著作者

ぴーち

現役看護師

ぴーち

( 看護師 )

救急の看護師がキャリアアップするには

ぴーち
現役看護師 ぴーち
救急の看護師がキャリアアップするには

救急の看護師として仕事をしている人は、1度はキャリアアップについて考えたことがあるのではないでしょうか。

救急の看護師と言っても、病院の規模や所属する部署によってキャリアアップの方法は変わるため、現在の自分の状況を判断してどのような方法を選び、実践していくかが重要です。

今回は、救急で働く看護師は、どのようにしてキャリアアップしていけば良いかについて紹介していきます。

1.救急看護認定看護師を取得する

救急看護認定看護師を取得する看護師

救急の看護師が確実にキャリアアップするためには、救急看護認定看護師を取得する方法があります。

取得する方法と取得後の働き方等については、以下の通りです。

 

救急看護認定看護師を取得する方法

救急看護認定看護師を取得するためには、看護師免許を取得して実務経験が通算して5年以上ある(そのうち3年以上は認定看護分野の実務経験が必要)看護師が対象です。

認定看護師教育機関(全日制)で6か月間の教育を受け、認定審査に合格して初めて救急看護認定看護師となります。

 

補足説明!

ポイント

認定看護師は、5年ごとの更新も必要であるため、その審査にクリアして認定看護師を維持することが必要です。

 

救急看護認定看護師を取得後の働き方

救急看護認定看護師を取得した際には、病院の規模や受け入れる患者の重症度によって変わりますが、救命救急センターなどの3次救急に勤務している看護師が多いです。

救急看護認定看護師を取得すると、役割は多方面にわたり救急に搬送される患者の救命処置はもちろんですが、教育・指導を通して病院全体の看護師の知識・技術の向上を図ります。

 

補足説明!

ポイント

救急看護認定看護師は、臨床の場で活躍できますが看護師の教育・指導に関わる時間も多くなり、後に管理職の候補者になることもあります。

 

救急看護認定看護師を取得するのにお勧めの病院

救急看護認定看護師を取得するためには、認定看護師取得の支援制度が整備されており、実際に認定看護師取得の実績がある病院がお勧めです。

まずは、所属部署の管理者へ救急看護認定看護師取得を考えていることを伝えましょう。

 

2.3次救急病院の救急で働く

3次救急病院で働く看護師

救急の看護師がキャリアアップするためには、3次救急で働くことが挙げられます。

3次救急とは、2次救急以下の病院で対応の出来ない命の危機にさらされている重症患者の対応を行う、いわゆる救命救急センターや高度救命救急センターと呼ばれるものです。

それでは、以下で詳しく見ていきましょう。

 

医療知識を深めて看護技術の向上に繋がる

重度の外傷や重症度の高い疾患を発症した患者にとって高度救命救急センターとは、最後に残された希望であるため、そのような場所で働くことが大きなストレスになる看護師もいます。

しかし、3次救急だからこそ学べることが多いのも事実で、医療知識を深めることで看護技術の向上に繋がっていきます。

 

ポイント!

ポイント

救急認定看護師の取得をすぐには考えておらず、「もっと救急でいろいろな経験を積みたい」と考えている看護師には、お勧めのキャリアアップの方法です。

 

3次救急で働くのにお勧めの病院

3次救急で働く際には、重症患者の搬送が重なると救急外来は慌ただしくなるため、看護スタッフの人員が十分に確保されている病院を選ぶと良いでしょう。

重症患者を目に前に、どうすればいいか分からず不安の中で仕事をすることは、大きなストレスとなりますが看護スタッフの人数に余裕があると、わからないことがあれば他のスタッフに相談しやすいでしょう。

 

救急看護認定看護師がいる病院で働いてみる

将来的に救急認定看護師を目指すことも視野に入れている場合は、救急看護認定看護師が働いている病院で働いてみると良いです。

実際に一緒に働く機会があれば、熟練した看護ケアを間近で学ぶことができ、その仕事内容もイメージしやすくなるでしょう。

 

3.ICUでの経験も積む

ICUで経験を積む看護師

救急の看護師がICUで経験を積むこともキャリアアップに繋がるでしょう。

ICUで経験を積むことについて、以下に説明していきます。

 

救急外来での初療に役立つ

救急外来に搬送された患者は、初療のあとに必要と判断されればICUへ入院することになり、入院後には24時間体制で全身管理され、患者は高度の医療設備のなかで様々な治療を受けます。

そのため、看護師がICUで働くことで入院後の患者の状態を知ることができ、その経験が救急外来での初療でも役立ちます。

 

入院後の継続看護に活かされる

「救急外来」と「ICU」の両方を経験することは、入院後の継続看護にも活かされるため、急性期から回復過程の患者のサポートを行うことができます。

ICUでの経験は、確実に自分自身のスキルアップになり、その積み重ねが、救急科でのキャリアアップに繋がるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

救急とICUの互いの部署で情報共有すれば、より質の高い看護が提供できるとともに、看護師同士がコミュニケーションも図れるため、入院に必要な申し送りも円滑に進みます。

 

ICUで働くのにお勧めの病院

転職して経験のない部署で働く場合は、大きなストレスから体調を崩すこともあるため、働いている病院にICUがあれば、部署移動を希望しましょう。

転職して新しい場所で1から学ぼうと考えている場合、看護スタッフの十分な配置はもちろんですが、救急外来とICUが一体となり「救急科(救命科)」として、診療にあたる体制の病院がお勧めです。

 

実際に救急科として運用されている病院で働いた例

実際に救急外来とICUが一体となり、「救急科」として運用されている病院で働きましたが、部署内でどちらも経験できますし、協力体制も整っていたため仕事がしやすかったです。

救急外来の経験しかなかった私にとってICUでの様々な経験は、救急を学ぶ看護師としては大変勉強になりました。

 

4.積極的に院外(院内)研修などに参加する

病院外の研修に参加する看護師

救急の看護師がキャリアアップするためには、積極的に院内外の研修などに参加することがあります。

詳しくは以下で紹介していきます。

 

興味のある分野について学ぶ

今すぐに認定看護師の取得や3次救急で働く、ICUで働くことが難しい看護師には、看護協会などが開催する「救急看護に関するセミナー」等に参加することをお勧めします。

基本的なものであればBLSやAEDの講習、少し専門的なものなら災害看護などがあり、まずは自分の興味のある分野について学んでみると良いでしょう。

 

交流を持つ機会になる

救急の看護師としてセミナー等に参加することは、知識や技術のスキルアップを図ることができ、同じ目標を持つ看護師同士で交流を持つ機会にもなります。

さらに、他の病院の救急体制について知ることもできるため、将来的に転職を考えている看護師は、参考になるでしょう。

 

5.まとめ

参考文献は、以下の通りです。

救急の看護師がキャリアアップする方法について紹介してきましたが、いかがでしたか?

新しいことに挑戦することは、とても勇気がいることですが様々な方法の中から自分に合ったキャリアアップの方法を選ぶことが出来れば、救急で働く看護師としてより一層活躍していけるでしょう。

キャリアアップを考えている救急の看護師は、是非参考してみて下さい。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

大阪府内の総合病院で約8年間手術室に勤務する。転職を機に、イギリス留学し、医療英語のコースを受講、現地では小児がんのボランティア活動を行う。

その後大手総合病院の救急センター・集中治療室の立ち上げに携わる。現在は、地域に密着した急性期病院に勤務。

また、東日本大震災では災害支援看護師として、岩手県に派遣され救助活動を行う。

自分が看護師として経験したことや、今までの転職経験など、看護師のみなさんが知りたいと思える情報をお伝えできればと思っています。


カテゴリー:看護師キャリアアップ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ぴーち
(公開日:)(編集日::2017年09月21日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。