著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

皮膚科看護師転職での必要なスキルとメリット・デメリット

皮膚科看護師転職

皮膚科の転職の注意点は以下の通りです。

  • コミュニケーションスキルも必要
  • 看護のスキルアップが難しい
  • 勤務が楽なわけではない
  • 美容皮膚科はノルマが課される場合もある

皮膚科に経験なしで転職する場合の注意点でした。皮膚科は転職したい科ランキングにも入るので、人気もあります。

看護のお仕事口コミへ

1.皮膚科で働く看護師に必要なスキル

皮膚科で働く看護師に必要なスキル

本人も気づかない変化に気付ける「観察力」

皮膚科の場合は患部が目に見えるため、症状の変化がよくわかります。慣れた看護師であれば、経過が順調かどうかもすぐにわかりますし、本人も気づいてないような湿疹に気づくなど、頼りになる存在になるでしょう。

スキルは現場で働くうちに身につくものなので、事前に覚えておかねばならないというわけではありません。

 

幅広い年齢層に対応できるコミュニケーションスキル

皮膚科は一般的に来院する患者が多く、またその年齢層も幅広いのが特徴です。そのため、看護師はどのような患者に対しても適切に対応できるコミュニケーションスキルが求められるのです。

 

羞恥心に配慮しながら対応機敏に対応できるスキル

場合によっては患者が医師や看護師に見せるのが恥ずかしい場所に処置を行うケースも出てきます。そんな時は、テキパキと処置を行う看護師のほうが、患者は恥ずかしくないものです。

もちろん冷たい言い方などになってはいけませんので、その辺の兼ね合いも難しいところかもしれません。

 

2.皮膚科に転職する看護師のメリット

皮膚科メリット

皮膚科に転職する看護師のメリットは、以下の通りです。メリットは知っている方も多いですが、念のため確認しておきましょう。

 

比較的処置が難しくない

比較的処置が難しくないというとでしょう。基本的には肌の疾患になるので、患部は見えている場所ですし、行う処置も薬を塗ったり検査のための採決をしたりが中心で、看護師として基本的な技能があれば問題ない範囲です。

 

明るく穏やかな雰囲気な病院が多い

命に関わるような病気であるケースはほとんどないので、わりと明るく穏やかな雰囲気の病院が多いのではないでしょうか。そのため、結婚や出産などで退職してブランクのある看護師が復帰する時にも人気が高い科です。

 

皮膚科には夜勤がない

手術を行うような総合病院では入院が必要な場合もありますが、一般的には入院することはあまりないので、夜勤がないケースがほとんどです。町のクリニックが多いので、毎日訪れる患者は多いものの、その場の処置で終わるケースが大半になります。

外来のみのクリニックは、残業はあるものの夜勤がないので、その点が魅力で皮膚科を選ぶ人もいるでしょう。

 

美容皮膚科では、働きながら綺麗になれる!

最近ではシワやシミの解消に皮膚科を訪れる人も多くなり、美容皮膚科として開院するクリニックも増えています。また、レーザー脱毛などを中心に行うところも少なくありません。

こういったクリニックに勤めると、美肌について詳しくなったり、クリニック専用の化粧品を使うことができたりというメリットがあります。また、格安でレーザー脱毛ができるのもメリットでしょう。女性にとっては関心の高いスキンケアを専門的なレベルで出来るのは、魅力的なポイントではないでしょうか。

美容皮膚科は皮膚科の中で特殊なので「美容クリニック求人!転職前に確認したい6つの事」を確認してください。

 

3.皮膚科に転職する看護師のデメリット

皮膚科デメリット

看護のキャリアのプラスになりにくい

皮膚科に転職する看護師のデメリットのひとつは、看護師としてのキャリアを考えるとプラスになりにくいという点です。内科や外科の病棟勤務の経験があれば、多少違う科に転職する時もその経験が活かされることは多いのですが、皮膚科の場合はどうしても外来で簡単な処置が中心となりますので、スキルアップしているとは言えません

 

皮膚科の勤務は意外にハード

入院や手術が伴うような大きな総合病院でない限り、皮膚科での看護師経験は転職にプラスに働くとは言えないのが現状です。それでいて、皮膚科は日々の勤務が決して楽なわけではありません。毎日診察を受ける人数はかなり多いので、外来看護師として慌ただしく働くことになります。

 

美容皮膚科の場合ノルマあり

美容皮膚科の場合はまた違った働き方になります。病気で訪れるわけでなく、美容のために患者が訪れる美容皮膚科では、看護師も医療面でのケアだけでなく、営業的な仕事も求められます。病院によってはノルマがあるところもあるので、その点は調べてから転職する方が良いでしょう。

 

看護師としてやりがいが感じられない時も

訪れる患者に対しても普通の病院と違ってサービス業のような接し方をすることになるので、その点を負担に感じる人もいるかもしれません。

また、脱毛をメインとする美容皮膚科などでは、どちらかというとエステティシャンのような状態で勤務することが多いことから、看護師としてのやりがいが感じられないこともデメリットだと言えるでしょう。医療の最前線で、バリバリ働きたいという看護師には向いていないかもしれません。

 

まとめ

皮膚科の看護師は「楽」なイメージを持たれますが、毎日大勢の患者に対応しなければならないため、一概にそうとも言い切れません。また、「美容系」の場合はノルマがあることも多いため、合わない人全く合いません。

また、皮膚科によって業務内容も特徴も異なりますから、転職する際には事前に情報収集をした上で自分に合った職場を選択するようにしましょう。

 

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。


この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「kameko」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年04月04日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。