著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

介護老人保健施設の看護師転職|メリット・デメリット

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、介護保険制度によって運営される施設で「老健」とも呼ばれる施設です。その介護老人保健施設特徴は、生活サポートやリハビリを通して入居者の家庭復帰を目指す施設であるということです。

入居してくる入居者は病気や怪我などの治療を病院で受け、回復はしたものの自宅での生活は困難であると判断された高齢者になります。

要介護認定(要介護1~5認定者)を受けている原則65歳以上の方が対象となります。入所する期間も限られており、おおよそ3カ月から半年程度で退去することが基本です。

家庭生活に戻れるようにリハビリなどを行うのが目的になり、そこで生活することを目的とした特別養護老人ホーム等と根本的にスタンスが違います

そのぶんアクティビティなどのイベントは少なくなりますが、施設によってはリハビリを取り入れたアクティビティを行うなど、さまざまな工夫が行われています。

ナースではたらこ口コミへ

1.介護保健施設が向いている看護師とは

miyaさん【介護老人保健施設の看護師】

看護師miya
まずは、介護老人保健施設が向いている看護師とは、どのような看護師なのか私自身の経験を元にご紹介していきます。

  • 妊活や介護のためにもっと時間を確保したい看護師
  • 小さい子供がいるので夜勤が出来ない看護師
  • 年齢が上がり病院の激務についていけなくなった看護師
  • 技術に自信がない看護師

ちなみに私の場合は「次は老人ホームで探してみよう」という意識しかなかったので、たくさんあった候補の中で介護老人保健施設を選んだのは、たまたまのことでした。

病院よりは余裕を持って働きたい看護師には最適な職場

介護老人保健施設は色んな意味で「余裕を持って」働きたい看護師に向いているのでしょう。また技術に自信がないブランクのある潜在看護師にとっても、働きやすい職場のはずです。

ちなみに私が勤務している介護老人保健施設では、夜勤をするかそれとも日勤常勤になるかは、バランスを見ながらですが選ぶことが出来ます。夜勤は独身の方や、子育てを終えている方などが主に担当されています。

看護技術を落としたくない看護師は特養を選べばいい

特別養護老人ホーム(特養)は処置が比較的多く入所者のニーズに何でも応えなきゃいけないので大変で、介護老人保健施設の方が楽だと言われています。この情報は、特養や有料老人ホームを経験したことのある同僚などによると、「まあ間違ってもいない」ようです。

つまり、看護技術を落としたくない看護師は特養を選べばいいし、入所者とじっくり向き合いたい方は介護老人保健施設を選べば良いのでしょう。特養については「特別養護老人ホーム看護師転職|メリット・デメリット」を確認してください。

2.介護老人保健施設の看護師平均年収

老健 向いている 看護師

平均給与 平均ボーナス 平均年収
313,000円程度 4ヶ月分(70万程度) 450万円程度

(当サイト:関東の求人データ平均調べ)
利用料は施設によって多少違いがありますが、一般的な介護老人保健施設で働く看護師の年収はこのような形です。

長期の利用を前提としていない施設なため、有料老人ホームにあるような入居時の一時金などは必要なく、毎月の利用料のみを支払うシステムです。そのため、介護関係の年収で見ると中ぐらいより少し高い位置にいます。

 

介護老人保健施設の看護師の福利厚生について

介護老人保健施設の福利厚生が良し・悪しは、運営の母体の大きさで決まります。小さな介護施設の場合の福利厚生は基本的なもの(社会保険・年金等)しかない場合があります。

大きな病院等に勤めていた看護師としては驚くのではないでしょうか。

また、運営母体が大きい介護老人保健施設では、昼食は低額で食堂のご飯を食べられることや、研修や勉強会の費用が支給されるなどの基本的な福利厚生プラスアルファの待遇が多くあります。
 

ポイント!

ポイント

介護老人保健施設では退職金が積み立て式の株の運用型という所が多いようです。つまり、会社側が設定している運用期間(3年程度)が経過しない限り積み立ててきたお金は自分の手元に入らずすべて経営者側のものとなるということになります。介護老人保健施設もそのような制度を取り入れていたため退職時の退職金はない場合があるので転職・入職時に確認することをお勧めします。

 

3.看護師に必要なスキルと仕事内容

看護師に必要なスキルと仕事内容
介護老人保健施設で働く看護師の仕事内容は、施設によっても違いはありますが、基本的には入居者の健康チェックになります。毎日のバイタルチェックや、服薬管理など、介護施設で看護師が行う基本的な業務はこちらでも行われます。

しかし、介護老人保健施設の場合は、あくまで家庭に復帰して生活することが目的ですから、リハビリの手伝いが重要も看護師の仕事となりえます。

食事や入浴なども、単に手伝うのではなく、あくまで自分で出来るようになるための過程として行う必要があります。

 

コミュニケーションスキルも重要

看護師は、入居者の健康管理をするという看護師ならではの仕事に加えて、医師や介護士、理学療法士、作業療法士らと協力しながら入居者のリハビリをサポートしていきます。リハビリが上手くいかないと、入居者にもストレスがたまってきますが、その場合の笑顔で積極的に話しかけるといったメンタルケアも看護師の仕事になります。

また、入居者に向きえる機会も増えるため病棟勤務の看護師よりも、コミュニケーションスキルが必要になります。

 

介護の仕事も多い

介護士と一緒に介護の仕事も求められる施設が多いので、仕事の分担が難しいことや人間関係の悩みも増えてきます。

介護老人福祉施設は医師の常駐が義務付けられている施設になります。そのため、医療的な判断は医師の仕事となり、看護師はその介助的な仕事も行います。医師が不在の場合でも緊急搬送に付き添う程度になります。

 

4.介護老人保健施設で働く看護師のメリット

介護老人保健施設メリット

介護老人保健施設で働く看護師のメリットは、複数あります。

  • 入居者が自立していくやりがいと喜び
  • 施設によっては残業は基本的に少ない
  • ブランク看護師には医療行為の少なさもメリット
  • 病院勤務よりも1人1人のことがよく見える

こちらのメリットを詳しく説明していきます。

 

入居者が自立していくやりがいと喜び

入居者が徐々に自立していく過程を一緒に経験できるというやりがいにあります。他の介護施設と違って、介護老人保健施設は入居者の自立を促し、家庭復帰させることが目的です。入居者は入居している間にリハビリで徐々に自立していき、最終的には自宅に戻っていくか、それでも無理なようであれば別の介護施設に移っていくことになります。

看護師も業務の一環としてリハビリを手伝い、生活全般のサポートを行いますが、施設そのものの雰囲気が明るい所が多いです。

 

元気な方と笑いあえる時間がある

「お年寄りの話をじっくり聞いたり、ときには元気な方とも笑いあったりしたい」という方には、やはり病院よりもその時間はあります。この感覚は、今まで病院でしか働いたことがない看護師にとってはとても新鮮なものです。

 

ポイント!

ポイント

施設に寄りますが余裕があるときは介護士さんを手伝ってお茶を配ったり、おやつの介助をしたりすることもあります。レクリエーションに一緒に参加することも時々あります。一緒に楽しむ、という機会が得られるのは施設ならではのことです。

 

施設によっては残業は基本的に少ない

病院ではないので突発的な問題というのは比較的起こりにくく、看護師が残業するというケースは基本的には少ないでしょう(もちろん施設によって異なります)。ただ、デメリットでもお伝えしていますが、高齢者なのでいつ何が起こるか分かりません。

そのような場合は残業となります。基本的には定時で帰れるものと思っておきましょう。

 

ブランク看護師には医療行為の少なさもメリット

ブランクが長くなってしまった看護師にとっては特に、医療行為を行う場面が少ないことは嬉しいメリットです。

病院から離れてしまうと、どうしても採血や点滴の技術が落ちてしまうものですが、そういった医療行為を行うことは介護老人保健施設では皆無のため、安心して働くことができます。

 

介護老人保健施設では採血が月に1回あるかないか

介護老人保健施設看護師の業務である採血は月に多くても2~3件ぐらいになります。看護師も複数いるので回ってくるのは1件程度の介護老人保健施設が多いです。そのため具合の悪い人がいれば連日続くこともありますが、何か月も採血を行わないこともあります。

点滴に至っては、施設の方針によって左右されますが行わない施設もあります。

 

ポイント!

ポイント

ただし、医療行為数が少なくなるということは楽になるというより、一回一回の比重が重くなるケースもあります。完全に医療行為がないわけではもちろんないので注意しておきましょう。

 

病院勤務よりも1人1人のことがよく見える

利用者1人1人のことは、病院勤務より良く見えるようになったという看護師が多いです。

病院勤務の場合は患者に1人1人にたくさんの問題があり、症状と処置で頭がいっぱいになってしまいがちですが、老人保健施設は看護師の医療行為が少ない分、1人1人の顔や名前をゆっくり覚えながら会話を楽しむに至るまでの時間があるのもメリットの1つではないでしょうか。
 

他愛もないことで感謝されることが多い

介護老人保健施設では他愛もないことに関わってあげられるので、感謝されることが多くなり、「あなたでよかったわ」というように名指しで感謝されることや、家族に「この人よ」と紹介されることなどもあります。病院勤務ではなかなか、そのような場面に出くわさないのではないでしょうか。

介護老人保健施設を選んで良かったなと思わせてくれる瞬間に思う看護師も多いです。

 

5.介護老人保健施設で働く看護師のデメリット

介護老人保健施設デメリット

介護老人保健施設で働く看護師のデメリットは、施設によっても異なりますが、一般的なデメリットは以下の通りです。

  • 看護師は1つのフロアに2人しか配置されない
  • 看護師の仕事の境界線がはっきりしない
  • 昇進すると書類対応に追われる
  • 看護師も夜勤がある
  • 看護師も夜勤がある
  • 高齢者特有のハプニングに見舞われる
  • 定時で帰れる場合が多いが残業もある

 

看護師は1つのフロアに2人しか配置されない

入所者の主なお世話係は介護士の仕事になります。そのため、介護老人保健施設の大きさにもよりますが、看護師は1つのフロアに1人か2人しか配置されません(看護師の配置数100名に対し9名)。

どんなに忙しくても、フォローしてくれる人はいないからです。

他の階の看護師等に応援を頼むというシステムが当たり前に機能しているような施設もありますが、よほどのことがなければ、なかなかに頼みづらいものです。

 

看護師の仕事の境界線がはっきりしない

看護師と介護士が一緒に働くという点で、仕事の境界がはっきりしづらいという点が挙げられます。そもそも、看護師が行う介助と、介護士が行う介護は境界線が引きにくく、お互いにどこまで相手に求めてよいのか難しいポイントになるのは確かです。

そんな中で、施設によっては看護師と介護士の人間関係がもつれてしまったりして、上手くいかないケースも出てきます。もちろん施設によってはスムーズに役割分担が行われているところもあるので、できれば働く前にチェックしておきたいところです。

 

昇進すると書類対応に追われる

介護老人保健施設は在宅復帰に向けさまざまなプランの立案や、リハビリや各所との連絡があり、サマリー作成等、とにかく書類が多く、昇進すると当然のように書類対応に追われます。

 

ポイント!

ポイント

昇進することで書類対応が多いのに嫌気がさして病院から転職してきた主任さんでしたが、働くうちに老人介護施設でも偉くなってしまい、結局書類に追われていると嘆いたそうです。それぐらい昇進すると書類対応に追われます。

 

看護師も夜勤がある

介護老人保健施設の場合は、介護士だけでなく看護師も夜勤を行う必要がありますので、夜勤がまったくない職場を希望する人には難しいかもしれません。(パートなどで日勤のみの募集も多数存在します。)

病院に比べると、施設での夜勤は病変などが起こることは少ないのですが、介護の必要なお年寄りが多いということで、夜中に何度かオムツ交換を行うなど、仕事の量としては少なくないのです。

 

高齢者特有のハプニングに見舞われる

介護老人保健施設は、基本的に在宅復帰を目標とした方の集まりです。慢性の疾患当の病気を抱えているものの、普段は元気に過ごしている方がほとんどですが、突然倒れる、突然転ぶ、突然食べ物をのどに詰まらせる、といったことが割と日常的に起こります。(忙しい時はそれらが数件重なって起きたりします。)

そのため基本的には落ち着いていますが、何かしらの対応に毎日追われるケースもあります。

 

定時で帰れる場合が多いが残業もある

看護師に欠員が出たり体調不良者などがいなければ、定時で帰れることの方が多いでが、介護老人保健施設は病院ではありません。

そのため日中は医師が在中し往診する施設も多いですが、具合が相応に悪い場合には病院を受診することになります。その付添いは、看護師の役割になります。夕方からの受診となると数時間の残業は確実となります。

 

ポイント!

ポイント

「残業はほとんどありません。」と言い切る施設は少し怪しいかもしれません。お年寄りがいつ具合悪くなるか分からないからです。「誰か倒れてるけど私帰るね」とは看護師としても、老人保健施設で働くスタッフとしてもなりにくいためです。

 

6.看護師が働く介護施設の種類

介護施設の種類

知っておきたい介護施設の種類
介護老人保健施設 特別養護老人ホーム 有料老人ホーム
運営 各都道府県
(介護保健施設)
 各都道府県
(介護保健施設)
民間企業が運営
入所者のレベル ・要介護1~5認定者
・65歳以上
・在宅介護困難の高齢者
・要介護1~5認定者
・65歳以上
・入院、治療必要なし
民間運営のため
方針はさまざま。
看護師の配置数 100名に対し9名 100名に対し3名 30人に対し1名
施設の特徴 在宅復帰を目的とする 生活する場所としての目的 高齢者が希望する
生活を送る目的
医師の有無 在籍 在籍指定していない 在籍していない
夜勤の有無 夜勤あり なし(オンコールあり) なし(オンコールあり)
看護師の仕事 24時間看護 健康管理中心 健康管理中心
接客・サービスもあり

介護施設への転職が初めての方は「介護施設に看護師転職|介護施設求人の探し方」をチェックしてください。


都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師求人サイト口コミ

  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。


この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「kameko」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年03月08日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


6 コメント・感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。