著作者

RAY

現役看護師

RAY

( 看護師 )

看護師が1ヶ月で転職するために知っておきたい3つの準備とは

RAY
現役看護師RAY
看護師 転職 1ヶ月

転職は人生においても重要なこととなりますし、一度転職したらやはり長く続けたいという思いもあり、長い時間かけてゆっくりと転職先を選ぶ人が多いかと思います。

しかしその一方で、経済的な事情や家庭的な事情から転職を一刻も早く決めてしまいたいという人も少なからずいるかと思います。

諸々の事情によって転職を早く進めたいという思いはあるものの、やはり転職した後の職場では長く働いていたいという思いは長い期間をかけて転職する人も、短い期間で転職を決めてしまいたい人も同じなのではないでしょうか。

今回は、そんな転職を一刻も早く決めたいけど、その職場では長く働いていたいという人向けに、1か月で転職を決め、なおかつ良い職場を見つけるためにはどう行動すればいいかということをご紹介していきたいと思います。

だいたい、転職活動を始めても決まって、手続きを済ませて再就職できるには最短でも1か月はかかります。

ここでは、自分がまさに経験した、今いる職場を辞めてから1か月以内に転職をするという設定でご紹介していこうと思います。

 

1. 看護師が1ヶ月で転職するために必要な準備とは

一ヶ月で転職先を決めたい人はいつからどんな準備をする?

1か月で転職を決めたい場合は、いつ頃から、どのような準備をしていけばよいのでしょうか。その内容と方法についてご紹介していきます。

 

準備に必要な期間は2週間!その内訳とは

準備に必要な期間は、最短でも2週間。2週間あれば、転職先を決めて、面接の準備をして、面接に臨めるまでの体制を整えることができます。まずは、最初の1週間は転職先を探すことに費やしましょう。

もちろん、1週間で転職先を見つけるのは、個人の力ではかなり難儀であるため、1か月という早いスパンで転職を決めてしまいたいならば転職エージェントに頼ることがベストでしょう。

 

自分で探したい場合はネットを使用しよう

どうしても自分で探したいということであれば、休み時間や、通勤時間、仕事後などの時間も有効活用してネットサーフィンをして徹底的に職場探しに時間を費やすことをお勧めします。1週間、毎日空き時間にネットサーフィンをして職場を探しているとだいたい1日1か所、計7か所くらいは候補が出てきます。

あとはそこから絞って問い合わせをしていくといいでしょう。

 

転職エージェントの場合は候補を挙げてもらえる

転職エージェントに頼った場合は、だいたい1日で7~8件くらいの候補の転職先を上げてもらえるため、その時にもらった資料などから、転職先の候補を絞っていくといいでしょう。

 

残りの1週間は書類集め

残りの1週間では、必要な書類を集めましょう。だいたいのところが、履歴書、職務経歴書のみでよい場合が多いものの、場合によっては健康診断証明書の提出、もしくは自分のところの病院まで健康診断を受けにこさせるところもあります。そういった必要書類を集めることに残りの時間は費やしていきましょう。そうすれば、面接を受けるまでに2週間足らずで準備は整うということになります。

 

ポイント!

ポイント

だいたい面接を受けてしまえばあとは書類の手続きにもよりますが、1週間前後で入職可能となるところが多いため、これで、1か月で転職が可能となるという計算になります。

 

転職先の見つけ方は資料と口コミとフィーリング!

それでは、前述した転職先の見つけ方、1週間でどうやって見つけるのかそのポイントについてお伝えします。転職はお見合いと一緒であるというようによく例えられます。

初対面ではいいなと思っていてもお付き合いしていくうちに印象が悪くなったり、印象が悪くてもなんとなく付き合っていくと深い発見があったりというところが、よく比喩される理由になるのかと思います。

 

転職はフィーリングが大切

最もお見合いに比喩される理由は、転職もフィーリングが大切ということです。うまく言葉では言えないけども、何となく自分はここで働くことが向いている気がするといったことがフィーリングなのです。

そして、そのフィーリングはあながち間違っていないことが多いものです。

 

転職先の病院の資料をチェック

フィーリングが何をもって決められるかというとやはりその転職したい病院の資料です。病院のホームページや、転職エージェントからもらう資料をくまなく調べ上げ、自分の感覚にすっと入ってくるものがあるのかをまずはチェックしましょう。

 

病院の口コミをチェック

次にチェックしておくべきなのが、口コミです。口コミは、転職エージェントのホームページを見ると、看護師目線の口コミがたくさん書かれています。もちろん、そこもチェックしておくと、働いている人、働いていたけど辞めた人のリアルな口コミが聞けると思います。

 

鍵となるのが患者の口コミ

この看護師の口コミ以上に見ておいてほしい、鍵となる口コミが、患者からの口コミ。いまでは、インターネットが発達しているため、レストランだけでなく、病院も口コミで選択するという時代がやってきました。

そのため、実際に受診した患者が老若男女問わず、良い病院だったか、悪い病院だったかを口コミサイトなどに記載しています。どんな、看護師の情報よりもやはり第三者の目である患者の口コミがその病院を知る上でかなり信頼できるものです。

 

転職先のリアルな情報を得よう

病院の資料など、オフィシャルな資料をあらかた調べたら、こういった口コミを検索してみると、よりリアルな情報が入手できるため、効率よく時間が使えます。

特に、中長期の転職活動組と違っていい病院の情報を長く待っていることができず、今現段階で病院を決めなくてはならなくなるため、このフィーリングや口コミは特に大切なポイントとなってきます。

 

履歴書の志望動機はあらかじめ書いておくとベスト

履歴書を書くときの大きなポイントは、あらかじめ志望動機は事細かに書いておくということです。詳しくは後述しますが、だいたい1か月以内で転職を決めようとしている人が聞かれることは、前職を辞めた理由と、入職したい理由。

これが聞ければ後はそんなにこと細かく聞かれることもありません。

 

志望動機は目いっぱい書こう

履歴書にはどんなものでも必ず、志望動機という欄はあります。しかし、退職理由という欄はありませんよね。

せっかく志望動機という入職したい理由を書ける欄があるのですからそこに志望動機はめいっぱい書いておきましょう。そうすれば、志望動機はさほど聞かれることなく、前職の退職理由という質問に流れていくのですから、前職の退職理由として何を言うかを一生懸命考えておけばいいのです。

 

ポイント!

ポイント

面接が苦手、しゃべることが嫌いという人は履歴書を有効活用していきましょう。

 2.1か月以内に転職したい看護師に面接官がする質問とは

一ヶ月で転職を決めたい人が面接で聞かれること

転職で聞かれる面接は誰でも同じと思っているかと思いますし、転職エージェントなどで話をしていても、時間をかけて転職する人と聞かれる内容は変わらないだろうと思われがちです。

しかし、1か月で転職をする看護師は、時間をかけて転職看護師と違う、共通の質問事項があり、そこを潜り抜けることが転職面接を成功させる大きなポイントとなるように思います。1か月で転職をする看護師が聞かれることとは何なのでしょうか。聞かれたときの対策も含めてご紹介します。

 

入職の理由よりも、前職を辞める理由の方がしっかりと聞かれる

前述したように、1か月で転職を考える看護師は、とにかく前職を辞める理由を聞かれます。なぜ、前職を辞めるのか、前職を辞めて休みを取らずに転職するその理由はなんなのかということを事細かに聞かれます。

確かに、転職をする看護師の多くは中長期の休みを取ってリフレッシュしてから転職する人が多いため、休みを取らずに転職すると逆に違和感を覚えられることが多いようです。

 

転職先で働きたい意思を強調しよう

事情を正直に言ってしまって良いのですが、経済的事情であった場合だと聞こえが悪いですし、自分の事情を後悔したくないという人も多いかと思います。そこで、この質問を投げかけられたときは、転職先で一刻も早く働きたいという旨を強調するのがお勧めです。

そうすることで、より転職先で頑張りたいという思いが強調されますし、何より、先方への聞こえもいいですよね。

 

ポイント!

ポイント

この質問をされて困ってしまったらこの返答をしてみると、うまく面接を切り抜けることができるため、おすすめです。

 

前の職場との関係性も結構詳しく聞かれます

上記内容と絡んで良く聞かれるのが、前の職場との関係性。前の職場で円満に退職していればよいのですが、辞めて早々に転職する人の中には、前の職場との関係が悪く、早々に転職を希望して活動するという場合もあります。

転職先としては、前者のように円満退社していれば反応も良く、受け入れも良好なのですが、後者のように円満に退社できていない場合は受け入れたがらない傾向にあります。

 

ポイント!

ポイント

円満退社できていればその旨を伝えればよいですが、もし、円満に退社できていなければ。「前の職場も転職の意向を受け入れてくれました」というような、文言に留め、関係が悪化した、いつ辞めてもいいように言われているなどというような発言は控えておくことがお勧めです。

 

3. 看護師が1ヶ月で転職するために注意しておきたい事とは

一ヶ月で転職することで注意しておきたい事とは

次に、1か月で転職するための転職活動を行う上で注意しておくべき点をご紹介します。1か月で転職するということは、スケジュールはかつかつになること間違いなしです。

1か月で転職する上での注意点をまとめました。

 

休みがないので、切り替えが結構難しい

前の職場と今の職場との間の時間があまりないため、気持ちの切り替えが難しいという人が結構多いようです。同じような診療科であってもその病院のやり方なども違いますし、診療科が違えば尚更、いろいろなことが変わってきます。

転職までに時間がある人では、転職先の診療科について勉強する時間があったりと下準備する時間がありますが、時間がない人にはそんな下準備の時間もありません。

そのため、頭をうまく切り替えることができずに苦労する人もいるようです。

 

転職が決まるまでは休日はないと思って

1か月で転職するとなると、早い人では、就業中から転職活動をしなければならなくなります。休みの日は病院の説明会や転職エージェントとの面接、病院の面接や必要資料の準備などなにかとやることがあるため、転職が決まるまでは休日は転職活動となります。そのため、転職活動が終わるまでは、休日はないものと思って過ごした方が良いでしょう。

 

自分の体調管理をしっかりしよう

十分に休まらずにバタバタと動き回ることで、転職後にその疲れがどっと出て、体調を崩してしまうことも。

自分の体調管理をしっかりとしながら転職活動は進めてほしいです。

 

まとめ

いかがでしょうか。

転職活動には時間がかかると思われがちですが、案外、時間を掛けずとも転職活動は進めていくことができます。

早急に転職活動をしなければならない事情がある人は参考に、転職活動を進めて行ければと思います。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。


カテゴリー:看護師転職のノウハウ


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:RAY
(公開日:)(編集日::2017年03月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。