著作者

sayo

現役看護師

sayo

( 看護師 )

皮膚科看護師転職での必要なスキルとメリット・デメリット

sayo
現役看護師sayo
皮膚科看護師転職

皮膚科は皮膚の疾患を扱う診療科であり、疥癬、熱傷や褥瘡などの外傷、湿疹、蜂窩織炎、メラノーマなどの皮膚がんなど疾患の種類はとても多いです。

その疾患の中で入院が必要な患者はあまり多くなくほとんどは外来受診で治療していくことが多く、そのため皮膚科病棟は患者数が他の科に比べて少なく、病院によっては他の科と混合病棟になっていることがありますので転職時には注意してください。

ここでは皮膚科病棟で働く看護師に必要なスキルや転職のメリット・デメリットを説明していきます。

看護師として転職する際に役立ててください。

1.皮膚科で働く看護師に必要なスキル

皮膚科で働く看護師に必要なスキル

看護師の仕事内容は、

  • 状態観察
  • 入浴や排泄などの介助
  • 点滴
  • 採血
  • 軟膏塗布
  • 医師によるガーゼ交換の介助
  • 検査の移送

などが主な看護師の仕事内容になります。

皮膚科特有の仕事があるわけではなく、看護師の仕事内容としてはシンプルで難しい看護技術がいりません。病院によっては手術を行う病院もありますが、他の科の疾患と比べてすぐに終わる手術が多く、術後もICUに入ることはなく病棟に戻ってくる状態の患者がほとんどです。

ここでは皮膚科看護師に必要なスキルと、必要な知識についても合わせて説明します。

 

(1)皮膚の状態の変化に気づく「観察力」

治療を行い経過が順調な皮膚の状態なのかどうか初めは判断が難しいことがあります。

また、皮膚の状態の観察については本に全て載っているわけではないので、分からなければ経験豊富な看護師に意見を求めたり、医師のガーゼ交換で医師が皮膚の状態についてどのように言っているのか聞き、看護師としての観察力を身につけていくことが必要不可欠です。

 

補足説明!

ポイント

特に患部が患者自身で見えない部分にあると、患者自身も変化に気づけないということがあります。毎日写真を撮って状態を比べるわけではないので、交代勤務で自分が毎日観察していけない中、現在の皮膚の状態はどうなのか看護師が経験を基に判断しなければいけません。

 

(2)ガーゼ交換に必要な物品についての知識

ガーゼ交換は他の外科の病棟でも毎日行われることでもあり、ガーゼ交換の介助をしたことがあるという看護師がほとんどだと思います。

しかし、皮膚科のガーゼ交換は使うガーゼの種類などの物品がとても多く他の科では使用しないようなものまで使用します。

そのため、皮膚科で働く看護師は、ガーゼ交換に使う物品の名前を覚えることが不可欠必要です。

 

補足説明!

ポイント

実際に私も外科を経験した後に皮膚科を経験したのですが、医師の介助を行うときにガーゼの種類や使い方が違って全く対応できませんでした。ガーゼ交換用のカートに何が入っているのか確認し覚えておくととても良いです。

 

(3)軟膏の知識

皮膚科で使う軟膏の種類もとても多く、皮膚科のガーゼ交換用のカートには様々な種類の軟膏があります。

どんな名前の軟膏があり、どのような疾患に使うのか覚えておくことが看護師には必要です。

 

(4)幅広い年齢層に対応できるコミュニケーションスキル

皮膚科は一般的に来院する患者が多く、またその年齢層も幅広いのが特徴です。そのため、看護師はどのような患者に対しても適切に対応できるコミュニケーションスキルが求められるのです。

 

2.皮膚科に転職する看護師のメリット

皮膚科メリット

皮膚科に転職する看護師のメリットは、以下の通りです。

 

(1)難しい看護技術が不要

皮膚科の病棟では命に関わる処置がほとんどないので必要な看護技術が少なく、

  • 育児休暇明けの方
  • ブランク明けの方
  • 看護技術に自信がない方

などのが無理なく働ける職場です。

点滴や採血、軟膏塗布でも必要な基本的な看護技術しかほとんどいりません。

 

(2)明るく穏やかな雰囲気な病院が多い

命に関わるような病気であるケースはほとんどないので、わりと明るく穏やかな雰囲気の病院が多いのではないでしょうか。そのため、結婚や出産などで退職してブランクのある看護師が復帰する時にも人気が高い診療科の理由の1つです。

 

(3)皮膚科の看護師は残業や忙しいことが少ない

状態が急変する患者はほとんどいません。緊急入院する患者も少ないので、日勤帯も夜勤帯も落ち着いていることが多い病棟です。

 

患者の急変がないので残業がほとんどない

他の科に比べて点滴も少なく、セルフケアが全介助という患者も少ないです。そのため残業が少なく、勤務中にバタバタしていることもほとんどありません。

患者が急変するかもしれないという緊張感も少ないので穏やかな気持ちで勤務することができます。仕事だけでなく家庭やプライベートの時間を大切にしたいという人にはとても良いです。

 

(4)患者の死に立ち会う機会が少ない

皮膚科病棟では亡くなる患者はとても少ないです。他の疾患もある患者はその疾患の病棟に入院していることが多く、皮膚科の病棟で死に立ち会うという場面はほとんどありません。

そのため患者の死に立ち会うという精神的ストレスが他の科に比べてとても少ないです。

 

3.皮膚科に転職する看護師のデメリット

皮膚科デメリット

皮膚科に転職する看護師のデメリットのひとつは、看護師としてのキャリアを考えるとプラスになりにくいという点です。

内科や外科の病棟勤務の経験があれば、多少違う科に転職する時もその経験が活かされることは多いのですが、皮膚科の場合はどうしても外来で簡単な処置が中心となりますので、スキルアップしているとは言えません

その他デメリットを確認してみましょう。

 

(1)看護スキルが上達しない

皮膚科での処置は点滴、採血、軟膏の塗布、ガーゼ交換の介助など基本的なケアばかりで難しい処置や急変時の対応などについて経験する機会がほとんどありません。

そのため看護技術が身についていない新人看護師や、どんどんキャリアアップしたり経験を積みたいという看護師には向いていない診療科です。

 

転職のプラスにはならないので注意!

入院や手術が伴うような大きな総合病院でない限り、皮膚科での看護師経験は転職にプラスに働くとは言えないのが現状です。

 

注意点!

ポイント

何年も皮膚科の病棟で働くと次に他の科の病棟に異動した時に看護技術で困るという経験をす看護師も多いです。

 

(2)看護師としてやりがいが感じられない時も

皮膚科での看護師の仕事はシンプルなので、患者のために看護師が考えてケアをしたり、退院に向けてスタッフ間でカンファレンスを行い、それを基に患者指導を行い退院支援を行うということが少ないです。

皮膚科の疾患は病状が緊急を要したり、急変したりすることがほとんどなく、治療を行い予定通り回復し退院する患者が多いです。

そのため他の科と比べて看護師のやりがいを感じる場面は少ないです。

 

まとめ

皮膚科の病棟看護師の仕事内容はとてもシンプルで急変など忙しいことも少ないので落ち着いて働きたいという、特に育児休暇明けの看護師やブランク明けの看護師にはとてもおすすめの科です。

その反対にバリバリ働きたい、キャリアを積みたいという看護師にとっては物足りなさを感じる科だと思います。

しかし、ガーゼ交換の仕方など皮膚科が専門としている部分をしっかりと学ぶこともできたり、皮膚科看護師に関わりの深い皮膚・排泄ケア認定看護師などの認定看護師の資格もあるので皮膚科に異動したからといって全く看護師としての学びがないわけではありません。

この記事が少しでも皮膚科に転職しようと考えている看護師の参考になれば幸いです。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。

看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

地方の大学病院で約6年勤務し、その間妊娠・出産も経験し出産後も子どもを保育園に預けながら正社員として働いていました。その後京都に移り住み現在は子育てしながら訪問入浴・デイサービス・健診など派遣看護師として働いています。
私自身子どもを育てながら色々な勤務形態で勤務した経験があるのでママさんナース、これから結婚・出産を経験する方々に私の経験をもとに情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師に人気の科


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:sayo
(公開日:)(編集日::2017年06月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

2 コメント・感想

  1. […] 皮膚科 […]

  2. […] →皮膚科看護師転職での必要なスキルとメリット・デメリット […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。