著作者

パンダ

運営Staff

パンダ

( 運営スタッフ)

看護師転職時に「たった一言で」良い病院か悪い病院かを見抜く方法

パンダ
運営Staff パンダ
良い病院悪い病院

スキルアップやキャリアアップで総合病院等に転職を行おうと思っている看護師の方お勧めの方法!「たった一言で良い病院か悪い病院かを見抜く方法」を紹介します。

【この方法が対象となる看護師】

  • スキルアップやキャリアアップ転職であること
  • 比較的大きい病院への転職であること
  • ずっと勤めていける病院を探していること
  • 正しい評価を受けたい看護師であること

上記の看護師の方が対象となります。

 

「良い病院か悪い病院かを見抜く一言ですが」

 

「それは・・・」

 

『給与の交渉は可能ですか?』

 

「・・・と、転職時の面接で、面接官に確認するだけです。」

この一言だけになります。「え?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、給与や年収が提示額より上げることができるか。という質問をするだけで、看護師にとって良い病院なのか悪い病院なのかを見分けることが可能になります。

なぜ、そのような理由なのか以下で詳しく説明していきます。

1.給与交渉を受ける病院が駄目な理由とは

  • 給与形態が確立していない病院ということが分かるため
  • 給与アップの水準が明確ではないため、後々苦労するため
  • 看護師不足の状態である可能性が高いため
  • 入職後、給与や年収が上がらない可能性が高いため

 

上記の理由で、給与交渉を受ける病院はNGという判断をすることができます。個人で行っている一般病院や町のクリニックなどは例外に入りますが、総合病院や大学病院で給与交渉を行った時に、よほど優秀な看護師でない限りは提示額からの給与アップはまずありえません。

※専門・認定看護師の資格を保有している場合、給与アップが可能な時もありますが、それでも1年間は病院のルールで給与も仕事もしてもらう規則を作っている病院の方が、良い病院と言えるのではないでしょうか。

この質問で給与水準が明確ではない病院はひとまず保留した方が良いでしょう。

 

面接時に給与交渉なんかできない!

「面接を受けている時に、給与交渉が出来ないの!」と思った看護師も多いと思います。もちろん面接時に行うことはできませんし、自分自信で行う必要もないと思われます。

 

『だからこそ、看護師求人サイトを利用します』

 

自分で面接時も内定後も交渉なんかできないと思いますので、完全無料の看護師求人サイトを利用して、担当コンサルタントに病院側へ聞いてもらいます。それだけで、転職する価値がある良い病院なのか、悪い病院なのかがわかります。

 

色々な看護師情報サイトを見ていると、「担当のコンサルタントさんが給与交渉もしてくれて・・・」とありますが、総合病院だった場合、その場では良い転職と思っても後々後悔する看護師も多いです。

個人経営の病院やクリニックは少し特殊だとは思いますが、注意しておきましょう。

 

2.その他、面接時にチェックしたい悪い病院

先ほど説明をした、一言で十分ですが、不安な方も多いと思いますので、良い病院と悪い病院のチェック方法を確認しておきましょう。

 

面接官の目線をチェック

  • 質問に対しての目線をチェック
  • 目線をそらす場合は注意が必要

 

面接官に取って少し嫌な質問をすることで、目線のチェックをすることができます。「残業は一切ないと掲載がありましたが、本当にありませんか?」などの質問を行いましょう。回答時に目線をそらされた場合は判断が必要になります。

また、嫌に聞こえない質問としては「病院での看護師の離職率」や「看護師求人を募集している理由」などを聞けば問題ありません。

 

面接官の話す速度もチェックしておく

  • かなりの速さで話す面接官だとNG
  • 一定の速度で強弱がある面接官とOK

こちらは、早口で話す面接官の場合は病院全体がかなり忙しい傾向が高いためです。また、面接という行為に場馴れしている傾向も強く、看護師の離職率も高い可能性があるので注意が必要です。

 

質問の内容や質問回数をチェック

  • 多くを質問されるのであればOK
  • 病院の話ばかりはNG

 

良くない病院の中に面接官は病院の話しか行わないケースがあります。その場合は、看護師が不足していて「入ってくれ」という思いが強く、良い病院とはいえない可能性があります。

面接はあなたの事をなるべく理解しようと質問が多い面接官の方が良い病院です。面接はそのための場になります。

だからこそ質問内容や質問回数をチェックする必要があります。多く質問されると疲れますが、良い病院のケースが多いので頑張りましょう。

 

まとめ

良い病院を見抜くお話と面接官の話をしてきました。面接官は病院の顔であり、良い病院を見分けるためには非常に重要な指標といえます。病院運営は人で回っており、優秀なスタッフがいるからこそ、理想を目指せる医療を提供する努力ができます。

人の出入りを管理する面接官に、良くない人材を置く病院は良い病院とは決して言うことができません。それほど病院の面接官は責任が重大です。だからこそ面接官をしっかりと観察することで、良い病院なのか、悪い病院なのかが浮彫になってきます。

 

面接時の一番のポイントは「客観的に見る」ということになります。

是非実行してみてください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

<最新情報をお届けします>

看護師転職ジョブを運営しているスタッフです。

1人でも多くの看護師の方に役に立つ情報や転職時の注意点など幅広く執筆しています。記載している情報は、有資格者の看護師のチェックを通しながら執筆中です。

是非たくさん見ていただけたら嬉しいです。


カテゴリー:看護師転職面接

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:パンダ
(公開日:)(編集日::2017年04月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。