【27歳・5年目】30歳までに美容クリニックへ:転職体験談

【27歳・5年目】30歳までに美容クリニックへ:転職体験談

【取材した看護師のプロフィール】

性別/資格/エリア・女性/看護師/東京都
年齢/看護歴・27歳/看護歴5年
前職の勤務先/雇用形態・大学病院(400床)外科病棟勤務/正社員
転職活動期間・退職後の2週間
転職回数・1回目:初めての転職
新しい勤務先/雇用形態・美容皮膚科クリニック/非常勤
給与・年収の変化・月収:30万円→20万円
・年収:480万円→320万円

(※注意:写真はすべてイメージです。)

▼看護歴の詳細を確認
看護学校卒業後、新卒から2年間大学病院の手術室に勤務し、その後2年間外科病棟に勤務しました。

手術室では外科系全ての手術の担当を経験し、器械出し業務と外回り業務が手際よくできる ようになり、手術室2年目からは整形外科と泌尿器科チームに属し、その2つの診療 科の手術や疾患について特に詳しくなることができました。

勤務先ではジェネラリストラダー到着目標に沿って基本的な看護技術を学ぶという教育体制が整っていたため、手術室では習得できない看護技術に関しても研修にて実践していました。

しかし、手術室に勤務しているうちに、研修以外では看護師として一般的な処置を行なうことが全くないという状況に不安を感じるようになり、他の大学病院に転職をして外科病棟に勤務しました。

勤務先の外科病棟は消化器外科と呼吸器外科と泌尿器科の混合病棟であり、毎日手術前後の患者の看護に励み、手術室では行う機会がなかった注射、採血、点滴なども確実にこなすことができるようになり、患者が呼吸器をつけたまま手術室から帰室することも時折あった為、呼吸器管理も習得することができました。

こうして私は4年間の看護経験にて一通りの看護技術と知識を身に着けて自信を持って業務に取組むことができるようになりました。

転職成功率90%

結婚を視野に入れると日勤のみで働きたいと思うようになった

結婚を視野に入れると日勤のみで働きたいと思うようになった

当時お付き合いしていた彼と結婚に向けての話になった際、私がいつも仕事に疲れていて 心配だと何度も言われました。

私自身も月に7、8回もある夜勤は体力的に辛かったのですが、病棟での仕事内容は比較的好きであり、職場の人間関係にも恵まれていたため何とか頑張って続けているという状態でした。

しかし、結婚生活を視野に入れて仕事を考えた際に、このまま体力的に辛い夜勤を続けていたら疲れるばかりで順風な結婚生活が送れないような気がしてしまい、日勤のみの職場で働きたいと思うようになりました。

また、例え仕事をしていようとも家事は抜かりなくしっかり行って仕事と両立させたいという思いが強くあり、家事と両立できるように非常勤でクリニックに勤務することを決めました。

以前から興味のあった美容クリニックで働きたい!

以前から興味のあった美容クリニックで働きたい!

私が看護師として転職を決意した理由は3つあります。

  • 以前から興味のあった美容クリニックで働きたいと思ったため
  • 病棟の夜勤が体力的に辛く日勤のみの職場で働きたいと思ったため
  • 近いうちに結婚予定だったので、家事と両立できる職場で働きたいと思ったため

以上の3点です。

一番、転職を決意した理由としては、「以前から興味のあった美容クリニックで働きたい」ということでした。

元々私は美容が大好きであり、自宅で肌のケアを念入りにしたり エステに行ったりすることが趣味で、病棟で働いている時もいつか趣味を生かした美容ク リニックでの仕事をしてみたいと常に思っていました。

そんな気持ちを抱きながら働いていたため、時々美容クリニックの看護師求人に目を通すこともあったのですが、求人の多くは「看護師の応募条件は35歳まで」と、通常の病院より低い年齢設定になっていることに気が付いたのです。

詳しく調べてみると、美容クリニックは20代後半の看護師が一番多いということが分かりました。

このことを知ってから「私も自然と30歳までには絶対に美容クリニックに転職したい!」という思いが強くなり、婚約を機に思い切って転職をする決意をしました。

 

美容クリニックに求めた私の希望条件

美容クリニックに求めた私の希望条件

私が、転職先の美容クリニックに求めた希望条件は、

  • 「ノルマのない美容クリニック(美容皮膚科希望)に勤務すること」
  • 「常勤ではなく週3、4回の非常勤看護師になりたいこと」
  • 「自宅から職場までドアツードアで30分以内であること」

の3つが希望条件でした。

一言で美容クリニックと言っても美容外科と美容皮膚科がありますが、私は肌のケアにとても興味があった為、美容皮膚科勤務を希望しておりました。

美容クリニックはノルマがあるところが多く、売り上げによっては給料アップとなることもありますが、私はどんなに高給であっても営業をすることは絶対に避けたいと思っていました。

また、結婚に向けて家事と仕事を両立させるためにできるだけ通勤時間は短くしたいと考え、「ドアツードアで30分以内の職場に週3~4回だけ勤務をしたい!」という思いを強く抱いていました。

その為、転職先は以上のような希望条件の美容皮膚科求人を探しました。

 

転職は「看護師転職サイト」を利用し苦労はなかった

転職は「看護師転職サイト」を利用し苦労はなかった

私にとって初めての転職活動でしたが、特に苦労したことはありませんでした

看護師転職サイト(看護のお仕事)に登録し、先ほどの希望条件を伝えると、思ったよりも断然早く希望条件の仕事を紹介してもらうことができました。

紹介いただいた、美容皮膚科クリニックとすぐに面接日程も決まり無事に採用となりました。

あまりにスムーズに転職活動が進んだ為、他にもいくつかの職場の面接を経験してその中から、自分に最も合った職場を選択した方がよかったのではないかと不安に思った程です。

 

転職を急かされるような気持ちになるため注意

看護師転職サイトの担当者は、なかなか自分にぴったりの求人がなく気が進まないような場合でも「とりあえず面接だけ行きましょうか」と担当者側のペースで進められてしまうことがありました。

私もそうですが、押しに弱いような看護師は担当者にぐいぐいと勧められてしまうと、例えその気がなくても断れず、転職を悩んでしまうことにつながります。

看護師転職サイトを利用することはお勧めしますが、「無理な物には無理」であることを丁寧にしっかりと伝え、担当者のペースで進められないようにしっかりと、自分で転職の意思を強く持つことが大切だと思います。

 

転職後、美容クリニック(美容皮膚科)で働いてみた感想

転職後、美容クリニック(美容皮膚科)で働いてみた感想

転職後、看護師としての仕事内容は外科病棟から美容皮膚科クリニックへの転職である為大きく変わりました。

処置内容も変わり、転職後は一般看護処置としては採血、注射、点滴のみになりました。

美容皮膚科特有の処置としては、ピーリング、イオン導入、医療脱毛、他は医師の診療介助などであり、病棟では未経験のことがほとんどで何度も繰り返し練習を行いました。

一生懸命に練習してやっと美容皮膚科の看護師として1人立ちでき、とても嬉しく思ったことを今でもよく覚えています。

 

患者は「お客様」に変化し仕事内容は「接遇」となった

転職前はそれほど重要視していなかった、言葉遣いや気配りが、転職後は常に念頭に置くようになりました。

外科病棟では患者が安心して手術を迎えられるように、また手術後順調な経過をたどれるように手術前後の継続した看護を行います。一方美容皮膚科クリニックは外来である為、その日その日に看護する患者も異なり、患者を「お客様」として関わる必要があります

特に美容皮膚科は病気ではなく、健康な人が「綺麗になりたい」という目的で来院する場所である為「接遇」がとても大切であり、病棟から転職して最も変わったと感じた仕事内容が「接遇」でした。

 

雑務も大切な看護師の仕事の1つ

病棟では雑務や掃除を自分たちですることはありませんでしたが、クリニックは看護師も雑務や掃除を行う必要がある為、看護師業務だけではなく医療事務の方と協力して掃除に洗濯、雑務、電話対応などを行っていくことも大切な仕事内容の1つであることがよく分かりました。

手が空いている時間も探せばいくらでも仕事はあるということを十分に実感しました。

 

転職活動で成功したと実感したと思うポイント

転職活動で成功したと実感したと思うポイント

今回の転職活動で成功につながったと思うことは、

  • 転職前に情報収集をよく行なったこと
  • 自分が行いたい仕事を明確にできたこと
  • 自分の生活の中での優先順位を明確にできたこと
  • 自分が好きで興味のあることを仕事に結びつけられたこと

以上が転職を成功できたポイントだと感じます。

転職先で行いたいことや身に着けたいこと、知りたいことを自分自身の中でよく考え明確にし、事前に自分で調べたり、看護師転職サイトの担当者から知りたいことを聞いたりと、情報収集もよく行ったことが転職で成功したポイントだと私は思います。

また、私は自分が好きなことを仕事にすることができた為、「楽しんで転職できたこと」「生活をする上で仕事以外の大切なことをピックアップし優先順位をつけて転職に臨んだこと」も転職で成功したと思うポイントの1つです。

しかし、結婚後に起こりうるイベントとしての「出産」については考えておらず、職場も出産する看護師の受け入れ体制が整っていなかった為、その点については成功とは言えないと思います。

 

今回の転職で失敗したと思うこと

私は今回の転職で、結婚後の目先の生活のことは考えているものの、長い目で見たときに 「出産」ということを全く考えずに転職しました。

実際に転職をして結婚後、半年経ってから妊娠したことが判明ました。

私は今回の看護師転職には様々なことを明確にして臨みましたが、「出産」という点については明確にしていなかった為、

  • 産休や育休をとることができるのか
  • クリニックという小規模な職場なので他のスタッフ、医師に多大な迷惑をかけてしまうのではないか

など、仕事に関して多くの不安や疑問が一気に頭の中を駆け巡り「出産」 について明確にしていなかったことを後悔しました。

結果的にクリニックには産休、育休もありませんでしたが、院長は「せっかく仕事に慣れた頃であるから、籍を置いたまま出産に臨んでまた戻ってきてほしいが、私が休みの間は看護師不足になってしまう、どうしよう」と悩んでおりました。

医師だけではなく他のスタッフにも心配をかけてしまったため私は深く反省をし、目先のことだけではなく将来的なことを考えて転職すべきこと、例え「出産」となったとしても迷惑の掛からないように、最初からそのような体制が整っている職場に転職をすることの必要性を実感しました。

まとめ:転職活動を振り返って

仕事内​容は、綺麗になりたいと願う患者の気持ちに寄り添い私が大好きな皮膚のケアをお手​伝いすることや、悩みを聞いて分かる範囲でアドバイスをすることができたこと。

また、転職前には十分にできなかった接遇が身につき、美容皮膚科ならではのスキルも十分に習得できたため、とても満足がいく転職で成功したと思っています

しかし、私が次に転職活動を行う場合には、看護師として長く勤務できるように、長い目で見て自分や家庭の状況や環境が変わることにも備えておくように注意したいと思っております。

これから転職を考える看護師の皆様は、万が一のことであったとしても、可能性のあることは看護師転職サイトの担当者や、転職先に相談しておくとよいと思います。

私は1ヶ所しか面接をしておらず、「ここが良い」と直感で思ったこと、条件が合ったことだけですぐに働くことを決めてしまいました。

しかし、いくつか求人を見て、良いところを比較しながらじっくり転職先を選んでいくこともよいのではないかと思い、次回転職な機会がある場合は前回気づいたことを生かそうと思っております。

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】

監修者

亀岡さくみ看護師

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。