著作者

Ivy

看護師ライター

Ivy

( 看護師 )

看護師が転職を決意した8つの瞬間とは【体験談】

Ivy
看護師ライターIvy
看護師 転職理由

転職を決意する時には、様々な理由があると思います。

それは、仕事を続けていくには困難な理由であったり、やむを得ない理由であったり、または新しい分野や仕事内容を希望し、自分の知識や経験を広げるための理由であることもあると思います。

ここでは転職を決意した様々な理由について、自分の経験や友人の話から紹介していこうと思います。

看護師転職を決意した続かない困難な退職理由8つ

決意した続かない困難な退職理由

看護師が転職を決める理由は様々あると思います。私の経験や周りの知人の経験もふまえた上で、皆がどのような理由で仕事を辞めるのかみていきましょう。

 

(1):人間関係が辛くなってしまったから

長い時間を共に過ごすことになる人間関係は、いくら仕事上とはいえ、耐え難い時もあります。病院勤務の場合は職員の人数が多いことや、交代制の勤務であることから、そこまで苦痛に感じることは少ないかもしれません。人間関係が辛いと感じることの多くはクリニック勤務で職員の人数が少ない環境が多いと思います。

 

クリニックに出勤することが苦痛になる

クリニック勤務では、交代制やシフト制ではないところも多いので、勤務の日は毎回同じように顔を合わせることになります。そのため、辛い環境が日々続くことにより、クリニックに出勤するのが苦痛になってくることもあります。

 

(2):院長に対して苦痛を感じたから

クリニック内で院長の方針は絶対なので、少々理不尽なことも従わなければならないことが多いです。例えば、業務内容や流れが合理的でなかったり、院長の知り合いなどを患者さんとして割り込ませ、業務過多になったりなど、院長の方針に振り回される職場も意外と多いと思います。

 

仕事中も周りに気を使う必要がある

気分にムラがあったり、すぐに怒ったりする先生もいたりするので、様子を伺いながら仕事をしなければならない時もあります。時には、何か患者さんのトラブルがあると、すぐにスタッフのせいにする先生や、再発防止のために話し合うのではなく、まずは誰がやったかをつきとめて、徹底的に怒られるクリニックもありました。

 

(3):看護師スタッフに対して苦痛に思うから

看護師同士での人間関係が難しい、または合わないということも多いと思います。同じ業務をする上で仕事の優先順位や方法は、それぞれの看護師が経験してきた内容によって異なってきます。特にクリニック勤務では、色んな病院や他のクリニックで経験してきた看護師が集まってきます。

 

クリニックにはマニュアルが無い事が多い

クリニックの方針やマニュアルが整備されていればいいのですが、クリニックではそこまでしっかりと整備されているところは少ないです。そうなると、そこで長く勤務する看護師または、発言力のある看護師に左右されることが多いのが実情です。

 

ポイント!

ポイント

看護師の中には時々、新しく入ってきた看護師に半ばいじめではないかと思うくらい、細かく指摘したりする看護師もいます。さらには、強制的にランチや食事会への参加を促す看護師もいたりするので、仕事以上に気を使って疲れてしまうこともあります。

 

(4):業務上で苦痛や不満が溜まったから

看護の仕事はどの職場でも基本は同じだと思うのですが、職場の方針や労働条件によってはとても苦痛に感じてしまう時もあります。それが日々の積み重ねにより身体的苦痛や不満が溜まって、ついには転職を考えてしまうこともあります。

 

(5):身体的理由で仕事ができなくなったから

身体的理由とは、仕事を続けるに堪え難いほど、疲労を伴う労働条件のことを示します。看護師が働く労働時間は大体8時間くらいだと思います。その間、採血や注射、処置などでずっと立ち仕事をすることが多いと思います。それだけでも重労働だと思うのですが、以前勤務したクリニックでは、業務時間内はほんの少しでも座ってはいけないというルールがありました。そのクリニックは受診者も多く、それに伴い業務量も多かったため、ずっと中腰で働き続けるスタッフの中には、頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニアになった人もいました。

 

ポイント!

ポイント

自分も身体的理由からその職場を退職することに決めた経緯があります。看護師は身体を使う仕事ですが、仕事で体を壊しても誰も助けてくれません。自分の体は自分が大事にしなくてはならないと思いました。

 

(6):労働条件に納得できないから

労働条件の大体は院長の方針によって決まっています。その労働条件の中には時々、理不尽ではないかと思う内容のこともあります。例えば、残業代が加算されておらず、全てサービス残業になっている場合です。終業時間よりも業務が延長してしまうことはよくあると思うのですが、それに加えて、始業時間もなぜか毎日30分以上前に出勤して、院内の清掃を一通り行わなければならないところがありました。それなら、業務開始時間は30分前からにしてくれればいいのにとスタッフはみんな不満に思っていました。

 

有給休暇を許可してもらえなかった

休暇についてなのですが、クリニック勤務では定休日以外の休みは有給休暇として取得することができます。ですが、院長が有給休暇を許可してくれず、クリニックの夏休みを勝手に有給休暇にあてているということがありました。

拘束時間が契約時間よりも長く、休暇に対しても融通を利かせてもらえないのは、長く勤めることが難しいいと感じる理由になってきます。

 

(7):他の場所で知識や経験を広げたいから

これは、自分がその職場ではできないことに挑戦したい、新しいことを学びたいと思った時に転職を考えることです。例えば、ずっと病院勤務をしていたとしたら、クリニック勤務をしてみたい、今後、助産師や保健師の勉強をするために学校を受験したいなどの理由で退職する看護師は結構います。また、病棟勤務の時に意外と多かったのは、語学留学やワーキングホリデーのための退職でした。その後、語学や海外経験を生かして帰国後に活躍する看護師も多くいるので、若いうちに経験してみるのもいいと思います。

 

(8):やむを得ない事情が生じたから

これは、自分の意思で転職を決めるというよりは、自分を取り巻く環境により、転職しなければならない時を示します。例えば、既婚者で多いのがご主人の転勤や妊娠に伴う理由です。

また、家族の諸事情により、実家に帰郷しなければならないなどの理由もあると思います。

 

 まとめ

転職を決意する理由は人それぞれ色んな内容があると思います。

知識や経験を広げるためや、やむを得ない理由の場合は、ポジティブな理由なので、次の目標もはっきりとしていて、すんなりと転職できると思います。ですが、仕事を続けるには困難なことが理由の場合は、ややネガティブな理由となり、簡単に転職を決めることはできず、このまま我慢して続ければいいのか、転職したほうがいいのか迷うこともあると思います。

今までの経験や友人の話を聞いた結果思ったことは、ある程度経験を積むまで数年は一定のところで経験を積むほうが良いと思うのですが、基礎経験ができている場合は、そこまで我慢しなくてもいいのではないかと思います。特にクリニックではややブラック的なところも多いので、それに振り回されてしまうこともあるからです。

生活の基盤となり、1日の中の大半を過ごすことになる職場は、当然のことですが色んな意味で働きやすい方がいいです。

看護師は売り手市場なので、求人もたくさんあります。しっかりと情報を吟味して、自分に合った職場を探せるといいと思います。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

趣味は海外旅行や美味しいものを食べてお酒を飲むこと。現在は旦那さんと2人暮らしをしています。看護師歴20数年になり、総合病院や専門病院などの病棟を15年ほど経験し、その後はクリニックでのパートや、今までの経験を生かして美容クリニックや検診などのスポットアルバイトをして今に至ります。
現場でずっと働いていたので、他の仕事に興味があり記事を書いていますので応援よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師リアル体験談


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:Ivy
(公開日:)(編集日::2017年10月05日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。