著作者

ぴーち

現役看護師

ぴーち

( 看護師 )

救急の看護師は残業が少ないって本当?

ぴーち
現役看護師 ぴーち
救急の看護師は残業が少ないって本当

救急で働く看護師とは、「いつも多忙で残業が多い」というものが、一般的なイメージとしては強いのではないでしょうか。

しかし、実際に一般病棟から救急外来に部署が変わったときに、残業の少なさに驚く看護師が多いと聞きます。

ここでは、救急で働く看護師の実態について、詳しく紹介していきます。

1.救急で働く看護師の実態

救急で働く看護師

病院の部署の中でも救急科は、「いつ重症の患者が病院に運ばれてくるか分からず、重症の患者が重なることがある」「緊急的な検査や手術が必要になった場合の対応」等、その忙しさは多岐に渡ります。

それでは、一般病棟と救急科での残業内容を見ていきましょう。

 

一般病棟で残業する理由

救急で働く看護師が一般病棟で残業する理由として、

  • 勤務終了間際の入院の対応
  • 入院患者の急変で人手が必要
  • 勤務交代時の申し送りに時間がかかる
  • 薬品・物品補充・機械カウントなどの物品管理
  • 看護記録の記載
  • 翌日の仕事に向けての患者の情報収集や勉強会

等があります。

夜勤者は、夕食の配膳・配薬の準備や点滴の更新など、夜勤帯の仕事に追われるため、日勤帯の仕事を引き継ぐことは難しいです。

 

補足説明!

ポイント

勤務交代時の申し送りの簡素化に取り組む病院もありますが、実際はかなりの時間を要することが多いです。

 

救急科で残業する理由

看護師が救急科で残業する理由としては、

  • 重症の患者の搬送が重なり人手が必要
  • 患者の急変
  • 看護記録の記載
  • 薬品・物品補充・機械カウントなどの物品管理
  • 翌日の仕事に向けての患者の情報集や勉強会

等があります。

勤務交代時に重症患者の搬送が重なったときは、夜勤者と分担して日勤帯に来院した患者は責任をもって最後まで対応します。

 

補足説明!

ポイント

緊急手術になる場合は、手術出し・入院する場合は病棟看護師に申し送りを行うまでを担当し、その際の看護記録も記載します。

 

2.救急の看護師に残業が少ない理由

チーム医療で迅速に対応する看護師

救急の看護師に残業が少ない理由としては、「迅速な対応」「患者のベッド数が少ない」「勤務交替時の申し送りが少ない」ということが挙げられます。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

チーム医療による迅速な対応

救急とは24時間年中無休で、病気や事故の患者の受け入れを行う部署であり、救急車が搬送された時から、

  • 医師
  • 看護師
  • 放射線技師
  • 臨床工学技士
  • 検査技師
  • 薬剤師
  • 医療事務

等、様々な職種が協力し合って1人の患者に対応する、まさにチーム医療の現場です。

チーム医療の現場は、1人の患者に対応するスタッフの数が多く、治療方針が決まるまでの時間が短いため、救急科での処置なども迅速に行うことができます。

 

救急外来の場合の例

例えば、救急外来の場合、1人の患者にかける時間が短くなり、救急外来での患者の滞在時間も短縮できるため、勤務交代の際に担当患者がいたとしても、残業時間も短くて済むことになります。

 

入院患者のベッド数が少ない

患者の重症度が高いICUなどは、一般病棟と比べると入院患者の数は少なく、看護職員の配置基準も高く設定されています。

ベッド数が少ないことに対して、看護師の数は多く配置されていると考えると、必然的に受け持つ患者の数は少なくなります。

 

実際に勤務時間内に仕事を終わらせることができた例

私の勤務していた病院では、心臓外科の手術後などは、身体にたくさんの医療機器が装着されており、1人の患者に2人の看護師がついていました。

看護ケアや看護記録を2人で分担することで、勤務時間内に仕事を終わらせることができていました。

 

勤務交代時の申し送りが無い・短い

前述の通り、患者の重症度が高いICUなどは、一般病棟と比べると入院患者のベッド数はかなり少なくなるため、勤務交代時の申し送りにかかる時間は短くなります。

 

補足説明!

ポイント

救急外来の場合は、患者がいなければ申し送りは不要となり、業務連絡などだけで済みます。

 

3.救急看護師へ転職する際の注意点

救急へ転職する際の注意点を確認する看護師

看護師の転職条件の1つとして、「残業が少ない」は上位にあげられますが、そのことだけを重視してしまうと働き始めてから「思っていたものと違う」等と不満を感じやすいため、転職の際に目を向けるべき重要なポイントを抑えることが必要です。

それでは、「残業が少ない=働きやすい」ではなく、転職を成功させるためどこに着目するべきかについて見ていきましょう。

 

病院の雰囲気はどうか確認する

救急の看護師へ転職する際には、「病院の雰囲気は自分に合っているか」ということを確認しましょう。

「病院のホームページから受ける印象」「病院の経営理念・運営方針」「看護部の基本理念・方針」「看護部長の考え方」等は、病院全体の雰囲気を知る手段と言えます。

病院の雰囲気が自分に合うということは、これから仕事をしていく上での「働きやすさ」に繋がります。

 

スタッフの平均年齢等も確認する

救急科に配属を希望する場合は、「スタッフの平均年齢・男女比」「小さな子供がいる看護師のフォロー体制」「スタッフの持つスキル」等も確認しておくことで、実際に働き始めた時の自分のポジションも想定することができます。

 

看護職員の配置人数に余裕があるか確認する

看護師の数が足りなければ必然と自分の仕事量は増えるため、日勤・夜勤に勤務につく看護師の数を確認することが重要です。

どの病院でも人手不足は深刻な問題であるため、残業が少ない職場であっても看護師の人数が十分であるかは判断が難しいと言えます。

 

人数に余裕があると休みの相談がしやすい

自分自身の体調不良や家庭の事情で突然休むことになった時も人数に余裕がある職場は、相談がしやすい環境であると言えます。

 

実際の働きやすさを確認する

面接などで実際の「働きやすさ」を知ることには限界がありますが、看護師転職サイトを利用することで、キャリアコンサルトから様々な情報を得ることができます。

実際に転職した人の感じる「働きやすさ」はもちろんですが、メリット・デメリットを含めた総合的な転職へのアドバイスがもらえます。

 

補足説明!

ポイント

看護師による病院の口コミサイトを参考にしてみても良いでしょう。

 

 

4.まとめ

救急の看護師は、残業が少ないことは事実でしたが、それだけで「働きやすい」ということはありません。

残業の少なさだけを重要視するのではなく、病院の雰囲気や待遇面、人間関係などをトータルして判断することが、働きやすさに繋がるでしょう。

救急の看護師になろうと考えている人は、是非参考にしてみて下さい。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

大阪府内の総合病院で約8年間手術室に勤務する。転職を機に、イギリス留学し、医療英語のコースを受講、現地では小児がんのボランティア活動を行う。

その後大手総合病院の救急センター・集中治療室の立ち上げに携わる。現在は、地域に密着した急性期病院に勤務。

また、東日本大震災では災害支援看護師として、岩手県に派遣され救助活動を行う。

自分が看護師として経験したことや、今までの転職経験など、看護師のみなさんが知りたいと思える情報をお伝えできればと思っています。


カテゴリー:看護師コラム


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ぴーち
(公開日:)(編集日::2017年09月13日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。