著作者

L&K

看護師ライター

L&K

( 看護師 )

美容皮膚科看護師のやりがい・大変なこと【体験談】

L&K
看護師ライターL&K

美容皮膚科は人気がある職場である一方、病院に勤務している看護師にとっては不明な点が多くやりがいがないのではないかと敬遠する人も多いです。

実際には働くメリットややりがいも多くありますが、その反面大変なことやデメリットも多くあります。ここでは病院の病棟勤務から美容皮膚科クリニックへ転職した私の経験に基づき、美容皮膚科で勤務する看護師について詳しくお話ししていきます。

【目次】
1.美容皮膚科の看護師のやりがい
・自分磨きをすることができる
・しっかりとした接遇が身に着く
・美容皮膚科ならではの技術が身に着く
2.美容皮膚科の看護師が大変なこと
・クレーム対応が大変
・スキルが低下するため病院への転職が大変
まとめ

1.美容皮膚科の看護師のやりがい

では、看護師が美容皮膚科で働く際のやりがいには、どのようなことがあるでしょうか。

 

自分磨きをすることができる

笑顔の女性

美容皮膚科に勤務することで、患者がきれいになっていく過程を目の前で見ることができ、働いているスタッフとして「自分自身の肌のケアもしっかりしなくては」というプロ意識の気持ちが生まれます。

そのため、元々美意識が高い看護師は働くことでより一層高くなり、それほど美意識が高くなかった看護師も自然と仕事をしていく上で高くなっていき、自分磨きをすることにつながります。

 

正しいスキンケアをしていなかったことに気づかされました

私は、元々自分で美意識が高い方だと思っておりスキンケアなどをしっかりとしているつもりでしたが、美容皮膚科に勤務してから医師の診察を聞くたびに自分が正しいスキンケアをしていなかったことに気づかされました。

美容に関する正しい知識やスキンケア方法を十分に身に着けることができ、大いにやりがいを感じることができました。

退職した今でも自分磨きを続けることができています。

 

しっかりとした接遇が身に着く

姿勢のいい看護師
美容皮膚科は、きれいになるための治療を行う場所であり、患者は「クリニックでどれだけ気分よく過ごせるか」を重要視しており、スタッフに高い接遇を求めていることがあるため、病院や一般のクリニックより一層「お客様」として患者の対応をすることが必要です。

そのため、美容皮膚科に転職して勤務していると徐々に自然と接遇を身に着けることができ、仕事以外の場面でも役に立つことが多くあり、やりがいを感じるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

丁寧な言葉遣いをして挨拶は必ず笑顔で行い、どんなに忙しくとも余裕のあるような堂々とした態度を保ち、「患者の荷物を持つ」「部屋の温度はちょうどよいか伺う」等、細やかな気配りをすることが大切です。

 

美容皮膚科ならではの技術が身に着く

美容皮膚科で働く女性看護師

美容皮膚科は、医療脱毛を行うことも看護師の大きな仕事の1つです。脱毛レーザーは美容皮膚科に勤務した看護師ならではの習得できる技術であるため、たくさん練習して1人前になれると、やりがいと喜びを多く感じることができます。

私が勤務していたクリニックは、看護師2人体制でしたが1人は、ほぼ1日中脱毛を担当していることがあるくらい脱毛の患者は多く来院していました。

そのため、日々めきめきと脱毛レーザーの技術力が上がり、自分でもそのことを実感できたので、とてもやりがいを感じられたのです。

 

2.美容皮膚科の看護師が大変なこと

看護師が美容皮膚科で働く際に大変なことには、「クレームが多い」「看護スキルが低下する」ということが挙げられます。

それぞれについて以下で確認していきましょう。

 

クレーム対応が大変

頭を抱える女性

美容皮膚科に来院する患者は、美意識の高さに比例して美に対する期待も大きく、治療して満足する結果にならなければクレームを言ってくることも度々あります。

クレームが常習である患者や厄介な患者も多いため、病院よりもクレーム対応に慣れておくことが必要です。

 

美容皮膚科には「完璧」を求める人が多い

私が実際に美容皮膚科に勤務してみると、端から見ても全く気にならないような小さなシミやホクロでも患者本人にとっては大きなコンプレックスとなっていることも多く、美容皮膚科は美意識が高く完璧を求める人が多い場所なのだということを大いに実感しました。
 

理不尽なクレームにも謝罪しなければならない

治療をする前に医師が細かく事前説明をして、患者も了承したにもかかわらずクレームを言われてしまうことがあります。

それでも、まず初めに謝罪をしなければならず、精神的に結構大変です。

 

看護スキルが低下するため病院への転職は大変

パソコンを見る女性

美容皮膚科では、病院と違って看護師が行う手技や使う知識が限定されています。

美容皮膚科ならではのスキルは身に着くものの、一般的な看護知識を生かす機会が少なく一般的な手技としては注射・採血・点滴くらいしか行うことがないため、長く勤務することでスキルが低下するというリスクがあります。

この先ずっと美容皮膚科勤務だけを続けていく看護師にとっては問題がありませんが、「また病院勤務をしたい」と考える看護師は、美容皮膚科で働く期間が長くなるほど、病院へ転職が大変になるでしょう。
 

まとめ

美容皮膚科の看護師のやりがいと大変なことについて紹介してきましたが、いかがでしたか。

美容皮膚科は、美意識の高い看護師にはとてもオススメの転職先です。

さらに詳しく美容皮膚科について知りたい方は「美容皮膚科へ看護師転職前に!メリット・デメリットを確認」の記事もチェックしてみてください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

私は4年間大学病院に勤務し、その後5年間クリニックに勤めました。また、空いた時間に様々な単発アルバイトも経験しました。
現在は2児の母として子育てに奮闘している為、在宅にて看護師の経験を生かせることはないかと考え、看護師ライターに挑戦することにしました。私の経験したことを転職や就職を考えている看護師に分かりやすくお伝えできるよう努めて参ります。


カテゴリー:美容クリニック

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:L&K
(公開日:)(編集日::2017年11月17日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。