著作者

パンダ

運営Staff

パンダ

( 運営スタッフ)

通勤方法も看護師転職では重要!?メリット・デメリットとは

パンダ
運営Staff パンダ
通勤方法も看護師転職では重要

転職の時に希望条件の選択肢の一つとなるのが勤務地と通勤手段です。勤務地がどのような場所にあるのか、その勤務地まで、どのような交通手段を利用して通勤するのかは、仕事を続けていくには大事な問題です。

今回は、通勤手段ごとでどのようなメリット・デメリットがあるのか、勤務地となる施設ごとでどのような通勤のメリット・デメリットがあるか説明します。

1.電車通勤看護師が感じるメリット

電車通勤看護師が感じるメリット
まずは多くの人が経験するであろう電車通勤のメリットについて紹介します。ただし、通勤時間にはばらつきがありますので、ここでは通勤所要時間を1時間と過程して説明します。

 

電車通勤だと自分の時間が作れる

電車通勤の最大のメリットとなるのが自分の時間を作れることです。ただ乗っていれば、自分が運転することなく目的地まで運んででくれる電車。そのため、小一時間ほど両手が使える空きの時間が作れるのです。この時間を有意義に使えば充実した通勤時間を送ることができます。

 

電車通勤時間を使えば色々なことができる

とにかく自分のためにゆっくりと1時間使うということは日々の忙しい日常の中で早々ある時間ではないはずです。せっかくなので、電車通勤の時間の有効的な使い方の例を紹介します。

  • スマートフォン音楽やゲーム、好きな動画を見て過ごす
  • 今日行うであろう看護技術の予習や疾患の学習をする
  • 資格取得のためにスマートフォン上で講義動画を見たり問題を解く
  • 仕事で使う資料などがあればそれを眺める
  • 読書をして過ごす

こうした時間を作れるのが電車通勤のメリットとなるのではないでしょうか。

 

ポイント!

ポイント

電車内で何もせずに、少し目をつむって休むだけでも1時間ゆっくりと休めるわけですから早起きしている分の疲労回復にもつながります。

 

時間と乗る列車を選べば意外と座れる

電車通勤と言えば、満員電車というイメージが強いでしょうが、自分の経験上意外とそうでもなかったりします。確かにラッシュと言われる時間に乗車してしまえば、満員電車はすし詰め状態です。しかし、ラッシュ時間より少し早く出たり、遅く出たりすれば意外と座ることができます

 

工夫をすれば電車で座れることはむずかしくない

看護師の仕事は疲労も大きいので、電車通勤で少しでも座りたいと考えるでしょう。以下のような工夫をすれば意外に座ることもできますし、座れずとも壁に寄りかかる空間の確保ができます。

  • 急行列車や特急列車は使わずに普通列車を使用する
  • 降りる駅の階段が目の前にある車両を選ばない

看護師はそもそも不規則勤務のため日勤だけでなく入り、明け、早番、遅番など一般企業や学生たちと動く時間が少しずれるので、想像よりは電車の席を確保しやすい時間帯に出勤できます

 

ポイント!

ポイント

日勤でなければ多くの場合ラッシュを回避した時間に出勤するため容易に座ることができるのです。

 

通勤時間で同僚と仲良くなれることもある

通勤となるとだいたい職場の看護師は同じ電車を利用し、同じような時間に着くように動いています。そのため、同僚と毎日顔を合わせることもあります。仕事中は忙しくてゆっくり喋れない同僚とも、電車通勤の時間を利用して他愛ない話をしながら出勤すれば距離は縮まりやすいです。

 

普段話すきっかけがない職種の人とも仲良くなることができる

非常勤で雇われている看護師や看護師以外の職種の人は規則的な勤務のため、だいたい同じ時間の同じ車両に乗っていることが多いです。普段なかなか話すきっかけがない職種の人との仲良くなることができるかもしれません。

 

2.電車通勤看護師が感じるデメリット

電車通勤看護師が感じるデメリット
電車通勤のデメリットですが、電車という乗り物だからこそ、看護師という職業だからこその納得の理由3つになります。さっそくひとつずつ紹介します。

 

予期せぬ遅延に巻き込まれる可能性がある

電車は公共の乗り物ですから安全性を考えて、自然の影響や自然と全く関係ない理由で予期せぬ遅延が発生します。代表的な遅延理由は次のようなものでしょう。

  • 雨や雪、台風などの影響
  • 人身事故や車両点検などの影響

 

ポイント!

ポイント

自然によるものであればしょうがないかなと思えてタクシーで行くなどの何かしら対策をうつことができるものの、それ以外の予測不可能な遅延だと瞬時に今後の動きを判断することは難しいです。

 

看護師によっては、特に朝から仕事をしておきたいという時に遅延に出くわすと、電車通勤が嫌だなと感じる原因となります。

 

満員電車によって疲労がたまることもある

どうにか乗車を回避したいと考えても、嫌でも満員電車に乗らなければならない場合もあります。朝からいろいろな人に揉まれながらの出勤は、それなりに疲労が溜まりやすいです。自分がへとへとになりながら歩いているところに徒歩通勤の人が優雅に出勤しているところを見ると電車通勤を辞めたくなります。

 

電車内で座れない時の疲労が大きい

出勤時に工夫して座ることができても、帰りの電車は実は座れないことの方が多くなります。

  • 早番、日勤の帰宅は多くの会社員や学生の帰宅時間とかぶる
  • 遅番の帰宅時間は今度は飲み会帰りの人と帰宅がかぶる

1日頑張って働いてくたくたであっても座ることができず、帰るころには疲労がかなり蓄積してしまっています。これは電車通勤が辛いなと感じるデメリットです。

 

3.バス通勤で看護師が感じるメリット

バス通勤で看護師が感じるメリット
次にバス通勤のメリットです。バス通勤している看護師の平均通勤時間は20分が大多数になるので、ここではバス通勤20分をもとにして説明します。

 

乗車のバスは職場の目の前まで行ってくれる

病院へ向かうためのバス停は患者のためという理由もあり、病院の目の前に作られていることが多いです。そのため、バス通勤の大きなメリットは以下の2点と言えます。

  • 職場の目の前ぎりぎりまで乗って出勤できる
  • 屋根があるバス停なら雨の日でも傘を差さずに職場まで行ける

電車組が電車を降りてから悪天候の中頑張って歩いてきているのを見ると、バス通勤は優越感に浸れるでしょう。

 

4.バス通勤で看護師が感じるデメリット

バス通勤で看護師が感じるデメリット
バス通勤で最も大きいデメリットは、遅延した場合に遅延証明書が出ないことです。遅延証明が出ないため時間の読めないバスは天気に合わせて自分の出勤時間をも調整せねばならず、やや面倒に感じる看護師が多いです。

 

バス通勤は電車よりも遅延する可能性が高い

バス通勤は遅延する可能性が電車より高いということもデメリットです。電車と違い、公共の道路を通っているバスはその道路の混み具合によって到着時間が左右されます

 

ポイント!

ポイント

普段バスを使わない人が天気が悪い日にこぞってバスを使うと、乗車人数に制限のあるバスは乗れなくなることもデメリットのひとつです。

 

バスの車中は人の動きが少ないので座るチャンスが少ない

電車では主要の駅につくとみんなこぞって降りてくれるため、その駅で降りなければ確実にいずれ座ることができます。しかし、バスは人の動きが少ないため、座れるチャンスが少ないのが特徴です。そのため、一度座れないともう座れないということが起こります。

 

5.徒歩通勤をする看護師のメリット

徒歩通勤をする看護師のメリット
次に自宅から職場まで徒歩で通勤する場合のメリットを紹介します。通勤範囲の希望として、徒歩圏内を条件に出す看護師も多いので参考にしてください。

 

ゆっくりと出勤ができて誰よりも早く帰宅ができる

徒歩通勤の1番のメリットは誰よりも遅く家、を出て、誰よりも早く家に帰れることでしょう。徒歩通勤の看護師の傾向としては、徒歩10分ほどの通勤時間圏内が多いです。10分で自宅と職場を行き来できることは身体的にも精神的にも楽だと言えます。

 

ポイント!

ポイント

子どもがいる看護師では急なお迎え要請などにも楽々と対応できるため、家庭のある看護師は家から職場が近いと安心できます。

 

職場から一時帰宅もできる

徒歩通勤で何よりうれしいのが一時帰宅ができるということです。例えばクリニックですと次の診療が始まるまで2時間ほどの空き時間があります。病院や施設なら夜勤中に一度家に帰って自分の布団で寝るなんていうこともできます。空き時間を自宅で過ごせるのは精神的にも休まります

 

ポイント!

ポイント

職場によっては一時帰宅や終業するまで外出することを禁止している職場もあるため、自分の職場の規則に則った範囲でやることをおすすめします。

 

6.徒歩通勤をする看護師のデメリット

徒歩通勤をする看護師のデメリット
徒歩通勤だとメリットの方が多いイメージが強いです。では徒歩通勤をする看護師のデメリットにはどのようなものがあるか見ていきましょう。

 

家の周囲に患者の家族や患者も住んでいる

職場が近いということで当然起こりうるのが家の近くに患者やその家族が住んでいる可能性があるということです。

  • 休日の近所のスーパーで患者やその家族にばったり会う
  • 勤務でないに患者家族と出くわし今後の治療法を相談される

こうした出来事は、どうしても起こってしまうのです。そのため、休みなのに休んだ気がしないようなことになりうるのもデメリットの一つです。

 

プライベートな時間に職場の看護師と会うこともある

前述したように、患者と同様に職場の看護師ともプライベートの時間に顔を合わせてしまうこともあります。朝や帰りの出勤、退勤以外の時間帯でも不規則勤務の看護師は定時以外の時間にも出勤、帰宅をしなければならないこともあります。そのため、あえて鉢あう時間をさけて通ったのに職場の看護師に会ってしまったなんていうのも良くある話です。

 

ポイント!

ポイント

職場に慣れてしまえば、ばったり会っても特に気にすることもないのですが、まだ職場に慣れていない頃はばったり会うことが気まずいと感じる看護師もいます。

 

7.看護師が車通勤で感じるメリット

看護師が車通勤で感じるメリット
看護師の車通勤についての紹介です。車通勤の所要時間で最も多い、片道20分を条件として説明をしていきます。

 

 

自分の世界に浸りながら通勤できる

車という自分だけのプライベートな空間で、自分の好きなものに囲まれて好きな音楽を流しながらの通勤は、やはり特別な時間になります。

  • 大きな声で歌う
  • 何か食べながら通勤する

自分の世界に浸れるということは、やはり車通勤の醍醐味ではないでしょうか。

 

車通勤なので服装を気にしなくてよい

車通勤では、駅など人がいるところを通らないので服装を気にしなくてよいこともメリットです。看護師によっては、パジャマで出勤したり、白衣のズボンだけはいて出勤するなんていう看護師もいます。

 

ポイント!

ポイント

職場で使う資料や参考書など重い荷物も、大変な思いをせずに楽々運べるのも車通勤の良いところではないでしょうか。

 

8.看護師が車通勤で感じるデメリット

看護師が車通勤で感じるデメリット
看護師が車通勤で感じるデメリットですが、ひとつは疲れていても自分で運転しなければいけないことでしょう。運転は注意力が必要になるので、精神的な疲労は少なからず感じるはずです。

 

車通勤不可な職場が意外と多い

実は意外と、車通勤が不可な職場は多いのです。特にクリニックという敷地が狭い職場や施設では車通勤不可な場合も多いです。そのため、転職前にあらかじめ車通勤の有無を確認しておかないとせっかくの予定していた通勤スタイルが台無しになってしまうなんていうこともあります。

 

通勤時間が読めないこともある

バス通勤と同様、天候などによって道路が混んだりしますので時間が読めないということもあります。車はバスと異なり、専用の道路というものはありません。そのため、案外バスよりも時間が読めず遅れてしまうなんていうこともあります。

 

ポイント!

ポイント

天候不順や道路工事、自己の影響などで予定時間を大幅に超えて職場に到着するといった意見も多く耳にします。

 

9.マイクロバス通勤で感じる看護師のメリット

マイクロバス通勤で感じる看護師のメリット
病院や施設が患者の送迎に使用しているマイクロバスを、通勤時間は職員も乗せて最寄り駅まで送迎することをマイクロバス通勤と呼びます。最近はこのマイクロバス通勤を許可している病院が増えてきています

 

バス停よりも職場のぎりぎりまで乗せてくれる

マイクロバスは、患者を正面玄関まで載せていく役割をしていますから、当然職員のことも入り口ぎりぎりまで送ってくれます。バス通勤よりもさらに入口に近いので悪天候の日の通勤が楽になります。

 

マイクロバス通勤だと確実に座れる

マイクロバスは普通のバスと違い、乗せられる量の人しか乗せません。そのため、確実に座って通勤できるのがありがたいところです。疲れていても座れるのは看護師にとってはかなりたすかるでしょう。

 

10.マイクロバス通勤で感じる看護師のデメリット

マイクロバス通勤で感じる看護師のデメリット
マイクロバスは患者がメインに使うバスですから、やはり患者家族の同乗率が高くなります。せっかく仕事を終えて自分の時間となったのにまた、患者家族の話し相手をしなければならないなんていうこともあります。

 

なかなか乗車できないこともある

帰宅時間のマイクロバスは、職員の帰宅と患者家族の帰宅が重なることが多いため、なかなか乗車できないこともあります。夜勤明けや遅番・早番の不規則な時間であっても、入退院や見舞い帰りなどいつ患者の家族がこぞって帰るかはわからないため、どの時間であってもなかなか座れない問うことがあり得るのがマイクロバス通勤のデメリットです。

 

11.勤務地の施設ごとの通勤のメリット・デメリット

勤務地の施設ごとの通勤のメリット・デメリット
看護師にとって通勤事情は重要な問題です。例えば勤務地の施設ごとでも、通勤に与える影響は異なってきます。まずは多くの看護師が広く当てはまる勤務先の例を挙げます。

  • 地方の総合病院
  • 自宅近くのクリニック
  • 街中の医療施設
  • 車で10分ほどの職場

ここでは、上記の良くある事例4つをもとにして、勤務地となる施設ごとで、通勤に与えるメリット・デメリットはどのようなものがあるのか紹介していきます。

 

地方の総合病院への通勤のメリットは車通勤がしやすいこと

自分の車で通勤がしたい看護師には、地方の総合病院はおすすめです。実際に、地方都市の総合病院へ勤める看護師の大半は車通勤が多い傾向がありますが、理由は大きく3つあります。

  • 無料で駐車場が使える総合病院が多い
  • 保育園、学童保育利用の看護師専用の駐車場がある病院もある
  • 車通勤という自分の時間を作れる

特に家庭と仕事を両立している看護師は、子どもの送迎もあるため、車が無いと不便でもあります。病院勤務の看護師が病院の駐車場を使うのであれば利用料を徴収されません。車通勤の看護師には便利な勤務地と言えます。

 

地方の総合病院への通勤のデメリットは車通勤に関することが多い

地方の総合病院へ通勤するために看護師が感じるデメリットは車通勤に関係する内容で多くあります。

  • 交通状況に出勤時間が左右されやすい
  • 子どもの送迎で出勤がギリギリになることもある
  • 駐車場からタイムカードを押すまでに時間がかかる
  • 駐車場が埋まっていると探すことが大変
  • 職場が駅から遠い場合車通勤以外の看護師の通勤負担が大きい

車通勤は便利ではありますが、疲れている時の運転は危険なこともあります。出勤時間に十分な余裕を持てないとデメリットを感じやすいでしょう。

 

ポイント!

ポイント

車通勤以外でも、駅からのアクセスによって通勤のしやすさが左右されやすいのが地方総合病院の特徴のひとつでもあります。

 

自宅近くのクリニックへの通勤はメリットが多い

自宅の近くのクリニックで看護師が働く場合、通勤で感じるメリットは非常にたくさんあります。どのようなメリットがあるのか、具体的に紹介します。

  • 通勤手段がいろいろ選べる
  • 休憩時間に帰宅して簡単な家事ができる
  • 昼食を自宅で取ることができる
  • 仕事帰りに買い物もしやすい
  • 体調不良の子供の送迎もしやすい

このように、勤務でない間の時間を有効活用できるのが自宅近くのクリニックのメリットです。

 

自宅近くのクリニックへの通勤は忙しい職場だとデメリットがある

自宅に近く、夜勤のないクリニックへ勤務する場合、たしかに休憩中に帰宅して家事などができます。しかし休憩中に帰宅して家事をするとことは、ずっと動いている状態になります。忙しい職場の場合は通勤に感じるメリットが少ないのです。

 

街中の医療施設への通勤のメリットはアクセス次第

自宅の近所ではなく、街中の医療施設へ勤務で感じるメリットです。街中の医療施設の多くは駅から近い職場が多いので、アクセスもよく通勤もしやすいです。このように、通勤アクセスが良い職場であれば、通勤に感じるメリットが大きいのが街中の医療施設なのです。

 

ポイント!

ポイント

交通機関がいろいろ選べ、街が栄えている中の医療施設に勤務する場合、仕事後のアフターを充実させやすいメリットもあります。

 

街中の医療施設への通勤で感じるデメリットは2つ

看護師が街中の医療施設に勤務した場合、通勤に感じるデメリットは2つあります。

  • 車通勤だと駐車料金が高いことが多い
  • アクセスが悪いと通勤が億劫になりやすい

街中の医療施設へ車通勤する場合は、通勤手当が出るのかなどに特に注意が必要と言えます。

 

車で10分ほどの職場への通勤で得られるメリットはあるのか?

車で10分というと近そうな印象を受けますが、おおよそ徒歩で1時間半前後、自転車であれば30分前後かかります。勤務地が車で10ほどという看護師の場合、通勤手段は車やバスを利用することが多いです。そのため、交通費の負担をしてもらえる職場であれば少なくとも通勤のメリットは感じられるでしょう。

 

車で10分ほどの職場への通勤につてのデメリットは?

車で10ほどの職場への通勤に感じる一番大きなデメリットは、交通費負担がされない職場の場合に負担が大きくなることです。車通勤であれば近い距離ともとらえられますが、通勤が不便に感じる看護師もいるでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。結局のところ、どんな通勤スタイルを取るかで通勤手段も大きく変わってきます。

通勤に時間をとりたくないから早く行って早く帰りたい、通勤時間を自分時間として過ごしたい、人込みは嫌いだから人込みを避けて通勤したいなどそれぞれのスタイルに合わせて通勤手段も選択してみてはいかがでしょうか。

 


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

<最新情報をお届けします>

看護師転職ジョブを運営しているスタッフです。

1人でも多くの看護師の方に役に立つ情報や転職時の注意点など幅広く執筆しています。記載している情報は、有資格者の看護師のチェックを通しながら執筆中です。

是非たくさん見ていただけたら嬉しいです。


カテゴリー:看護師転職に必要な知識

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:パンダ
(公開日:)(編集日::2017年10月05日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。