した数値です。

在宅復帰率が50%を超えている介護老人保健施設は人気が高く、入居者の間でも待機待ちが出ているほどですが、在宅復帰率が低いほど本来の「リハビリをして在宅復帰を目指す」という役割を達成できていない介護老人保健施設であると言えます。

 

補足説明!

ポイント

「自立していくやりがいと喜び」というメリットを実感しやすい介護老人保健施設の看護師求人を選ぶためにも、まずは在宅復帰率をチェックしましょう。

 

(2)看護師と介護士間での人間関係を確認する

介護老人保健施設は、入居者100名に対して看護師は9名以上となっており、他の介護施設に比べて職員全体における看護師の割合が高くなっているため「看護師と介護士間での人間関係の悪化」が起こりやすくなります。

そのため、介護老人保健施設の求人を選ぶ際には、看護師と介護士間での人間関係を事前に確認しておくことをお勧めします。

 

補足説明!

ポイント

介護老人保健施設は、医療機関と介護施設の中間に位置する施設であるため、介護士・看護師双方が協力することが必要です。

 

(3)夜勤かオンコールかを確認

介護老人保健施設では、看護師の夜勤がなく代わりにオンコール対応としているところもあるため、求人を見る際にはまず夜勤か、あるいはオンコールかを確認することが必要です。

夜勤がある場合とオンコールがある場合の確認事項は、以下の通りです。

夜勤がある場合 ・看護師何人体制で夜勤を行っているか
・何名の看護職員で夜勤を回しているのか
オンコールの場合 ・看護師1人あたり月に何回オンコール対応することが必要か
・オンコール手当の有無

などのを確認しましょう。

 

(4)細かい条件を絞り込んだ求人は看護師求人サイトで探す

良い介護老人保健施設でかつ自分の条件になるべく合った施設を自分で探すのは困難です。

そのため、看護師求人サイトに登録を行い、担当エージェントに探してもらうとスムーズです。もし、条件面で合致する求人がなければ、あきらめず看護師求人サイトを複数利用しましょう。

(介護老人保健施設求人の日勤のみやパート看護師求人も紹介してもらうことが可能です。)

上記は看護師の中でも人気が高く、介護老人保健施設の看護師求人も全国的に豊富です。

是非比較しながら利用してください。

 

まとめ

介護老人保健施設に看護師転職する場合のメリット・デメリットについて説明してきました。

介護老人保健施設は他の介護施設と比べて、日中、医師が在中しているのでブランクがある看護師などはスムーズに仕事に馴染めるのではないでしょうか。
短期や派遣、パートなどで転職を考えている看護師もおすすめ
また、看護師として医療行為が少ない施設に短期や派遣、パートなどで転職を考えている場合などおすすめです。

看護師として介護老人保健施設に正職員で転職する場合はには、「福利厚生」「教育体制」「学べる環境が整っている」などの確認したうえで施設を選ぶと、ケアマネージャーなどの資格も取得することが出来ます。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:介護老人保健施設(老健)

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年11月16日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

10 コメント・感想

  1. […] 介護老人保健施設 […]

  2. […] 介護老人保健施設 […]

  3. […] 介護老人保健施設 […]

  4. […] 介護老人保健施設 […]

  5. […] 介護老人保健施設 […]

  6. […] 介護老人保健施設 […]

  7. […] 介護老人保健施設 […]

  8. […] 思いを尊重しあって、両者の役割を生かして楽しく働いていけるといいですね。転職を考える方は「介護老人保健施設の看護師転職|メリット・デメリット」も参考にしてみてください。 […]

  9. […] ‣介護老人保健施設 […]

  10. […] リットが知りたい方はこちら「介護老人保健施設の看護師転職|メリット・デメリット」参考にどうぞ。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。