午前中だけパート看護師として働く特徴とメリットとは

看護師 午前中

妊娠や結婚を機に一旦職場を退職する看護師は少なくありません。その後、子供が保育園や小学生になり、やっと自分の時間ができるようになると次は「お金」の問題と直面するのではないでしょうか。ブランクが長いと、復職に抵抗が出る気持ちは分かりますが、やっとの思いで取得した看護資格です。その資格を活かさないのは非常にもったいない話だと言えるでしょう。まずは午前中からのパートでスタートし勇気を出してもう一度看護師として働いてみませんか。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.午前中だけ働くメリットとは?

ママ 看護師 
午前中での勤務時間ですが、基本的に8:30~12:30と9:00~13:00というのが多いかと思います。職場によっては15分刻みで希望する時間で働けるところもあります。午前中というと、朝の一番忙しい時間帯で働くことになりますが、メリットはあるのでしょうか。

 

午前中勤務は病院に歓迎される

朝一番の忙しいときに働いてくれるのは病棟としてはうれしい限りです。歓迎されている中で働くことはとても気持ちが良いです。

 

午前中で帰れるのでお昼ご飯の悩みがない

休憩時間はスタッフ同士休憩室で食事を取りますので、気まずい雰囲気を味わうことなくお昼を用意する準備もありませんので気も楽です。朝、夫や子供を送り出すのにもバタバタな上に、自分のお昼を作って持っていくにも大変ですし、人に見られるので内容や彩にも気を使います。毎日買うにもお金がかかりますので、お昼を準備しない楽さは主婦にとって朝の時短になりますね。

 

午後の時間を有効活用できる

12時過ぎには仕事が終わりますので、その後から友達とランチをしたり、映画やショッピングを楽しんだり、家でゆっくりくつろぐのもいいですね。一人の時間を好きに過ごすことが出来ることもメリットの一つです。

 

2.午前中だけパートで働く場合は職場選びが重要

職場 ポイント

午前中だけパート看護師として上手くやっていくためには、職場選びが肝心です。自分の看護師人生を充実させるために職場選びを間違わないようにしましょう。それぞれの職場の特徴をご紹介しますので参考にしてください。

 

クリニックで働くなら大規模な施設がオススメ

大規模な病院は、比較的子供の急な病気や保育園、学校からの呼び出しにも対応してくれることが多いです。例えば、感染症が流行している時期やインフルエンザの時期など、感染すれば1週間はお休みをしなければなりません。急な休みでも快く受け入れてくれるのはとても働きやすい環境であると言えます。

 

小規模クリニックには注意が必要

小さいクリニックは確かにパート看護師も多く、ゆったりとしたイメージで、ママさん看護師が多いです。ですが、医者の一言で明日からの勤務時間が変わったり、休日出勤になったり、ボーナスも給与も医者の気分で働く条件が変わったりします。医者の性格によって職場の雰囲気が決まってしまいますので要注意です。クリニックこそ入念な下調べがないと、希望していた働き方が出来ない場合があります。

 

総合病院は慢性的に人手不足で忙しい

大きな病院の外来勤務は、看護師の人数がギリギリというより足りないくらいでした。スタッフは基本いい人が多く、時間が少し空けばおやつの時間も取れたりしますが、ほとんど忙しくておやつが食べられる時は1カ月に2回ほどです。

 

総合病院は比較的責任が重い仕事を任される

総合病院では単独で任される仕事が多く、自分がいなければこの外来は回らない、という責任感が出てきます。やりがいは感じられますが、午前中だけの勤務だと責任が重過ぎるように感じます。

 

総合病院では医師の癖を理解して仕事する必要がある

外来は医師とのマンツーマンですので、気が利き、仕事も先に一歩読める動きの出来る人ではないと、医師からの激が飛ぶこともあります。特に外科系は早さを求め無駄な事を言わない医師が多く、無言で鑷子を持ち消毒を待っています。医師の癖も理解して業務を行わなくてはいけませんので気が抜けません。

 

パートが少ない職場は他人と比較されずらいので気が楽

パート看護師が少ないければ、慣れれば好きなように動くことが出来ます。初めての人はパートが誰もいないなんて不安に感じるかもしれませんが、そうではないのです。パート看護師の業務は、フリー業務が一般的です。フリーは決まった仕事以外にも、自分から仕事を見つけていきますので、パート看護師が多いと自分の仕事が無くなりますし、仕事量も比べられ、比較されてしまいます

 

まとめ

午前中 メリット 看護師

一度家庭に入った看護師はブランクを気にし、なかなか復職することが難しいと、自分自身で決めつけている人が多くいます。少しでも働いてみようかなという気持ちがあれば、午前中からパートを始めていきましょう。自分に無理をしないことで家族や周囲に負担をかけることなく仕事が出来ますよ。収入に関しても、一般の資格や特技のない主婦と比べれば時給も1.5~2倍くらいの時給で平日の都合のいい時間帯で働けますので、とてもいい条件です。
午前中勤務を希望する場合、自分の個性やライフスタイルに合わせた職場選びから始めましょう。人間関係に関しては、パート仲間で意気投合することにより気持ちに余裕が出ます。あなたは一人ではありません。また、あなたがもし後々フルで働く正社員の道を希望しているのであれば、午前中パートから勤務時間を増やし、そのまま正社員となる例は少なくありません。病院と相談してみるのが良いです。午前中だけ働ける職場選びについて更に詳しく知りたい場合は午前中だけ働ける?午前中のみで働く看護師のポイント8つをご参照ください。

 

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。