著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

総合病院VSクリニックの特徴!看護師転職するならどっち?

ラビウサ
専門看護師ラビウサ
総合病院 クリニック どっち

看護師が今の職場に嫌気を指し転職を考えているなら、「今の職場から脱出できればそれでいい」という気持ちで転職するのは、とてもリスクが高いです。

看護師の転職先で多く選ばれているのは総合病院とクリニックですが、どちらを選んだ方が良いのでしょうか。まずは総合病院とクリニックそれぞれの特徴を確認してみましょう。

  • 総合病院は看護師が多く教育体制がしっかりしている
  • クリニックは看護師が少なくルーティン作業ができる

総合病院とクリニックのメリット・デメリットについて実体験を交えてご紹介するので、転職先を決める前に自分に合っているのはどちらなのかきちんと考えてください。

 

1. 看護師としてステップアップしたいなら総合病院

看護師 ステップアップ

看護師としてステップアップし、ずっと看護師の仕事を続けたいと思っているのなら総合病院に転職することがよいです。その理由は以下の通りです。

  • 希望の休みが取りやすく、研修や学校に通いやすい
  • 病院として資格取得を促してくれる
  • 自分ひとりで抱える役割の比重が少ない

このような理由から、総合病院は周りの看護師や上司の協力を得やすいため資格取得がスムーズにいくことが多いです。

 

クリニックで勤務しながらの資格取得は難しい

クリニックでもステップアップを図ることができますが、それは医師が診療に役立つと判断しなければ協力を得づらいです。医師の考えと自分が欲しい資格が合致した場合には資格取得のために協力してくれますが、そうでない場合は協力してくれません。

クリニックは看護師の人数が少ないため、資格取得のため希望の休みを申請してもその申請は通らず、さらに医師や同僚からいい顔をされないことがあります。

実際にクリニックで働く同僚は、研修日にも関わらず看護師スタッフ不足でクリニックを休むことができず、単位が足りなくなってしまったことがありました。

クリニックは、その日の業務の流れが経営に影響することもあり、ステップアップをしたくても思うようにならないこともあります。

 

2. プライベートを確保したいならクリニック

看護師 プライベート

仕事とプライベートをきっちり分けたい看護師は、総合病院よりクリニックへ転職することがお勧めです。その理由は以下の通りです。

  • 残業が少ないため基本的に定時で退勤することができる
  • 残業になってもだいたいの退勤時間が読める
  • 昼休みが長いので、クリニックが自宅近くであれば自宅に戻ることも可能(介護や家事ができる)

このような理由から、クリニックは総合病院と比べてプライベートの時間を確保しやすいと言えます。

 

総合病院は時間外の研修が多い

総合病院は時間外の研修が多いためプライベートの時間が削られます。特に中堅以上になると病棟での勉強会を主催する機会が多くなることや、時間外を利用しての院内勉強会が増えていきます。

そのため、子どもが小さい看護師や趣味がある看護師はプライベートと仕事の両立に苦悩することが増えていきます。

 

クリニックはお昼休みを活用しての研修が多い

クリニックでも勉強会はありますが、多くは昼休みを利用して業者から薬の説明を聞くだけなどの勉強会です。多くはお弁当を業者さんが用意してくれるため、ランチョンセミナーをクリニックで受けるという印象です。

 

3. 福利厚生を重視するなら総合病院

病院 福利厚生

将来の保証が確実にほしい看護師は、総合病院への転職がお勧めです。その理由は以下の通りです。

  • 抱える従業員数が多い総合病院は福利厚生が充実している
  • 社会保険・健康保険組合・基金などに加入できる制度が整っている
  • 社員旅行・娯楽施設の割引券など生活をより豊かにする制度を導入している

福利厚生が充実しているということは、将来の保証が充実しているのと同じなので安心して働くことができます。

 

クリニックは将来の保証を自分で確保しなければならない

クリニックは従業員が少ないため、場合によっては国民保険・国民年金に各自で加入することになります。毎月の手取り収入が30万であっても、その中から年金・社会保険・介護保険・その他の税金などを自分で支払う形になり、手元に残るお金はかなり少なくなります。

福利厚生は、自分の将来のライフプランにかなり深く関係します。クリニックに転職する場合には、しっかりと福利厚生について確認してください。

 

4. アットホームに過ごしたいならクリニック

クリニック アットホーム

長く勤めたい看護師や、アットホームな環境の中で患者とかかわり続けたい看護師は、クリニックへの転職がお勧めです。その理由は以下の通りです。

  • クリニックは地域密着型のため、患者と顔なじみになる
  • 近所に住む患者が多いため、自分が地域の一員であることが実感できる

クリニックに通う患者は親切な医師と見慣れた看護師に診察してもらいたいと考えています。診察を受けるとともに、クリニックの受付や看護師が声をかけてくれることがとても心和むのです。

そのため、世間話をする機会が多くなり、アットホームな環境を築くことができます

 

総合病院は異動や昇格があるためアットホームとはかけ離れている

総合病院に勤め続けると、異動や昇格を避けては通れません。なぜなら、1つの部署に同じ看護師がい続けることは総合病院にとって人材育成の観点からマイナスな面が大きいからです。

異動や昇格をすれば、必ず環境が変化します。そのため、新たに人間関係を構築することや、業務を1から覚えなければなりません。ですので、アットホームな雰囲気で仕事をすることがとても難しいです。

 

ポイント!

ポイント

異動や昇格を前向きにとらえられる看護師であれば、長い目で見て総合病院のほうが看護師としての技術・知識の構築は確実に深まります。

 

5. 看護教育に興味があるなら総合病院

看護師 教育

看護の質を上げたい・自分たちの実践を通して看護を好きになる看護師を増やしたいと考えている教育に興味がある看護師は、総合病院に転職することをお勧めします。その理由は以下の通りです。

  • 総合病院では新人看護師教育を任されることが多い
  • 総合病院では看護学生と関わることが多い

このように、総合病院で勤めていると教育を任されるようになってきます。そうすると自然に教育の実績を積むことができるので、将来看護教育に携わる職場に転職を考えた時、比較的スムーズに転職ができます。

もし、看護教育に興味があるなら、看護実習を受け入れている総合病院・看護学校を持っている総合病院に転職することをお勧めします。

 

クリニックは教育する機会が少ない

クリニックでは、看護技術を教育する機会がほとんどありません。さらに、クリニックは総合病院と比べて医療レベルがどうしても劣ってしまうので、クリニックから看護教育の仕事へ転職したくても実績や経験がないため難しい場合が多いです。

そのため、クリニックは看護教育を目指す看護師には向いていません。

 

まとめ

総合病院 クリニック

転職するなら、総合病院とクリニックどちらが得かという視点でお話を進めてきました。総合病院とクリニックの特徴を整理してみましょう。

総合病院の良いところは以下の通りです。

  • 看護師としてスキルアップできる
  • 福利厚生が充実している
  • 教育者への道が開ける

クリニックの良いところは以下の通りです。

  • プライベートの時間を確保しやすい
  • アットホームな雰囲気で仕事ができる

これらの特徴を参考に、自分の理想の働き方はどちらなのか、転職前に今一度よく考えてみてください。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師転職に必要な知識


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ラビウサ
(公開日:)(編集日::2017年04月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。