著作者

亀岡 さくみ

看護師・運営者

亀岡 さくみ

( 看護師 保健師 )

看護師の英語力が活かせる職場と転職する際の注意点3つ

公開:、更新:2018年04月25日
看護師の英語力が活かせる職場と転職する際の注意点

看護師として英語を話せる場合、看護師資格を活かしながら医療現場で英語を活かして働きたいと思う看護師も多いのではないでしょうか。

しかし、一般の看護師求人や病院・病棟などの職場の場合、英語を活かせる場面は少ないです。

そのため、このページでは看護師の英語力が活かせる職場のご紹介と、転職する際の注意点をお伝えしていきます。

1.看護師が英語を活かして働ける職場とは

看護師が英語を活かして働ける職場は現在増えています。

また、転職求人の募集要項に「日常英会話が可能な方」「メディカル英語が可能な方」などの求人も増えてきています。

以下で看護師が英語を活かして働ける職場をご紹介します。

 

(1)空港クリニック

空港クリニック

空港内にあるクリニック(診療所)で働くことで看護師のとして英語力を生かして働けます。

当たり前ですが、国際線がある場所で働くことで英語を必要とする患者が来院するため、英語力を活かせます。

空港クリニック求人の良い点としては、多くの求人は「募集要項に英語力が必須ではない」ということです。そのため、初めて英語力を生かしながら働きたい看護師には向いているといえます。

 

看護師求人例

募集要項 ・正看護師または准看護師
勤務地 ・空港内
業務内容 ・外来
・看護業務全般
雇用先 病院(大学病院なども多い)

空港クリニックの求人を探す場合は、一般的なクリニックとさほど変わらないため「クリニック看護師求人|転職前の9つの注意点!」を確認しておきましょう。

 

(2)インターナショナルクリニック(トラベルクリニック)

インターナショナルクリニック(トラベルクリニック)

インターナショナルクリニック(トラベルクリニック)とは、

  • これから海外へ向かう日本人のワクチン接種や感染症のチェック
  • 日本に旅行に来ている外国人を受け入れる旅行外来クリニック

などのことを言います。

基本的に日本語を話せない患者が来院するため、スタッフはバイリンガルの場合が多く、英語が話せる看護師は重宝される存在です。

しかし、インターナショナルクリニックの数が少ないことから、求人を探すのには苦労します。

 

看護師求人例

募集要項 ・外来
給料 ・月収280,000~400,000円 (手当含む)
勤務時間 【日勤】08:00~17:00

一般的なクリニックと募集要項はさほど変わりませんが、英語がネイティブであればあるほど、転職時の給料は高いといえます。

また、英語必須にしていない場合もあるため、初めて転職で英語を活かした職場を探している看護師にとっては良い転職先といえます。詳しくは「インターナショナルクリニックとは?看護師求人を探す際の確認事項5つ」を確認しておきましょう。

 

(3)美容クリニック

美容クリニック

美容クリニックの場所によっては、美容皮膚科、美容外科問わず、外国人の患者が増えている傾向にあります。

そのため、美容クリニックでは英会話が出来る看護師を募集している場合もあります。

しかし、英語が堪能だからと言って直接給料に反映するかというとそうでもないようです。

 

看護師求人例

募集要項 ・英語が堪能な方
・看護師/准看護師
給料 ※年齢、経験、能力を考慮のうえ、規定により決定
診療科 形成外科、美容外科、皮膚科
業務内容 外来における看護業務及びOP室介助
勤務時間 日勤)8:30~17:15
遅出)9:15~18:00

初めて美容外科に転職を考えている方はまず、「美容外科クリニック求人|転職する前に確認すべき7つの事」を確認してください。

 

(4)保育園

保育園

子供の英語教育は小さいときからと考える親も増えてきました。

そのため、保育園でも英語教育に力を入れている保育園などが存在し、外国人教師が複数在籍している場合があります。

保育園での看護師の仕事は、保育士や子供の健康管理業務になるため、英語が出来る看護師を求めている場合もあります。

 

看護師求人例

求人内容 保育所(認証・認定)
募集要項 ・看護師
・英語が出来なくても問題なし
給料 ※年齢、経験、能力を考慮のうえ、規定により決定
勤務時間 07時30分~19時30分(休憩60分)

一部の保育園看護師求人は、英語力を必須としていませんので、英語を学びながら仕事でも使っていきたい看護師にはおすすめです。

保育園への看護師転職は「保育園看護師求人を探すときの5つの注意点」を参考にしながら確認してください。

 

(5)シップナース(船内看護師)

シップナース(船内看護師)

シップナースは船中にある医務室が看護師の職場となります。長い場合、1年の半分以上は船の上で生活を行う看護師もいます。主に日本では旅客船(クルーズ客船)に医師や看護師が在中しており、旅行を目的にした(豪華客船)お客様の健康相談業務です。

聞いたこともない看護師も多いと思いますが、日本で旅客船を運航している会社は少なく、看護師も少数なため求人募集を探すのには困難を極めます。

そのため、船舶会社の正社員になる方法が一般的です。

 

看護師求人例

募集要項 ・日本の看護師資格
・日本語ネイティブレベル、臨床実務水準の英語能力必要(船員の半数は多国籍)
・救急外来または集中治療室での経験
・性別・年齢不問
勤務地 探査船内
業務内容 ・応急処置(注射、点滴等)
・船上の安全意識向上
・搬送先医療機関までのエスコート
・船内での医薬品の管理
雇用先 一般企業

シップナースの詳しい内容は「シップナースへの転職方法とメリット・デメリット」を確認してください。

 

(6)外国人船員対象の医療相談業務

外国人船員対象の医療相談業務

外国人船員対象の医療相談業務とは、港に入港するクルーズ船の船員を対象にした医療相談(問診や医療機関紹介)業務です。

船員の体調が悪い場合は病院まで付き添う必要があります(外国人のメディカルエスコートサービスとも言います)。

また、雇用形態に関しては常勤で働く形ではなく、パート・アルバイトの雇用形態、または派遣看護師として働きます。

 

看護師求人例

募集要項 ・日常英会話、メディカル英語が可能な方
・看護師/准看護師
業務内容 外国人船員に対する医療的相談、助言、病院案内 等
雇用先 一般企業
勤務時間  8:00~17:00(シフト制)
給料 15,000円/日当

 

(7)海外のツアー(旅行添乗)ナース

海外のツアー(旅行添乗)ナース

ツアーナースの仕事の中には海外旅行に引率するツアーナースが存在します。

基本的には、単発や派遣などの求人募集形態になりますが、英語圏では英語が使える看護師が重宝します。

かなり希少価値の高い求人になるので、年間通じて探す必要があるといえますが、気軽に始めることが可能でもちろん、英語力は必要ありません。

詳しくは「ツアー(旅行添乗)ナースとは?仕事内容から実際の体験談まで」を確認してください。

 

(8)治験関連会社

治験関連会社

薬品を製造して販売するには、必ず治験を行います。

日本で販売されている薬の中には、海外メーカーのものも多く存在しますので、治験会社には必ず英語を話せるスタッフが必要になります。

募集要項には「必ず英語が話せること」などの条件はありません。

しかし、英語が話せる看護師なら、医薬の知識も活かせるため、重宝される可能性は高いです。

看護師資格を完全に利用するわけではありませんが、CRA(臨床開発モニター)やCRC(治験コーディネーター)などは、看護師資格補修者が多いです。

詳しくは、

を確認してください。

 

(9)英語が必要なボランティア活動に参加する

英語が必要なボランティア活動に参加する

海外でのボランティア活動

海外へ渡航するボランティア活動に参加する場合には英語でのスキルが必要になります。

例えば、国境なき医師団などに看護師として参加する場合は、基準となるテストや合格ラインはありませんが、英語やフランス語などでのメンバー間のコミュニケーション能力は問われます。

ただし、海外ボランティアに行く先は、発展途上国など、貧しい国であることも多いです。

 

2020年東京オリンピックのボランティア

2018年4月時点で、2020年東京オリンピックの看護師ボランティアはまだ、募集していませんが、英語が話せる看護師は重宝することは間違いありません。

ボランティアですが、参加してみてはいかがでしょうか。

東京オリンピックの詳細は「2020年東京オリンピック(五輪)に看護師として携わる・仕事で参加する方法」を確認してください。

 

(10)医療観光(医療ツーリズム・メディカルツーリズム)

医療観光

医療観光とは、検診、診断、治療など他の国で医療サービス受けることを言い、医療ツーリズム、メディカルツーリズムとも言います。

なぜ、医療観光に英語が話せる看護師が必要になるかというと、高い医療水準にある日本に海外から医療サービスを受けに来るため、英語での会話が必要になるためです。

しかし、日本で受け入れ体制を整えている病院はまだまだ少なく、求人募集も狭き門といえます。

医療観光の需要は年々増加しています。詳しくは「医療ツーリズムの需要は増加している」を確認してください。

 

(11)医療関係の通訳・翻訳

医療関係の通訳・翻訳

医療関係の通訳や翻訳求人もごくまれに募集している場合があります。

医療通訳の場合はかなりの英語力が求められます。

また、医療翻訳や通訳の場合は必ず経験が問われてしまうのが実情です。さらに、必ず看護師資格が必要かというとそうではありません。

 

看護師求人例

募集要項 ・通訳経験、翻訳経験必須
仕事内容 ・製薬会社での翻訳・通訳業務
・学術論文、安全性、医学、化学の分野の翻訳
・グルーバルな会議での通訳
・年数回の国内・海外出張有り
給料 年収:550万円~

 

2.英語スキルを活かして転職するならブラッシュアップが必要

語スキルを活かして転職するならブラッシュアップが必要

帰国子女や、留学経験のある看護師として英語のスキルを活かして働きたいと考える場合、どれぐらいの英語力が必要なのかを必ず確認する必要があります。

病院へやってくるいろんな国の外国人の英語を聞き取ることや、「お腹がゴロゴロする」「頭がズキズキする」といったような、細かいニュアンスを理解するのは簡単ではありません。

そのため、募集要項にも「メディカル英語が可能な方」などの条件が付いている場合があります。

語学スキルを活かして働きたいという看護師の中には、医学英語を学ぶ人も多いので、いざというときに困らないように、英語のブラッシュアップをすることも、転職には有利にはたらき、以下の試験や教育プログラムをご紹介します。

 

(1)CBMS 医療英語ラーニングプログラム

CBMS 医療英語ラーニングプログラムは、医療・看護の現場や病院で必要とされる英語のスキルアップを目的として、国際医療英語認定試験(CBMS)、医療英語セミナー、医療英語教材を提供します。(詳細は:CBMS 医療英語ラーニングプログラムへ

医療英語セミナーなども1回1万円前後で受講することが出来るため、受けてみても良いのではないでしょうか。

運営は一般財団法人グローバルヘルスケア財団と特定非営利活動法人先端医療推進機構が運営しています。

 

(2)日本医療英語検定

日本医療英語検定は、日本医学英語教育学会が運営しており、

  • 医学・看護・医療技術の書籍・文献を英文で読むこと
  • 医学・看護・医療技術等に関する情報を英語で聞き/話し,伝えること
  • 医学・看護・医療技術等に関する情報を英文で書き,表現すること

などを総合的に評価した実践的な試験です。また、等級が4段階に定められており、基礎級の4級から試験を受けることができます。

検定料は5,000円からと、比較的安いので、自身の英語力確認のために受けてみても良いのではないでしょうか。

詳細は「日本医学英語教育学会」を参照してください。

 

3.英語力を活かせる職場に転職する時の注意点

英語力を活かせる職場に転職する時の注意点

看護師が英語力を活かせる職場に転職する場合に注意しておきたいことを挙げています。

転職を考える場合は注意しておきましょう。

 

(1)転職して英語力を生かすことを考えること

看護師として英語力を活かしたいと考えたときに、「日常英会話が可能な方」「メディカル英語が可能な方」など、条件が付いている求人に転職した方が良いと言えるでしょう。

例えば、病棟や一般のクリニックでも英語力を活かして働くことは可能ですが、英語が出来る看護師だからといって、給料や待遇に差が出るわけではありません

そのため、仕事として英語力を活かしたいのであれば転職することが一番と言えるでしょう。

 

(2)英語力があるからと言ってそこまで給料はアップしない?

英語力があるからと言ってそこまで給料はアップしない?

看護師はもともと年収や給料が高い業種であり、さらに英語が出来る看護師を募集しているのは一般企業がほとんどになります。

そのため、会社員に「看護師資格保有者であること」と、「英語ができること」がプラスされた給料となるため、病院勤務と同等か下がる場合も可能性としてはあります。

給料アップのために求人を探す場合は注意しましょう。

 

(4)必要な英語力や医療英語を確認すること

「日常英会話が可能な方」「メディカル英語が可能な方」と募集要項にある場合でも、明確な試験や基準を設けていることは少ないです。

そのため、必要な英語力の詳細を経験がない場合は特に確認しておきましょう。

 

(5)初めての方はアルバイトや派遣から始めること

初めての方はアルバイトや派遣から始めること

看護師資格が必要でかつ、英語が話せる求人は増えてきています。

そのため、初めて英語を活かして転職を考える看護師の方は、まず今の職場を続けたまま派遣やアルバイトから始めてみてください。

 

(6)求人は増えたといえ狭き門であること

英語が活かせる看護師求人が増えたとはいえ、狭き門です。

そのため、信頼できる看護師転職サイトを複数社利用しておきましょう。希少価値の高い看護師求人を探す場合は便利です。

 

まとめ

これからの日本では、海外観光客の増加も見込まれます。英語を使える医療スタッフが必要なシーンも、比例して増えていくことでしょう。

英語を活かせる職場が増えたとはいえ、まだまだ英語を活かせる職場は少ないですが、自己実現が可能になるよう諦めずに探していくことが大切です。


都内の日本赤十字医療センターで3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして「はたらきナース」を運営中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職、仕事、生活をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師・保健師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
SNS Facebookプロフィール
出身/年齢 ・東京都/30歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。