著作者

くるみん

現役看護師

くるみん

( 看護師 ケアマネージャー)

障害者施設の看護師求人の見つけ方とは?

くるみん
現役看護師くるみん
障害者施設で働く女性看護師

障害者施設も様々で、施設入居型とデイサービス型で看護師が活躍することができます。

施設入居型とデイサービス型での看護師業務は、以下の通りです。

施設入居型 ・施設に入居している利用者の健康管理などを行う。
デイサービス型 ・在宅で生活している障害者が日中施設に来て作業・レクレーションを行う。
・来園時のバイタルサイン測定を行う。
・利用中の健康管理を行う。

看護師の求人も基本的に施設入居型とデイサービス型が多く、どちらも日勤のみでオンコールはない場合が多いです。

今回は、障害者施設で働きたいと考えている看護師求人の見つけ方について説明していきます。

1.障害者施設の求人を自力で見つける方法

障害者施設に連絡する女性看護師

パソコン等で検索するのが苦手な看護師は、手軽に求人情報を調べられることができる街中のフリーペーパーがお勧めです。

新聞の折り込みチラシにも求人はありますが、障害者施設の募集はかなり少ないので見逃さないようにしましょう。

 

ハローワークに行く

障害者施設で働きたい看護師が自力で求人を探す方法は、ハローワークに行くことが挙げられます。

ハローワークで自分が働きたい地域を選び、障害者施設の検索をかけて気になる施設があれば職員に聞くことで施設に連絡を取り合ってくれるため気軽に相談できるでしょう。

ハローワークでは、

  • 障害者施設の情報量が豊富である
  • 面接までの準備を一緒に行ってくれる
  • 履歴書・職歴書の書き方を教えてくれる
  • 面接の日程調整を行ってくれる

等のことがメリットと言えるでしょう。

 

職場の情報を多く得ることができない

ハローワークで求人を探すデメリットとしては、あまりその職場についての情報を得ることができないということです。

求人票には基本的な給与面・手当・休日等についてしか記載がないため、

  • 職場の雰囲気
  • 仕事内容
  • 1日の流れ

等の具体的な職場の特色を知ることが出来ません

 

直接働きたい職場に連絡する

障害者施設で働きたい看護師が自力で求人を探す方法として、

  • ホームページで求人募集を見て連絡をして面接に行く
  • 直接その施設に行き面接希望していることを伝える

等があります。

 

直接働きたい職場に連絡する方法のメリット

他人の意見を聞くことがなくいため、わずらわしさがないことや相手に左右されず自分の意志でしっかり就職活動ができることが直接職場に連絡する際のメリットと言えるでしょう。

 

直接働きたい職場に連絡する方法のデメリット

障害者施設は、一般病院や福祉施設と雰囲気も違うため、障害者施設で働いたことがないとイメージがわかないことがデメリットです。

施設見学や面接で何を聞けば良いか、その施設の特色等がわからないため1人で全て調べたり考えたりすることが必要です。

 

2.障害者施設の求人を転職サイトで見つける方法

転職サイトで障害者施設の求人を調べる看護師

障害者施設で働きたいと考えている看護師が求人を見つける方法として、転職サイトを利用する方法があります。

転職サイトをチェックする・登録する・紹介してもらった施設の詳細を確認するところまでを以下に詳しく説明していきます。

 

転職サイトをチェック

転職サイトは、最低3つをチェックし公開されている障害者施設の数を確認しましょう。

障害者施設の詳細が記載されている場合は、必ずチェックして他の障害者施設と比較しましょう。

比較するポイントとしては、

  • どのような利用者がいるか
  • 看護師としての仕事内容
  • 残業や休日数
  • オンコール対応の有無

等を比較してみましょう。

 

詳細がないサイトはお勧めしない

求人サイトに施設の詳細がない、または細かく載せていない場合は、

  • 施設で詳細を細かく公開できない理由がある
  • 転職サイトが熱心に求人先の情報を仕入れていない

等の可能性があります。

転職サイトが求人先の情報を仕入れていない場合だと、転職者に対しても親身に考えてくれず転職後に何かあっても、アフターフォローがないので注意が必要です。

 

ポイント!

ポイント

転職サイトで障害者施設の検索をかけた際に、ヒットした数が多い転職サイトは、他にも未公開で情報を持っている可能性が高いです。

 

実際に転職サイトへ登録する

自分で調べていく中で、気になった転職サイトが見つかったら登録をしてみましょう。

転職サイトに登録すると担当者から連絡が入るため、

  • 障害者施設で働きたいこと
  • 自分の希望する条件

を伝えて探してもらいましょう。

その際に、いくつかの施設を紹介してもらえます。

 

担当者に働きたいジャンルを伝える

障害者施設には、デイサービスや施設内など様々な場所があるため、より細かくどのような施設で働きたいのかを伝えると担当者も分かりやすく、希望しているものをチョイスして紹介してくれます。

 

担当者に大人と子供どちらを相手にして働きたいか伝える

障害者施設でも

  • 大人を相手にする施設
  • 子供を相手にする施設

等と様々です。

自分がどちらで働いてみたいのかを伝えると良いでしょう。

障害児施設については、なかなか求人がないことが多いですが自分で調べるよりは情報を持っているため、うまく転職サイトを活用してみましょう。

 

紹介された施設の詳細を確認する

転職サイトの担当者から紹介された障害者施設での、

  • 施設の雰囲気
  • 休みのとりやすさ
  • 残業の有無

等の詳細を聞きましょう。

自分で探すとわからない内部事情も、転職サイト担当者は知っていることが多いためしっかり確認しましょう。

 

マイナビ看護がおすすめの転職サイト

マイナビ看護師

マイナビ看護は、求人の掲載数が多く登録なしで見ることができます。

さらに、詳細が分かりやすくキャリアアドバイザーのレポートがあるため、よりリアルに施設の情報を知ることができます

マイナビ看護師の口コミはこちら

公式サイトへ
マイナビ看護師へ

 

3.障害者施設を友人や知人に紹介してもらう方法

友人に障害者施設を紹介してもらう女性看護師

友人や知人に職場を紹介してもらう場合は、職場のリアルな声を聞くことができます。

そのため、障害者施設で働く看護師の実際の仕事内容や福利厚生など聞きにくいことを質問して確認すると良いでしょう。

 

施設見学に行く

障害者施設で働くことを考えている看護師は、実際に施設見学をして自分の目で確認することが大切です。

看護師と支援員の関係性が良いか悪いかで、ある程度その施設で職員連携が取れているか否かがわかるため看護師と支援員とのやり取りは、必ず見ておく必要があります。

 

ポイント!

ポイント

友達や知人と一緒に施設内を回ると職員とも話せる機会ができやすいため、機会があるならば職員と話をしてみましょう。

 

友人・知人に紹介してもらった場合は辞めにくい

友人や知人から紹介してもらった手前、職場が自分と合わない場合に言い出しづらいため、しっかり話を聞き実際に自分の目で施設を確認してから面接を受けるようにしましょう。

 

4.まとめ

障害者施設で働きたいと考えている看護師の求人の見つけ方について紹介しました。

障害者施設は、数も少なく探すのは大変ですが探し方をしっかり押さえれば必ずあります。

障害者施設を見つける際には、

  • 自分で足を運んで探す
  • 転職サイトをうまく使う
  • 友人や知人に紹介してもらう

等がありますが、それぞれメリット・デメリットはあります。

そのため、1つだけの見つけ方にこだわらず、見つけ方をうまく使い分けて探すのも良い方法と言えるでしょう。

障害者施設で働きたいと考えている看護師は、是非参考にしてみて下さい。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

みなさん、はじめまして。
元々体育の先生を目指して高校まで頑張っていたのですが、ボランティアを通して人を助ける仕事に就きたいと思い、看護師になりました。これまで病院では救命病棟から外来まで、そして今は特別養護老人ホームと障害者施設で働いている(シングル)ママさんナースです。
介護支援専門員の資格も持っています。いろいろなジャンルを見てきたのと、現在管理職として働いていること、そして子供がいても無理なく働けるノウハウをみなさんにも教えていけたらと思います。看護師という仕事はとても幅広く働けます。
自分にあった「看護師としての働きかた」を見つけられるようにアドバイスしていけたらと思っております。どうぞ、よろしくお願い致します。


カテゴリー:障害者施設


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:くるみん
(公開日:)(編集日::2017年07月25日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。