著作者

RAY

現役看護師

RAY

( 看護師 )

総合病院の看護師求人を探す5つの注意点

RAY
現役看護師RAY
総合病院で働く女性看護師

総合病院の看護師求人は、病院の求人として多くあるため、

  • どのような点に注意しながら選べばいいのか
  • 他の病院と何が違うのか

等、悩む看護師も多いでしょう。

そこで、今回は総合病院で実際に働いていた看護師の視点から、看護師求人を選ぶときの5つの注意点についてご紹介します。

1.総合病院と他の病院の違い

総合病院で様々な患者を診る看護師

総合病院とその他の病院の違いについて、

  • 大学病院・特定機能病院
  • 一般病院

と比較してご紹介します。

 

総合病院と大学病院・特定機能病院の違い

大学病院や特定機能病院は、高度で最先端の医療を展開しているところが多く、この医療を受けることができる患者は「紹介状がある患者」等、限られた患者です。

一方の総合病院は、地域に根差しており様々な患者が医療を受けることができるため看護師として働くと、

  • 様々な患者を診ること
  • 地域医療や高度な医療等幅広い医療を学ぶこと

等ができます。

 

総合病院では、自分のやりたい看護が展開できる

総合病院では、大学病院や特定機能病院のように研究を根詰めることが少ないため、自分のやりたい看護が展開できるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

「地域医療を学びつつ高度な医療にも触れてみたい」等と考えている看護師は、総合病院で働くことがお勧めです。

 

総合病院と一般病院の違い

総合病院は、医療法の観点から見ると一般病院になりますが、一般病院と総合病院には大きな違いがあります。

一般病院は診療科が少ないことに対し、総合病院は診療科が非常に多くあり急性期や慢性期、回復期と様々な時期の患者を診ることができます

そのため、

  • 「全ての時期の患者を診てみたい」
  • 「様々な診療科で働いてみたい」

等と考えている看護師は、総合病院で働くことがお勧めです。

 

補足説明!

ポイント

総合病院の中には、大学病院並みの診療科数を取り揃えているところもあります。

 

2.総合病院の看護師求人を選ぶ際の5つの注意点

総合病院の求人を探す看護師

総合病院の医療機能は、法で定められていないため全てが等しい訳ではなく、

  • 必要最低限の施設しか整えていない病院
  • 大学病院さながらの最先端の医療機能を揃えている病院

等、様々です。

そのため、自分の学びたい医療機能に合わせて医療機能が整っているかをホームページ等で確認することが大切です。

 

自分の学びたい診療科があるとは限らないこと

総合病院は、診療科の数が多くても必ずしも自分の学びたい診療科が病棟として存在しているとは限りません

そのため、

  • 必ず自分の学びたい診療科はあるか
  • 診療科は入院できる病棟として存在しているか

を確認しましょう。

 

総合病院内の異動は働いてみたい診療科に注目する

総合病院内の異動は、比較的意向を聞いてもらえるため「将来的に働いてみたい診療科」という観点にも注目しながら病院を選ぶと良いでしょう。

 

補足説明!

ポイント

総合病院では、病院をPRするために特殊な診療科を設けているところも多くあります。

 

総合病院で働く看護師の世代に注意する

総合病院は、病院それぞれの方針や特化しているものが異なるため、総合病院の求人を選ぶ際には働く看護師の世代に注意することが必要です。

例えば、以下のような場合があります。

子育て中の看護師が多く働いている病院 子育てと両立しやすい
新人看護師・若い看護師が多く定着率が良い病院 教育に特化している

 

自分と同じ世代・境遇の看護師が在籍していれば働きやすい

病院で働いている看護師の世代から病院の方針・特化しているものが確認できるため、自分に近い年齢や自分と境遇が似ている看護師が多く在籍していれば、働きやすい環境であると言えるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

病院で働く看護師の世代は、正しい情報を入手するために自ら病院に足を運び、自分の目や耳で確認することをお勧めします。

 

総合病院は立地で患者層が大きく変わること

総合病院は、地域密着型で地域の患者が訪れることが多いため立地によって患者の性質が大きく異なります。

例として、以下の病院を挙げます。

繁華街にある総合病院 患者に対して大学病院並みのコミュニケーション能力を要する
郊外にある総合病院 地域密着型であるため患者へのフレンドリーさを要する

上記のように立地によって総合病院の患者層が異なるため、自分がどのような患者との関わり方が向いているのかを考えながら病院を選ぶことが必要です。

 

グループ病院であるか否かを確認する

グループ病院では、引っ越しをしてそのグループが引っ越し先の都道府県にあれば今のキャリアを引き継いでまた働くことができます

そのため、

  • 結婚していて家族の都合で転勤が考えられる
  • 地方から来ていて、いずれ実家に帰る予定がある

等、その地域外に引っ越しを将来的にする予定のある看護師は、グループ病院であるかということもチェックしておくと良いでしょう。

 

グループ病院でないとキャリア形成が困難

グループでない病院では、そこのやり方を1から覚えなければならず、非常に苦労します

そのため、積み上げてきたキャリアをまた1から積んでいくというのは、面倒なもので転職では1番困ることです。

 

補足説明!

ポイント

総合病院はグループで展開しているところが多く、規模が大きいほど都道府県内に多数の病院を展開しているので引っ越してもストレスフリーで働き続けることができます。

 

新しくできた総合病院は十分な教育がない可能性がある

新しくできた総合病院は、新しくきれいな病院で初期メンバーとして働くことができるため非常に魅力的ですが、まずは制度を整えなければならないため、

  • リニューアル前から病院に勤めていた看護師
  • 病院の系列のグループで働いていた看護師

等が内部の上層部となって動きます。

上層部で働く看護師は、制度を整えるために精一杯となるため、募集された看護師は必要である教育が十分に受けられない可能性があるのです。

 

知識・技術に不安な場合は、ある程度経っている病院にする

私の知り合いの看護師の例として、経験年数2年目で新しくできた総合病院に転職した看護師がいました。

知り合いの看護師は、知識・技術も未熟であるため教えてほしいことが多くあったようですが、

  • 内部の人間が手一杯
  • 周囲も皆新しく入った看護師

等という状況であったため、全員が自分のことで精一杯でした。

その結果、必要な教育も受けられず放置される期間も長い状況に不安を感じた知り合いの看護師は、わずか3か月で別の病院に転職しました。

そのため、看護師としての知識・技術が未熟で不安な看護師は新しくできた総合病院よりも、ある程度経っている総合病院の方が働きやすいと言えるでしょう。

 

3.まとめ

総合病院への転職を検討している看護師は、まずいくつかの総合病院を候補に入れて特徴を調べ、診療科数や働いている人の雰囲気や医療機能を比較することで自分に最も合っている病院を探す事が出来ます。

病院の候補を転職会社に相談して出してもらい、そこからは自分の目と耳で病院の情報を確かめてみても良いでしょう。

総合病院の求人を探している看護師は、是非参考にしてみて下さい。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。


カテゴリー:総合病院


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:RAY
(公開日:)(編集日::2017年07月11日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。