循環器内科の看護師の1日の業務内容と仕事の流れについて

循環器内科 看護師

看護師という職業は忙しいと思われがちですし、忙しそうに走っている姿を見ることも少なくはありません。それでは、実際のところ、看護師の1日のどのようなものなのでしょうか。1日の流れを確認しながら一緒に見ていきましょう。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.循環器内科看護師の業務開始前の仕事

循環器内科の看護師のとある1日の業務(日勤)

多くの看護師は始業の30分~1時間前に出勤します。そして、業務開始の時間までに自分が今日受け持つ患者の情報収集をします。そこから1日が始まります。

 

効率的に働くには朝の情報収集が肝心

カルテを見て、医師からの指示や前日の記録、あるいは検査結果なども見て、患者の状態を把握します。カテーテル検査がある患者については、中止薬や点滴の指示、検査時間など、変更はないかを事前に1つ1つ確認します。処方されている薬がまだあるか、処方してもらう必要はあるかなどもチェックしていきます。

 

ポイント!

ポイント

いかに早く、効率的に朝のスタートダッシュを行うかは、朝の『情報収集』にかかっています。

 

2.看護師業務開始~1日の始まりの流れ

業務開始~怒濤の1日の始まり

8時30分、業務開始です。業務の始まりは、夜勤看護師からの申し送りで始まります。申し送りを聞くことで、患者の直近の状態を把握します。このときに医師への確認事項なども把握します。そして、その日のリーダーに伝え、確認を行ってもらいます。

 

循環内科はカテーテル治療や検査が多い

リーダーというのは、その日の日勤看護師のリーダーで、医師への確認事項や薬の処方切れの確認、クリニカルパスで入院してきた患者のパス上での検査がきちんと入力されているかの確認、翌日のカテーテル治療の伝票作成などを行います。

循環器内科の特徴として、カテーテル治療や検査が多いことが挙げられます。そのため、業務もそれに特化したものがあります。

 

3.循環器内科の看護師の午前中の業務内容

午前中の業務について

申し送りを聞いた後は、その日の担当患者に挨拶をして、バイタルサインの測定を行い、その日の体調を伺います。入浴などの保清の確認やその日にある検査や治療の確認なども行います。体調に変化があればリーダーに報告します。日勤では、1日6~7人の患者を受け持ちます。

 

時間によってはかなり忙しい

その日にカテーテル治療があったり、入院する患者を受け持ったりすると少しバタバタとします。また、その日の予約入院ではなく外来からの即日入院というものもあり、即日入院の患者を受け持つことになっても、時間によってはかなりバタバタとします。

カテーテル治療では前処置があり、入院患者に対しては患者情報などの問診や入院オリエンテーションなどを行うからです。

 

4.昼休みの業務は2交替制で行う

昼休み~2交替で看護師の人数を確保

昼休みは11時半~、12時半~で早上がりと遅上がりに分かれます。早上がりと遅上がりの看護師で、自分の休憩中に時間で行うこと(点滴、カテーテル治療の申し送りなど)があれば、依頼します。

 

配膳と配薬も交代で行う

12時に配膳を行い、必要な患者には食事介助を行います。食事が終わった頃を見計らって、配薬も行います。これで午前中の仕事は終わりになります。

 

5.午後の仕事はカンファレンスから始まる

午後の始まりは、カンファレンスから

13時半、カンファレンスを行います。

  • ウォーキングカンファレンス
  • プランカンファレンス
  • リハビリカンファレンス
  • 薬局カンファレンス

などがあり、正味1時間ほどのカンファレンスです。

 

カンファレンスの概要

  • ウォーキングカンファレンス:安静度が上がりそうな患者や不穏な患者に対し、今の環境が適切であるかどうかを評価するため、看護師が皆ベッドサイドで5~10分程度のプチカンファレンスを行います。車イスの位置や杖の位置などは適切かどうか、柵の位置など細かいところもチェックします。主に転倒防止を目的としています。
  • プランカンファレンス:今の看護計画が適切かどうか、状態が良くなった患者の看護計画を変更するときなど、皆の意見を仰いで参考にします。
  • リハビリカンファレンス:週に1~2回行われるものです。治療後の心臓リハビリテーションの進行具合や安静度をどうするかなどを、リハビリテーション科と共に話し合います。
  • 薬局カンファレンス:週に1~2回行われるものです。これは、患者の薬の管理方法などについての話し合いを薬剤科と行います。退院が近いから薬を患者管理に、状態が良くないから薬を看護師管理に、など患者の今の状態と薬の管理状況がマッチしているかを話し合います。

 

カンファレンス終了後

カンファレンスが終わったら、午後の部屋回りをします。体調に変化はないか、カテーテル治療後の患者は特に訪室を頻回にし、合併症はないか、バイタルサインの変動はないかなどを観察します。カテーテル治療後は安静時間があるため、食事や排泄などに制限がかかるために看護師が介助する必要があります。記録については、時間がある時に適宜行います。

患者の状態や治療の進み具合によっては、なかなか記録時間が確保できないこともあります。

 

6.カンファレンス終了後は少し落ち着く時間

勤務交代~少し一息つく時間

16時30分~夜勤の看護師の勤務が始まります。その日の日勤帯の患者の状態を申し送ります。

勤務交代したら、少し落ち着いて記録を書くことができます。

 

業務終了!

17時、勤務終了です。『お疲れ様でした!』と帰りたいところですが、仕事が残っていることも少なくありません。自分の仕事が終わり次第、帰宅です。

 

まとめ

今回は、とある循環器内科の看護師の1日についてお話ししました。カテーテル治療が多い日や即日入院があった日などはとても忙しく、残業になりがちです。しかし、残業を当たり前にするのでなく、勤務時間内に勤務を終わらせることを目標としながら、日々業務に励んでいます。

循環器内科の特徴として、カテーテル治療が多いことや急変などが挙げられます。心臓に携わる科なので、急変のリスクは高い科であると言えます。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。