著作者

きっちょむ

きっちょむ

( 看護師 保健師 )

看護師が総合病院のパートへ転職するメリット・デメリット

きっちょむ
看護師 総合病院 パート

これまで正職員として総合病院で働いていた看護師や、他の施設で働いていた看護師にとって、総合病院でパート看護師として働くことは具体的にどのようなものか分からないのではないでしょうか。

職場の選び方も、正職員とパートでは視点が変わってきます。

また、家事や子育てなどの事情のためにパートで働くとしても、やはり看護師としてのスキルは落としたくないものです。

そんな思いがある看護師なら、パート看護師の中でも総合病院で働くことがお勧めです。

そこで今回は、総合病院のパートとして転職する看護師が、あとになってトラブルにならないよう、転職の際に大切な注意点についてご紹介します。

1.総合病院のパート看護師のメリット

総合病院の女性パート看護師

看護師が総合病院のパートとして働くメリットについてご紹介します。

 

看護師としてのスキルを保つことができる

総合病院のパート看護師として働くメリットは、日々成長する高度医療に触れる事ができ、パート勤務であっても看護師としてのスキルを保つことができることです。

また、子育てや介護など事情を抱えていても、これまでの看護師としてのキャリアを活かして働くことができます。

 

将来の転職時に有利になる

総合病院では最新の設備、そしてたくさんの診療科があるため、新しい診療科についても学ぶことができます。

1つの病棟に複数の科が併設されている病院も多く、初めて担当する診療科もあるかもしれませんが、将来の転職の際にも単科から来た看護師よりも知識量では圧倒的に有利になります。

 

時間の融通が利きやすい

総合病院のパート看護師の最大のメリットは、自分の都合に合う時間に働くことができる点です。総合病院のパート看護師は勤務時間がきっちり区切られ、残業が比較的少ないことが多いです。

そのため仕事と家庭の両立がしやすく、様々な事情を抱える看護師に向いている働き方と言えます。

 

補足説明!

ポイント

総合病院はスタッフの数も多いため、体調不良の際には勤務中に受診することができたり、パート看護師は急な子どもの体調不良などで欠勤しなくてはならなくてもカバーしてもらったりすることができます。

 

責任の重い仕事を任されることは少ない

勤務日数や勤務時間にもよりますが、総合病院のパート看護師は時間で区切って働くため責任の重い仕事を任されることが少なくなるということもメリットです。

パート看護師は、重症患者を受け持つことや、委員会やリーダー業務など責任のある業務をする機会は少ない傾向にあります。

 

総合病院の福利厚生の一部を受けられる

総合病院の正職員の福利厚生は充実しており、病院によって条件に違いはありますが、パート看護師でも受けられる福利厚生があるということは嬉しいポイントです。

また勤務時間や就労形態によっては雇用保険や健康保険に入ることが可能な場合もあります。

 

2.総合病院のパート看護師のデメリット

落ち込んでいる総合病院の女性パート看護師

一方で、総合病院でパートとして働く看護師が感じるデメリットについてご紹介します。

 

看護師としてやりがいを感じられない

看護師としてのやりがいを感じられないことが、総合病院のパート看護師のデメリットです。

メリットとして挙げた責任のある仕事が振られない点ですが、もっと重症患者を看たいという看護師にとっては物足りないでしょう。

また、パート看護師は指導者を付けてもらえず分からないことはその都度聞く程度であることや、仕事が時間で区切られてしまいキリの良いところまでできないという理由から、雑用と捉えられてしまうような仕事ばかり頼まれ、不満に思うこともあるかもしれません。

 

正職員看護師から目をつけられる可能性がある

パート看護師は時間契約のことが多いため、なるべく残業しないよう、終わらなかった仕事は正職員の看護師に頼んで帰らなくてはなりません。

そのため正職員の看護師から良い顔をされず風当たりがきついと感じる場合もあることは、総合病院のパート看護師のデメリットと言えます。

 

正職員から理解を得にくい場合も

仕事を頼んで帰る方も心苦しいですが、正職員からしてみると、パートは軽い仕事ばかりで定時に早く帰ってしまい、疲れてイライラしているときには当たりたくなってしまうのでしょう。

特に正職員の比率の高い職場だと、パートへの理解を得られず強く当たられてしまうことがあります。

 

待遇や福利厚生が正職員より劣る

総合病院のパート看護師は、勤務日数や勤務時間が少なくなり、ボーナスなどの賞与もないため額面での収入は正職員より減るということがデメリットに挙げられます。

福利厚生面では有給休暇や各種保険などで正職員と差が出ます。

細かい条件は病院によって異なるため、後述しますが、パート看護師はどのような扱いになるのか契約前に必ず確認してください。

 

希望する科に配属されない場合がある

総合病院にはたくさんの診療科があるため、必ずしも自分の希望する科に配属されるとは限らないということが総合病院のパート看護師のデメリットです。

1つの病棟で複数の科を併設していれば他の科についても勉強しなくてはなりません。

また病院の方針によっては数年おきに配属先の異動がある場合もあります。

 

3.看護師が総合病院のパートへ転職する注意点

パソコンを使う総合病院の女性パート看護師

ここでは、看護師が総合病院のパートへ転職する際の注意点についてご説明します。

 

自分のスキルに合った職場で働けるのか確認する

総合病院のパート看護師に転職する際に、まずはこれまでの自分のキャリアを活かすことができる職場か、自分のスキルに合った職場で働かせてもらえるのか確認することが大切です。

パート看護師は即戦力としての働きを求められます

これまで経験したことのない部門で働くことになれば、自分の実力以上の仕事を求められ、職場にも迷惑をかけてしまう上何より自分自身の負担が大きくなってしまいます。

 

パート看護師の多い職場か確認する

総合病院は病棟によって雰囲気が違うためあらかじめ雰囲気を知ることは難しいものの、パートの看護師が多く活躍している職場かどうかは、総合病院のパート看護師に転職するうえで雰囲気を知るために大切なポイントです。

パート看護師の多い職場では、上司もパート看護師の扱いに慣れています。

またパート看護師同士でなら、割り切った付き合いで人間関係も気楽に働くことができる事が多いです。

 

パート看護師が少ない職場は働きづらい

一方で正職員ばかりでパートが少ないと、パート看護師に対して風当たりが強かったり、パートとは名ばかりで正職員とほぼ同じ業務を短い勤務時間でこなさなくてはならなかったりする職場もあります。

転職の失敗の原因は人間関係が多いと言われています。あらかじめパート看護師の比率や職場の雰囲気をよく教えてもらうと良いでしょう。

 

具体的な業務内容を確認する

総合病院のパート看護師として転職する際には、具体的な業務内容の確認も大切です。

業務内容や体制によって、自身の働き方も変わってきます。例えば、

  • 勤務日数や勤務時間は自分の希望通りに働くことができるのか
  • 配属先は病棟なのか外来なのか
  • 病棟なら患者を担当するのか、フリーで処置や検査などだけを行うのか
  • 時間外勤務の状況はどうなのか

など、実際にパート看護師として働くシミュレーションができるくらいの情報を得る必要があります。

 

聞きづらい情報は転職サイトの担当に聞いてもらう

面接の際に自分で細かく聞いてみると良いのですが、聞きづらい場合は転職サイトの担当コンサルに聞いてもらうのも良いでしょう。

病院との間に人が入るため、求人票だけでは分からない情報や聞きづらいことを聞いてもらえ、また、様々な職場を知っている転職のプロだからこそのアドバイスをもらえることもあります。

 

4.看護師が契約内容で必ず確認する事項

虫眼鏡を持つ総合病院の女性パート看護師

ここでは、総合病院のパートへ転職する看護師が、契約内容で必ず確認したい事項についてご紹介します。

 

給料は時給制か月給制か確認する

まず、総合病院のパート看護師の契約内容において、時給制か月給制かを確認しましょう。

総合病院の看護師の給料は時給制のところが多いものの、正職員と同じフルタイム夜勤ありで働く非常勤職員としての雇用の場合は月給制のところもあります。

自分の希望する勤務日数・勤務時間でどのくらいの収入になるのか計算してみて、納得のいくものになるか考えてみてください。

 

ボーナスの有無を確認する

総合病院のパート看護師に契約する前に、ボーナスの有無を確認しておくのが良いでしょう。

パート看護師は時給が高くてもボーナスがないことがほとんどであるため、年収として見ると正職員よりかなり低くなってしまうことが多いです。

 

夜勤の有無を確認する

仕事と家庭を両立させたいパート看護師にとって夜勤の有無は重要なポイントであるため、総合病院のパート看護師の契約内容において確認する必要があります。

夜勤が難しい場合は契約の段階で夜勤不可であることを明言しておきましょう。

配属されてから「やっぱり人手が足りないから夜勤に入ってください」と言われると困ってしまいます。

 

時間外業務や残業の有無を確認する

時間外業務や残業がどの程度あるのか、その分の給料は出るのか、総合病院のパート看護師に契約する際にしっかり確認してください。

パート看護師には指導者をつけてもらえないため、慣れるまでは朝の情報収集のために早く出勤しなくてはならなかったり、正職員と同じように残業しなくてはならなかったりする場合があります。

 

研修や委員会への参加は強制か確認する

総合病院の規模になると様々な研修や委員会があるため、パート看護師も参加が強制されるのか契約する前に確認する必要があります。

正職員だと研修に参加してレベルアップを図り、安全委員会や感染対策委員会などの講習会に年間何回以上出席しなくてはならないという決まりもあるでしょう。

パートの場合はそのような講習会への参加は強制なのか、参加できない場合はDVD視聴など他の方法があるのか確認してください。

 

パート看護師が受けられる福利厚生を確認する

福利厚生の充実していることが総合病院の魅力ですが、パート職員には条件がある場合がほとんどです。

病院の指定する条件を満たせばどんな福利厚生が受けられるのか、総合病院のパート看護師の契約の際に必ず確認してください。

 

注意点!

ポイント

私の働いていた病院では、家族の扶養内での勤務にしようとしたところ、併設の保育園に子どもを預けることができませんでした。

 

パート看護師でも部署移動はあるのか確認する

総合病院のパート看護師の契約前に、部署の異動の可能性はあるのか、ある場合はどのくらいの頻度であるのか必ず確認しておきましょう。

入職時は希望の病棟に配属されても、数年後に異動を言い渡されてしまうこともあります。

全く不慣れの部署へ予想外の異動となったときの負担は大きくなります。何年後か分かっていれば、スキルアップのチャンスとして前向きに捉えられるかもしれません。

 

まとめ

看護師が総合病院のパートへ転職する際は、自分のスキルに見合った転職先か見極めることが大切です。

そして職場の雰囲気や自分の希望する働き方に求人内容が合っているか、たくさん情報を集めて判断してください。

パート看護師は、これまでのキャリアを活かしながら家庭と仕事を両立させるには良い働き方です。

キャリアを生かした働き方

総合病院のパート看護師のメリット・デメリットをしっかり理解した上で、転職先を探してみてください。

細かい契約内容の確認も忘れずにすることで、転職の成功に繋がります。

また、パート看護師求人でも看護師求人サイトのエージェントを利用して探すことができます。便利なので細かい希望条件などがある場合は、是非利用してみてください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

大学卒業後、都内の大学病院で6年間手術室で勤務、外来も少々経験。出産と夫の転勤を機に退職。

その後総合病院でパート看護師としてまた手術室で勤務。二人目出産のため退職し現在離職中です。

単発で学習塾の夏合宿に同行するツアーナースや、マラソン大会などのイベントナースの経験もあります。転勤族でも二児の母でもどうにか看護に携わっていられたらという思いから看護師ライターに挑戦中です。私のこれまでの経験が、皆さんが転職を考える際の手助けになればと思っています。


カテゴリー:総合病院看護師パート・非常勤

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:きっちょむ
(公開日:)(編集日::2017年11月16日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。