著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

内視鏡看護師が教える!内視鏡の魅力6選

ラビウサ
専門看護師ラビウサ
内視鏡 看護師 魅力

今年度から、胃がん検診でも内視鏡検査が対象になりました。内視鏡にかかわる看護師は、さらに活躍できる場が広がりそうな予感がします。

「内視鏡業務に興味はあるけれど、機械が苦手」と考えて尻込みしていませんか。私は15年近く内視鏡業務にかかわってきましたが、やればやるほど深みにはまるのが内視鏡看護です。内視鏡看護ならではの6つの魅力をご紹介いたします。

1. チームプレーが光る内視鏡看護

チームプレーが光る看護

内視鏡室の勤務は、昔の「機能別」看護の部分でもあります。内視鏡検査に入る前の前処置を担当するスタッフ・検査の介助に入るスタッフ・洗浄・機械のセッティングを他のするするスタッフなど、その日に担当する業務内容は違います。

そのため全員のスタッフが流れや必要な準備などを知っているので、困ったことが起きた場合はその日の担当ではない看護師が自然と手伝ってくれるといったチームプレーが素晴らしい職場環境です。

 

役割でなく検査の流れで団結できる

検査が始まった時に、思いもよらない事態が発生するのが内視鏡室です。検査が思いのほか長引くことや、使用した内視鏡以外のものが必要になること、そのほか急な機材やチューブ、薬品などが必要になることもあります。

そんな時、その後の検査で起こり得る事態を予測して、それぞれ別の業務を担当していたスタッフが声をかけなくても集まり、違うスコープを用意したり、薬剤を追加したり、検査の遅れを予想して次の検査が組まれている患者の前処置時間の変更や、検査室の移動を考えていきます。

 

止血処置はチーム一丸で

特に止血処置など、緊急性と患者の急変の可能性が高まった時にもっと密なチームプレーが発揮されます。スタッフ全員のアドレナリンが高まり、緊張感を保ったまま処置をしている医師と直接介助をしている看護スタッフのサポートに回ります。

この不思議な連帯感とみんなで画面を通して止血できた達成感は、内視鏡看護だから味わえる感覚だと思います。

 

2. 3Dを見て体のイメージを持つことができる?!

イメージが持てる 内視鏡看護

3Dを見て体のイメージができるようになることは、実は患者の病気を理解する上で、とても大きな強みです。

嚥下するイメージ、食べ物や消化液が流れるイメージ、果ては大腸の走行などが頭に3D画像として浮かぶため、指示されなくても医師が操作しやすいように介助や、検査中に患者に適切な声掛けがしやすくなります。

解剖に強くなれたことは、私が内視鏡看護にはまった魅力の一つです。

 

2次元の画像が頭で3Dに変換できる

内視鏡看護では、患者の内臓の画面を毎日何件も見ることになります。ERCPやイレウス管挿入時などはX線透視下で内視鏡検査を行うことになります。

医師の内視鏡操作の手伝いをしたり、内視鏡が挿入しやすいように患者の体位変換を行ったりしながらTV画面を見ているうちに、3Dで上部消化管や下部消化管のイメージができるようになります。

 

3. 内視鏡介助の技術を患者ケアでも生かせる

自信がもてる 内視鏡

内視鏡看護は、医師の介助と患者の看護の両方を同時に求められます。それも短時間での介入が勝負です。

内視鏡看護を学び始めたばかりのころは内視鏡介助の技術がないため、機械操作に追われ患者への声掛けやタッチング、検査後の説明ができず落ち込むこともあります。ですがこれは時間が解決してくれるものです。

 

介助技術がケアに生かせる

内視鏡介助の技術が身に付き医師との信頼関係が構築でき始めると、その技術に裏打ちされた自信が患者へのケアに生かすことができるようになります。咽頭麻酔のかけ方、内視鏡を挿入する時の声掛けやタッチングの技術は、患者の苦痛を緩和する最大の武器です。

「看護師さんが声をかけてくれたから、スムーズに検査ができた」そんな患者の声程、嬉しいものはないですよね。

検査の流れ・消化管の解剖を理解し、どこをサポートすると医師の介助に役立ち、患者の苦痛を最小限に押さえることができるのか。内視鏡看護は、内視鏡介助の技術が身についてからこそできるケアであり、技術とともに看護が生かされていることも魅力の一つです。

 

4. 内視鏡看護師は画像で病気が分かる

画像 病気 分かる

内視鏡看護は、患者の検査時間を最小にして検査に伴う苦痛を最小にすることが必要になります。そのため医師と同じ内視鏡画面を見ながら、病変を見つけたらすぐに組織をつまむための準備などに対処することも大切な判断力能力です。

 

画像だけで異常がわかるようになる

内視鏡看護の経験が長くなればなるほど画像を見ているだけで、組織に異常はないか、疑われる疾患名が何かがわかるようになります。場合によっては、経験の浅い医師は熟練した内視鏡看護師の動きで、組織を採取する必要があるかどうかを判断することもあるのです。

「わかる看護師は、画像を見たとたんに体が反応するから医者も見落としが減る」そんなことをいう医師もいました。それって私たち看護師が、結果的には患者のために存在していることになりませんか。そこも内視鏡看護の魅力の一つなのです。

 

5.機械音痴を解消できる!

機会音痴 克服

内視鏡看護を始めたばかりの頃は、「触って壊したら」と不安でした。しかし徐々に「触って壊れるものは危険」と考えるようになり、積極的に触って実際の検査では体が覚えて使えるように対応していました。

この積み重ねが億劫だと感じる方は、内視鏡看護を深めることができないとも言えます。人任せだった機材のメンテナンスを楽しめる自分になれるのも、内視鏡看護の魅力の一つです。

 

機械も機材も体で覚える

病棟や外来では、臨床工学士さんが機械のメンテナンスをしてくれます。ですが内視鏡は、内視鏡看護師がメンテナンスを担当します。そのため毎日機械に触れているうちに、機械が怖くなくなります

また、メーカーさんとの関わりの中で内視鏡処置具にも触れることが多くなり、機械や処置具を動かすことが楽しくなります

 

6. 内視鏡のスペシャリストを目指せる

スペシャリスト 目指す 内視鏡

内視鏡技師は、クリニックで内視鏡検査を行っている看護師でも受験資格があります。また、技師免許があると消化器系のクリニックへの転職に有利です。

看護師免許だけでなく、もう一つの自分の強みを得ることができる内視鏡技師は、内視鏡看護の大きな魅力の一つになるはずです。

 

内視鏡技師の資格をとることができる

消化器内視鏡専門医の指導の下2年間以上内視鏡業務に携わり、医学講習の受講と規定のセミナーや学会、内視鏡機器取り扱い講習会などに出席し、消化器内視鏡技師試験に合格すると日本消化器内視鏡技師に認定されることができます。

いわば、内視鏡に従事するスペシャリストの仲間入りです。

 

一般的に3年勤務で資格取得可能

内視鏡看護をもっと極めたい方には、内視鏡看護セミナーなどもありますが、やはり「内視鏡技師」の資格は、自分が頑張って内視鏡看護を高めてきた証となり、自信になります。最短2年でとれる資格ですが、受験の応募締め切りは11月末日のため、多くは内視鏡室に勤務して3年目に受けることになります。「石の上にも3年」という言葉通りの資格です。

 

まとめ

内視鏡看護は患者へのケアだけでなく、内視鏡検査や治療の介助・機械や内視鏡の管理など・幅広い業務が求められます。技術職の面も強く、私も内視鏡室に勤務していたときはどれだけ素早く適切に医師の介助ができるかを考えていました。

それは医師のためではなく、患者のためです。内視鏡は苦痛が伴う検査です。少しでも早くその苦痛を取り除くためには、医師が必要な検査や処置を手早く終わらせるための要求に対処できるかどうかが大きいのです。

解剖や疾患、そして機械にも強くなり、リアルな声掛けや看護説明ができるようになるのが内視鏡看護です。一度は飛び込んでみてほしい看護の世界です。

内視鏡看護師については「内視鏡室看護師の仕事内容と役割について実体験から現役看護師が解説」も合わせて確認してみてください。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師業務内容の特徴


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ラビウサ
(公開日:)(編集日::2017年05月06日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。