著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

クリニカルスペシャリスト看護師求人を探す前の7つの知識

kameko
看護師スタッフkameko
クリニカルスペシャリスト求人

クリニカルスペシャリストを看護師転職などで目指す場合や、求人を探している看護師の方に読んで確認して貰いたい内容をまとめています。

1.クリニカルスペシャリストの特徴

クリニカルスペシャリスト特徴

クリニカルスペシャリストとは医療関連の機器・用具のメーカーに勤務する仕事のことです。

医療機関以外の看護師の就職・転職先が注目を集めていますが、この仕事は医療機関と深く関わる仕事ですが現場そのものとは異なった、大きな特徴があります。

 

クリニカルスペシャリストは営業活動

このクリニカルスペシャリストの仕事は簡単に言えば医療機器メーカーが開発した機器・用具を顧客に買ってもらうためのさまざまな営業活動です。

冒頭で医療機関と深く関わると書いたのも医療機関が顧客となるケースが多いからです。

必ずしも看護師の資格が必要な仕事ではないもの、製品のセールスポイントや役立てられるシチュエーションなどについて説明する際にはどうしても医療に関する専門的な知識が求められます。

そのため看護師の資格がクリニカルスペシャリストとして歓迎されているのです。

 

看護師資格だけでは勤まらないスキル!

その一方、看護師の資格だけでは勤まらない面もあります。たとえば企業を相手にデモンストレーションや説明会を行う際には宣伝能力だけでなく、製品の魅力をわかりやすく説明する能力も必要です。

これは言葉だけの問題ではなく、パソコンや映像機器をうまく活用するスキルも求められます。ほかにも資料の作成のためのパソコンスキルも必要です。

 

新天地で働きたい看護師に適している!

このように、看護師としてのスキルや経験を活かしつつ、営業職としての面が求められるのがクリニカルスペシャリストです。

医療機関と関わり、これまでの実績を活かしつつも新天地で働きたいと思っている人に適した職場といえそうです。

 

2.クリニカルスペシャリストが担当する業務

クリニカルスペシャリスト業務

クリニカルスペシャリストへの就職や転職を目指す場合、まずは仕事内容が気になります。医療機関での看護師の業務とは何が異なるのか、新たにどんなスキルを身につける必要があるかを確認するうえでも重要です。

クリニカルスペシャリストの仕事内容は大きく分けて2つあり、

  1. 営業活動業務
  2. 商品購入後のアフターケア

の大きくは2つです。

 

営業活動業務について

医療機器メーカーが開発した機器や用具を、医療機関をはじめとした顧客に購入してもらうための営業で、当然、その医療機器の特徴やメリット、新製品の場合は従来のタイプに比べてどういった点が改善されたのかなどを詳細に説明できる知識が求められます。

相手も専門的な知識を備えているため、深い知識と説得力が求められるのが医療機関での勤務とは異なる点です。

 

商品購入後のアフターケア

もうひとつがアフターケアです。購入してもらった顧客に対して、その製品をうまく使いこなせるよう説明したり、要望に応じて併せて購入するとより充実した医療環境を用意できる他の製品の提供などを行います。

 

補足説明!

ポイント

万が一動作に問題が起こった際のクレーム処理もクリニカルスペシャリストの仕事内容に含まれます。

 

担当業務まとめ

原則としてこの2つの業務のどちらかを専門に行う形となりますが、小規模なメーカーの場合は両方を担当するケースもあります。

そして、医療機関との違いではもうひとつ、顧客や説明会の会場などに自ら出向いて業務を行う必要があることが挙げられます。

その分あちこちに移動する機会が多くフットワークの軽さが求められ、自分で車を運転して得意先を回るケースも多いため、バイタリティも必要な仕事です。

 

3.クリニカルスペシャリストとして働くメリット

メリット

クリニカルスペシャリストが注目を集めている理由には、医療機関での勤務に比べて就業環境にさまざまなメリットがある点が挙げられます。

 

過酷なシフトに悩まされることはない!

慢性的な人手不足に悩まされている医療機関では、看護師の激務が大きな問題となっています。夜勤と日勤の連続や休日出勤が重なることで、心身ともに疲弊してしまう看護師が多いのです。

それに対してクリニカルスペシャリストの仕事は、医療機器メーカーの営業です。深夜に営業活動をすることはありませんし、休日の仕事も説明会程度のもので、平日も休日もないような生活を強いられることはありません。

医療機関で働いている看護師にとっては、この点が最大のメリットといってもよいでしょう。

 

収入面が看護師より50万~100万高い!

看護師は女性が主な担い手となる仕事の中では最も平均収入が高いと言われていますが、クリニカルスペシャリストなら、医療機関で勤務する看護師に比べても50~100万円ほどさらに高い水準となっています。

その分成果主義が徹底されているなど結果が厳しく求められる面もありますが、高収入を目指す人にとって魅力的な選択肢となります。

医療機器メーカーは外資系が多いため、外資系への就職を希望している人にとっても大きなメリットです。

 

その他のメリット

他には、命に関わる治療や看護を行うことがないため精神的なプレッシャーが少ないこと、患者とのコミュニケーションが必要ないことを楽に感じる人もいるでしょう。

クリニカルスペシャリストのメリットは、他の看護師の職種では見られない点も多いだけに、就職や転職を検討する際の重要な判断材料となります。

 

4.クリニカルスペシャリストとして働くデメリット

デメリット

夜勤や休日出勤が少なく、厳しいシフトに悩まされることもない。しかも、平均年収も高めといった就業環境のメリットから注目を集めているクリニカルスペシャリストですが、どんな仕事にもマイナス面はあります。

この仕事のデメリットについて見ていきましょう。

 

仕事の安定性

医療機関での勤務では、激務や人間関係の悩みこそあるものの安定した就業環境が約束されます。一方、クリニカルスペシャリストの場合は民間企業なうえ、営業職ということで成果主義が重視されています。

実績を残せなければ給料が低くなったり、職場にいられないといったケースも起こり得ますので、この点は就業環境のメリットと背中合わせのデメリットと言えるでしょう。

 

仕事の将来性

医療機関での仕事先がなくなることはありませんが、それに対してクリニカルスペシャリストの仕事はまだ歴史が浅い上、今後どのように就業環境が変化していくかは未知数な面があります。

ビジネスのスタイルが変化すれば、この仕事そのものの存在意義が失われてしまう可能性もあります。

 

ポイント!

ポイント

医療に関する専門的な知識が必要とはいえ、仕事を通して身に付けられるのは原則として営業のスキルです。そして、この仕事から別の職種に転職を目指す時にスキルを役立てられるかどうかも未知数となります。

 

デメリットを解消するには?

こうしたデメリットも踏まえ、自分の看護師としてのビジョンを見通しながらクリニカルスペシャリストの仕事を探していきましょう。看護師求人サイトのキャリアコンサルタントとよく相談してみることをオススメします。

 

5.クリニカルスペシャリストの平均年収は?

平均年収

看護師の新たな就職や転職の選択肢として注目を集めているクリニカルスペシャリストは、医療機器メーカー、つまり民間企業に就職するのが特徴で、広い意味での産業看護師でもあります。

クリニカルスペシャリストの平均年収は450万~550万円程度のところが多く、看護師全般の平均年収の約430万円に比べるとかなり高めであることがわかりますので、平均年収の面でも恵まれた環境と言えます。

 

営業実績の差によって変動する?

医療機関での勤務に比べてあらゆる面で恵まれているというわけではありません。平均年収が高いには高いなりの理由があります。

まず、成果主義を導入しているところが多いことで、医療機器メーカーは外資系も多いため、営業実績によって収入に大きな差が出てくることがあります。必ずしも平均の相場並みの年収が得られるとは限らないことを知っておきましょう。

 

求人数が少ない場合が多い

もうひとつの注意点は、求人の数そのものが少ないことです。人手不足の状態が慢性化している医療機関に比べて、クリニカルスペシャリストの求人は格段に少ない状況です。

この点に関しては、繰り返しになりますが、看護師求人サイトをうまく利用して年収を含めたよい求人を探していく必要があります。

 

6.クリニカルスペシャリストの良い求人とは

良い求人

クリニカルスペシャリストとは、医師や看護師、臨床検査技師など、医療の関係者に自社製品がどれだけ優れているかや、その優れた使い方について理解してもらうために、説明会を開いたり、研究会の企画、運営を行うことで、自社製品について、より多くの理解を得てもらおうという、製品の啓もう活動を行う仕事です。

具体的には、

  • 説明会での講師
  • プレゼンター
  • プログラムの作成や編集
  • 営業サポート
  • 機関誌へのレポート

などといった仕事を行います。

 

求人を見つけたら迷わず応募すること!

大切なプレゼンの司会を行うなど、製品のイメージに深くかかわる仕事のため、学会の時期になれば、かなり多忙を極め、休日出勤や地方への出張などもありますが、最先端の医療を医療の専門家に伝えていく仕事のため、非常にやりがいも多く、また、社会貢献度も高い職業と言えます。

このテクニカルスペシャリストは、最近になって重要性を認識され、拡大を始めた分野のため、必ずしもどの企業にもいるわけではなく、需要は年々増えていますが、その求人数はかなり多いとは言い切れませんので、良い求人を見たら、見逃さずに応募する必要があります

 

待遇は企業規模によってまちまち

一言でテクニカルスペシャリストと言っても、その待遇は、企業の規模などによってまちまちです。

たとえば、外資系の多い製薬業界ですが、外資なのか日本企業なのか、または大企業か中小企業かどうか、といったことでも、求められる能力も異なりますし、待遇や仕事内容なども異なってきます。

条件や自分の能力なども考えて、自分に合った良い求人を見つけるようにしましょう。

 

7.クリニカルスペシャリストの探し方

探し方

 

クリニカルスペシャリストの求人の探し方は、どのようにすれば見つかるでしょうか。

医療機器メーカーの求人を中心に探す必要がありますが、どの医療機器メーカーでもこの職種があるわけではありませんので、求人の数はさほど多くなく、良い求人を探すのが大変な時もあるでしょう。

 

看護師専用の転職サイトを利用しよう

求人が少ない職種ですので、良い求人はすぐに埋まってしまいますし、沢山の募集が予想され、レベルが高くなってしまうこともしばしばです。良い求人を見逃さないためには、まずは良い転職サイトに登録をすることです。

そして、履歴書の質を良くし、また、面接で好印象を残すために、専門コンサルタントのアドバイスを受けることが大切です。

 

注意点!

ポイント

看護師として病院に提出していたような履歴書ではまず受かりません。他の一般企業に所属し、一般常識がある方は問題ありませんが、それ以外の方は、履歴書で落とされるのが大半となります。それぐらい看護師は受かりやすいのです。

 

クリニカルスペシャリストが多い看護師求人サイト

クリニカルスペシャリストは企業看護師求人というくくりになるため、看護師求人サイトを見極める必要があります。また、前段でお伝えしているように求人数が少ないため、看護師求人サイトを複数登録する必要が必ずあります。

下記4つの看護師求人サイトはクリニカルスペシャリストの仕事が出やすい求人サイトなどで、全てに無料登録を行っておきましょう。

専門のコンサルタントが完全無料で求人を探し、提案してくれます。

■マイナビ看護師
【全国対応】大手転職サイトのマイナビが運営する看護師求人サイトになります。
公式サイトはこちらへ

■ナースフル
【全国対応】リクルートが運営する看護師求人サイトになります。
公式サイトはこちらへ
■ナース人材バンク
【全国対応】大手転職会社の株式会社エス・エム・エスが運営するサイトになります。
公式サイトはこちらへ

■看護のお仕事
【全国対応】看護師転職求人数はNo.1なので登録しておきましょう。
公式サイトはこちらへ

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:企業看護師


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

2 コメント・感想

  1. […] ‣医療機器メーカー(クリニカルスペシャリスト)の詳細はこちら […]

  2. […] クリニカルスペシャリスト […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。