主任看護師の仕事内容と平均年収 | キャリアアップの第一歩!

著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

主任看護師の仕事内容と平均年収 | キャリアアップの第一歩!

kameko
看護師スタッフkameko

キャリアアップを目指す看護師たちが、まず目指す役職ポストが「主任看護師」です。

しかし、主任看護師といっても、具体的にどんな仕事をこなしているのでしょうか。

ここでは、主任看護師の役割や仕事内容、平均年収などについて触れていきますので、役職へのキャリアアップを目指している看護師はぜひ参考にしてみてください。

1.主任看護師の役割とは?

主任看護師の役割とは?主任看護師は、一般看護師の直属の上司にあたる役職です。病院の規模にもよりますが、早くて3〜5年程度から、大勢の看護師が働く病院だと、勤続10年位の看護師が配置されることが多いです。

看護師の中には、キャリアアップを目指している人も多いでしょう。主任看護師は、そのキャリアアップのスタートでもあり、一般看護師の方がまず目指す役職です。

看護師のキャリアとして主なものを挙げると、

  • 看護部長(総看護師長)
  • 看護師長
  • 主任看護師
  • 一般看護師

となります。看護部長は、一般企業に例えると部長にあたるポストで、看護師長は課長にあたるポストです。主任看護師の場合、係長といったところでしょうか。一般看護師は、平社員にあたります。

どの役職にもそれぞれ役割がありますが、主任看護師は最も一般看護師の近くにいる管理職と言っても良いでしょう。役職は付きますが、多くの場合、一般看護師と同様に現場の看護業務もこなしていきます。そして一緒に働きながら、看護師たちの教育や、指導をするなどの役割を果たしていくのが主任看護師です。

 

2.主任看護師の主な仕事内容

主任看護師の主な仕事内容一般看護師と共に働くことの多い主任看護師は、どのような仕事内容をこなしていくのでしょうか。

ここでは、主任看護師の主な仕事を紹介していきます。

  • 師長・副師長のサポート役
  • 一般看護師たちのサポート役
  • 師長代行業務
  • 看護師業務管理全般
  • シフトなどのスケジュール調整、管理

 

看護方針を周知させ、指導をする

主任看護師は、キャリアのスタートの役職でもあります。病院の方針にしたがって出された看護方針を現場の看護師に周知し、看護方針に則った指導などをしていくのも主任看護師の役目です。

 

一般看護師のサポート

看護師長が忙しく働く中で、業務を一部任されるといったこともあります。一般看護師たちだけでは間に合わない仕事をサポートしたり、悩みを聞いたりする相談役を引き受けることもあります。

 

看護業務全体のチェック

看護業務全体のチェックなども主任看護師の仕事です。看護業務の中に、医療事故や医療ミスになりそうな項目がないかをチェックしたり、「ここは改善したほうが良いだろう」という点を挙げて、看護サービスの充実を図ったりします。

各病室の設備が壊れていないか、患者さんに悪影響はないかなどの、環境整備についても主任看護師が携わっていかなければいけません

 

シフト作成をはじめとしたスケジュール管理

シフトなどに関しても、主任看護師のいる病院の場合は、看護師長ではなく、主任看護師がシフト管理をする場合があります。一般看護師の希望を取り、迅速にシフトを組み、調整をするのは、骨の折れる作業でもあります。

 

ポイント!

ポイント

主任看護師は、キャリア形成の第一歩ですが、上司と、現場の一般看護師とのコミュニケーションが必要不可欠です。一般的な看護業務に加えて、主任看護師としての仕事が増えるので、やりがいはあるかもしれませんが、業務の増大に悩まされる主任看護師もいるかもしれません。

 

3.主任看護師の平均給与・年収

主任看護師の平均給与・年収

一般看護師の年収が5,325,324円に対して、主任看護師の平均年収は6,483,444円です。また、主任看護師の平均年齢は45.5歳です。(日本看護協会:病院勤務の看護職の賃金に関する調査より)

年収で見ると、約100万円近くの差がありますが、月々の給与で見ると以下の通りです。

 

主任看護師の平均月収

35歳~39歳 379,778円(普通の看護師平均:357,238円)
40歳~44歳 421,706円(普通の看護師平均:381,514円)
45歳~49歳 446,781円(普通の看護師平均:381,514円)
50歳~54歳 460,663円(普通の看護師平均:382,309円)
55歳~59歳 440,176円(普通の看護師平均:データなし)

病院の規模や年齢によっても変わりますが、毎月の給料でいうと、数万円から5万円程度の給与がアップする計算になります。

看護師の月収の特徴として、基本給は看護主任で上がるものの、手当自体はさほど一般の看護師と変わりません。

 

主任看護師と一般看護師の平均月収の差額

主任看護師と一般看護師の平均月収の差額

一般看護師と主任看護師の年齢別の差額は上記の通りです。

30代後半で看護主任になった場合と一般のスタッフの差は、22,540円しか変わらないのが現状です。

 

補足説明!

ポイント

平均年収に100万円近く差が出るのは、賞与(ボーナス)に差があるためです。役職で比較的賞与をたくさんもらえる病院等であれば、月収は気にならない場合も多いです。

 

大幅な給与アップは期待できないことが分かる

主任看護師の場合、看護師長や看護部長と違い夜勤も行う中間管理職です。

一般看護師の時と比較するとその回数は減る傾向にあるようですが、そのため毎月の給料が少なくなった、または、主任看護になっても「給与額に変化がない」と感じる方が多いようです。

そのため、中間管理職を嫌がる看護師も近年増えている傾向にあることは確かです。

 

ポイント!

ポイント

ただ、主任看護師として働くことは、給与以外にもやりがいがあり、キャリアアップという夢に近づく第一歩です。大幅な給与アップは期待できませんが、やりがいは十分にあるはずです。

 

4.主任看護師になるにはどうしたら良い?

主任看護師になるにはどうしたら良い?
先にも述べた通り、主任看護師は、早くて3〜5年、また、一般的に10年ほどの勤務経験がある看護師が抜擢されるケースが多いです。ただ、病院の規模、看護師の人数などによって、選出される看護師の年齢には幅があることは覚えておきましょう。

 

看護師長や看護部長に推薦される

職場の中でも、仕事ができる、熱意があるなど、任看護師を任命する看護師長や看護部長などに努力が認められて選ばれる場合があります。いわゆる、リーダーに相応しいタイプと言っても良いかもしれません。

 

転職をきっかけに主任看護師になる場合もある

主任看護師については、長く同じ病院で働くことで得られる地位ということでもないようで、転職を機に、主任看護師として勤務する場合も少なくないようです。

主任看護師の場合は、現場の看護業務をこなしながら、役職としての職務も果たします。そのため、看護業務が滞り無くでき、現場をまとめられる人であれば、転職の際に役職が与えられる場合もあります

 

病院によってはキャリアアップが難しいところがある

看護師の場合、病院によっては、なかなかキャリアアップのチャンスが与えられない、昇格制度がもともとない病院などもあります。

自分の働く病院に、キャリアアップの可能性がないなら、転職をして、主任看護師として働くこともおすすめです。

 

看護師専門求人サイトやエージェントを活用しよう

転職をして主任看護師を目指す場合、一般の求人サイトなどを見ていてもなかなか良い求人に出会えません。少なくとも、看護師専門の求人サイトで検索するか、転職エージェントに登録するなどして、担当のコンサルタントに相談しながら主任看護師として働ける求人票を探すと良いでしょう。

 

ポイント!

ポイント

キャリアの夢を捨てきれないという方は、まずは主任看護師になることが第一歩になります。転職をして、キャリアアップに挑戦してみてはいかがでしょうか。キャリアアップについては「看護師長・看護部長への看護師転職で知りたい4つのポイント」も合わせてチェックしてみてください。

 

まとめ

主任看護師はキャリアアップへの第一歩です。通常、主任看護師になるために特別な試験などはなく、直属の上司である師長から推薦されて役職につくケースがほとんどです。

そのため、もし今後キャリアを目指していきたいと考えているのであれば、それとなく師長にその旨を伝えておきましょう。

そしてもちろん、日々の業務に邁進することも忘れないでください。それが主任看護師への一番の近道となります。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
出身/年齢 ・東京都/28歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師キャリアアップ

(公開日:)(編集日::2018年08月08日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。