著作者

マチルダ

現役看護師

マチルダ

( 看護師 )

師長と合わない看護師の悩みを解決する方法とは?

公開:、更新:2018年09月13日
師長と合わない看護師の悩みを解決する方法

スタッフを管理する立場である師長と気が合わない場合、信頼関係が築けず「業務に関する意見が言いにくい」「勤務変更や休み希望が取りにくい」等、仕事面だけでなくプライベートにも影響を与えかねません。

仕事やプライベートに支障が出ないようにするためにも、自分自身の考え方や見方を変えることでストレスに感じていたことが減少し、抱えていた問題が解決することが期待できます。

今回は、師長と合わない場合の解決法として、環境を変えるという方法ではなく合わない師長とうまく付き合っていくための方法に焦点をあてて紹介していきます。

1.感情の整理をする

感情の整理をする看護師

師長と合わないと感じる際、感情的に反応するばかりでは、精神的に消耗して自分自身の気持ちが疲弊していく一方です。

そのため、自分の感情を整理していく方法について以下にまとめていきます。

 

合わないと感じている原因を考える

師長のどういった面を合わないと感じているのか、自分なりに分析してみることをおすすめします。

どういった場面で嫌だと感じたのか、その時の状況や会話のパターンを振り返り、できるだけ同じ状況を繰り返さないよう心掛けてみると良いでしょう。

 

師長自身の性格を分析してみる

病棟の責任者である師長とはいえ1人の人間であり、人それぞれ性格は違うため、合う・合わないはあるものと考えるほうが良いです。

師長の性格を分析して、

  • 話しかけないほうが良いタイミングはあるのか、それはどんな時なのか
  • 師長の嫌がることはどんなことか
  • 師長が感情的な議論になりやすいテーマはどんなことか

等、自分なりの対処法を考えておくことで、感情に振り回されることなく対応できるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

師長の機嫌を損ねず不快にさせないことで「合わない」と感じる場面を極力作らないことが、悩みの解決方法の1つとして有効となるでしょう。

 

師長と合わないことにとらわれすぎず、割り切る

「師長と合う性格でいなければ」と考える必要はないため、合わない場合は仕方がないと割り切る気持ちも大切です。

師長と合わせようとすることで、余計に気を使って悪循環になってしまうこともあるため、気を使いすぎないよう意識しましょう。

 

2.状況を客観的に判断する視点をもつ

状況を客観的に判断する看護師

師長の意見や行動が周りに強い影響力を与えることは確かですが、「師長は絶対的な存在」と捉えていると自分とは合う・合わないという視点に焦点が当たりがちになり、苦手意識も強くなる可能性があります。

それでは、師長の意見に影響されすぎないための対処法について、以下で述べていきます。

 

 師長の意見がすべてだと思い込まない

師長が絶対だと思いこんでしまうと、その意見に対して委縮してしまいますが、自分の心の中で「師長が絶対ではない」という気持ちを持つことで、構えすぎず柔軟に対応できるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

大切なのは議論の焦点や起こっている状況を冷静に捉えて、それに対する意見交換や問題解決に向けた行動ができることであり、そこには師長と合う・合わないという感情を介入させる必要はありません。

 

自分を責めすぎない

師長の意見を鵜呑みにしすぎて自分が反対意見を持った場合、自分の考え方を否定して自分を責めてしまうことがありますが、大事なのは「誰の意見が正しいかではなく、その状況を解決するためにどう行動すればよいのかを考える」ことです。

 

補足説明!

ポイント

状況を客観的に判断して、最善の解決策を見出せるよう、時には俯瞰した視点で物事を判断できるよう心掛けると良いでしょう。

 

3.師長以外の相談相手をつくる

身近な仲間に相談する看護師

師長と合わないということに執着しすぎることなく、気持ちを共有できる身近な存在を見つけることで、精神的なストレスから解放されることが期待できます。

以下で詳しく見ていきましょう。

 

身近な仲間と気持ちを共有する

同期などの身近な仲間に相談してみると、もしかしたら同じように感じている仲間もいるかもしれません。

自分が抱えている問題を仲間と話すことは、根本的な問題解決にならなかったとしても、思いを共有することで気持ちが軽くなることも多いです。

 

他の先輩看護師に相談する

関係性が円満でないために師長に相談しにくいことがある場合、主任やリーダー看護師など、看護師長以外の管理職スタッフや先輩スタッフに相談すると良いでしょう。

 

補足説明!

ポイント

師長との関係性について悩んでいる場合は、そのことに関しても相談することで先輩看護師に間を取り持ってもらえるかもしれません。

 

4.コミュニケーションの機会を大切にする

コミュニケーションの機会を大切にする看護師

苦手意識が芽生えると、自然と相手を避けてしまいがちで避けるほど相手との距離は遠くなり、コミュニケーションの取りづらい関係性が出来上がってしまうため、関係性を悪化させないためにも最低限のコミュニケーションは大切にしたほうが良いでしょう。

 

基本的なコミュニケーションは欠かさない

師長と険悪なムードであったとしても、挨拶やお礼の言葉は必ず伝えたほうが良いでしょう。

もしかすると、時には相手からの返事が返ってこないこともあるかもしれませんが、相手に嫌な印象を与えることはないですし、逆に徐々に相手に好印象を与え、関係性が改善するきっかけになる可能性もあります。

 

まとめ

師長と合わない看護師の悩みを解決する方法について紹介してきましたが、いかがでしたか?

職場に合わない師長がいる看護師は、是非参考にしてみて下さい。

都内の総合病院で7年、その後首都圏応援ナースとして、3年間都内外3ヵ所の病院で看護師として活動。現在は都内の病院で勤務中です。
その間、単発派遣看護師としてデイサービス・訪問入浴・老人ホーム・イベントナースなど、様々な場所での勤務も経験しています。今までの経験を生かして、少しでも皆さまのお力沿いができればと思い、看護師ライターとしての活動を開始しました。皆さまの日頃の悩みの解消や、転職活動をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・保健師
年齢 ・埼玉県/33歳
職務経験 ・総合病院・地域中核病院
診療科経験 ・消化器内科・耳鼻科・脳神経外科・整形外科・緩和ケア病棟
・デイサービス・老人ホーム・訪問入浴・イベントナース


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】


関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。