著作者

sayo

現役看護師

sayo

( 看護師 )

臨床経験3年未満の看護師が転職する注意点とは?3年以上必要な理由

sayo
現役看護師sayo

看護師は求人がとても多いので、一つの病院を辞めたからといって、他の職種と比べて次の就職に困ることも少なく、若い看護師はより良い病院を求めて簡単に辞めることができます。

しかしそれは、臨床経験が3年以上ある看護師の場合であり、臨床経験が3年未満だと転職先の選択肢にもそれなりに制限があります。

そのため、「転職をするのであればまずは3年働くことが大事!」と言われたことのある看護師も多いはずです。なぜそうなってしまうのか、まずはその理由を見ていきます。

1.看護師の転職に「臨床経験3年以上」が必要な理由

首をかしげる看護師

看護師転職に「臨床経験が3年以上」必要だと言われる一番の理由は、3年未満の臨床経験では、看護師として「経験不十分」とみなされてしまうからです。

 

3年は「1人前の看護師になった」という目安だから

もちろん、3年やれば「完璧」というわけではありませんが、3年という数字は「看護師として一通りのことができるようになり、一人前になった」という目安になるのです。

以下に看護師の3年目までのステップを示しています。

 

1年目:日々の業務の最低限のことができるようになる

1年目の看護師は、日々の業務でも先輩看護師と一緒に患者を担当したり、先輩看護師が勉強会を開いてくれたりするなどの先輩看護師からも病棟全体で色々なサポートを受けます。

不安なことや辛いことなどを共感し仕事が継続できるように色々なアドバイスをもらいながら1年間の中で新人看護師は自分に与えられた日々の業務の最低限のことができるように学びます。

 

2年目:先輩のフォローを受けながら重症患者を看れるようになる

2年目の看護師は1年目のようなプリセプターはなくなり受け持ち患者も1人で担当するなど1人の看護師として働きます。

1年目のように全てのことにサポートがつくことがなくなり2年目になると徐々に重症患者も1人で受け持つようになりますが、経験が浅いので分からないことや不安なことがあればその都度先輩看護師に教わります。

まだまだ自分1人の仕事で精一杯のことが多いのも2年目の特徴です。

 

3年目:病棟リーダーとなり1人前の看護師として認められる

3年目になると病院によって違いますが、病棟リーダーとしての仕事を任されたりプリセプターになる場合があります。

自分に任せられた1人の仕事をしていればよかった1年目や2年目とは仕事の難しさや責任感が全く違います。病棟リーダーになると周りの先輩看護師からも1人前の看護師として認められ先輩看護師や医師からも安心して仕事を任せてもらえるようになります。

 

注意点!

ポイント

病棟リーダーの経験があるかないかが看護師の経験としてとても大きな違いがあります。そのため臨床経験が3年以上ないと次の職場でも即戦力として働くことが難しくなります。

 

中途採用の看護師は即戦力を求められるから

中途採用の看護師の場合、採用側が求めるのは即戦力として働けすぐに辞めない人材です。

そのため上記で説明した通り臨床経験3年未満の看護師は即戦力として働くことが難しく採用してからもその病院でも教育が必要となります。そのため採用しても1人前として働けるまでに多少なりとも時間がかかり人材不足がすぐに解消されることにはつながりません。

 

2.臨床経験3年未満の看護師の転職注意点

パソコンの前で驚く女性

次に、臨床経験3年未満の看護師が転職する際にはどのような注意事項があるのかをお伝えしていきます。

 

大きな病院の求人が少なくなる

病院によっては臨床経験3年以上という条件を設けている場合もあり求人の幅が狭くなることがあります。特に大きな病院ではそのような条件がある場合が多いです。

老人ホームなどの施設や小さなクリニックだとそのような条件のところは少ないので次にそのような職場で働きたい人は良いですが、大きな違う病院で働きたいという人は3年以上の経験がある方が選択肢が広がります。

 

看護師転職サイトを利用して求人を見つけよう

上記の通り、臨床経験3年未満の看護師はどうしても求人が少なくなってしまいますが、だからといって転職を諦める必要はありません。

多数の求人を扱っている看護師転職サイトに登録すれば、今の自分の条件でも勤務できる病院を必ず紹介してくれるので、求人探しの際はぜひ利用するようにしてください。

 

「すぐに辞める」という偏見を持たれる

臨床経験3年未満の看護師は面接官の方から「どうせまたすぐ辞めるんだろう」という偏見を持たれてしまいます。

どんなに退職理由を人間関係や条件面のことではなく自分のキャリアを違うところで積みたい、違う経験もしてみたいと思い退職したとポジティブに説明しても1人前の看護師としての経験がない看護師が言っているので説得力がありません。

 

ポイント!

ポイント

3年未満で退職してしまった事実はもう変えようがありませんから、この場合は面接対策をしっかり行い、リカバーしていくしかありません。また、看護師転職サイトから求人を紹介してもらった場合は、こういった面接対策もサポートしてくれます。

 

教育が手厚くしてもらえない・重複してしまうことがある

病院によって1年目や2年目、3年目といっても教育の方針・内容や任せられる仕事内容が違います。

浅い経験年数で転職すると、その病院では同じ経験年数でも経験していること、例えば重症患者の担当や呼吸器装着患者の担当、医師の医療行為の介助などが経験できていないこともあります。その場合経験できていないことに気にかけてもらえず十分な教育を受けることができないこともあります。

反対に自分は前の病院で経験し教育を受けたことでも新しい病院の同じ経験年数の看護師はそのことの教育をまだ受けていなく、教育が重複し時間がとられる場合があります。

 

注意点!

ポイント

臨床経験3年未満で経験してしまった以上、どの病院に転職してもこのことは避けられないでしょう。対処方法としては、面接の場でも、実際に転職してからでも、とにかく「できないことはできない」とはっきり伝えるしかありません。

 

まとめ

看護師の仕事はとても複雑で、滅多に経験できない検査や治療法、疾患も多いため少ない経験年数で経験できることは限られています。人の命に関わる仕事のため1人前として認めてもらうには少なくても3年はかかります。

そのため、転職を考えている臨床経験3年未満の看護師はより良い職場に転職するためにも3年間は同じ職場で働く方が自分のためになると言えます。

しかし、やむを得ず転職しなければならない時もあるでしょう。そんな時は、一人で抱え込むのではなく看護師転職サイトを利用してみてください。この記事が少しでも転職を考えている臨床経験3年未満の看護師の役に立てば幸いです。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



地方の大学病院で約6年勤務し、その間妊娠・出産も経験し出産後も子どもを保育園に預けながら正社員として働いていました。その後京都に移り住み現在は子育てしながら訪問入浴・デイサービス・健診など派遣看護師として働いています。
私自身子どもを育てながら色々な勤務形態で勤務した経験があるのでママさんナース、これから結婚・出産を経験する方々に私の経験をもとに情報を発信していきたいと思います。

保有資格 ・正看護師 ・保健師
出身/年齢 ・京都府/31歳
職務経験 ・大学病院(混合病棟) ・訪問入浴 ・デイサービス ・ショートステイ ・健診
診療科経験 ・脳神経外科 ・呼吸器内科 ・腎臓内科 ・放射線治療科
・皮膚科 ・麻酔科 ・血液内科 ・内分泌内科

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師転職に必要な知識

(公開日:)(編集日::2017年08月07日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。