著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

ケアミックス病院で働く看護師のメリット・デメリット

ケアミックス病院で働く看護師のメリット

ケアミックス病院とは、急性期・慢性期・療養型・回復期リハビリテーションなど異なったケアを必要とする病棟が併設されている病院です。患者は急性期~回復期まで転院せずに同じ病院でケアを受けることができ、またここで働く看護師は、他の専門病院よりも幅広い分野における看護ケアを学ぶことができます。

ナースではたらこ口コミへ

1.ケアミックス病院で働く看護師の仕事内容の特徴

仕事内容

病院にもよりますが、ケアミックス病院は大体「急性期病棟」「慢性期病棟」「療養型病棟」「回復期リハビリテーション病棟」に分かれており、どこの病棟に所属されるかによって、仕事内容や役割は異なります。

また、ケアミックス病院の場合は、急性期で入院した患者であっても回復期まで見届けることができます。

 

配属された病棟によって仕事内容は異なる

ケアミックス病院は、他の病院同様に配属された病棟によって仕事内容が異なります。

当然、急性期には急性期の、慢性期には慢性期の看護が求められます。そのため異動の際は、一からやり直さなくてはならないことも多いのが特徴です。

 

患者の回復までしっかり見届けることができる!

ケアミックス病院では、急性期を脱した患者であっても転院せずに同じ病院で回復期まで入院することができます。そのため、ケアミックス病院で働く看護師は、急性期で入院した患者を回復期まで見届けることができます

 

2.ケアミックス病院で働く看護師のメリット

メリット

看護師がケアミックス病院で働くメリットは、やはり同じ病院で幅広い看護を経験できるということでしょう。通常、看護師がスキルチェンジをしようと考えたら転職をするしかありませんが、ケアミックス病院であれば、わざわざ転職しなくても同じ病院でそうできるのです。

例えば将来的に老人福祉施設や訪問看護の仕事をしたいから療養型の経験もしたいけど、急性期の現場を離れるのは不安という場合などは、同時に両方の看護ができるケアミックス病院の勤務は理想的でしょう。

 

ライフスタイルの変化に対応しやすい

ライフスタイルの変化に対応しやすいというのもケアミックス病院のメリットです。若い時は急性期病棟で忙しく働いて、結婚して子どもができたら残業の少ない療養病棟に配置転換を願い出る、という方法もあるでしょう。看護師は慢性的に人手不足で、転職は比較的簡単な職業ですが、それでもやはり転職せずに済むならしないに越したことはありません。

こうしてライフスタイルに対応してもらえることで、長く勤務し続けることができるのです。そのため、同じ職場で長く働きたいという場合は、配置転換で働き方が変えられる病院を選ぶのがおすすめとなります。

 

ポイント!

ポイント

もちろんすべてのケアミックス病院が、こうした働き方に対応しているわけではありませんので、転職をする際に、登録した看護師求人サイトの担当コンサルタントにそういった希望を伝えておきましょう。実際に配置転換で長く働いている看護師がいるかどうかや、そういった希望を考慮してくれる病院かを調べた上で転職先を紹介してくれるはずです。

 

3.ケアミックス病院で働く看護師のデメリット

デメリット

ケアミックス病院で働く看護師のデメリットは、やはり業務の範囲が広くなってしまうことにあります。

特に、特定の分野の看護技術を集中して身に着けたいという看護師には、希望の分野で仕事ができないというリスクのあるケアミックス病院での勤務はデメリットに感じるかもしれません。

 

希望の配属にならない可能性がある

急性期病棟で働きたいのに緩和病棟に配属になったり、療養型の看護をしたいのに急性期に配属になったりと、希望どおりの配属先で働くことができない場合もあります。それを仕事の幅が広がるとプラスに考えられる場合は良いのですが、負担になりストレスを感じる人がいるのも確かです。

幅広いスキルを身に着けることができるということをメリットに感じる人もいれば、逆にデメリットに感じる人がいるということでしょう。

 

大きな病院が多いため人間関係に苦しむ可能性も

ケアミックス病院ということは、ある程度規模の大きい病院ということになりますから、働く看護師の数も多くなります。現在ほとんどの病院は看護師の大半は女性であり、人間関係の難しさに悩む人も少なくありません。実際、看護師の退職理由の第一位は人間関係ですから、規模の大きいケアミックス病院でも複雑な人間関係が上手くいかない可能性は十分にあるでしょう。

また、地域の看護師から人気の高い大病院の場合は、看護師の募集自体があまり行われていないケースもあります。

 

ポイント!

ポイント

看護師の求人倍率が高いといっても、病院によってかなりムラはありますから、勤務することでメリットを感じやすいケアミックス病院の場合は求人を見つけることが困難であることも多いのです。その場合は看護師求人サイトを利用して、担当コンサルタントに探してもらうことが楽です。さらに非公開求人などもあるので、登録して相談しましょう。

 

まとめ

自分は急性期が合っているのか、それとも慢性期が合っているのか、看護師であれば一度は考えたことがあるはずです。そしてどちらか決断しきれず迷い続けている人もいるでしょう。

ケアミックス病院は、どちらにでも転身することができるため、そうした少し優柔不断な看護師に最適な職場だと言えるかもしれません。

 


都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師求人サイト口コミ

  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。


この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「kameko」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年02月25日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。