著作者

ノリさん

男性看護師

ノリさん

( 看護師 INE)

カテーテル室で働く看護師の仕事内容と必要なスキル

ノリさん
男性看護師 ノリさん
カテーテル室で働く看護師の仕事内容と必要なスキル

私は転職した病院で約8年間、カテーテル室で働いてきた看護師です。(その間にオペ室や救急外来も経験しました。)

私が経験した仕事内容や感じたことを含めて、カテーテル室の働く看護師のメリット・デメリット、働くために必要なスキルなどをご紹介していきます。

是非、転職や部署異動の参考にしてください。

1.カテーテル室で働く看護師の仕事内容

カテーテル室で働く看護師の仕事内容

カテーテル室で働く看護師の仕事内容として、他の病棟などと違う、特殊な仕事内容を2つご紹介します。

 

(1)コーディネイター業務

術前に行われるコーディネイター業務、例えば、入院調整・治療日決定などのスケジュール調整などを看護師が行います。

カテーテル室の看護師は患者に常に係わり続けるため、外来から退院まで一貫して対応し、信頼関係を構築できる看護業務といえます。

 

(2)セカンド業務

セカンドとは手術室で例えると器械出し(直接介助)といった役割で、カテーテル室では医師の隣に立ち、検査や治療を医師がスムーズに行えるように、撮影部位が画面に映るようにフレーミングを看護師が行います。

また、状況を先回りし、機材の組み立て・必要物品を出し円滑な検査や治療を行えるように介入していきます。

心電図変化があれば治療に集中している医師に隣から変化を伝え、チーム全体に情報共有を行います。体動や状態の変化を感じれば、患者へ一番近い位置から声掛けができ、医師に近い仕事領域と看護師の患者に近い寄り添った安楽を追及する看護を働きかけます。

 

補足説明!

ポイント

セカンド業務は、大学病院などは医師が入りますが、最近の学会発表を見に行くと、医師不足の病院はセカンドを看護師が行う施設も増えてきました。

 

2.カテーテル室で働く看護師に求められるスキル

カテーテル室で働く看護師に求められるスキル

以下で挙げる「コミュニケーション能力」「感染を予防するスキル」は、転職や部署異動を行った場合、すぐにできなければ自分自身が困ります。

しかし、どこの施設・どこの部署でも必要とされるものなので難しく考える必要はありません。

 

コミュニケーション能力

カテーテル室で働く看護師は他職種と協働しますので、コミュニケーションも重要です。

お互いの仕事・役割を理解し合うことがリスクマネージメントになります。安全な医療を提供するため、同じ目標に向かって協働する必要があります。

 

感染を予防するスキル

カテーテル室では検査・治療中や治療後には血液が付着した機材を扱います。

そのため感染予防が必要になります。予防にはスタンダードプリコーションに準じた対策が必要になります。

 

その他必要スキル:働きながら学ぶこと

他には解剖生理はもちろん、観察力と状況を察知し対応できる知識(心電図の読解力・ショックの発生機序など)と実行に移せる行動力が重要です。緊急での対応力が必要となるため、「助けたい」という思いが続けていくモチベーションにも影響します。

誰しも初めてがあり、いきなりできる看護師はいません。知識・経験は各施設で指導者から教わり、何事も楽しみながら続けることが大事になります。

 

3.カテーテル室で働く看護師に向いている人

カテーテル室で働く看護師に向いている人

以下で説明する看護師がカテーテル室に必ずしも向いているわけではありません。

「やってみたいなぁ」など、やる気があれば、もうそれはカテーテル室の看護師に向いているといえます。

またチームで検査・治療を行うため、皆で情報を共有し、苦手な部分を補いながら治療を行い、治療後は皆で達成感を得ることができます。チームワークを重視する人やチームの中で共感しながらできる人、など向いていると言えます。

 

スムーズな介入が出来る看護師

局麻下で行う治療中の医師は、患者さまの意識もあり必要最小限の言葉で指示を出すことも少なくありません。

そのため指示を聞き返さず理解できることが重要です。

状況を瞬時に理解する、もしくは先回りをし、「痒いところに手が届く」ではないですが、スムーズに治療が進行していけるように介入でき、他のコメディカルと協調できる看護師が向いているといえます。

 

強い精神力と集中力が高い看護師

カテーテル室では患者の命にかかわる治療をするため、医師や他のコメディカルからも厳しい言葉を受けることもあり、強い精神力も必要になります。

また緊張感の中、高い集中力を維持し実行に移せる行動力がある人も向いています。

緊急で運ばれてくる患者対応が必要な場合もあり、救急での経験があれば有利に働きます。

 

4.カテーテル室で働く看護師のメリット

カテーテル室で働く看護師のメリット

 

(1)治療が報われる瞬間に携われること

カテーテル室で働く看護師は、外来から入院、検査、治療、退院まで一貫し、携わることができる数少ない看護業務を行える職場です。

さらに内科系の治療であるのに、治療中の画像で、患者の疾患の原因が改善したかが一目でわかり、治療が報われる瞬間に携わることができます。

 

(2)患者の全身状態を把握するスキルが身に付くこと

血管の走行から支配領域などの解剖まで理解することができます。そのため全身状態を把握したうえでの看護展開が容易になります。

全身状態を把握できることで看護師としてのスキルアップは間違いありません。スキルアップ後、転職の時など重宝される職場が多くなっています。

 

(3)定時で帰宅でき夜勤もない

カテーテル室で働く看護師は、基本的に土日祝日の休みであることが現状です。

また勤務が定時で終わることが多く、夜勤もないため、旦那さんとのすれ違いになりにくい・学生の子どもがいる方なども予定が立てやすいなど、家庭を重視しやすいのもメリットとして挙げられます。

 

補足説明!

ポイント

一部の病院では夜勤がありますが、多くの病院では自宅待機(オンコール)発生します。給与面では、日勤での検査・治療になり、カテーテル室看護師には夜勤がないぶん病棟看護師と比べ給料が低くなってしまいます。

 

5.カテーテル室で働く看護師のデメリット

カテーテル室で働く看護師のデメリット

カテーテル室ではデバイスの進歩が著しいため、常に新しい知識を得るため、学び続けなければならない発展途上の科目といえます。

これはどの診療科でも同じだとは思いますが、カテーテル室特有の働く看護師のデメリットを挙げていきます。

 

(1)放射線被曝の可能性

カテーテル室で働く看護師のデメリットとして放射線被曝が一番に挙げられます。

放射線被曝という目に見えない副作用があることで「永久不妊や白内障といった身体的影響が起こるのでは・・」と懸念され、若い年齢層の看護師の配属希望が少ない科とも言えます。

放射線被曝の三原則「遮蔽」「距離」「時間」といった、「放射線の知識を学ぶことで防ぐことができるもの」という認識を作っていくことがカテーテル室での教育の初めにあります。

 

(2)患者の生命につながる仕事

カテーテル室で働く看護師はミスが患者の生命につながりかねないこともあります。

緊急性のある緊迫した場面では集中力を持続させなければなりません。

 

(3)長時間立ちっぱなしになる

カテーテル室で働く看護師は、基本的に検査・治療が終了し患者が退室するまで立ちっぱなしになります。

検査は15分~30分と時間がかかりませんが、治療によっては長時間立ちっぱなしになる為、体力的、精神的にも強くある必要があります。

ちなみに私は5時間治療が続きずっと立ちっぱなしだった時もあります。

 

6.まとめ

カテーテル室で初めて看護師の場合は、命に直接係わる臓器への治療・検査になるので、必ず指導者が付き、個人の能力に合わせたペースで教えていきます。

そのなかで循環器を学び、循環器から全身状態を把握できるようになっていくということは、今後の看護師人生にとってかけがえのないものになると考えます。

命に直接係わる臓器を扱う責任が重い分、できたとき・できるようになったときの充実感もひとしおです。

カテーテル室はチームで患者様に携わっているため、治療の苦労はチーム(医師・看護師・放射線・臨床工学技士)で分かち合い、喜びは少なくとも4倍(チームの人数)になります。チームのなかで楽しめることが何より重要です。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


男性なのになぜ看護師になったのとよく聞かれます。
決まって「看護婦さんに会いたくて、看護師になりました。」と答えます。 本心はどうあれ…夢と現実は違うもの…と言えます。良いも悪いも看護師として、人生の半分を過ごしたため、女性に対し強い偏見を持ってしまったかもしれません。
看護師として私は才能に恵まれていると思ったことはありません。皆そうかもしれませんが、いきなり何でもできるタイプでないので、「いうなれば努力の人」と自分では言っています。誰も認めてくれないので信憑性には欠けますが…(笑)
そんな努力で培ったノウハウと女性への偏見を乗せてお送りしていきたいと思います。こんな考えを持った人がいるのか程度に読んでいただけると幸いです。

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師仕事内容の転職

(公開日:)(編集日::2018年04月25日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。