著作者

椿

現役看護師

椿

( 看護師 )

糖尿病内科に転職を考える看護師のメリット・デメリット

椿
現役看護師椿
糖尿病内科に転職を考える看護師

糖尿病は、現在でも増え続けている生活習慣病のひとつです。そのため病院中には糖尿病科をおいて、治療に力を入れているところも増えています。糖尿病は完治するということはない病気なので、糖尿病と診断されたらその後は薬物療法を継続し、食生活にも気を付ける必要があります。

また、適度な運動を行うなど、生活習慣の改善が治療に直結しているため、看護師のサポートも非常に重要な疾患になります。

1.糖尿病内科の看護師の仕事とは

糖尿病内科の看護師の仕事とは
糖尿病内科へ入院してきた糖尿病患者の食生活や運動習慣などの情報収集を行うことが糖尿病内科で働く、看護師の仕事です。(糖尿病患者の教育入院を扱わない糖尿病内科場合は異なります。)

  • 食生活
  • 運動習慣
  • お酒や間食の習慣
  • 勤務している仕事の内容

上記のような内容を、ありのままの情報をくわしく用紙に記入してもらいます。

 

記入用紙だけでなく口頭でも糖尿病患者の情報を聴取する

自分の体裁を気にして、虚偽の申告をする糖尿病患者もいるため、護師は心配せずに書くよう促すことも仕事のうちです。こうして記入用紙だけでは十分な患者の情報が得られないので、足りない部分は口頭で聴取していきます。

 

糖尿病内科に入院する患者の詳細な情報が大切な理由

個別性のある指導をするために、糖尿病内科に入院する患者の詳細な情報はとても大切になります。糖尿病患者の情報は看護師だけでなく、食事指導を担当する栄養士、服薬指導をする薬剤師とも共有します。

 

ポイント!

ポイント

糖尿病患者の情報収集が終わると、教育入院では10日程度でクリティカルパス(色々な職種のスタッフが連携すること)が適応されます。

 

看護師は運動療法やフットケアなどを担当することが多い

糖尿病患者への指導は下記のように、指導内容によって受け持つ担当が分かれています

  • 看護師:運動に関する指導
  • 栄養士:食事に関する指導
  • 薬剤師:薬に関する指導
  • 医師:糖尿病の病態や合併症に関する指導

看護師は糖尿病患者へ、病院内で作成された専用のテキストを用いて運動療法やフットケアの指導をします。糖尿病患者が運動の重要性、フットケアを怠った成れの果てを実感、肝に銘じてくれるかは看護師の手腕にかかっているのです。

 

説得力のある指導のためには自分自身で学習することが重要

テキストの内容をしっかり理解して腑に落としておくと、自分の言葉で糖尿病患者へ指導することが出来ます。時にはその糖尿病患者の生活習慣に合わせて運動の方法を提案することが出来れば、より糖尿病患者の理解も深まります。

 

糖尿病指導にはスタッフ間の情報共有も欠かせない

中には糖尿病について勉強して、「運動するにしても、インスリンが足りないのに、どのように血糖値が下がるのか」など鋭い質問をしてくる糖尿病患者もいます。この質問に対しては、看護師として筋肉収縮とGLUT4の関係についての知識がないと答えることが出来ません

 

OGTT検査のための採血も看護師の仕事

糖尿病教育入院では、入院してすぐにOGTT検査と呼ばれる糖負荷試験を行うことがあります。75gブドウ糖水溶液を飲む前と飲んだ後30分、60分、120分の採血をします。

患者の朝食前に終わらせないといけないため、早朝から開始します。

 

ポイント!

ポイント

採血時間がずれるといけないので、看護師は糖尿病患者にもタイマーを渡しておくなど気を使います。

 

尿検査をする際の蓄尿方法の説明も行う

糖尿病患者の検査のひとつである尿検査は、糖尿病患者が蓄尿の方法や量などを間違うとやり直しになります。そのため、看護師は糖尿病患者へ尿検査をする際の蓄尿方法について、わかりやすく理解できるように説明を行う必要があります。

 

食事指導の日時を決めるために糖尿病患者家族との調整もする

毎日のように食前の血糖測定をし、クリティカルパスに基づいて合併症を早期発見するための検査や他科受診を行います。食事指導の日時を決めるために家族との調整もしなくてはいけません。

 

2.糖尿病内科の看護師の1日のスケジュール

糖尿病内科の看護師の1日のスケジュール

糖尿病内科で働く看護師の1日のスケジュールを日勤と夜勤に分けて表にまとめます。

【時間】 【糖尿病内科の看護スケジュール】
08:30 ・日勤開始
・朝のミーティング
・カルテで情報収集
・夜勤からの申し送り
08:40 環境整備
09:00 ・バイタルチェック
・状態観察(検査から呼ばれた場合は案内をする)
11:30 ・昼食前の血糖測定
・食前インスリン注射
・自己実施の人には指導
12:00 ・食直前インスリン注射
・昼食配膳
・蓄尿検査提出
12:20 ・内服確認
・下膳
・昼休憩
13:20 カンファレンス
14:00 ・バイタルチェック
・状態観察(検査から呼ばれた場合は案内をする)
14:30 患者指導としてフットケアの実施
16:00 記録
17:00 日勤終了

昼休憩中に午後のカンファレンスの確認をする看護師も多いです。

 

糖尿病内科夜勤で働く看護師の1日のスケジュール

糖尿病内科の夜勤で働く看護師の1日のスケジュールを見ていきましょう。

【時間】 【糖尿病内科の看護スケジュール】
17:00 夜勤開始
17:30 ・夕食前の血糖測定
・食前インスリン注射
18:00 ・食直前インスリン注射
・夕食配膳
18:30 ・内服確認
・下膳
19:00 ・バイタルチェック
・状態観察
21:00 ・眠前血糖測定
・インスリン注射
22:00 消灯
23:00 休憩
00:00~04:00 ・巡室
・休憩
・記録
05:00 必要に応じてOGTT開始
06:00 ・バイタルチェック
・採血など
07:00 OGTT終了
07:30 ・朝食前の血糖測定
・食前インスリン注射
08:00 ・食直前インスリン注射
・朝食配膳
08:20 ・内服確認
・下膳
08:30 申し送り
09:00 記録
09:30 夜勤終了

ここで紹介したスケジュールは、あくまで一般的な糖尿病内科のスケジュールのため、病院によって少しずつ異なることもあります。

 

糖尿病内科ではのんびり仕事ができる診療科ではない

糖尿病内科は単科の病棟であることは少なく、他の診療科と混合病棟になっていることが多いです。日勤も夜勤も、1日のスケジュールの中に、オペ出しや入退院、特殊検査、透析の送迎や重傷糖尿病患者の看護などが入るため、決してのんびり仕事が出来るわけではありません。

 

3.糖尿病内科の特徴について

糖尿病内科の特徴について
糖尿病内科は糖尿病単科であることは少なく、他の診療科と混合病棟になっていることが多いです。例えば、腎臓内科です。糖尿病の合併症でも腎不全は特に深刻なものです。

指導や本人の努力の甲斐なく透析導入になるケースもあり、糖尿病から腎不全を一連の流れととらえ、腎臓内科と一緒の病棟になっていることがあります。

 

整形外科や脳外科と同じ病棟の糖尿病患者は何かと後回しにされる

整形外科や脳神経外科など、まったく畑の違う分野と混合のこともあります。整形外科や脳神経外科は手術や入退院などで忙しいことが多いため、元気な糖尿病患者は何かと後回しにされることがあります。

 

入院患者としての自覚に欠ける困った糖尿病患者もいる

教育入院の糖尿病患者は、とても元気です。特に会社員で入院している方は、糖尿について教育を受けるため堂々と仕事を休めます。会社に行かず堂々と仕事が休めることに優越感を得て、病院の規則を守らないなど、入院患者としての自覚に欠ける困った糖尿病患者もいます。

 

ポイント!

ポイント

入院中に糖尿病患者が羽目を外すことがないよう、看護師がしっかり目を光らせておくことが大切です。

 

4.糖尿病内科で働く看護師に必要なスキル

看護師のスキル

糖尿病内科に勤める看護師に必要スキルは、第一に糖尿病についての知識です。糖尿病はインスリンが不足することによって、体を正常な状態に保つことが非常に難しくなる病気です。もちろんインスリンを補給するだけですべてが解決する訳ではありません。

そのため、糖尿病に関係する病気や対処方法など幅広く必要な知識があります。

 

糖尿病患者が起こしやすい合併症についての知識も必要

糖尿病において心配されるのが、血糖値の上昇だけでなく、合併症の存在です。神経障害や網膜症、また腎症などは、糖尿病の人が特に併発しやすい合併症です。

糖尿病内科の看護師は、糖尿病はもちろん、糖尿病患者が起こしやすい合併症についても知識を持ち、その兆候が表れていないかを特にチェックする必要があります。

 

ポイント!

ポイント

合併症の確認は大切ですので、医師も気を配っていますが、長い時間接する看護師が注意しておくことも大切です。

 

フットケアの看護スキル

糖尿病の合併症として代表的なものの1つが抹消動脈疾患(PAD)です。PADは下肢へ充分な動脈血が供給できなくなり、下肢の冷え・しびれ・痛みなどの症状を引き起こし、最悪の場合、壊疽して下肢を切断することになります。

そうした事態を避けるためにも、糖尿病内科の看護師にはフットケアに関する知識・技術が求められるのです。

 

糖尿病患者の教育をするスキル

糖尿病内科には、「糖尿病教育入院」をしている患者が大勢います。そうした患者(もしくはその家族)は入院中にインスリン注射の手技を身につけ、血糖をコントロールするための食事療法や運動療法について学んでいかなければなりません

そして、看護師はこうした教育を患者のキャラクターに合わせながら行う必要があるのですが、なかなか一筋縄でいかないことも多いのが実態です。
 

5.糖尿病内科で働く看護師のメリット

働く看護師のメリット

教育入院の糖尿病患者はADLが自立している人が多く、身体ケアが少ないため体力的に楽だと感じる看護師は多いでしょう。

食事、入浴は自分で出来るため、フットケアの指導くらいしか身体援助と言えることはありません。コミュケーションも取りやすく、雑談から指導にすんなり入ることが出来ます。

 

糖尿病患者への指導により高いコミュケーション能力がつく

糖尿病の指導内容は、糖尿病患者にとって受け入れやすい物ばかりではなく、嫌だと感じる内容も多いです。糖尿病内科に入院している、いろいろなタイプの糖尿病患者に出会い、その糖尿病患者に合った方法を模索しながら指導をしていくうちに、コミュニケーション能力がついてきます。

 

一方的な指導では糖尿病患者は受け入れてくれない

看護師も正しいことを振りかざして一方的に指導していたのでは到底糖尿病患者は受け入れてくれず、反発されます。糖尿病患者が置かれた立場や、仕事の忙しさ、好きな食べ物を我慢しなければいけない辛さも理解しましょう

 

ポイント!

ポイント

糖尿病と診断された気持ちに配慮も必要ですし、社会的地位によっては若い看護師からの指導を拒む人もいます。

 

自分自身の生活習慣を見直すきっかけになる

糖尿病は看護師にとっても他人事ではありません。一般の人は自分や家族が実際にならない限り、糖尿病は遠い存在です。その点看護師は仕事として勉強していくうちに、自分の生活習慣を見直す機会が得られるのです。実際の糖尿病患者を見ながらのケーススタディもバッチリですので、看護のための勉強が自分や家族の健康に役立ちます。

 

糖尿病に関する知識はどこでも使える!

糖尿病を専門としていない病棟でも、基礎疾患に糖尿病がある患者は大勢入院してきます。

そのため、糖尿病に関する知識はこれから先、どこの病棟に配属されたとしても必ず活きてきます。また、糖尿病を起因とした二次障害を予測することもできるため、看護師としてのアセスメント力を上げることができるでしょう。

 

糖尿病内科では専門性を極められる

認定看護師資格の1つに「糖尿病看護認定看護師」があります。 もし、今後スペシャリストの看護師を目指していきたいと考えているのであれば、糖尿病内科で3年勤務することで、糖尿病看護認定看護師の資格取得への道が開けます。

詳しくは「糖尿病看護認定看護師の資格条件とおさえておきたいポイント5つ」の記事も併せてチェックしてみてください。

 

転職時に有利な場合もある!

糖尿病以外の分野でのスキルアップは望めませんが、糖尿病患者は少しずつとはいえ現在でも増加傾向にあるため、知識と経験を積んでおけば転職においても不利にはなりません

中には、糖尿病認定看護師の資格を目指す人もおり、そのためには糖尿病内科で働いておくのは非常に重要になります。

 

ポイント!

ポイント

世界的に増加傾向にある糖尿病の看護スキルを磨きたいという人には、非常に勉強になる職場です。

 

6.糖尿病内科で働く看護師のデメリット

デメリット

教育入院の糖尿病患者によっては、糖尿病と診断されても全く危機感がなく楽観的にとらえて、看護師の指示を聞いてくれない場合もあります

  • 自分を過信して聞く耳を持たない方
  • 教育入院の意味を理解せず糖尿の勉強をしない方
  • 看護師に内緒でお菓子などを食べる方

入院前に主治医からしっかり説明を受けていないと、自分の考えが正しいと持論を繰り広げ、怒り始める糖尿病患者が多いのです。看護師の話に耳をかさない糖尿病患者にはなかなか指導が功を奏しません。

 

糖尿病患者の所在が不明になりやすい

教育入院の糖尿病患者は自覚症状がなく身体は元気です。検査がないと退屈を感じ、病院内を散策する人が多く、検査の呼び出しがあっても病室にいない事が多いです。病室にいない場合に。看護師が病院内を探し、携帯電話を鳴らして帰ってきてもらうこともあります。

 

敷地外の許可されていない場所に出掛ける糖尿病患者もいる

病院の売店では物足りず、敷地外のコンビニなど許可されていない場所に出掛ける糖尿病患者もいました。このように、自由な行動を取る糖尿病患者が多いのも養育入院の特徴であり、デメリットでもあります。

 

検査が多く看護師も糖尿病患者も予想以上に多忙である

食事や運動の教育を受けてもらうとともに、合併症の有無を検査するのも教育入院の目的です。

  • 早朝からの糖負荷試験
  • 食前血糖測定
  • 頚動脈エコー
  • 末梢神経電動速度
  • 眼科受診
  • 腎機能検査

上記のように、教育入院クリティカルパスにはたくさんの予定が組み込まれているため、看護師も糖尿病患者も予想以上に多忙です。

 

糖尿病患者の家族との連携が大変

家族と同居で糖尿病患者本人以外が食事を作っている場合、家族全体のサポートが必要です。家族に来院してもらい、これまでの食事内容を改めるため、栄養士から適切な食事指導を家族が受けてもらいます。家族が糖尿病患者に対して理解があるか、ないかによっても指導方法や今後の経過も変わります。

 

ポイント!

ポイント

自立していて独居、食事の準備も自分自身で行っているような糖尿病患者の場合、その患者だけに理解してもらえばよいので、比較的労力はいらないと言えます。

 

糖尿病患者の家族へのインスリン注射の指導が長引きやすい

家族への指導は食事だけではありません。セルフケアが出来ない高齢の糖尿病患者にインスリン注射が必要な場合、血糖測定の方法から注射の仕方まで家族に指導します。繰り返しの来院と、インスリン注射が必要な食前にも来院が必要になりますが、そう都合良く来てもらえない事も多いです。そのため指導に長い期間を要することがあります。

 

患者がほとんど年配の方になる

最近は若年性の糖尿病が増えているとはいえ、患者の多くはある程度年配の人。年下の看護師からの指導に理解を得られない場合もありますから、医師や先輩看護師、患者の家族などに上手く働きかける視野の広さも大切です。

 

ポイント!

ポイント

コミュニケーションを取るのが苦手な看護師にとっては、辛いことも多いかもしれませんが、治療の成果が出たときの達成感が他の科よりも感じやすいのも確か。こうしたコミュニケーションの能力は、身に着けておくと、どの診療科に行っても役に立ちますから、スキルを磨いておくと良いでしょう。

 

患者を納得させることが苦痛になるケースも

患者の生活習慣の改善が必要なケースが多い糖尿病内科では、看護師がその指導に当たることが多く、患者とのコミュニケーションが非常に重要になります。

食事制限など、患者にとってもつらい内容が多いため、なかなか理解してもらえなかったり、プランニングをしても実行してもらえなかったりと、難しい点が多いのも確かです。

 

患者がほとんど年配の方になる

最近は若年性の糖尿病が増えているとはいえ、患者の多くはある程度年配の人。年下の看護師からの指導に理解を得られない場合もありますから、医師や先輩看護師、患者の家族などに上手く働きかける視野の広さも大切です。

 

ポイント!

ポイント

コミュニケーションを取るのが苦手な看護師にとっては、辛いことも多いかもしれませんが、治療の成果が出たときの達成感が他の科よりも感じやすいのも確か。こうしたコミュニケーションの能力は、身に着けておくとどこの診療科に行っても役に立ちますから、スキルを磨いておくとよいでしょう。

 

まとめ

糖尿病は「国民病」とも言われるくらい、多くの日本人に蔓延している疾患であり、どこの病棟に所属しても必ず糖尿病の患者はいます。だからこそ、糖尿病内科である程度の経験を積めば、ここで得た知識は必ず他の科で活かすことができます。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

病棟看護師経験十数年のアラフォーママ、現在は離職中で引きこもりがちなのが悩みです。 楽しい思い出と黒歴史がありすぎて、書きたいテーマはたくさん! 経験から得た自分なりの実践理論で、悩める看護師さんの背中をそっと押すような記事を書いていきたいと思います。


カテゴリー:看護師に人気の科


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:椿
(公開日:)(編集日::2017年03月16日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。