著作者

ゆうゆう

現役看護師

ゆうゆう

( 看護師 )

外科看護師の転職時に注意したいメリット・デメリット

ゆうゆう
現役看護師 ゆうゆう
外科看護師の転職時

看護師として外科への転職を考えたときに、外科の中には消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科など様々な診療科があります。

看護師として外科に転職した場合、どのようなメリット・デメリットが生じるのでしょうか。

今回は外科の中でも特に一般外科で勤務する看護師について役割、仕事内容、転職するメリット・デメリットなど様々な角度から詳しく説明していきます。

1.外科看護師の役割とは

外科看護師の役割

外科患者の多くが手術関連での入院が多く、手術目的の入院や、手術のための事前検査目的での入院などがあり他には、手術後や手術前の化学療法を行うために患者が入院するといったケースもあります。

では、外科看護師の役割とはどのようなものなのでしょうか。

 

(1)手術前後患者の精神的サポートが役割

手術をするということは患者が受ける精神的不安がとても大きく「無事に手術が終わるのか」「失敗したらどうしよう」など患者は常に不安を抱いています

そのため、患者に対する精神的なサポートが重要となり外科で働く看護師の大きな役割といえます。

また、外科で働く看護師は不安が軽減できるよう、患者の訴えにしっかり耳を傾ける必要があります。

 

補足説明!

ポイント

手術の説明が不十分と感じた時は医師に再度説明をしてもらえるようセッティングする事も看護師の役割となります。手術によっては長期にリハビリが必要な場合もあり、患者がリハビリに対し前向きになれるようなサポートが外科の看護師には求められます。

 

 

(2)患者の異常を早期発見する

外科で手術を終えた患者は合併症が起こりやすいため、外科で働く看護師は患者の観察を常に行う必要があり役割となります

患者を観察する点は手術によって異なるため、どの部位にどんな手術をしたのか、起こりうる合併症はどのようなものがあるのかを外科で働く看護師は事前に把握し観察をする必要があります。

 

報告する連絡手段の確認も看護師の役割

異常を発見したときはすぐに医師へ報告できるよう連絡手段を確認しておくことも外科で働く看護師にとって重要な役割になります。

 

(3)術後の患者へ確実な薬剤投与

術後は点滴管理が必要な場合がほとんどであり、

  • 薬剤が合っているか
  • 投与量は間違っていないか

などを確認することだけではなく、

  • 挿入部はきちんと固定されているか
  • 皮膚は腫れていないか

などの確認も外科で働く看護師の重要な役割になります。

術後の患者にとって点滴は生命線でもあり、間違えてしまうと命に関わるため看護師に確実な投与が求められます。

 

2.外科看護師と内科看護師の違いと特徴について

外科看護師と内科看護師の違いと特徴

外科の看護師 内科の看護師
患者の特徴 主に急性期の患者 主に慢性期の患者
患者の年齢層 患者は子供から高齢者まで幅広い 高齢者が多い特徴がある
1日の入院患者数 多い 少ない
患者の平均入院日数 短い 長い

内科の看護師と外科の看護師の大きな違いは入院する患者が慢性期であるか、急性期であるかという事です。

外科の場合は、手術目的の患者となり入院日数が短く早期に退院することが多いため、外科病棟に入院する患者数が多くなります。

そのため、外科で働く看護師は入院オリエンテーションや退院指導などを行う機会が増えバタバタと忙しくなりやすいです。

 

外科で働く看護師の特徴について

外科で働く看護師の特徴は「優先順位を考える看護師が多いこと」「鋭い観察力がある看護師が多いこと」が挙げられ、その理由を以下で説明していきます。

 

常に優先順位を考える看護師が多い

外科で働く看護師は、時間を確認しながら優先順位を考えて行動する看護師が多いです。

なぜならば外科で働く看護師は、

  • やらなければならない患者へのケアが多いこと
  • 予定外の事が起こりすくスケジュール通りに進まないことが多い

などのため、常に優先順位を考えて看護師として行動する必要があるからです。

 

鋭い観察力がある看護師が多い

変化していく患者の状態を把握するために常に全身状態をしっかり観察し患者の訴えをよく聞き、異常を早期に発見することが求められます。

そのため外科に看護師には観察力が求められ、鋭い観察力が培われていきます。

また、外科では看護師として医師に報告が必要なのかの判断力も必要になります。

 

3.外科看護師の仕事内容と1日のスケジュール

外科看護師の仕事内容

外科で勤務する看護師の1日のスケジュール(術後1日目の患者のケアを中心)を時間ごとに見ていきましょう。

8:30~ ・申し送り
・夜勤帯の患者の状態を確認
・今日入院する予定の患者の確認
・入院患者の検査の確認など
8:45~ ・環境整備、担当患者への挨拶
・患者のテーブルやベッド周辺が汚れていないか確認する
・コードなどが絡まって危険な状態ではないか確認をする
9:00~ ・バイタルサイン測定、全身状態の観察
・医師の診察の介助
・手術後の患者の診察
10:00~ ・午前中の看護ケア(清拭、歩行練習など)
12:00~ ・患者への食事介助
12:30~ ・昼休憩
13:30~ ・午後の看護ケア(保清など)
・バイタルサイン測定、全身状態の観察
16:30~ ・申し送り、看護記録
17:00 ・勤務終了

外科看護師は術後の患者だけではなく、入院当日の患者、検査をする患者、手術当日の患者など様々な患者に対応しなければなりません。

外科の看護師は何人も受け持ち患者がいるため、上記スケジュールよりもっと仕事量が多く忙しいです。

 

当日手術を行う患者への看護師仕事内容の流れ

当日手術を行う患者への看護師仕事内容の流れ

【準備】

手術時間が決まったら、患者に手術時間を伝えます。手術前トイレに行ってもらい術着を着てもらいます。家族が来院しているかの確認を行います。手術に必要な物品の確認、申し送り書、手術承諾書などの書類が揃っているか確認します。

【手術室へ】

患者と歩いて手術室へ行きます。(前処置がある場合や歩行困難な患者は車いすやストレッチャーを使用します)

手術室看護師へ申し送りを行います。必要物品、書類を手術室看護師と確認します。

【術後ベッド作成】

術後に使用する点滴や酸素マスクなどを準備します。手術後はまず医師が家族に経過を説明するため家族に待機していてもらうよう説明をします。

【お迎え】

手術室まで迎えに行きます。手術室看護師から申し送りを聞きます。

【病室へ】

病室へ到着したら酸素マスクを装着し、尿道カテーテルやドレーンを固定します。バイタルサイン測定をし、創部の状態を確認します。麻酔の覚醒状況やその他全身状態を観察します。

 【定期的に観察】

術後30分後、1時間後など定期的に全身状態を観察しバイタルサイン測定を行います。

手術患者に対してクリティカルパス(標準的な経過をまとめた入院診療計画書)を使用している病院が多いため、看護師は患者全体を把握しやすいです。

また、クリティカルパスは手術ごとに分かれており、医師が事前に電子カルテに入力しておけば看護師は患者の入院から退院までの流れや使用する薬剤などについて詳しく知ることができます。

 

外科看護師になって怖かった仕事の体験談

外科看護師になって怖かった仕事の体験談

私が外科看護師になって怖かった仕事での体験談を2つご紹介していきます。

ドレーンを切断する新人看護師

後輩の新人看護師が夜勤の時に手術後の患者のトイレ介助をしていました。

はくタイプのオムツを使用しており、オムツを外そうとして、手で切れるのにハサミでオムツの両脇を切りました。その際、固定していたドレーンも一緒に切断してしまいました。

医師に確認しドレーンを抜去し経過観察となりましたが、とても怖い思いをしていました。

ドレーンを切断する新人看護師

私の病棟は消化器外科や呼吸器外科の患者さんが多いのですが、その日はたまたまICU、CCUが埋まっていたため、本来ICUで経過を見るはずの心臓の手術をした患者さんを病棟が受け入れる事になりました。

普段見慣れない薬剤をたくさん使用し、心臓にドレーンが入っており厳重に観察する必要がありました。

何かあったらどうしようと心配で付きっきりで看護していました。

初めて外科へ転職を考える看護師の方は仕事内容として参考にしてみてください。

4.外科で働く看護師に必要なスキル

外科で働く看護師に必要なスキル

ここでは、どこの外科に行っても必ず求められる看護師スキルを一般外科としてまとめています。

 

(1)総合的な看護スキル

外科ではいわゆる手術を行うことで治療を行いますが、そうなると患部のケアを行うだけでなく、全身状態を診ることも必要になりますので、医療や看護に関する総合的なスキルが必要とされます。

 

(2)周手術期の看護ができるスキル

基本的に、外科では毎日のように手術が行われ、外科で働く看護師には周手術期の看護ができるスキルが必要となるのです。

ただし、あえて転職前からスキルを身につけておく必要はありません

 

(3)必要な処置を手早く正確に

外科に勤務する看護師のスキルとしては、必要な処置を手早く正確に行う必要があります。

手術後の傷が順調に治っているか、合併症を起こしていないか、全身状態は良好かなど、看護師が気にかけるべきことはたくさんあり、それらを必要な順序でスムーズに行わなければなりません。

 

(4)外科に転職する前の看護師には勉強が必要?

外科に転職する前に看護師が勉強が必要

外科に転職したいと思ったら、外科の中で特にどの診療科に転職したいのか考えておき、勉強しておくことが必要です。

病院によっては消化器外科や呼吸器外科など様々な外科をまとめて一つの外科病棟という形をとっているところもありますし、消化器外科のみ呼吸器外科のみと分けているところもあります。

そのため、希望の転職先について調べておき、多く行われている手術や疾患などについての勉強をしておきましょう。

 

補足説明!

ポイント

また、手術で使用することが多い薬剤について、術後の観察項目などについてある程度把握しておくと働きやすいです。

 

5.外科に転職する看護師のメリット

外科看護師転職のメリット
外科の場合、患者の入れ替わりが激しく、様々な症例を経験することになるため、看護師として確実にスキルアップすることが望めます。また、患者の回復を間近で実感できるのも嬉しいメリットなのではないでしょうか。

 

(1)看護師としてのスキルアップが望める

外科に転職する看護師のメリットのひとつは、スキルアップしやすいということでしょう。

外科の看護師には、手術前後の患者の全身状態をチェックしたり、合併症を発症していないか気を配ったり、傷口の処置をしたりと、看護師のスキルとして必要なことがひととおり含まれています。

そのため、看護師として働くのであれば、一度は外科病棟で勤務したいという人が多いのです。

 

ポイント!

ポイント

外科にもいろいろな種類があるので、より専門性の高いスキルを身に着けたい場合には、脳外科や心臓外科、消化器外科など専門分野に分かれた外科を選ぶとよいでしょう。こうした専門外科に転職する場合も、一般外科での経験は役に立ちますから、今後のステップアップを考えてとりあえず外科を選ぶという人も少なくありません。

 

(2)優先順位をしっかり立て仕事するスキルが身に付く

外科病棟に転職したら最初は、看護師の行う仕事の多さに驚き、時間内に業務が終わる事の大変さを実感します。

しかし、経験を重ねていくうちに優先順位の立て方が上手くできるようになり、一つのケアにかかる時間を予想し、自然と優先順位を立てるようになります

 

(3)手術について詳しく学ぶことができる

外科で働く看護師は、手術の患者数が多いため、様々な種類の手術について学ぶことができ手術前後の患者の精神的ケアを学ぶことができるのは外科看護師だけです。

また、

  • 患者の術後の観察項目
  • 手術後どのような合併症が起きやすいか
  • 鎮痛剤などの薬剤についての知識

など詳しく学ぶことができるメリットがあります。

 

(4)報告・申し送りが上手くできるようになる

外科の看護師として申し送りを何度も行うことにより相手に分かりやすく報告するにはどのようにすればいいか考え、上手く報告ができるようになることもメリットといえます。

 

補足説明!

ポイント

外科看護師は手術予定の患者を手術室看護師へ申し送り、逆に手術後は手術室看護師から申し送りを聞きくため他の診療科に比べて申し送りが多いと言えるでしょう。

 

6.外科に転職する看護師のデメリット

外科に転職する看護師のデメリット

外科はとにかく毎日変化に富んでいるのが特徴です。そのため、働いている看護師は何かと振り回されることが多く、とにかく機敏かつ臨機応変に対応していくことが求められます

 

(1)覚えることが多く勉強も必要

外科で働く看護師は、いろいろな手術を行っている病院・病棟の場合、全ての手術について理解しておく必要があります。

特に働き始めの頃は覚えることが多く、分からないことだらけなので辛いと感じることがデメリットです。

 

補足説明!

ポイント

外科の看護師は手術部位やどのような手術をしたのか、ドレーンはどこに入っているのか、などについて看護師自身がきちんと理解していなければケアはできません。

 

(2)同じ作業が続きマンネリ化することも

外科病棟は手術患者が多いため、同じ手術が重なった時は看護師として同一作業が続くことがあり外科看護師はマンネリ化しやすいと言えます。

1日に何件も手術がある時は看護師1人で2~3人手術患者を受け持つということもあり、「手術前患者の準備→出棟→お迎え→術後の状態観察」などを繰り返すことになります。

 

スケジュール通りに事が運ぶことはまずない!

仕事内容でお伝えした通り、容態が急変しやすい患者が多い上に、医師からイレギュラーな検査や処置が入ることもあり外科で働く看護師はスケジュール通りに仕事が進むことはありません。

 

(3)患者全員が無事に退院できるわけではない

外科の場合は手術をしても患者全員が無事に退院できるとは限りません

外科の看護師として、手術前の元気な姿を知っているため術後の苦しんでいる状態を見るのは辛く他の診療科に比べてデメリットといえます。

 

入院患者の入れ替わりも激しい

入院患者の入れ替わりが激しく、処置に追われて忙しいので、ひとりひとりとじっくりコミュニケーションを取るのが難しいです。

 

7.外科看護師への転職求人を探す注意点

外科看護師への転職求人を探す注意点

外科への看護師転職する際に求人を探す場合は、看護師転職サイトを利用して、担当エージェントに希望条件を伝え探してもらうことが最も効率が良いですが、注意すべき点もあります。

病院の外科関連の看護師求人が多く、フォローアップ体制や詳細データをしっかりと保有している転職会社は、

となります。

また、以下の条件を追加し確認しながら看護師求人を探していきましょう。

 

(1)病院の得意分野と手術件数を確認すること

興味があったり、学びたいと思ったりした手術などがあれば、その手術件数が多い病院を選ぶようにしましょう。

なぜならば、「何の手術が得意」など病院ごとに強みや特徴があり、得意分野の手術件数が多いところで働くことでたくさん経験を積むことができ、外科の看護師としてより専門性を高めることができます

 

補足説明!

ポイント

最新の医療機器を使用しているのかなどでも病院の強みが分かかるため、病院のホームページでどの分野に力を入れているのか調べておくと良いでしょう。

 

(2)看護師のフォローアップ体制をチェックする

外科へ看護師として転職する場合は、新人看護師だけではなく、中途採用者に対するフォローアップ体制にどのくらい力を入れている病院かもチェックしておきましょう。

そのため、勉強会や研修の頻度、中途採用者に対するプリセプター制度などについて調べておきましょう。

 

勉強会参加と先輩看護師に聞くことが一人前になる近道

自分で勉強することも大切ですが、転職先で早く一人前の仕事をするためには病院が主催する勉強会に参加したり先輩看護師に質問したりすることが一番です。

 

まとめ

外科は入院患者の入れ替えが激しい上に毎日のように手術が行われているため、とにかく慌ただしいです。

また、手術後は鋭い観察力や的確な判断が必要になり、最初は辛いと思う可能性が高いですが、その分看護師にとってやりがいを感じることができる診療科であると言えます。

外科看護師について少しでも興味がある方はここで紹介したことを参考に、転職について考えてみてください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

自転車旅行が大好きで、しまなみ海道を縦断してきた30代の看護師です。

都内の総合病院で約6年、その後クリニックで約2年勤務しました。現在は1児の母として子育て奮闘中ですが機会があればまた働きたいなと思っています。

病院で働いている時は人間関係に悩みましたが、なんとか6年間頑張ることができました。

自分が今までに経験したことをどんどん発信して、少しでも皆様のお役に立てればと思います。


カテゴリー:看護師に人気の科

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ゆうゆう
(公開日:)(編集日::2017年12月04日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

2 コメント・感想

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。