著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

一般内科で働く看護師のメリット・デメリット

ラビウサ
専門看護師ラビウサ
一般内科で働く女性看護師

一般内科で働く看護師について、どんなイメージを持っていますか?

一般内科は専門領域ではないため、

  • 誰でもできる看護領域と捉える人
  • 幅広い知識と看護力が必要と感じる人

等、様々なイメージを持つでしょう。

今回は、一般内科の役割と一般内科で働く看護師に必要なスキル、メリットデメリット等についてご説明します。

1.一般内科での看護師の役割とは

聴診器を持つ看護師

まず、内科は臨床医学の中で最も幅広い領域を扱う診療科です。

全身または内臓の疾患で手術を用いずに、

  • 薬物療法
  • 食事療法
  • 精神療法

等を主に用いて保存的に治療していきます。

 

一般内科は患者の検査・診療・治療を行う

一般内科は、症状の原因の特定がされず専門領域で治療するまでの段階でない患者の検査・診断・治療を行う診療科のため、様々な症状の患者にファーストタッチをする役割を担っています。

そして、

  • 問診・視診・触診・聴診などの情報
  • 採血
  • 組織片
  • 画像

等によるデータなどから診断に結びつけます。

一般内科では、診断結果を元に必要な診療科と連携・転科を行い、患者が適切な治療を受けられるための筋道をつける役割を担っています。

 

クリニックと病院の一般内科の違い

クリニックでいう一般内科は、外科や整形外科以外の健診・予防接種を含めたすべての患者が対象です。

一方、病院でははっきりとした外傷や原因が判らない患者の初診や通過点として、一般内科という名称を使用していることが多いようです。

 

2. 一般内科で働く看護師に必要なスキル

コミュニケーションをとる看護師

一般内科で働く看護師が必要なスキルには、

  • 採血
  • 尿検査
  • 心電図
  • 超音波検査
  • X線やCT検査
  • MRI
  • 内視鏡

等が、適切に行えるように必要な前処置に対する知識があります。

さらに、検査がなぜ必要なのかを簡単な言葉で伝えることも一般内科で働く看護師が必要なスキルです。

 

問診票にない症状を確認するスキル

一般内科に来る患者の主訴は、主観的かつ断片的でもあり医師が診察する前に、看護師がある程度病状の経過や症状の程度を明確にすることが大切です。

患者の表情やバイタルサイン等で全身状態を観察しつつ、問診票に描かれていない必要な情報を得ていくことが一般内科で働く看護師には大切なスキルです。

 

患者の急変時に対処できるスキル

一般内科と聞くと、高血圧や高脂血症などの慢性疾患をイメージしがちですが、その中には心筋梗塞や消化管出血など、命に直結する疾患を抱えつつもはっきりとした自覚症状がない場合もあります

場合によっては、診察前や検査途中に状態が急変する可能性もあります。

そのため、急変時に素早く対処できる力をつけるとともに「なんだか、気になる」といった臨床の勘とも言える実践知をつけることが必要です。

 

他部署と連携するためのコミュニケーションスキル

クリニックや病院でも、より専門的な検査・治療を患者に受けてもらうためには他の病院や部署との連携が大切です。

医師同士だけの連携では、事務的な流れが滞りがちのため必要な情報を必要な部署に、判りやすく伝えるコミュニケーションスキルをつけることも、一般内科の看護師には求められます。

 

3. 一般内科で働く看護師のメリット

患者の相談に乗る看護師

一般内科の患者は、不安が強いため気になる症状を一生懸命説明しようとします。

その患者の様々な訴えから看護師は、必要な情報を整理していくため自然と話を聴く力がついていきます

聴く力があることは、「話を聴いてくれる看護師」として患者や患者家族から信頼され、看護師のスキルとして欠かせない能力が身につくことになります。

 

様々な症状に対する検査・疾患が学べる

患者が訴える症状は、主家的で自己流表現です。

その症状を上手に聞き取り、観察して検査を行う一般内科で働くことは、症状に隠された疾患について診療科を超えて学ぶことができます

例えば「目が回る」という症状1つにとっても、

  • 回転性なのか
  • 浮動性なのか
  • 頭痛を伴うのか
  • 吐き気があるのか
  • 四肢のしびれはあるのか

等によって、疑う疾患は変わってきます。

医師が診察時に行う観察や検査を通して、看護師も症状に隠された疾患が何かを自然と覚えることができます。

この経験は、今後どの診療科に異動したとしても役立ちます。

 

様々な検査を知ることができる

一般内科は、診断を適切にするために様々な検査を行います。

医師が対応できれば、骨髄穿刺や胸水・腹水などをはじめとする細胞診検査、血液培養検査なども日々取り扱うことになります。

常に、様々な検査や新しい検査を知ることができることは、看護師として働き続けるうえでの武器になるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

専門科では、専門内科での検査は逆に検査項目を絞り込んで行くため、他の領域の検査に対する認識や知識が疎かになる傾向があります。

 

家族や知人の健康相談に役立つ

一般内科は、様々な症状を抱えた患者の登竜門的診療科のため、看護師も症状が意味するものについて詳しくなり、その症状を見極めるための検査に詳しくなります

また、一般的な内科疾患である

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 喘息
  • めまい

等の治療についても詳しくなります。

そのため、家族をはじめ知人が気にしている症状や検査について、相談に乗ることができることは、周囲の人から「困った時に頼りになる人」という印象を与えることができます。

 

4. 一般内科で働く看護師のデメリット

頭を押さえる女性看護師

一般内科は、医師の診察をもとに検査が組まれていくため、看護師によっては「指示が出てから行動した方が楽」と考え、自分から観察や看護を提供しなくなることもあります。

一般内科は、扱う疾患の範囲が広いため看護師側に学ぶ意識がないと、ただ言われたこと・判る範囲での対応に終始してしまうことがデメリットとして挙げられます。

 

劣等感を持つ傾向がある

一般内科病棟で勤務する看護師から、よく「様々な患者に会うことはできるけれど、専門的な知識や技術が身につかない」といった言葉を聞くことがあります。

これは、循環器や消化器、がん領域などの看護師と比較して、自分の専門知識が足りないと考えてしまうことがあるためです。

  • 一般内科から専門科に転科する際に専門領域の看護師の質問に答えられない
  • 詳しい説明が足りないと言われた時に、自分達の看護が否定されたように感じてしまう

等の傾向があることは、一般内科の看護師のデメリットの1つとも言えるでしょう。

 

一般内科は内科領域のベースとなる

一般内科は、症状に強い・検査に強い等多くの日本人がかかる慢性疾患の治療法を知っているため、内科領域の看護がベースになります。

 

ポイント!

ポイント

看護師自らが勉強する意識を持つこと、医師の行動から学びそれを次の患者に活かす意識を持ち続けることが、他の専門領域の看護師よりも必要です。

 

5. まとめ

一般内科は、手術が必要としない患者すべてが対象となる診療科です。

そのため、一般内科の看護師はたくさんの症状に隠された患者の苦痛や不安をくみ取り、看護ケアを提供する役割が求められます。

一般内科の看護師は、スペシャリストではないという印象を受けるかも知れませんが、症状に対する観察眼とケア力があれば専門領域に関係なく看護師の最高の強みになります。

症状に不安を抱く、すべての患者に適切な看護を提供できる看護師を目指したいのであれば、「一般内科」の看護師スキルを身に付けることから始めてみませんか?

一般内科で働くことを考えている看護師は、是非参考にしてみて下さい。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・専門看護師・消化器内視鏡技師・心理相談員
年齢 ・40代後半
職務経験 ・がん専門病院・クリニック・総合病院・訪問診療クリニック
診療科経験 ・消化器内科・腹部外科・透析室・内視鏡室 ・相談室
・放射線治療室・整形外科 ・一般内科・カウンセリング室

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師仕事内容の転職

(公開日:)(編集日::2018年03月22日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。