著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師がネームバリューのある病院に転職するメリット・デメリット

kameko
看護師スタッフkameko
ネームバリューがある病院への看護師転職

看護師であれば誰でも一度は、ネームバリューがある有名な病院への就職・転職を検討したことがあるのではないでしょうか。実際、そういった病院は非常に人気が高い傾向にあります。そこでここでは、ネームバリューがある病院で働くことのメリットや注意点をご紹介していきます。

 

1.看護師がネームバリューのある病院へ転職するメリット

看護師転職のメリット

看護師が転職先の病院を決める要因はいろいろありますが、ネームバリューでそれを決めるという人も意外と多いのではないでしょうか。ネームバリューがある病院を選ぶというと、名前に釣られているようで、あまり良いイメージではないかもしれませんが、ネームバリューで転職先を選ぶのは決して悪いことではありません。ネームバリューがある病院で勤務した場合のメリットをご紹介します。
 

世間一般的に、信用を持たれやすくなる

ネームバリューのある病院で働く最大のメリットは、世間一般的信用を持たれやすくなる点です。例えば初対面の人に自己紹介をするときに、○○病院の看護師をしていますと言えば、それだけで身元のしっかりした人だと判断されることが多いということです。

もちろん小さい診療所だから信用されないというわけではありませんが、ネームバリューがあるということはその病院を知っている人が多いということです。知っている病院の関係者だということで、信用されやすくなるのは事実でしょう。
 

給与が高い場合が多い

ネームバリューがあるということは、ある程度規模の大きな病院ということが多いです。そうなると、統計的には規模の小さな病院に比べて給料が高い傾向にあります。大規模な総合病院や大学病院などは、初任給も平均給与もほかの病院に比べて高い傾向にあるので、絶対ではありませんが、ネームバリューのある病院に転職することで給料がアップする確率は高いです。
 

ポイント!

ポイント

給与アップのために転職を考えている人の場合は、手当の金額や、昇給率、退職金など、求人票の額面以外の金額も確認しておくべきです。基本給が高くても手当てがつかないと、かえって給与が低くなってしまう可能性があります。こんなはずじゃなかった、とならないように給与の確認は必須です。

 

看護師としてのスキルを磨くことができる

ネームバリューがある病院は、先端医療を行っていたり医療水準の高い病院である場合が多いため、看護師としてスキルアップすることができます。前の話にも通じることですが、だからこそ信用も得られ、また転職を有利に運びやすいのです。
 

2.看護師がネームバリューのある病院へ転職するデメリット

考える女性看護師次に、ネームバリューのある病院へ転職するデメリットについて見ていきます。ネームバリューのある病院とると、基本的には大病院であることが多く、それ故のデメリットが生じてしまうことが分かります。
 

早く出世できないことが多い

ネームバリューのある病院で出世して役職につくためには、それ相応の知識・技術が求められるため、規模の小さい病院(クリニックなど)や老人介護施設のようなところと比較すると早く出世できないことが多いのです。

また、ネームバリューのある病院にはそもそも看護師の人数が多く、優秀な看護師も揃っていることから、出世競争も激しいことがあります。
 

希望する部署(診療科)で働けない可能性がある

ネームバリューのある病院は、たいてい多くの診療科が設置してある大病院です。こういった病院では毎年大勢の看護師が採用されますし、また経験者が優遇される傾向にあるため、必ずしも希望す部署で働けるとは限らないのです。
 

ネームバリューがある病院は求人倍率が高い

ネームバリューがある病院に勤めたい人はたくさんいます。ライバルが多い中で転職を成功させるためには、看護師求人サイトに登録し、転職サイトの担当者に相談しながら自分のアピールポイントを考えていきましょう。ネームバリューのある病院であれば、転職サイトの担当者が採用ポイントなどを押さえている確率も高いので、対策はやりやすくなります。
 

3.ネームバリューのある病院の求人探しの注意点

病院へ転職する場合
 
上記で紹介したように、ネームバリューのある病院は様々なメリットがあります。ただし、だからと言って「ネームバリューがあればどこの病院でもいい」ということににはなりません。実際に転職する際は以下の点に注意していくようにしましょう。
 

ネームバリューがある病院でも待遇が良いとは限らない

ネームバリューがある病院であっても、待遇が良いとは限りません。なぜなら、こういった病院の場合、そこまで待遇を充実させなくても多くの看護師が応募してきてくれるからです。ネームバリューも転職先選びの要素の一つにしながら、待遇面や条件面のチェックをおろそかにせず、冷静にチェックしたほうがよいでしょう。
 

頻繁に採用を行っている病院は要注意

ネームバリューがあって、待遇や条件も良いのに採用を頻繁に行っている病院は要注意です。通常、そういった病院は看護師にも人気が高いですし、定着率も高いため求人は決して多くはありません。にもかかわらず、頻繁に求人を行うということは、辞める看護師が多いということです。
 

人間関係や職場の環境に問題があるかも

上記のような場合、人間関係に問題があったり、職場の環境に不満を持たれやすいなどの理由が考えられます。実際、人間関係のストレスやトラブルで退職する看護師は少なくありませんので、できるだけそういった点も確認してから転職先を決めたいものです。
 

まとめ

「大きな病院だから」「きれいな病院だから」というのは、まさにイメージであって、実際に働くとなると全く関係がないことを理解しておきましょう。大病院だから看護の質が高いとは限りませんし、新築の病院だから整理整頓が行き届いているわけではありません。有名な病院だから、高い看護スキルが学べるだろうと思って転職したら実際にはずさんな看護が行われていたりする場合があります。
 

必ずしも良い病院ばかりではことを覚えておこう

ネームバリューがあっても、内情はイメージと異なるというのはよくあることです。もちろん、イメージ通りの働きやすい病院もありますから、必ずしも良い病院ばかりではありませんが、ネームバリューだけで選んでしまうと失敗することもあるということは覚えておきましょう。ネームバリューがあろうがなかろうが、病院の内部は働く人次第です。きちんと事前に確認して転職を成功させましょう。

 

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
出身/年齢 ・東京都/28歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師転職に必要な知識

(公開日:)(編集日::2018年03月22日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。