正社員?パート?ママ看護師がベストな働き方の選択

正社員 パートママ看護師ベストな選択

ブランクがあり、現在は子育て中。看護師として現場を離れてから数年経った今、看護師としての復職で悩んでいませんか?そして、自分一人で悩みを抱えてはいませんか?家庭を持ったママは家事と育児に追われている毎日です。それでも仕事を考えてしまうのは、「やっぱり看護師として働きたいから!」なのではないでしょうか。どうにか家庭との両立ができるような働き方って、「やっぱりパート?」「それとも社員としても働ける?」と、それぞれの選択肢に悩むあなたに、働き方の選択肢を教えます!

 

 

1.正社員への復職は時短勤務がオススメ

正社員への復職 時短勤務 オススメ

子供がまだ小さく、子育て中である看護師には時短勤務制度があります。すべての病院で行われているわけではありませんが、近年はこの制度を取り入れている病院が増えてきました。ママ看護師にはうれしい制度です。ただ、正社員で病棟などの職場となると、患者さんの急変や医療行為もたくさんありますので、時間に帰れないことが多くなるかもしれません。ですので、職場選びも慎重にしていかなければ、職場の雰囲気に合わせて無理をし、結果、自分が苦しむことになりかねません。

 

正社員として復職する場合は環境を整えておくこと

子育て中でもっとも大変なことは、子供の病気です。感染症などの病気にかかってしまうと、一週間は休むこととなってしまいますので、急な休みでも対応してくれる職場を探すことが大切です。ママ看護師は周囲にサポートしてくれる人がいなければ仕事をすることが難しいので、働ける環境を作っておく準備が必要となります。

 

子供がいるママ看護師の実情

正社員で働くということはそれなりの責任が大きく、病院で働くとなれば子供が急病だったとしても何とかして仕事へ行く準備をしてしまいがちです。

他のスタッフとも交代することが難しく何かと家庭に負担をかけてしまう働き方です。夜勤のある職場でなくても、職場によっては時間で帰れないことは多々ありママ看護師としては周囲の協力なしでは続けることができません

 

ポイント!

ポイント

正社員は働いている限り保証は手厚く、万が一のことがあったとしてもそこはパート看護師とは違う部分です。給与はもちろんのこと、仕事も昇給、昇進、スキルアップなどの道もあり得ますので職場環境を確認することをお勧めします。

 

2.パートへの復職は正社員も視野に入れておく

パートへの復職 正社員 視野に入れる

子育て中のママ看護師さんはパートで働く人が多くいます。それには短時間の勤務で帰れることです。急な休みでも対応可能、委員会作業や残業することがないなど、子育てするにはメリットが多いです。ですが、責任ある仕事は任せてもらえず、いつまでたっても同じ仕事を繰り返してばかりでやりがいを感じないかもしれません。また、なにかと「パートだから」と言われてしまったり、看護師としてのスキルはなかなか向上しません。そして、パート看護師は、時給制のため休めばお金にならず、病気をしても保証がない、福利厚生がないといったデメリットが数々あります。

 

やりがいを求める人にパート看護師は向いていない

子育てをするためにパートを選ぶ人が多いので、やりがいを求める人には向かない選択となります。ですが、子育ても一段落した頃には、パートからそのまま正社員になる道もあります。仕事はもちろん人間関係もできていますので、社員になるには一番働きやすい選択になります。

 

パートと正社員の差について

パートですが時間で働くので、休めば一銭にもなりません。そして正社員との温度差は歴然になります。ですが、ママ看護師にとっては自分の都合で休むことができるので、家庭にも自分にも負担がそれほどかかりません。
 

ポイント!

ポイント

まだ子供が小さいうちは何度も保育園から呼び出されて迎えに行くこともあります。そのためにパート看護師を選んだと思えばパート看護師はストレスも少なく、ママ看護師にとってとても働きやすい選択になります。

 

パート勤務を選んだ看護師復職体験談

yu-naさん【子供がいる現役看護師】

この記事を書いた人yu-na
子供が保育園に入園が決まり復職を考えたときですが、正社員で働くかパートで働くのかどちらも私自身が悩みました。子供を中心に考えてあげたいのだけれど、今まで長く休んでいたことがネックになることも。同じ職場の仲間や同期の仲間たちはどんどん昇進していき一人置いていかれるような気持にもなりました。

気持ちばかり焦ってしまい何とか追いつきたい気持ちがあり模索する毎日を送っていました。

ですが、ここで無理をして働くことで家族や子供に負担をかけさせるばかりでなく、周囲にも迷惑がかかってしまうことになりかねません。やはり自分は自分。人は人と割り切り、子供が成長したらいつでも働くことができると思い、子育てと仕事、そしてプライベートも充実させたいとパート看護師を選択しました。

 

3.正社員とパートで同時入社でも差が出てしまう?

正社員とパート 同時入社

正社員とパートのスタートはすでに違いがあります。ブランクがあれば必ずプリセプターが付くことになっていますが、パートにはプリセプターが付かないことのほうが多いです。パートは自分から動いて、先輩看護師に聞きながらの業務となりますので、慣れるまでの期間は毎日が慌ただしいかもしれません。

正社員には教育マニュアルを使いながらプリセプターとマンツーマンで指導されます。仕事も早く覚えることができ、分からないことはプリセプターに質問できますので仕事もスムーズにできます。パートでも看護師の経験があるので、仕事をしていくうちに昔の勘を取り戻せるのも時間の問題です。

 

4.ゆとりを優先するのか保障を優先するのか

看護師 ゆとり 保障 優先

正社員とパート、どちらもメリット・デメリットがあります。正社員の場合は安定した給与に十分なボーナス、また福利厚生など、家族にとっても生活に潤いがでます。ですが、ママ看護師にとっての悩みはやはり、家事・育児です。正社員ともなると、毎日忙しい中で家のことまで完ぺきにご飯もすべて手作りで、なんてことは難しいです。家のことがおろそかになりがちで、子供とも疲れてなかなか遊んであげられません。

一方、パートでしたら時間の融通がきき休みも適度にありますので、自分の時間を楽しみつつ家事・育児も余裕をもって行うことができます。ですが、社員のような保証はありませんし、職場での会議にも出られず待機することもあります。仕事をしていて正社員との差を感じながら働くことが多い割には仕事内容に差がありません。こうしたことから不満が募る人もでてきます。

 

ゆとりを優先した看護師体験談

yu-naさん【子供がいる現役看護師】

この記事を書いた人yu-na
パートは残業も少なく時間で帰ることがほとんどです。子供の行事にも休みが合わせやすく自分のライフスタイルに合わせた働き方ができました。また働く時間も9:00から15:00という時間帯だったので、家に帰宅しても16:00。少し一休みする時間もできたので、全体的には満足していました。ですが、子供が病気になったり自分の体調が悪くなった時は何も保証がありません。仕事内容も正社員とほぼ変わらないにも関わらず、保証が何もないということには少し引っかかるものを感じました

ですが、やはりパートです。割り切ることも必要なのかなと思って働いています。そしていつかは正社員として働きたいので、今は慣れることを目的に頑張っています。周囲の同期に追い抜かれても、それ以上に家族とゆっくり過ごせる時間、自分が1人になって楽しめる時間があるので、今はガツガツ働く時期ではない、と考えています。いつかは思いっきり働けるときが来るので、その日までゆっくり自分らしくいきたいです。

 

まとめ

子育て中のママ看護師はいざというときに子供の面倒を見てくれる人がいますか?正社員で働くママ看護師は、周りのサポートを受けている人が多くいます。それだけ責任のある仕事ですし、仕事中に途中で帰るにも周りの看護師がその分のフォローをしなければなりませんので、いい顔をしない人もいます。まだまだ子育てに理解のある職場には遠いのが現実です。実際に、周りに迷惑がかかるからパートのままでいるという人も多いです。子供の人数が多ければその分行事やイベントもありますので、気兼ねなく休むことができるパートを選び、子育てが落ち着いたら正社員で働こうと思っている人がほとんどです。自分の環境に合わせて仕事も変化をしていくことで、負担も少ないのです。

子育て中のママが仕事をするってとても大変なことです。ですが、看護師は他の職業に比べて復職しやすく、求人も選ぶことに迷いが出るほど、たくさんあります。自分の環境に合わせて、家庭との両立ができる選択をしていくことで充実した日々が送れるのではないでしょうか。

 

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。