著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

臨床検査科に転職を考える看護師のメリット・デメリット

kameko
看護師スタッフkameko
臨床検査科に看護師転職

臨床検査科とは、血液検査や心電図、超音波などさまざまな方法を使って患者さんの体の状態や疾患の有無を調べる部署です。

法律上は看護師も検査を行うことは可能ですが、実際には検査技師の資格を持つ方が検査を行い、看護師は採血を行う場合がほとんどです。

ここでは臨床検査科に転職を考える看護師に必要なスキル、メリット・デメリット、そして求人を探す場合の注意点をまとめて紹介しています。

1.臨床検査科で働く看護師に必要なスキル

臨床検査科で働く看護師に必要なスキル

ここで働くスタッフとしては、医師や看護師、臨床検査技師、事務員などがいます。

病院によって設置している機器類も異なるため、できる検査も違ってくるのですが、臨床検査技師の仕事は法律上、看護師が行うことが可能です。

とはいえ、実際には検査技師の仕事は検査技師が行い、看護師がそのために配置されることはほとんどありませんので、検査を行いたいのであれば、臨床検査技師の資格も取得したほうがいいでしょう。

 

主な業務は採血

実際には看護師が行うのは、採血などが多く、大きな総合病院の採血室ではたくさんの看護師がひたすら患者さんの採血を行っています

臨床検査科に勤める場合、看護師の資格があれば特別なスキルなどは必要ありませんが、採血などが苦手な場合は慣れるまでストレスの多い職場になるかもしれません。

しかし、採血などの業務は数をこなすことで必ず慣れますから、苦手な人は特に臨床検査科に勤務することで逆に克服できる可能性もあります。

検査のためにたくさんの人の採血などは行いますが、一人一人と接する時間は短いので、患者さんとのコミュニケーションを取るのが負担だという人にも良いかもしれません。

 

2.臨床検査科への看護師転職のメリット

臨床検査科で働く看護師のメリット

臨床検査科で働く看護師にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

夜勤が少ない

臨床検査科に看護師が転職するメリットは、比較的夜勤などがないということが挙げられます。

病院によっては、緊急検査に備えて夜勤がある場合もありますが、病棟に比べると看護師が夜勤に入ることは少ないというケースがほとんどでしょう。

日勤のみの求人も多数あるので、日勤のみの求人を探している人にもよいのではないでしょうか。

 

残業も少ないため定時で帰ることが可能

臨床検査科では残業がほとんどないため、基本的に定時で帰ることができます。なぜなら、病院の外来は大体15時ごろで受付が終了するため、よっぽどのことがなければ17時頃にはほとんどの外来患者はさばけているからです。
また、このように夜勤や残業が少ない臨床検査科では、定年間近のベテラン看護師が配属されるケースが多いです。

人間関係によるストレスが少ない

臨床検査科は他の診療科とは違い、病気かどうか、または病気の状態はどうかなどといった検査が主な仕事であり、患者さんのお世話や看護をするわけではありません

そのため、採血などでたくさんの患者さんとは接するものの、一人一人の患者さんと過ごす時間はわずかであり、その場限りのものになりますから、患者さんとコミュニケーションに悩む必要はないでしょう。

もちろん臨床検査科のスタッフ同士の人間関係には注意する必要があるかも知れませんが、患者さんのケアで悩むことはありません

 

資格取得でキャリアアップも可能

一般的には臨床検査科で看護師が実際の検査を行うことはあまりないのですが、勤めるうちに検査に関する知識は身についていきます。

法律上看護師による検査が認められていると言っても、実際には検査を行うわけではありませんので、検査を行うために臨床検査技師の資格を取って仕事の幅を広げることも可能です。

 

3.臨床検査科への看護師転職のデメリット

臨床検査科で働く看護師のデメリット

臨床検査科で働く看護師にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

患者さんの看護ができない

臨床検査科に看護師が転職するデメリットは、やはり患者さんの看護ができないということでしょう。

看護師を志す理由は人それぞれですが、多くの人は患者さんの近くて徐々に回復する患者さんを支えていきたいという思いで看護師になったのではないでしょうか。

もちろん臨床検査は治療する上で重要なのは確かですが、患者さんとコミュニケーションを取ることにやりがいを感じる人にとっては、物足りない部署かもしれません。

 

採血が苦手な方にはストレス

臨床検査科では血液などを採取して検査をするため、採血などの機会はどうしても多くなります。採血が苦手な看護師はストレスを感じることもあるかもしれません。とはいえ逆に何度も行うことで、徐々に慣れてくることもあります

苦手を克服するチャンスかもしれません。看護師として働く以上、採血などの業務はついて回るものですから、避けるよりも克服したほうが働きやすくなるでしょう。

 

給与が下がる

臨床検査科は夜勤があるとしても、一般の病棟勤務よりは少ないことや、全くない場合もあるので、給料の手取り額は病棟勤務に比べると少なくなりがちです。

 

転職先を探すのが難しい

臨床検査科としての求人は決して多くはないので、希望の条件に合った求人を見つけるのに苦労する可能性も高くなります。

 

4.臨床検査科への看護師求人を探す注意点

臨床検査科の求人を探す注意点

臨床検査科に看護師転職をする注意点としては、まず勤務時間や夜勤の有無などを良くチェックすることです。臨床検査科は、病院によって仕事内容や勤務時間などが異なります

中には夜勤のある病院もあれば、ない病院もあるので、希望の勤務形態かどうか、夜勤がある場合はどのくらいの頻度で、行うのかなど、しっかり確認しておきましょう。

 

看護師求人サイトを利用する

臨床検査科の看護師として求人を出している病院は極めて少なく、求人を見つけることも困難です。そのため、効率よく求人を探したい場合は看護師求人サイトに登録して担当のコンサルタントに相談するしかありません。

コンサルタントは看護師転職のプロですので、臨床検査科における看護師の求人動向なども教えてもらえますし、条件にあった求人があれば教えてもらうこともできるでしょう。

とはいえ、まずは登録して担当のコンサルタントに希望や条件面の優先順位などを伝えておくことで、数少ない求人を確実にチェックすることができます

 

総合病院に勤務し配属の希望を出す

臨床検査科は、求人そのものが少ないため、臨床検査科からの求人をあきらめて、まずは臨床検査科を抱える総合病院に転職するという方法もあります。

 

ポイント!

ポイント

総合病院では院内で定期的に異動がありますので、希望を出しておけば臨床検査科に配属される可能性も十分にあるでしょう。

 

まとめ

臨床検査科へ転職を考える看護師がおさえるポイントは以下の通りです。

  • 看護師は採血業務がメインになる
  • 夜勤や残業が少ない
  • 臨床検査科の看護師求人は少ない
  • まずは総合病院に転職するのが一番の近道になる場合もある

臨床検査科は一般病棟と比較すると仕事の負担が軽いため、総合病院の中でも異動を希望している看護師は少なくありません。そのため、求人数も非常に少ないです。

もしどうしても求人が見つからない場合は、同様の業務を行う地域の検診クリニック「検診センターや施設で働く看護師のメリット・デメリット」にも視野に入れてみることをオススメします。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師に人気の科


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。