著作者

RAY

現役看護師

RAY

( 看護師 )

派遣に向いている看護師・向いていない看護師の特徴とお勧めの施設

RAY
現役看護師RAY
派遣看護師 特徴 施設

他の職業よりも否定的な目で見られず、アルバイトの感覚でお仕事できるのが看護師の派遣の特徴であると思います。いろいろな医療施設で働くことができますが、どの施設で働くことがお得なのか知っていますか。

今回、派遣看護師はどこで働くことがお勧めなのかをお伝えしていきます。

 

1.派遣看護師に向いている人の特徴

派遣 向いている人 特徴

派遣看護師として働くのはどのような人がお勧めなのでしょうか。私が考える、派遣看護師に向いている人の特徴は以下の人です。

  • 家庭の事情で正社員になることが難しい人
  • 子どもの都合でアルバイトとして最低限出勤しなければならない日数を出勤することが難しい人
  • 転勤族で働いてもすぐに辞めなければならない可能性がある人
  • 看護師を副業としてアルバイト感覚でやりたいという人
  • 体調不良によってアルバイトのように定期的に通うことは難しく、体調の良い時だけ働きたいという人

これに当てはまる人は、何の縛りもない派遣として働くことをお勧めします。

 

家庭の事情で派遣看護師をしている人は多い

派遣という雇用形態は比較的縛られづらいことから、家庭の事情で派遣という雇用形態で看護師をしている人が多くいます。

また、派遣にはアルバイトやパートに対してよりも残業を課してはならないという決まりが厳しいため、ほとんどの派遣先が残業にならないように計算して業務を与えてくれます。ですので、絶対に定時で帰りたいというママさん看護師にもおすすめです。

 

2.派遣看護師に向いていない人の特徴

派遣 向いていない 特徴

絶対おすすめできないのが看護師一筋という看護に心意気がある人です。派遣となると看護師としての業務はもちろん、看護師免許を持っているから可能なのですが病院によってやらせてくれる範囲が変わってきます。

そのため、看護師一筋として今までやってきた方はいらいらしてしまう場面が絶対に出てくるため、お勧めできません。

 

病院により任される範囲は違う

派遣であるにもかかわらず重要なことを任せてくれるところもあれば、派遣だからと言って経験が豊富な看護師でも下端扱いするようなところもあります。また、派遣には短期と長期がありその契約内容によってもできる業務が変わってきます。

絶対にこの看護がしたい、という強い気持ちをもった人が派遣看護師になる場合は、きちんと業務内容を確認してから応募するようにしましょう。

 

3.長期の派遣でお勧めするのは病院の派遣

病院 派遣

看護師としてやりたいことが模索中の人にお勧めなのが、病院での派遣です。病院の派遣として働くメリットは以下の通りです。

  • 1年契約で働かせてくれるところが多い
  • 給与も正規職員とほとんど変わらずボーナスをもらえる場合がある
  • 部屋持ちを付けてもらえる上に軽症部屋を持たせてもらえる場合が多い

このような理由から、派遣社員として働いている時は看護師として楽しいと思える人も多いようです。

 

病院の派遣は長期がお勧め

しっかり看護をしたい看護師にとってメリットが多い病院の派遣ですが、半年以内の中期・単発だとやらせてもらえることも限られ、逆に雑用ばかりをやらされてつまらない思いをすることもあります。

ですので、病院で派遣を考えている場合は長期で働くことをお勧めします。

 

様々な診療科があるので向いている科目を模索できる

自分が今何をやりたいかわからない、どの診療科が向いているか模索中という看護師には病院の派遣をお試しで使うのが良いかと思います。

病院は他の派遣場所と違って本人との同意があれば正規職員として再雇用してもらえる場合があります。その制度を利用して、働いてみたかった病院や就職を検討している病院に体験を兼ねて派遣として就業する人もいるようです。

 

病院は夜勤ができる

病院の派遣には夜勤のみという選択肢もあります。昼間は家のことをしなければならないけど夜ならば働ける、少ない日数で働いて多めにお給料が欲しいという場合はこの夜勤のみの派遣を選択しても良いと思います。

特に、あと数か月で留学の予定があるが、留学するまでにお金を貯めたい人に人気があるのがこの夜勤の派遣だそうです。

 

4.単発・中期でお勧めするのがクリニックの派遣

クリニック 派遣

クリニックは基本的に派遣社員や長期の派遣をとるという所は少なく、中期や短期など忙しい時だけ声をかけるところが多くなります。

そのため、クリニックで働くとなるとやはり単発でやるか中期でやるかしか選択肢はなくなりますが、自分のライフスタイルに合った働きかたが実現しやすいのでお勧めです。

 

採血が得意な看護師にお勧め

看護師としての仕事に疲れたが、採血などの医療行為は好きだったという人にもおすすめです。

病院で派遣をするよりも採血などの看護技術を多くやらせてもらえるのがクリニックとなるため、看護をするよりも看護技術を磨きたい人にもぴったりです。

 

検診の経験は将来転職に有利になる

クリニックの特に健診を専門としているところで働いておくと、今後健診センターなどで健診の業務につきたい場合に優遇される可能性があります。

健診の系統は派遣であれ経験者を優遇してくれる傾向にあるため、一度経験しておくと後々便利だったりします。どこか1か所で経験だけでもしておくと、以後は採用がすんなりと決まるようになるためおすすめです。

 

5.ベテランにお勧めなのが老人福祉施設

老人福祉施設 お勧め 

老人福祉施設は若い看護師が派遣で向かうのはお勧めできず、ベテラン看護師が行うことがお勧めです。

老人福祉施設は看護師の人数がもともと少ないため、急変時や何かあった時は自分1人ですべてを対応しなければならないということもあります。そのため、経験がまだまだな若い看護師よりも経験豊富なベテラン看護師が優遇される傾向にあります。

 

老人福祉施設は単発よりも中長期で働くことがお勧め

老人福祉施設は病院よりも利用者の個人情報の管理が緩い傾向にあります。病院であればネームバンドを付けて誰が誰なのかを徹底的にわかるようにしている一方で、老人保健施設はネームバンド等々もなくみんなほとんど顔を覚えてやり取りをしているという状況になります。

老人福祉施設で看護行為を行う機会は多くあるため、利用者の誤認ミスが1番多いのが実は派遣スタッフであったりするのです。嫌な思いをしないように単発で終わりにするのではなく顔と名前が一致するくらいまで働いておくとよいでしょう。

 

老人福祉施設ではゆったりとした看護ができる

老人保健施設は、体力的に余裕があるけども定年退職して新しい職場を探しているというベテランスタッフや、看護師の仕事はまだしたいけど新しい医療の知識を覚えてバリバリと働き続けることに不安があるという看護師を続けていきたい思いのある看護師にお勧めの職場となります。

急変もあまりないので、心に余裕をもって患者と接することができるのも特徴です。

 

まとめ

看護師の臨床離れが進み、看護学校が多く設立しているにもかかわらず現場で働く人間の数はまだまだ足りない状況であるのが看護業界です。どの場所で、どんな働き方であれ、看護師として免許を生かして働くということはとても素敵な選択肢であると思います。

自分の生活スタイルを維持しつつ、無理なく看護師を続けられる派遣看護師。現在休職中の人でも、まずは看護師の練習と思って自分に合ったところでやってみてもいいかもしれません。

派遣看護師の情報は「カテゴリー:派遣看護師へ転職」のブログを参考にしてください。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。


カテゴリー:派遣看護師


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:RAY
(公開日:)(編集日::2017年03月30日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。