著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師の英語力が活かせる職場と転職する際の注意点3つ

kameko
看護師スタッフkameko
看護師の英語力が活かせる職場と転職する際の注意点3つ

看護師の方の中にも、語学スキルのある看護師はたくさんいます。しかし、仕事場で語学を活かして働くというケースは、あまり多くないようです。英語のスキルは、外国人が多く暮らす日本ではとても役立つように思えますが、どうして看護師たちは英語力を活かせないのでしょうか。ここでは、英語力を活かして働きたいナースに、ぜひ知っていただきたい情報をご紹介します。

1.看護師が英語を活かして働ける職場とは

看護師英語力活かせる

日本には看護師として英語力を活かしたい人は多いことでしょう。それではここで、英語力が活かせる職場を具体的に紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

医薬品会社

看護業務がある仕事ではありませんが、医薬品業界で採用される可能性は高くなります。看護師資格があれば、医療についての知識もあり、看護師経験があれば、現場の状況をよく知っていることになります。

医薬品会社のクライアントは病院であることも多く、取引の中では海外の人と話す機会もあります。そのため、看護師経験のある英語スキルを持った人材は、とても重宝されるのです。
 

空港の医務室

国際線が離着陸する空港には、外国人もやってくる医務室や病院が設置されています。海外で具合を悪くする観光客やビジネスマンなども多いため、外国語を活かせ、看護師資格も活かせる職場と言っていいでしょう。
 

海外でのボランティア活動

海外で働けば、英語力はまず必要なスキルです。国境なき医師団など、海外ボランティアとして活動すれば、看護師としてのスキルも充分に活かせます。

ただし、海外ボランティアに行く先は、発展途上国など、貧しい国であることも多いです。現地の環境に慣れる心づもりをし、充分な医療機器が整っていない職場でも働ける順応力があれば、きっとやりがいのある仕事だと実感することができるでしょう。
 

シップナース

看護師は、長期期間運航する商船の上などでも必要とされます。シップナースと呼ばれることもあり、広い海原に浮かぶ船の上が職場です。看護師としての仕事を離れれば船の上を旅している気分も味わえるので、旅好きのナースなら、一石二鳥に感じる人も多いかもしれません。

ただし、船の中で長時間過ごすことができない人は、辛いと感じることもあるかもしれません。また、商船や客船など、海外への運航を行っているケースは多くありませんので、求人情報を手に入れるのは簡単ではありません。

 

外資メーカーの治験会社

薬品を製造して販売するには、必ず治験を行います。日本で販売されている薬の中には、海外メーカーのものも多く存在しますので、治験会社には必ず英語を話せるスタッフが必要になります。看護師なら、医薬の知識も活かせるため、重宝される可能性は高いです。

 

2.英語スキルを活かして転職するならブラッシュアップが必要

看護師英語ブラッシュアップ

帰国子女や、留学経験のある看護師なら、普段の英会話はネイティブ級と言ってもいいかもしれません。しかし、病院へやってくるいろんな国の外国人の英語を聞き取ったり、「お腹がゴロゴロする」「頭がズキズキする」といったような、細かいニュアンスを理解するのは簡単ではありません。

診察がスムーズにできても、病状を外国人に理解できるように説明することも簡単ではありません。病名も周知されているものならいいですが、特殊な病気であれば、どんな病気なのか、どんな治療が必要なのか、説明するのは大変です。

語学スキルを活かして働きたいという看護師の中には、医学英語を学ぶ人も多いので、いざというときに困らないように、英語のブラッシュアップをすることも、転職には有利にはたらきます。

 

3.英語力を活かせる職場に転職する時の注意点

看護師英語転職注意

看護師として英語力を活かして働きたいなら、まずは外国人を受け入れる病院の求人情報を入手する必要があります。最近では、インターネット上で求人情報が得られるので、転職サイトなどを利用して、語学力を活かせる現場を探すのもいいでしょう。

 

転職サイトを利用してできるだけ選択肢を広げる

もし、なかなか見つからない場合は、転職エージェントなどを利用するのもひとつの手です。転職のプロであれば、英語力を活かせる現場を多く入手してくれる可能性もあります。できるだけ多くの選択肢があれば、その中から自分の働きたい職場が見つかるはずです。人の手を借りながら、効率よく転職先を見つけていきましょう。
 

病院以外の情報も積極的調べよう

語学力を活かせる看護師の仕事はさまざまですので、病院の情報を調べればいいというわけではありません。前に述べたように、海外ボランティアや、一般企業であることもあります。
 

自分が何をしたいのか明確に

看護師として働きたいのか、看護師の資格を活かせれば看護業務は必要ないのか、英語を活かして働ければいいのかなど、自分がどんな働き方をしたいのか、具体的に条件を挙げておくことも必要でしょう。

 

まとめ

これからの日本では、海外観光客の増加も見込まれます。英語を使える医療スタッフが必要なシーンも、比例して増えていくことでしょう。まだまだ英語を活かせる職場は少ないですが、自己実現が可能になるよう、諦めずに探していくことが大切です。

また、海外で働く看護師の事情について知りたい方は日本の看護師が海外で看護師として働くメリット6つも合わせて一読ください。

 


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師キャリアアップ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年05月25日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。