著作者

そらの

看護師ライター

そらの

( 看護師 )

コミュニケーション力をつけたい看護師におすすめの本

そらの
看護師ライターそらの
顎に手を当て本を読む女性

看護師がコミュニケーション力を身につけたいと考えるのは、どのようなときでしょうか。

「患者に指導していたときに、なぜか納得されていないように感じる。」・「いつも仕事が終わらず、助けを求めたいけれどできない。」といったようなことはありませんか。

看護師の中には「看護師という職業は好きだけれど、コミュニケーションを取るのは苦手」といった人もいるでしょう。

今回は、コミュニケーション力を身につけたいと考えている看護師におすすめの本を4冊紹介します。

1.聞き役で相手の心をつかむ「すごい!聞き方」

いつの間にか相手の心をつかむすごい聞き方

画像引用元:www.amazon.co.jp

タイトル いつの間にか相手の心をつかむ すごい!聞き方
著者 片山一行
出版社 ダイヤモンド社
出版日 2009年8月7日

人の能力を引き出すことができる立場にある看護師や、説得力のあるコミュニケーション力を身につけたいと考えている看護師におすすめの本です。

amazon.co.jpの口コミ】
このような系統のいろんな本を読んで来ましたが、特に読み易く、分かり易い一冊だと思います。まず、見出しが分かりやすく、ポイントも最低限に抑えられています。説明も丁寧なので、聞き方を学びたいと思われる方は、是非買うべき一冊だと思います。

 

本の内容・詳細について

著者は、うつ病を患ったときに出会った精神科の医師が聴き上手だった経験から、「聴き役になれば相手も心を開く」ということを実感したということについて語っています。

この本は、ただ話を聴く方法だけではなく話を聴くときの心のあり方やマナー・条件など、「人と向き合うための心心構え」について知ることができます。

もちろん、上手な聴き方のために必要な技術についても紹介されているため、コミュニケーション力を鍛えることができます

また、自分が話を聴ける人かを確認するシートもあるため、1度チェックしてみるのも良いでしょう。

人としての深さと大きさをもつことの必要性についても知ることができる1冊です。

 

ポイント!

ポイント

看護師が患者や後輩に、説き伏せるように話していたり指示が多すぎたりすると周囲の人たちは離れていきます。

相手に納得してもらうためには、まずじっくり話を聴いてから説明することが大切です。

 

2.相手への配慮方法を知る「わかりやすく伝えるルール26」

分かりやすく伝えるルール26

画像引用元:www.amazon.co.jp

タイトル わかりやすく伝えるルール26
著者 岩崎次郎
出版社 ぱる出版
出版日 2016年1月22日

人の話を聞くことは好きな反面、「話が相手に伝わらない」「話をしているとなぜか相手がイライラしている」といったようなことで困っている看護師におすすめの本です。

コミュニケーションがうまく取れないと、仕事での失敗も増え仕事が楽しくなくなってしまいます。

この本は、具体例が豊富で実践しやすい内容になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

amazon.co.jpの口コミ】
最近、書店でコミュニケーション関連の本をいくつか見ていた。

中をパラパラめくってみると写真が多く読みやすそうだったので、この本を買った。

相手の知識・意欲にも気を配るよう指導している本は、あまりないのではないか。

すべてのルールに具体例が載せられているのも良いところ。しかも、ちょっとしたユーモアも感じられる。

「伝える」ことに悩んだら、本書を読むのが良いだろう。

 

本の内容・詳細について

この本では、わかりやすさの中心的な要素は何なのかを知り、伝わりやすいメディア(対面の会話・電話・メール・手紙など)を選ぶ大切さについて26のルールを学ぶことができます

また、「話す相手が聞く耳を持っていない」「手紙を送った相手に読む気がない」という特殊な状況では、「相手の意欲・集中を高める」「メッセージの質・量に配慮する」などを活用することで伝えやすくなるという方法についても紹介しています。

この本には、一目で理解しやすいように図や表が活用されているため、大変読みやすくなっています。

 

3.対人関係に悩む看護師へ「聴き方・話し方のコツ」

誰と一緒でも疲れない聴き方話し方のコツ

画像引用元:www.amazon.co.jp

タイトル 対人関係療法のプロが教える 誰と一緒でも疲れない-「聴き方・話し方」のコツ
著者 水島広子
出版社 日本実業出版社
出版日 2014年1月25日

家に帰った後に、「どうしてあのとき、何も言えなかったのだろう」と落ち込んでしまったり、会話していると相手が怒ってしまうと感じたりしている看護師はいませんか。

この本は、「人とコミュニケーションを取ろうとするとストレスを感じてしまう」といった看護師に、ぜひ読んで欲しい1冊です。

イラストも楽しく、さらさらと読むことができるため、時間のない看護師にもおすすめです。

amazon.co.jpの口コミ】
どういう人と一緒でも無理なく楽にコミュニケーションができることがテーマです。
なんとなく、会話を盛り上げなくては、、と思いがちですが、、。
沈黙も大事で、話さなくてもいいし、
声が小さいのに困っているなら、最初から自分の苦手を相手に告げればいいし、
なんだか肩の力が抜けるような感じがします。
一番大事と思ったのは、”自分の領域”の中で話すこと。
相手の領域を侵さなこと。
そして、相手から、ムッとすることを言われる、つまり、相手がこちらの領域に侵入してくる、
ときでも、自分の領域に入れず、、相手へかえすこと。
素直に読めて、素直に実行できそうな感じです。

対人関係療法ってこんな感じなんでしょうかね。

 

本の内容・詳細について

著者は、対人関係療法専門クリニックで院長をしている医師で、まさに対人関係のプロが教えてくれる方法がこの本には詰まっています。

実際にコミュニケーションで悩んでいる方からの質問に答えているところもあるため、自分の悩みと比較することで解決策を見つけることもできます

例えば、職場の同僚に何か頼みごとをしたい場合、「どうして手伝ってくれないの」と言うよりも、「手伝ってくれるととても助かるから、お願いできる?」と言ったほうが、スムーズに物事が進むでしょう。

要するに、「『自分の領域』の中だけで話せばトラブルは起こらない」ということを知り、それを活用しながらコミュニケーションを取ることがカギです。

他にも以下について分かりやすく書かれています。

  • ストレスフルなコミュニケーションを上手にこなすコツ
  • 自分の思いがきちんと伝わるコミュニケーションのコツ
  • コミュニケーションを自在にコントロールする秘訣

章の最後に要点をまとめたページがあるため、そのつど記憶しながら楽しく読み進むことができるようになっています。

 

4.人間関係が楽になる「対人力のコツ」

対人力のコツ

画像引用元:www.amazon.co.jp

タイトル 対人力のコツ 人間関係が楽になる94の知恵
著者 植西聰
出版社 自由国民社
出版日 2016年4月27日

チームのリーダーとして頑張っている看護師や、後輩にいつも怒ってしまうという看護師におすすめの本です。

相手を許すことの大切さや、感謝する心を持つことの必要性について学ぶことができます。

 

本の内容・詳細について

全9章で構成されているこの本は、コミュニケーション力だけではなく、交渉力・リーダーシップ・感情的にならない能力・打たれ強さなどの総合的な「対人力」の法則について書かれているものです。

そのため、「強いリーダーではなく良いリーダーになる方法」や「怒らないで済む方法について」というコミュニケーション技術に関するものから、「人との縁を大切にしていく」「みんなで幸せになっていく」という人生論といった幅広い内容について学ぶことができます。

この本の中には、「人と協力し、人のためになることをして、みんなで仲良く幸せになっていくことが対人力である」と書かれていますが、看護師という職業はまさに対人力を磨くための場所であると言えるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

「人間関係が楽になる94の知恵」に対して、それぞれ2ページ程度で紹介されているため途中で区切りをつけやすくなっています。

また、多くの偉人の名言を取り上げて解説されていますが、意訳されているため読み進めやすい内容です。

 

5.まとめ

今回は、「看護師がコミュニケーション力を身につけたいときに本」について紹介しました。

「すごい!聞き方」という本には、話を聴く技術に関することだけではなく、人と向き合うための心構えについて書かれていて、人としての在り方を知ることができる1冊でもあります。

「わかりやすく伝えるルール26」には、そもそも「わかりやすく伝えるとはどういうことなのか」といった根本的なところから説明してあり「わかりやすい」という漠然とした部分を細かく、詳しく紹介してくれる本です。

「『聴き方・話し方』のコツ」では、筆者の伝え方の上手さが本の構成に表れていて、コミュニケーションを難しく捉えていた看護師には心が救われるような場面もあります。

最後に「対人力のコツ」では、コミュニケーションのノウハウもありながら、最後にはみんなで幸せになるためにはといった人生論について書かれています。

「人と共に生きるための知恵」を身につけて、看護師という仕事を続けていきましょう。

コミュニケーション力を身につけたい看護師は、是非参考にしてみて下さい。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


DIYと野球観戦、うさぎの飼育で気晴らししながら妊活している看護師です。中でも、うさぎと暮らしていると病んだ心が癒されます。これから動物を飼おうかなという方には、おすすめです。
現在、離職中ですが、主に大手の総合病院で5年、小児科の看護師として働いていました。
これまでの経験と知識を活かして、少しでも皆さんのお役に立つことができればと思っております。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・保健師
出身/年齢 ・山口県/42歳
職務経験 ・総合病院・看護学校
診療科経験 ・小児科 ・循環器 ・内科・消化器科・眼科

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師にオススメの本

(公開日:)(編集日::2018年04月10日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。