著作者

Anna

執筆:看護師

Anna

( 保健師 )

経験不問の看護師求人注意点!避けるべき求人とは?

公開:、更新:2018年10月01日
経験不問の看護師求人注意点

「看護師免許は持っているけれど看護師経験はない」「今働いている分野とは全く違うところへ転職してみたい」等と考えることはありませんか。

看護師求人は、検索してみると意外と沢山の経験不問案件が出てきますが、残念ながらそれらの求人の中には「人手が足りず誰でもいいから来て欲しい所」「サービス残業が多く離職率の高いブラック病院」等の案件もあるため注意が必要です。

今回は、経験不問の看護師求人の注意点について紹介していきます。

1.面接前に病院の人事担当へ電話で確認を入れる

面接前に病院の人事担当へ電話で確認を入れる看護師

求人サイトでめぼしい案件を見つけた場合、まずは病院の人事担当へ連絡してみることから始めましょう。

面接前に病院の人事担当へ電話で確認を入れることについて、詳しく見ていきます。

 

求められるものと求めるものが一致するか確認する

最初に、電話で面接予約や履歴書発送など具体的な選考へ進む前に、今までの経験や自分のスキルを人事担当者と話して、相手の求めるスキルと自分の求めるものが一致するかの確認が必要です。

電話の際に、話が弾んで聞けそうな雰囲気があれば、

  • なぜ経験不問でも良いのか
  • 教育・フォローシステムの有無
  • 未経験で入った人など前例

等について、確認してみると良いでしょう。

 

電話の前には職歴や質問などを準備しておく

面接以前の電話の時点で情報収集できれば、案件にエントリーするべきか否かを決めることができ、本当に入りたい病院に絞って準備することができます。

そのため、電話をする際は手元に「自分の職歴」「得意分野をまとめたもの」「質問」等を準備しておくことをお勧めします。

 

電話の冒頭で話の概要を伝えることが大事

病院の人事担当は、看護師の場合もあれば事務員の場合もあり、後者であれば看護スキルについて詳しく聞くことができない可能性があるため、電話の冒頭に自分が話したい概要を伝えて適切な担当者と話ができるよう調整することが必要です。

 

ポイント!

ポイント

面接前の電話の際、人事担当者も忙しいことが予想されるため、場合によっては「相手の良い時間に掛け直すといった配慮を忘れないようにする」ことが必要です。

 

2.面接ではどの程度のスキルが求められるのかとことん聞く

面接でどの程度のスキルが求められるのか聞く看護師

面接が決まったら、今までの職歴を見直して「なぜ新たな分野へチャレンジしようと思ったのか」をうまく説明できるように準備が必要です。

新しい分野で働くということは、それなりの勉強が求められるため、その覚悟があることを面接で伝えてアピールポイントの1つにしましょう。

以下で、面接時にどの程度のスキルが求められるのか聞くことについて説明していきます。

 

どの程度のスキルと即戦力が求められているかを見極める

手術室や内視鏡室など、特別な技術の習得が求められる分野では経験不問とはいえ、どのようなスキルが必要なのかを確認し、どの程度の即戦力が求められているのかを見極めることが必要です。

求められるスキルと即戦力を把握することで、「高いスキルが求められるのに、人手が足りなくて教育が十分でなく不安を抱えたまま仕事をしなくてはならない」等が避けられます。

 

電話で経験不問の理由を聞けてない場合は面接で聞く

電話の時点でなぜ経験不問なのかを聞けていない場合は、面接時に聞いてみましょう。

「単純に人手が足りないから」「誰でも働けるようにマニュアル等が完備されているから」「応募の門戸を広げて多くの看護師の中から良い人材を取りたいから」等、様々な理由があります。

そのため、病院側の理由によっては転職を考え直した方が良い場合もあるでしょう。

 

1人立ちの目標ペースが早い場合の注意点

数週間で1人立ちを目指す等、あまりに早いペースの場合は「ペースについていける自信があるか」「自分がどれだけ勤務時間外でスキルアップのための時間を割く用意があるのか」等を病院側のニーズと照らし合わせ、その病院に入るべきかを決めた方が良いでしょう。

 

3.応募を避けるべき「経験不問」の看護師求人

事務作業をする看護師

経験不問の看護師求人に応募する際に避けるべき求人には、どのようなものがあるのでしょうか。

応募を避けるべき経験不問の求人については、以下の通りです。

 

看護業務の他に事務業務がある職場

転職する際に、看護のスキルアップを目的としている場合、「医療・診療補助のほか、事務職員としてのパソコン入力や受付業務もあります」という案件は避けるべきです。

なぜなら、入職後に即戦力でないと判断された場合、事務の仕事がメインになってしまう可能性があるためです。

 

新人・若いスタッフが多い職場

経験不問の看護師求人で避けるべき案件は、「新しい・若いスタッフがたくさん活躍していて、辛い環境も分かり合える仲間がいます」というアピールがされている職場が挙げられます。

なぜなら、若いスタッフが多くいる職場は、「長く働きづらい」「辛い何かがあるのか」「若すぎるが故に十分なフォロー体制がないのではないか」等の場合があるためです。

 

口コミサイトを利用する

最近では、インターネット上にたくさん病院口コミサイトがあり、「自分の病院が素晴らしくて勧めたい」という書き込みよりも、どこにもぶつけようのない怒りを持った人が書いた文章が多く、「あくまで個人の意見」「時には誇張して書かれた可能性がある」ということを認識しておかなくてはなりませんが、1つの情報源としては役に立つでしょう。

特に残業代については口コミされていることが多いため参考にしたいです。

 

ポイント!

ポイント

比較的新しい口コミで「教育体制が整っていない」「人間関係が明らかに悪い」等の口コミがあれば応募を避けた方が賢明でしょう。

 

4.まとめ

私が勤務していた病院は、毎年未経験の新人が入職し「1から全てを教えなくてはならず大変だな」「既卒の即戦力になる人を雇ってくれたらいいのに」等と考え、上司に相談した所「経験者は人件費がかかることと、自分のやり方や考え方のこだわり強いことがあって、既存のスタッフと分かり合えずにすぐに辞めてしまうため、経験不問で柔軟な考え方ができる人を取りたい」と教えてもらったことがあります。

そのため、「強い自己主張をせず周りと協力して努力を惜しまない」等をアピールすれば、経験がなくても採用してもらえる可能性が高いです。

経験不問の看護師求人を探している看護師は、上記の注意点を参考に自分に合った病院をみつけましょう。


(編集・構成・管理者:亀岡さくみ

30代/正看護師、保健師、3学会合同呼吸療法認定士の資格保有者。総合病院の派遣看護師として一般内科へ入職後、青年海外協力隊の看護師として派遣。帰国後、大学病院、総合病院、救急センターに勤務。短期派遣で訪問入浴やデイサービスも経験。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・3学会合同呼吸療法認定士
年齢 ・30代
職務経験 ・総合病院・大学病院・国際医療ボランティア
診療科経験 ・デイサービス ・訪問入浴 ・保有資格

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。