著作者

齋藤

正看護師

齋藤

( 現役看護師)

エスコートナースとは?仕事内容から求人の見つけ方まで

齋藤
正看護師 齋藤
エスコートナース 求人 仕事内容

エスコートナースとは、仕事や旅行で海外へ在中している際にけがや病気になって病院に搬送され、病状は安定していないが日本へ帰らなければならないという患者を送り届けるという看護師です。

また、海外から日本だけでなく、日本から海外に送り届けるという場合もあります。

アメリカではフライトナースと呼ばれることが多く、日本でもエスコートナースというよりも搬送看護師と言った方が理解できる人も多くいるようです。

まだ情報や求人が少ないものの、そのやりがいや将来性は大きいと言えます。

ここでは、エスコートナースの仕事内容やメリット・デメリット、求人の見つけ方をご紹介します。

1.エスコートナースの仕事内容

エスコートナースが乗る飛行機内

前述したようにエスコートナースの仕事は、日本から海外あるいは海外から日本へ病気やけがの患者を送り届けることです。

そのため、患者が無事に自国の医療機関にたどり着くまで、患者の病態を観察し、必要な際にはしかるべき処置をするということがエスコートナースの仕事内容となります。

医師が同行する場合もありますが、看護師1人だけということが多いため、患者に必要な処置を自分で判断していくことが求められます。

ここで、エスコートナースの1回分の仕事の流れをご紹介します。

 

(1)仕事依頼の連絡が入り、すぐに準備を始める

エスコートナースとしての仕事の依頼はたいてい数日前に入りますが、前日に入るということもあります。連絡を受けたら、すぐに準備を開始します。

日本国内に駆け付けることよりも、海外から日本の医療機関へ患者を送り届けるという業務の方が多いため、すぐに飛び立てるように準備をします。

 

(2)現地へ向かう

決められた時間につくように飛行機の手続きをして現地へと向かいます。

たとえ泊数が短かったり、国が近かったりしても、何かあった時のために荷物は大量であることがほとんどだそうです。

 

(3)現地スタッフとのやり取り、手続きを行う

現地に到着したエスコートナースは、依頼を受けた患者が入院している医療機関等へ向かいます。

エスコートナースを手配したということは多くの場合、患者側が保険会社に加入しているなど要請するための何かしらの手続きを踏んでいます。

そのため、現地の手続きを踏んでくれた人から話を聞いたり、病院側から申し送りを受けたりします。

 

補足説明!

ポイント

患者が現地の言語に堪能でない場合は、エスコートナースが退院などの手続きを代行して行うこともあります。

 

(4)患者を飛行機に乗せて搬送する

患者を飛行機に乗せて搬送をします。フライト前にもしも必要な処置があればあらかじめ行います

また、フライト中にもこまめに体調をチェックし、異変があれば然るべき対処を行います。

フライト中は全て仕事時間となりますので、フライトが長引いたとしても仕事として業務を全うしなければなりません。

 

(5)医療機関に患者を引き渡し、申し送りをする

患者を日本の医療機関へ引き渡し、海外でもらってきた情報とともに申し送りをします。

これで勤務は終了となります。

 

2.エスコートナースに求められるスキル

様々な言語に堪能なエスコートナース

エスコートナースに求められるスキルについてご紹介します。

 

様々な患者に対応できる幅広い医療スキル

エスコートナースの対象となる疾患の患者はさまざまです。内科もいれば外科もいます。そのため、さまざまな患者に対応できるスキルが求められます。

また医療処置が必要な状態で連れて帰るため、当然、急変のリスクも高まります

業務中は1人であるため、1人で知識をフル回転させて適切な処置を行わなければならず、それをするためにはやはり幅広い知識が求められます。

 

フライトによる圧の変化も加味しなければならない

さらに考えたいことは、飛行機でフライトして患者を搬送するということです。

フライトすると重力の圧が地上とは異なるため、不安定な急性期の身体の状態にも影響が出ます。それも加味した適切な対処がエスコートナースには求められるのです。

 

医療的な会話もできる語学力

エスコートナースには語学力が求められます。

赴く先に日本語が堪能なスタッフがいるとは限らないうえ、医療用語の申し送りを聞いたり、医療の手続きをとったりするため、語学力は堪能でないとかなり難しい仕事になります。

一般の会話だけでなく医療的な会話も英語でできるレベルであると良いでしょう。

 

ポイント!

ポイント

エスコートナースの仕事の依頼が来るところは英語圏のみとは限りません。そのため、いくつかの言語が分かるという人であればなおのこと有利でしょう。

 

患者の不安を和らげ思いやる気持ち

エスコートナースだけでなく他の職場に就く看護師にももちろん相手を思いやる気持ちは大切ですが、エスコートナースにはこれがスキルとして求められます。

異国の地で怪我や病気になった患者は不安な気持ちでいっぱいです。その気持ちを少しでも和らげてあげることは、エスコートナースにとって大きなお仕事であると言えます。

 

患者に安心感を与えるために工夫を凝らす

エスコートナースたちは、患者の不安を和らげるために以下のような様々な工夫を凝らしているようです。

  • あえて日本語を話して安心感を与える
  • 日本のお菓子を少し持って行っておすそ分けする
  • 日本の新聞をもっていく

患者を思いやり、搬送中にいかに安心して自国に向かうことができるのか、相手のことを考えて工夫を凝らすということはエスコートナースにとって必要なスキルとなります。

 

3.エスコートナースとして働くメリット

飛行機の窓を眺めるエスコートナース

エスコートナースとして働くメリットについてご紹介します。

 

定期的に外国語を活かした仕事ができる

日本に住居がありながら、異国の地で定期的に外国語を使って看護師として仕事をするということができるのは、エスコートナースならではの魅力です。

英語だけでなく他の国の言葉も学んでいて実践してみたいという看護師にもぴったりのお仕事でしょう。

 

今後の需要の高まりが予想され将来性がある

2020年の東京オリンピックに向けて日本の会社が海外に進出するなどして、海外へ行く日本人は今後もますます増えていくことが予想されます。

それにともないエスコートナースの需要も今後ますます高まっていくと考えられることも、エスコートナースのメリットです。

海外ではすでにメジャーなエスコートナースですが、日本ではまだまだ知名度が低いのが現状です。

知名度が低いうちに従事し実力をつけておくことで、メジャー化した時に需要が高まることは間違いないでしょう。

 

4.エスコートナースとして働くデメリット

悩むエスコートナース

次に、エスコートナースになるにはどのようなデメリットがあるのかをご紹介します。

 

体力と精神力がすり減る

看護師はどこで働いていても体力勝負と言われますが、エスコートナースは特に体力が求められる職業となります。

時差の影響のなかで、異国の地で医療機関とのやり取り、飛行機の機内では24時間患者の状態に気を配らなければならず、体力と精神力が問われます。

エスコートナースはデメリットとして、普通に働く以上に体力と精神力がすり減る仕事であると考えておくと良いでしょう。

 

海外に行けるものの観光ができない

エスコートナースは、行く国や帰りの飛行機の時間によっては現地で仮眠をとる時間はあるものの、観光をする時間はありません

病院に行く際にタクシーなどで街の景色をみることはできても、降り立って遊ぶことはできません。

海外に行けるものの観光という誘惑に勝たなければならないのがエスコートナースのデメリットのひとつです。

 

補足説明!

ポイント

急を要する患者であれば、降り立って1~2時間で帰国する、夜中に帰国するから明るい街を見られないなんていうこともあります。

 

本業としてはかなり難しく、副業でも難しい

エスコートナースは、患者が海外で体調を崩し、要請が無ければ仕事もないため本業にするのはかなり難しいでしょう。そのため、副業として働いている看護師が多いことが現状です。

しかし、数日前にいきなり連絡が来ていきなり海外に飛び立つという仕事であるため、当然、本業の職場の理解が無ければ難しい仕事です。

本業にできない、さらに副業にするにしても本業をうまく選択しないと働くことが難しいことが、エスコートナースのデメリットとして挙げられます。

 

注意点!

ポイント

エスコートナースの給与事情についてですが、残念ながら、給与を明確に示すことは難しくなります。

理由は仕事が不定期であることや、赴く国、登録する会社などでばらつきがあるためです。

海外へ行くこと、昼夜問わずに働くという点から決して安くはないのでしょうが、実態は定かではありません。

 

5.エスコートナースの求人の見つけ方

エスコートナースの求人をパソコンで探す女性看護師

エスコートナースの求人を見つける方法についてご紹介します。

 

海外転職をサポートしている転職サイトを利用する

海外転職をサポートしている転職サイトに登録しておき、エスコートナースの求人が来たら紹介してもらえるようにお願いすることで、求人情報を手に入れることができます。

 

エスコートナースを派遣している保険会社を見つける

保険会社でエスコートナースを派遣しているところを見つけ、働くということが挙げられます。

エスコートナースを派遣する場合、患者が保険会社に連絡をし、保険会社が看護師の派遣会社やエスコートナースを派遣する会社へ連絡します。

そのため、保険会社に登録しておけばダイレクトに連絡がもらえるということになります。

 

外国人に特化している病院やクリニックを見つける

全国の病院やクリニックの中には、外国人専門に治療を行っているところがあります。

そこで働くことで、日本でけがをしたあるいは病気になった外国人を母国へ送り届けるという、エスコートナースと同様の役割を担わせてもらえることがあります。

 

注意点!

ポイント

まだまだ日本ではエスコートナースがマイナーなだけあって、上記で紹介したどの求人も極少なく、全ての都道府県にあるわけではない・情報が出回っているわけではないというのが現状です。

 

まとめ

エスコートナースは日本ではまだまだマイナーで、メリットよりもデメリットの方が多いといえます。

しかし、将来性と、日本の病院では味わうことのできないやりがいは、デメリットを超えるものがあるのではないでしょうか。

また、まだ発展途上のエスコートナースという仕事をあなたの手で切り開いて発展させていくということもとても素敵なことではないでしょうか。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・神奈川県/20代後半
職務経験 ・総合病院 ・クリニック ・介護老人保健施設 ・デイサービス
・健診センター ・イベントナース・夜勤専従看護師
診療科経験 ・脳外科 ・神経内科 ・内科 ・皮膚科 ・整形外科

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師仕事内容の転職

(公開日:)(編集日::2017年09月01日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。